池松壮亮×オダギリジョー共演『アジアの天使』追加場面写真解禁!日韓2つの家族が交流を深めるロードムービー

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

『舟を編む』で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞、映画『夜空はいつでも最高密 度の青色だ』でアジア・フィルム・アワード、アジア最優秀監督賞を受賞し、その他にも『生きちゃった』『茜色に焼かれる』など 数々の名作を発表し続けている石井裕也監督の最新作『アジアの天使』が7月2日(金)よりテアトル新宿他全国ロー ドショーとなります。

石井監督が、あらためて初心に返り、これまでの経験値に頼らずにオール韓国ロケで挑んだ意欲作。

優しさと力強さが調和した人間ドラマであり、誰も見たことのない「アジアの家族映画」が完成しました。

主人公のシングルファーザー、青木剛を演じたのは映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』『ぼくたちの家族』など、石井監督作品には欠かせない顔である池松壮亮。

最愛の妻を失い絶望的な別れと向き合ったからこそ、言葉や文化を超えて人と人が分かり合おうとすることをあきらめないその姿は、この世界の豊かさを信じる力そのもののようです。

剛が身を寄せる韓国在住の兄には、ギャラクシー賞月間賞も受賞した石井監督演出のTVドラマ『おかしの家』で主演をつとめたオダギリジョー。

『悲夢』(09)、『マイウェイ 12,000キロの真実』(12)などへの出演歴があり、韓国映画界との縁も深いオダギリが、剛とは対照的にいい加減に見えてどこか憎めない風来坊を体現しています。

元アイドルで売れない歌手のチェ・ソル は、『金子文子と朴烈』(17)で長編映画初主演を飾り、『Our Body』(18)で第23回釜山国際映画祭「今年の俳優賞」を受賞した実力派のチェ・ヒソが繊細に演じています。

居場所を求めて韓国にたどり着いた兄弟とその息子…韓国の3兄妹と出会い交流を深めていく場面写真公開

心に大きな喪失感を抱える青木剛(池松壮亮)は、息子の学を連れて兄(オダギリジョー)のいる韓国へ渡り、心機一転人生をやり直そうとする。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

ソウルの繁華街で足早に通り過ぎていく群集の中で、ひとり歌を唄う売れない歌手のソル(チェ・ヒソ)。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

ソルもまた、若くして亡くなった父母の代わりに、末端労働者の兄・ジョンウ(キム・ミンジェ)と喘息持ちの妹・ポム(キム・イェウン)を養うため、ままならない現実との狭間でもがきながらも懸命に生きようとしていた。

そんなソルを偶然見かける剛は、一瞬の出会いだったが、ソルのどこか憂げな佇まいに不思議な魅力を感じる。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

剛、学、剛の兄がソウルから江原道カンウォンドへ走る列車で、剛とソルは再会する。

ソルの兄、妹とともに日本人3人、韓国人3人の旅が始まる…。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

言葉が通じない中で最初はぎこちないながらも、次第に交流を深めていく2つの家族。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

食卓を囲みながら韓国料理に舌鼓をうち、ビールを飲みながら互いを理解し合っていく。

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

また、江原道での美しい朝焼けの海辺で語らい合う剛と学。

本格的な父親役は本作が初となる池松の父と子のやりとりにも注目してほしい。

それぞれが心に傷を持つ不器用な2つの家族がソウルで出会い、言葉や国籍を超えて”新しい家族”の形を築いていく本作、このあてもないロードムービーがもたらす、思いがけない奇跡とは…。

映画『アジアの天使』作品情報

映画『アジアの天使』

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

出演:池松壮亮、チェ・ヒソ、オダギリジョー、キム・ミンジェ、キム・イェウン、佐藤凌
脚本・監督:石井裕也
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎、パク・ジョンボム、オ・ジユン
撮影監督:キム・ジョンソン
音楽:パク・イニョン
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、SECONDWIND FILM
製作:『アジアの天使』フィルムパートナーズ
配給・宣伝:クロックワークス

公式サイトhttp://asia-tenshi.jp/
公式Twitter@asia_tenshi

あらすじ

8歳のひとり息子の学(佐藤凌)を持つ小説家の青木剛(池松壮亮)は、病気で妻を亡くし、疎遠になっていた兄(オダギリジョー)が住むソウルへ渡った。

ほとんど韓国語も話せない中、自由奔放な兄の言うがまま怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。

元・人気アイドルのソル(チェ・ヒソ)は、自分の歌いたい歌を歌えずに悩んでいたが、若くして亡くなった父母の代わりに、末端労働者の兄・ジョンウ(キム・ミンジェ)と喘息持ちの妹・ポム(キム・イェウン)を養うため、 所属事務所の社長と愛人関係を持ちながら細々と芸能活動を続けていた。

日本人3人と韓国人3人。

ソウルから江原道カンウォンドへと走る列車で巡り会った二つの家族は、一台のおんぼろトラックに乗って、それぞれの行き先を目指す…。

しかし、その時彼らはまだ知らない。

国籍の違う二つの家族が寄り添う時、ある“奇跡”を目の当たりにすることを…。

7月2日(金)テアトル新宿ほか全国公開!