ハーレイ・クイン完全ガイド!誕生と生い立ちとは?なぜ肌が白い?ジョーカーと別れた理由など5つの疑問を徹底解説

ハーレイ・クインが誕生した理由とは?なぜ肌が白い?『華麗なる覚醒』でジョーカーと別れた理由も解説

出典:ワーナーブラザーズジャパン公式Twitter

現在公開中の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の魅惑の悪カワヒロイン、ハーレイ・クイン

アメコミの老舗「バットマン」の有名ヴィランの1人ながら実はまだアメコミキャラとしては新顔の部類に入る彼女、いったい何者なのでしょうか?

美人なのになぜヴィランになってしまったのか、なんで肌が白いのか、なんであんなに戦闘に強いのか、そして『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』であんなに慕っていたジョーカーとなぜ別れてしまったのか?

ハーレイ・クインの秘密を解説していきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

ハーレイ・クインとは?5つの疑問を徹底解説

ハーレイ・クインが誕生した理由

もともとはコミックではなく1992年のテレビアニメシリーズ『バットマン』でジョーカーの恋人で道化姿の頭のおかしい女として登場したハーレイ・クイン。

『バットマン』

出典:IMDB

そのエキセントリックなキャラがうけて1999年には「The Batman adventures#12」でコミックデビュー、2000年には単独シリーズ「Harley Quinn」が始まります。

そんなハーレイはなぜジョーカーの恋人なり極悪ヴィランとなったのか?

これにはコミックによって微妙に違ったりするのですが、2014年から始まったコミック「Harley Quinn:Vol2」と『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の前作にあたる『スーサイド・スクワッド』の情報をもとに書いてみます。

ハーレイ・クインは本名はハーリーン・フランシス・クインゼルといい、父ニコラス・クインゼルと母シャロン・クインゼルの間に生まれました。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の冒頭ではポップなアニメの回想で「父親に酒代の代わりに他人に売り払われたけどすぐに戻ってきた」「でも結局施設に入れられてしまった」という壮絶な過去が語られます。

そしてそんなどん底からハーリーンはもう勉強して精神科医になります。

彼女の父親がろくでもない犯罪者だったから、そんな父を理解するために精神科医になったのです。

そんな涙ぐましい努力で医者になったハーリーンですが、よりにもよって勤務先がバットマンが捕まえた頭のおかしな犯罪者だらけのゴッサムシティの精神病院アーカム・アサイラム。

そして真面目に働いていた彼女はある日、犯罪者の王ジョーカーの担当医になり、あまりにも狂気に満ちた彼の人格を研究者として調べていたのですが、いつの間にかどうしようもないくらいジョーカーにほれ込んでしまっていたのです。

『スーサイド・スクワッド』

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ハーリーンは医者としてのキャリアを躊躇なくほっぽりだし、ジョーカーのためなら何でもやる恋人ハーレイ・クインとして生まれ変わり、やりたい放題の日々を送ることになります。

アバターシライシ

ちなみに、これも作品によって変わってくるのですが。基本的にはハーレイ・クインはジョーカーに一方的に惚れている設定で、ジョーカー側は彼女を疎ましく思っているようです。

ジョーカーは宿敵バットマンを殺さず生かしておいて何度も苦しめようとするのですが、ハーレイは暴走してバットマンを殺そうとしてしまいジョーカーと対立しかけるなんてこともあります。

逆にアニメの『バットマン:アサルト・オン・アーカム』ではハーレイが囚人部隊”スーサイド・スクワッド”として活動中に、仲間のデッド・ショットと不倫をしてしまい、それを知ったジョーカーが怒り狂って任務地に殴りこんでくるという展開があります。


アバターシライシ

お互いに何をするかわからないぶちギレたキャラということでやはりお似合いカップルなんでしょうか(笑)

ハーレイ・クインの肌が白い理由

これはハーレイ・クインのエピソードとしては非常に有名ですね。

彼女の異常さがよく分かります。

2012年のコミック版「Suicide Squad」では、ジョーカーにほれ込んだハーリーンが彼の脱獄を手伝い、そのままジョーカーに連れられて化学薬品工場の中にやってきます。

そして彼女はジョーカーにいきなり薬品タンクの中に突き落とされてしまい、肌も髪の毛も変色してハーレイ・クインとして生まれ変わります。

コミックや1989年の映画『バットマン』でも描かれていましたが、かつてジョーカーも化学工場でタンクに落ちたことで白い顔と緑の髪の毛、そして常に笑っているような顔になったという設定があります。

アバターシライシ

自分と同じようになるよう突き落としたんですね。

しかし、逆に映画版『スーサイド・スクワッド』では、ハーレイはジョーカーへの愛を示すために自ら薬品タンクに飛び込み、しかもそのあとそれを見たジョーカーが一緒にタンクに飛び込み、2人で狂気の笑みを浮かべるのです。

非常に幻想的な場面で、『スーサイド・スクワッド』の中でも印象に残っている人が多いのではないでしょうか。

『』スーサイド・スクワッド

出典:IMDB

アバターシライシ

狂気に満ちていますが、純愛も感じるシーンでした。

ちなみに2人の思い出の地である薬品工場ですが『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ではとんでもないことになってしまいます…。

ハーレイ・クインが強い理由

もともと精神科医だったはずなのにやたらと戦闘力の高いハーレイ・クイン。

特に『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』での彼女の無双ぶりにはびっくりでした。

これは単純にもともと運動神経抜群だったうえに、ジョーカーとの出会いによって精神のリミッターが外れて強くなっているということらしいです。

ジョーカーとの悪事の日々で修羅場もくぐりまくっているし、計画を立てるジョーカーを手助けする実働部隊に近いので、物理的にはハーレイの方がかなり強いかもしれません。

アバターシライシ

それにしても4ヶ月も訓練したというマーゴット・ロビー本人のアクションは本当にすさまじかったです。

ジョーカーのことを”プリンちゃん”と呼んでいる理由

スーサイド・スクワッド』を見た人の中でなぜハーレイ・クインがジョーカーのことを”プリンちゃん”と呼んでいるのか気になっている人が結構いるようです。

これはハーレイ特有の呼び方というわけではなく、欧米での恋人の呼び方の一種のようです。

アバターシライシ

洋画で恋人同士がハニー、スウィーティーなどと呼び合うのをよく見ると思いますが、”プリンちゃん”もそれの類似系。おそらくハーレイがもともとプリン好きなのでしょう。

ちなみにハーレイの体にはタトゥーでやたらと「Puddin」と彫られているようで、ジョーカーへの深すぎる愛が感じられます。

アバターシライシ

そんなハーレイ・クインとジョーカーですが、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ではなぜ別れてしまっているのか?最後に理由を書きたいと思います。

ハーレイ・クインとジョーカーが別れた理由

ハーレイ・クインとジョーカーが別れた理由ですが…

アバターシライシ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』本編を見てもよくわかりませんでした(笑)

いきなりすでにハーレイ・クインとジョーカーが破局した後から話が始まるので、何があったのかぼかされているのです。

スーサイド・スクワッド』のラストではジョーカーがハーレイを助けに来て終わるのに、いきなり破局。

おそらくその間に何かあったのでしょう。

前述したコミックの設定などを考えるとやはりジョーカーがハーレイを必要としなくなり、一方的にフッたのではないでしょうか。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』はそもそもジョーカーと別れたせいで後ろ盾を失って安全ではなくなったハーレイがピンチに見舞われるという話なので、別れの理由は観客が勝手に想像する余地を残したのかもしれません。

ちなみに『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』には『スーサイド・スクワッド』のジャレッド・レト演じるジョーカーが全く出てこないので不思議に思われた方がいたかもしれません。

これにはワーナー・ブラザースがホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』を製作しているのを知ったジャレッド・レトが激怒してマネージャー経由で製作を中止させようとしたこと、その結果逆にジャレッド・レトがやる予定だったジョーカーの単独映画の企画が流れてしまったこと、そしてホアキン・フェニックス版『ジョーカー』が興業面・批評面両方で大成功したことなどが関係しているようです。

『スーサイド・スクワッド』撮影時、ジャレッド・レトはジョーカー役に相当気合を入れて現場に臨んだそうですが、入れ込むあまり異常性を普段から出そうと共演者にネズミの死骸を送ったりと無茶苦茶なことをしてしまい、監督や製作陣から不評を買ってしまったようです。

ハーレイ・クインが登場した歴代の映像作品は?『華麗なる覚醒』の前に見ておきたい過去作まとめ

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

アバターシライシ

そういった事情を考慮するとそもそもハーレイとジョーカーを別れさせるという設定自体苦肉の策だったのだろうと思いますが、結果的には『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は非常に面白い映画になっていたので怪我の功名ですね。

ハーレイ・クインとは?5つの疑問解説まとめ

いかがでしたでしょうか。

アメコミキャラクターとしては比較的新参なハーレイ・クインですが、それでも四半世紀以上愛されているキャラなので、コミックもアニメもたくさんあり、まだまだいろんなキャラ設定があるかと思います。

現在はマーゴット・ロビーが決定版的なはまり役ぶりを見せていますが、これからも長年愛されて、いろんな女優がやるハーレイ・クインも見てみたいところです。

そして『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は日本でも初登場一位を記録する大ヒットスタート!

ぜひ劇場でハーレイ・クインの大活躍をご覧ください。

ジョーカーは出てきませんが『スーサイド・スクワッド』の予習もしておいたほうが確実に楽しめますよ。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼