『AWAKE』あらすじ・感想!吉沢亮×若葉竜也主演!プロ棋士対コンピューターの実話を描く静かで熱い映画

『AWAKE』あらすじ・感想!吉沢亮×若葉竜也主演!プロ棋士vsコンピューターの実話を描く静かで熱い映画

出典:『AWAKE』公式ページ

かつて奨励会で棋士を目指していた男の次なる目標は、自身が開発したプログラムでプロ棋士を倒すこと。

2015年の実話を基に作られた静かで熱い知性と情熱の物語!

将棋がわからなくても楽しめる演出の工夫の数々、普遍的な熱さを持った物語です!

ポイント
  • 吉沢亮若葉竜也の演技合戦!
  • 将棋がわからなくても楽しめる数々の演出の工夫
  • 勝負の世界の難しさ

この度、2020年12月25日公開の映画『AWAKE』を一足早く試写会で見させていただいたのでネタバレなしで紹介します。

『AWAKE』作品情報

『AWAKE』

(C)2019「AWAKE」フィルムパートナーズ

作品名 AWAKE
公開日 2020年12月25日
上映時間 119分
監督 山田篤宏
脚本 山田篤宏
出演者 吉沢亮
若葉竜也
落合モトキ
寛一郎
馬場ふみか
川島潤哉
永岡佑
森矢カンナ
中村まこと
音楽 佐藤望

『AWAKE』あらすじ【ネタバレなし】


清田英一は幼少期に父親の影響で将棋の面白さに目覚め、そこからはひたすら将棋漬けの毎日。

小学生から将棋のプロを目指し、選ばれた天才たちがさらにプロを目指してしのぎを削る奨励会に12歳で入門します。

そこで彼は「君強い?」「強い相手とやった方が面白いから」と笑う不敵な同い年の少年・浅川陸と出会いました。

英一はある時の対局で、時間いっぱいになってもいい手が見つからず「詰み」の状態だったにもかかわらず負けを認めなかったため、奨励会の指導を担当している山崎先生から「棋士」として恥じない行動をするよう注意を受けます。

それくらい負けず嫌いな英一は、同世代の中で最強と言われていた陸を長時間の対局の末、ついに下しました。

しかし陸はその敗北を胸にメキメキ成長、一方の英一は勝つこと、プロになることに固執するあまり、プレッシャーで伸び悩んでいきます。

高校も卒業し、プロになれるまでの期限も迫る中、英一は陸との対局でそれまで詰将棋でシミュレーションし続けた独自の手を使い挑みますが、陸の頭脳は英一を上回り、完膚なきまでに英一を打ち負かしました。

心が折れた英一は奨励会を退会、21歳で大学に入って普通の人として生きていこうとします。

しかし将棋しかやってこなかったために人付き合いは下手、無理をして参加したサークル勧誘の飲み会では大げんかをして警察のお世話にまでなってしまいました。

無為に暮らす中、ある朝、英一は不思議な声で目を覚まします。

居間に出るとそこでは父がコンピューター将棋ソフトと対局をしていました。

そのプログラムが打つ将棋が斬新かつかなり強いことに衝撃を受けた英一は、そこで自分もこれを作りたいと一念発起。

人工知能研究会に入り、そこの唯一の部員にして変人コンピューターオタクの磯野達也と出会います。

磯野はPCの知識もおぼつかない英一を追い返そうと専門書を渡して丸暗記しろと言いますが、なんと英一は持ち前の頭脳と集中力で本当に専門書を暗記、その後も磯野からぐんぐん知識を吸収していきます。

英一と磯野は同志となり、史上最強の将棋プログラムを作ろうと部室にこもって作業を続けていきました。

一方、プロとなった陸は強敵を次々打ち負かし、新人王戦で優勝するなど将棋界の期待の星となっていました。

英一は完成させたプログラムを大学の将棋同好会のメンバーと戦わせてみますが、惜しくも敗戦。

悔しがりながらも、改良ポイントを見つけた英一は、将棋ソフトが自分を起こしてくれた朝のことを思い出して自身のプログラムに「AWAKE(目が覚める、眠りから起きる、覚醒)」と名付けました。

その後、英一はプログラムをアップデート、自動学習機能もついたAWAKEはインターネット上の将棋トーナメント「将棋電王トーナメント」でも優勝を飾ります。

そしてAWAKEの余りの強さに目を付けた企業が、プロと最強の人工知能将棋プログラムの対局の企画を持ち込んできました。

英一は最初は悩みますが、なんとその対戦を受ける予定のプロが陸だと知り、最後のチャンスだと企画を引き受けます。

陸は本番までに何度もAWAKEとシミュレーションの対局をしますが、毎回負け焦り出します。

一方、英一は完璧だと思っていたプログラムに一つの欠陥を発見。

しかし対局日までに修正は間に合わず、不安を抱えたまま勝負を迎えます。

全国の将棋ファン、英一の父や山崎先生、磯野たちも見守る中、世紀の対局が幕を開けました。

果たして勝負の行方は…。

『AWAKE』感想

将棋の知識もPCの知識も不要

将棋だけでも難しいのにさらに将棋のプログラムを開発する物語。

アバターシライシ

そう聞いてどれだけ難しい話なのかと思っていましたが、結論としてはそんな知識はなくとも『AWAKE』は存分に楽しめる映画でした。

何よりも吉沢亮若葉竜也の演技が素晴らしく、一つの道を究める男のドラマとして見応えがあります。

どちらも静かに闘志を燃やすタイプで、特に吉沢亮はあの美形ぶりは相変わらずのまま、不器用な陰キャの天才を見事に体現していました。

アバターシライシ

完全に死んでる時の目と真剣勝負の時の鋭い眼光のギャップが印象的です。

若葉竜也はそもそも普通の人っぽいのにどこか只者じゃない雰囲気の顔つきが「こんなプロ棋士TV見たことあるかも」という感じでぴったりだったんですが、映画のために棋譜を置くしぐさも完璧にマスターしたそうで、プロ棋士としての説得力が抜群でした。

後は独特なコミュニケーションの取り方をするプログラミングオタクの磯野を演じた落合モトキも、大学にこんな人いた!と思わせるリアルなエキセントリックさで絶妙です(笑)

また、将棋がわからなくてもBGMや編集でわかりやすく盛り上げどころを作ってくれて、対局にぐいぐい引き込まれます。

アバターシライシ

特にAWAKEが成長していくところと陸がプロでのし上がっていく様をそれぞれの対局風景をうまくカットバックして一気に見せていくシーンはテンポもBGMも抜群で、本作の白眉だったと思います。

実話で固い題材だからこそ、エンタメとしてしっかり見せる気概にあふれていました。

特にBGMの雰囲気が同じくプログラム開発の実話映画の名作『ソーシャル・ネットワーク』っぽさを感じます。

そしてポップな見せ方だからと言って、将棋シーンやプログラミングをいい加減に描いているわけではなく、時にはじっくりとそしてしっかり考証して描いています。

それもやはり役者の演技のおかげかもしれません。

特に落合モトキは本当にその分野のプロが知識をそのまましゃべっているようにしか見えませんでした。

アバターシライシ

将棋の知識がなくても面白かったのは間違いないのですが、終盤の対局などはしっかり知識と実力がある人が見たら、より驚いて感動できるんだろうなと少し悔しくなりました(笑)

勝負の世界の実話を映画化

AWAKE』は2015年の「電王戦」でプロの阿久津主税八段と元奨励会のプログラマー・巨瀬亮一の開発した将棋プログラムが対局した時の実話をヒントにしてできた映画です。

巨瀬のプログラムの名前はずばり「AWAKE」。

世紀の一戦と思われた対局は49分、21手でコンピューター側が投了。

そこにはいろんな秘密があったのですが、その理由も本作が監督デビューとなった山田篤宏監督の独自解釈を交えて劇中で描かれています。

一度は夢をあきらめた男の別の形での再挑戦、というわかりやすいドラマ要素もありながら、そんな単純なものではない将棋の世界、勝負の世界の難しさも『AWAKE』には盛り込まれていました。

かつてのライバル同士の再戦、という以上に将棋プログラムが人間のプロに勝ってしまったらどうなるのかというシビアな問題もこの戦いにはあったのです。

どっちが勝っても論争が巻き起こり、場合によっては失うものも多い。

そんな状況の中、実際に戦った2人だけにわかる世界。

アバターシライシ

勝負の幕引きとその後の顛末のエピソードを見て「大人な映画だな~」と唸りました(笑)

お互いに負けられない男同士の物語の幕引きとしてベストな形ではなかったでしょうか。

結末はどうであれ、全力でやり切ることで人は変われるし、報われるといういいメッセージももらえました。

その結末はぜひ本編でご確認ください。

『AWAKE』あらすじ・感想まとめ

AWAKE』は2020年12月25日公開。

将棋好きの人はもちろん、挫折を経験した人、何かに踏み出す勇気をもらいたい人、真剣勝負に熱くなりたい人、様々な人に見てほしい映画です。

▼あわせて読みたい!▼