『あなたの番です』第19話あらすじ・ネタバレ感想!犯人はついに4人まで絞られる…一体誰だ!?

ドラマ『あなたの番です』第19話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

田宮淳一郎(生瀬勝久)と桜木るり(筧美和子)、そして藤井淳史(片桐仁)と久住譲(袴田吉彦)は、自分が犯してしまった罪を自白しました。

翔太(田中圭)は、パズルの裏に隠されていた菜奈(原田知世)からのメッセージに気づきます。

そして、犯人は4人に絞られました。

翔太は犯人をおびき出すため、その4人に手紙を送ります。そこに現れた人物は?

犯人は一体誰なのか黒幕が存在するのか、第19話の最後に驚くべきことが起こります。

今回はドラマ『あなたの番です』第19話について、ネタバレありであらすじと感想を紹介していきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『あなたの番です』第19話あらすじ

二階堂(横浜流星)の作ったAIの分析で、黒島(西野七瀬)が犯人の可能性が高いという結果が出る。

翔太(田中圭)は、ゲームの参加者でもある黒島には犯人の条件が揃っていると主張する。

二階堂は黒島をかばう。黒島への疑惑をめぐり、翔太と二階堂は、険悪な雰囲気に。

ドラマ『あなたの番です』第19話あらすじ①

そんな中、翔太たちは水城(皆川猿時)から、田宮(生瀬勝久)が人を殺したと自首してきたことを知らされる。

田宮は水城の取調べで、自分が犯した殺人の詳細を語り始める。

翔太と二階堂は、南(田中哲司)が元刑事から提供された尾野(奈緒)に関する資料を見せられる。

そこには、尾野の疑惑を深める内容が記されていた。

翔太と二階堂は、意外な事実が判明した尾野に話を聞くために301号室を訪ねるが尾野は不在。

帰りを待っていると、303号室から蓬田(前原滉)が叫びながら飛び出してくる。

翔太と二階堂は、303号室の中へ。すると、キッチンに血まみれのある物が…!

それは、交換殺人ゲームの重要な証拠のひとつで…。

ドラマ『あなたの番です』第19話あらすじ②

まもなく、尾野が帰宅。翔太と二階堂が話を聞くと、尾野は、黒島が怪しいと主張。

翔太の入院中、病院の廊下で黒島を見かけたことを話す。

二階堂は「黒島が菜奈(原田知世)を殺した」と以前聞いていたにも関わらず黙っていたことが翔太にバレてしまう。

さらに、翔太が内山(大内田悠平)との関係を問い詰めると、ハッキリ答えない尾野。

さらに彼女は「交換殺人ゲームには参加していない」と言い出して…!?

ドラマ『あなたの番です』第19話あらすじ③

罪を隠し続けてきた藤井(片桐仁)と桜木(筧美和子)、そして階段から突き落とされた久住(袴田吉彦)の運命は!?

そして、パズルの裏からは、犯人を絞り込むある手がかりが…!!

翔太と二階堂、南は、犯人をおびき出すある作戦を決行!

そこに現れるのは、一体誰だ!?
出典:『あなたの番です』公式ページ

【ネタバレ】『あなたの番です』第19話の感想

AIが示した犯人は黒島!翔太(田中圭)と二階堂(横浜流星)の喧嘩

AIが示した犯人は黒島でした。しかもMatch率89%とかなり高め。

それを見た翔太(田中圭)と二階堂(横浜流星)は驚きます。

黒島(西野七瀬)は304号室のドアの前で、尾野(奈緒)から緑の液体を吹きかけられます。その液体はマウスウォッシュでした。

尾野は、黒島からしーくん(二階堂)を守りたかったと言いますが…。

その様子をインターホンのカメラで翔太と二階堂が見ていました。

二階堂は怒って、尾野を301号室に引っ張っていきます。

304号室に入った黒島はAIの犯人分析結果を見て、自分が疑われていることを知りました。

翔太は黒島を疑いますが、二階堂は黒島を庇います。

2人は黒島をめぐって喧嘩になってしまいました。

田宮(生瀬勝久)の自白

田宮(生瀬勝久)は人を殺したと警察に自首してきました。

自分が設置した防犯カメラで、黒島が元カレに暴行されているのを目撃します。

田宮は、黒島を助けようと思い、黒島の元カレに注意しました。

しかし、元カレは反省するどころか田宮に暴言を吐きます。

感情的になってしまった田宮は、元カレを石で殴り殺害してしまいます。

田宮は、罪の意識に耐えられなくなって自白したと言いました。

さらに、これは交換殺人ゲームとは関係ないと言います。

田宮に逮捕状が請求されました。

桜木(筧美和子)と藤井(片桐仁)の自白

桜木(筧美和子)は、自分たちを裏切ろうとしている久住(袴田吉彦)を階段から突き落としました。

病院に運ばれ意識を取り戻した久住は、自分を襲ったのが桜木であること、その桜木が袴田吉彦を殺した犯人であることを刑事たちに伝えました。

水城刑事(皆川猿時)が事情を聞きにやって来ました。

病院の診察室には、藤井(片桐仁)と桜木がいます。桜木はあっさり殺人を認めます。

そして、袴田吉彦と田中政雄の殺害、久住を歩道橋から突き落としたのは自分だと言います。

藤井はそれを聞いて、自分はどうしたらいいのか悩んでいます。

自分の罪まで桜木に被せてしまっていいのか?

桜木は、藤井のことを愛しているから、トラブルに巻き込まれていた藤井を助けたかったと言いました。

突然、藤井は桜木に「愛している」と言います。

そして、全て自分がやった、彼女は無実だと言いますが…最終的に田中政雄だけを殺ったと言い直しました。

桜木は藤井のことが好きだったんですね。

桜木と藤井は警察署に連れていかれました。

尾野(奈緒)が犯人である可能性

南(田中哲司)からの情報によると、尾野は施設で育ち、10歳まで高知県にいたことが分かりました。

翔太たちは、尾野が犯人である可能性を考えます。

  • 高知県出身で土地勘がある。
  • 塩化カリウムに詳しかった。
  • 菜奈の服のボタンを持っていた。
  • 菜奈を毛嫌いしていた。
  • カーテンが同じことから、内山の動画が尾野の部屋で撮られた可能性がある。

翔太と二階堂は、301号室のチャイムを鳴らしました。しかし、尾野は留守のようです。

その時、303号室から悲鳴が聞こえ、管理人が飛び出してきました。

空き室である303号室に、血で染まった紙が置いてあったのです。

その紙には、小さい字で『赤池美里』と書かれていました。そこに尾野がやって来ます。

翔太たちは尾野に話を聞くことにしました。

尾野の言い分をまとめると…。

  • 『赤池美里』と書かれた紙は黒島のもの。
  • 翔太が入院していた時、黒島が病院の廊下を歩いていた。
  • 交換殺人ゲームが行われた後から急に黒島の様子が変わった。

「おかしくないですか?」と尾野は言いました。

  • 菜奈の服のボタンは、自分が勝ったからもらったと言います。

尾野は、好きな人が自分に振り向いてくれた時、記念品をもらうことにしているようです。

  • 尾野の部屋のカーテンは一点もの。
  • 内山のことは知らない様子。
  • 交換殺人ゲームには参加していない。

尾野は、紙には何も書かず、引いた紙も見ないでポストの前のゴミ箱に捨てたと言います。

嘘をついているのは黒島(西野七瀬)?黒幕とは?

早川教授に電話をしたのは内山(大内田悠平)でした。

早川教授に呼び出された黒島は、駅のホームから突き落とされます。

翔太は、黒島が書いた名前は早川教授ではなく元カレの名前だったのではないかと考えます。

さらに黒島は、自分から線路に落ちたのではないかと考えました。

しかし、防犯カメラには何者かが黒島の背中を押しているところが映っています。

翔太は、書いた紙・引いた紙を推察しました。

  • 尾野:書いた紙は白紙、引いた紙は『石崎洋子』
  • 黒島:書いた紙は元カレ、引いた紙『赤池美里』
  • 管理人さん:書いた紙は『吉村』、引いた紙『管理人さん』

田宮の引いた紙が黒島の元カレだとするとゲームの表は完成します。

翔太は、黒島が嘘をついていると言います。

二階堂(横浜流星)の苦悩

二階堂は、犯人を見つけるのに支障が出るからと言って、黒島と会わないことにしました。

そして、必ず潔白を証明すると言います。

黒島は、二階堂を真っすぐ見て「私、やってませんから」と言います。

黒島の様子を見ると、犯人ではないのかな?と思いますが…。

二階堂はAIを使って分析しますが、望んでいる答えは出ていない様子です。

菜奈(原田知世)が残したメモ

翔太は、菜奈がパズルの裏に隠した小さいメモを発見します。

そのメモを広げると…。

ラッキーデー『3日 8日 15日 21日 29日』と書かれており、そのうち3日、21日、29日に印が付いています。

さらに、菜奈の字で『5日 12日 17日 26日 次は?』と書かれていました。

このメモは、広報誌『さわやかすみだ』の一部でした。

翔太は、水城刑事に事件の発生日を確認します。

  • 管理人さん 3月24日
  • 山際祐太郎 4月5日
  • 田中政雄 4月30日
  • 赤池夫妻 5月3日
  • 児嶋佳世 5月21日
  • 浮田啓輔 5月29日
  • 甲野貴文 6月6日
  • 手塚菜奈 6月17日
  • 神谷将人 8月3日

メモに書かれた数字は、『さわやかすみだ』5月と6月号の占いで、牡羊座のラッキーデーとされる日でした。

今のところ分かっている牡羊座の人は、黒島と尾野です。

ネタ探しをする木下(山田真歩)

木下(山田真歩)は、めげずにネタ探しをしています。

今回、得た情報は西村(和田聰宏)でした。

ポストに忍ばせた録音機から、西村が管理人日誌を持っていることを知ります。

西村はその日誌で、交換殺人ゲームのことを知ったようです。

木下は西村の職場に行き、交換殺人ゲームのことを問い詰めますが…。

西村は、用事があると言ってどこかに行ってしまいます。

>>【14日間無料】Huluで『あなたの番です』を視聴する

新たに分かったこと

翔太と水城刑事は、入院している久住に話を聞きに行きました。

久住は、浮田さんが書いた紙を引いたのは黒島だと言います

それを聞いた翔太は、「これでゲームの全貌が分かった」と言いました。

内山の動画の声は、編集で後からつけられたものであることが分かりました。

ようやく、本来の音声が確認できました。

それを聞いた水城刑事は「これって…」と言います。

犯人をおびき出す翔太(田中圭)

翔太は、犯人を刺激するような手紙を書いて、犯人をおびき出そうと考えます。

手紙の内容は二階堂が書くことになりました。

そこに、南が犯人について有力な情報を持ってやって来ます。

黒島の家庭教師が、南の娘さんが殺された2年後に亡くなっていることが分かったのです。

その家庭教師は黒島とは恋人同士だったようです。

黒島を好きになった人が亡くなっている!

やはり犯人は黒島なのでしょうか?

翔太は、怪しいと思われる黒島、西村、尾野、江藤(小池亮介)、4人のポストに手紙を入れました。

南は、キウンクエ蔵前の外で4人が出てくるのを見張っています。

江藤が外に出て、尾野も外に出てきます。さらに尾野はタクシーに乗りました。

しかし、最有力候補の黒島はマンションから出てきません。

翔太と二階堂は、犯人をおびき出した部屋で待っています。

翔太は万が一に備え、ダーツの矢を用意していました。

いよいよ指示した時刻、14時になりました。ドアをたたく音がします。

翔太がドアを開けると、そこには尾野がいました。

二階堂は背後から翔太に近づき、翔太の首を絞めます。

そして、ドアの前に立っている尾野に「ありがとう」と言いました。

『あなたの番です』第19話まとめ

部屋に来たのは尾野でしたが…本当に犯人なのでしょうか?

やはり、それでも黒島が一番怪しい気がします。

黒島は当初、体のあちらこちらを怪我していて、暗い感じの人でした。

しかし、元カレが亡くなった頃から変わります。

住民のみんなとも打ち解けるようになり、翔太たちと一緒に犯人を捜すのも手伝います。

黒島の元カレを殺したと自白した田宮は、明らかに黒島のことを気にしています。

菜奈が殺された日、黒島と尾野と内山にはアリバイがありました。

なので、黒島は実行犯ではないということですかね…。

相手をそそのかすと言うより、周りの人たちが黒島の気持ちを汲んで行動した?とも考えられます。

そして、ラスト二階堂の不可解な行動。

これはもともと翔太と打ち合わせていたことなのでしょうか?

犯人は黒島なのか?あるいは黒幕が存在するのか?

すべては次週の最終回で明らかに。最高のどんでん返しを期待したいですね!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第20話(最終回)も続けて読む▼