『AI崩壊』キャスト・あらすじ・監督スタッフまとめ!入江悠監督が放つあり得る“未来”の危機

映画『AI崩壊』キャスト・あらすじ・スタッフまとめ!入江悠監督が放つあり得る“未来”の危機

出典:『AI崩壊』公式ページ

『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』『ジョーカー・ゲーム』の入江悠監督が放つ渾身のSFサスペンス『AI崩壊』がいよいよ公開されます。

決して遠くない未来、2030年の日本を舞台に、AIの暴走とそれに巻き込まれる人間たち、そして驚くべき真相を描きます。

大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、玉城ティナ、高嶋政宏、芦名星、余貴美子、広瀬アリス、松嶋菜々子、三浦友和といった豪華キャスト集結しました。

一足先にマスコミ試写で作品を見る機会があり、今回は作品紹介&レビューとしてまとめていきます。

村松健太郎

人工知能学会に入会した入江監督が15稿まで書き重ねた渾身のオリジナル脚本作品になっています!!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『AI崩壊』作品情報

作品名 AI崩壊
公開日 2020年1月31日
上映時間 131分
監督 入江悠
脚本 入江悠
出演者 大沢たかお
賀来賢人
広瀬アリス
岩田剛典
高嶋政宏
芦名星
玉城ティナ
余貴美子
松嶋菜々子
三浦友和
音楽 横山克

『AI崩壊』あらすじ


2030年の日本。

医療AIのぞみが新たなインフラとして国民の生活の一部となっています。

AIのぞみを管理するHOPE社の代表取締役の西村悟(賀来賢人)は、義兄でAIのぞみの生みの親である桐生浩介(大沢たかお)を日本に呼び戻します。

桐生浩介は妻の(松嶋菜々子)の病を治すために医療AIの開発を進めていましたが、認可が下りることはなく妻は亡くなりました。

このことがきっかけとなり、浩介は日本を離れ娘のと二人で海外で暮らしていました。

しかし、AIのぞみの開発の功績を讃えた政府が浩介を表彰することになり、これを口実にして悟は浩介を呼び戻そうとしたのでした。

数年ぶりに、帰国した浩介を悟やHOPE社の飯田眞子(玉城ティナ)が出迎えます。

AIが社会の一部となった日本では、AIによって仕事を奪われるのではないかと考える人たちが過激な行動に出ています。

HOPE社で行われた記者会見に過激派が紛れ込み、会見場を混乱に陥れますが、事前に警備に当たっていたサイバー犯罪対策課によって鎮圧されます。

サイバー犯罪対策課を率いるのは人工知能研究でMITの博士号を取得した天才科学者としての顔も持つ桜庭誠(岩田剛典)です。

そんな中、突如AIのぞみが暴走を始め、国民の余命や病歴から“命の選別”を始めます。

不正アクセスの追跡を始めた桜庭とサイバー犯罪対策課は、不法侵入した端末の持ち主が桐生浩介であることを突き留めます。

英雄のように迎えられたのが一転、犯罪者となった浩介は追跡の目をかいくぐって逃亡、真相を探り始めます。

『AI崩壊』のキャスト情報

大沢たかお / 役:桐生浩介

妻のがん治療のために医療AIのぞみを開発した天才科学者。

AIのぞみの認可が下りずに妻を亡くしたあと娘と共に海外へ移住。

義弟の悟の招きを受け入れて日本に帰国しますが、そこでAIのぞみの暴走事件に巻き込まれます。

村松健太郎

舞台俳優として海外公演も経験している大沢たかお、世界に通用する俳優として真っ先に上がったのが大沢たかおの名前だったそうです。

西村悟 / 役:賀来賢人

AIのぞみを管理するHOPE社の代表取締役で浩介の義弟。

元々は研究者であり、姉の(松嶋菜々子)とともに浩介と医療AIの研究をしていました。

AIのぞみが完成したあとは浩介の意思を継ぎ医療AIの発展のために働いています。

村松健太郎

ドラマ『今日から俺は‼』で大ブレイク、この後も『ヲタクに恋は難しい』などなど、話題作が待機中の賀来賢人が演じています。

岩田剛典 / 役:桜庭誠

MITで人工知能の研究を進め、博士号を主としている天才科学者であり、警察庁サイバー犯罪対策課の理事官でもあります。

独自開発した捜査AI“百眼”を運用、部下の望月(高嶋政宏)や林原(芦名星)らとともに浩介を追います。

村松健太郎

演じるのはEXILE/三代目JSOULBRTHERSのメンバーで、『植物図鑑』で映画出演デビューして以降ヒット作・話題作で俳優としても活躍の幅を広げている岩田剛典。

三浦友和 / 役:合田京一 広瀬アリス / 役:奥瀬久未

合田は現場主義、足で稼ぐ定年間近のベテラン刑事。

サイバー犯罪対策課の捜査手法を疑問視して、独自捜査を始めます。

奥瀬は新米刑事で、合田とバディを組んでいきます。

最初は合田の方法に戸惑うばかりですが、徐々に感化されていきます。

村松健太郎

三浦友和と広瀬アリスが血の通った人間の眼の持ち主として事件を追うコンビを演じます。

『AI崩壊』のスタッフ情報

監督・脚本/入江悠

『SR サイタマノラッパー』シリーズで注目を浴びシリーズ化、その後『ジョーカー・ゲーム』『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』など大型エンターテイメントも手掛けるようになりました。

そして、満を持してオリジナル脚本のSFサスペンス『AI崩壊』を発表しました。

企画・プロデューサー/北島直明

『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』で入江悠監督と、『藁の楯』で大沢たかおと組んでいて、世界市場を視野に入れた大型企画として『AIAI崩壊』の企画を進めました。

主題歌/AI「僕らを待つ場所」


歌手のAIさんが歌う本作の主題歌「僕らを待つ場所」。

AIがコントロールできなくなった混乱状態において戦う登場人物たちの想いとシンクロした曲になっています。

映画版のMV以外に入江監督が監督したオリジナルMVも配信中です。

『AI崩壊』と併せて見たい映画『藁の楯』『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』

『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』


入江悠監督が一躍大型エンターテイメント作家としての実力を示したの『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』。

迷宮入りした連続殺人事件の犯人が時効後に自叙伝を発表して…というサスペンス大作。

藤原竜也、伊藤英明、夏帆、早乙女太一、岩城滉一、仲村トオルなどこちらも豪華キャストが集結しましたが、入江監督はこの面々を巧みさばいています。

『藁の楯』


北島プロデューサーが大沢たかおと組んだ三池崇史監督作品でカンヌ国際映画祭コンペティション部門で選出されています。

孫娘を殺された大富豪が殺人犯に多額の懸賞金をかけます。

日本中の人間が追手となったことで、警察に出頭してきた凶悪犯を護送する刑事の物語。

村松健太郎

この映画で大沢たかおと松嶋菜々子は共演しています。

『AI崩壊』まとめ

まず何と言ってもこれだけの豪華キャストを集めたことに驚かされます。

主役級が顔をそろえる贅沢な並びとなっています。

この並びを迎えて、原作なし・オリジナル脚本で勝負する入江悠監督の手腕も見事です。

村松健太郎

SFは、一部の特撮作品以外では日本映画では実は苦手なジャンルなのですが、難しいジャンルに挑む製作陣の意気込みも感じます。

道路を閉鎖して実際に車を転落させたり、大型タンカーを一隻丸々チャーターしたり、巨大地下道を使うなどCGに頼らない実物主義で映画に確かな肉付けがされています。

映画『AI崩壊』はAIの暴走、2030年という近未来、主演級が集まった豪華キャスト陣という外見に負けない濃密なサスペンス映画となっています。

▼動画の無料視聴はこちら▼