『きみはペット』あらすじ・ネタバレ感想!チャン・グンソク主演!キャリアウーマンのもとにイケメンペットが?

『きみはペット』あらすじ・ネタバレ感想!チャン・グンソク主演!キャリアウーマンのもとにイケメンペットが?

出典:IMDB

日本の漫画を映画化した胸きゅんラブコメディです。

“アジアのプリンス”と呼ばれるチャン・グンソクがペットとなり一人暮らしのキャリアウーマンを癒します。

とにかく可愛いチャン・グンソクが詰め込まれている作品です!

ポイント
  • 仕事ができて容姿端麗、しかしキャリアのおかげで彼氏ができない、そんなキャリアウーマンとペットと化したイケメンダンサーのラブコメディ
  • 一緒に生活しながら少しづつ距離が縮まっていくその雰囲気が胸キュンそのものです
  • そしてラブコメディには付き物のライバルが登場してさらに面白い展開に…

それでは『きみはペット』をネタバレありでレビューします。

『きみはペット』作品情報

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

作品名 きみはペット
公開日 2012年1月21日
上映時間 110分
監督 キム・ビョンゴン
原作 小川彌生
出演者 キム・ハヌル
チャン・グンソク
リュ・テジュン
音楽 イ・ヨンボム

【ネタバレ】『きみはペット』あらすじ・感想


胸キュンシーンが満載

キャリアウーマンのウニ(キム・ハヌル)が自分のマンションの前で拾ったのは犬…ではなくてイケメンの男。

それが宿無しダンサーのカン・イノ(チャン・グンソク)です。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

イノは元々女性の家を渡り歩く生活をしていました。

それまで住んでいた彼女の家から追い出され行き場をなくしたイノはウニの弟にお世話になることに…。

TomomoTomomo

ウニもイノもその弟に半ば騙されるようにして一緒に暮らすことになるんです。

ウニは弟から1泊だけ泊めると聞いていたので最初は困惑はしましたが、イノにモモという名前を付けて可愛がるようになります。

TomomoTomomo

ペット化したイノがロン毛のせいか人懐っこい大型犬のようで可愛いんです。

ウニに「お手っ!」と言われれば素直に手を乗せて、「バンッ!」と言われれば撃たれた振りをして倒れる。

プロレスの技をかけられて苦しんでいるイノと楽しそうに笑うウニ、散歩に連れて行けとねだるイノ。

他にもイノが髪の毛を洗ってとせがんだり、お腹すいたとバックハグしたり、仕事をしているウニの膝に頭を乗せてペットだからと言って甘えたり。

ツンデレのイメージが強いチャン・グンソクですが『きみはペット』では甘々なチャン・グンソクでした。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

TomomoTomomo

こんな年下彼氏がいたら毎日楽しいでしょうねと思ってしまいます。

ライバルのチャ先輩(リュ・テジュン)がウニの家に来た時は嫉妬したイノが犬の振りをして吠えて追い返したりしてとにかくチャン・グンソクの可愛さ全開です。

お互いの存在がお互いにとって大きくなりつつあるのになかなか進展しない2人の関係はもどかしいものがありました。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

TomomoTomomo

その経過も楽しいんですけどね…。

素直になれなくて

一緒に暮らすようになってイノはウニに惹かれていきます。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

TomomoTomomo

ウニをご主人様と呼ぶイノが友達に「ご主人様を愛しちゃダメだよな」と話すシーンが印象的です。

しかし、一方のウニは好きだったチャ先輩が現れてイノどころではなくなってしまいます。

でもそんなウニもチャ先輩に1泊2日の旅行に誘われて出かけたもののイノが心配でいい雰囲気の時に帰って来てしまうんです。

なんだウニもイノが好きじゃん!と思いましたが、そもそもこの2人はご主人様とペット。

TomomoTomomo

なかなか素直にはなれませんでしたね。

イノから見ればウニはご主人様。

自分のことはペット以下でもペット以上でもないんだと思っています。

しかし自分のことを心配して練習しているスタジオにウニが訪ねて来たりすると期待してしまいますよね。

時おり、男らしい眼差しで迫ってはみたものの軽くあしらわれていました。

普段は年下全開で甘えるイノみたいなイケメンが、急に男らしさを匂わせたらどんな女性もイチコロのような気がしますが…。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

ウニはというとイノに惹かれはするものの年下で宿無しで…条件だけ見ればチャ先輩がいいに決まっています。

お互いのことが好きなのは明確なのに終盤までこのグダグダは続きます。

いなくなって気付く存在

ウニが好きだったチャ先輩にペットがイノだとバレてウニとイノは喧嘩別れのようにバラバラになってしまいます。

TomomoTomomo

もちろんウニとチャ先輩もうまくいくはずがありませんね。

そんな時、ベルギーに留学するというメッセージがイノから届きます。

TomomoTomomo

そのメッセージの中でイノが「ウニのこと大好きだよ」と満面の笑みで言うんですがこれにはチャン・グンソクのファンでなくても胸を打たれると思います!

発つ前の舞台を見に来てほしいと言われて友人を伴って観に行ったウニですが、用意した花束を渡すことなく会場を後にしました。

イノがいなくなった部屋で1人で過ごしながら落ち込むウニ。

少しづつイノが残した物もなくなっていきます。

素直じゃないウニは友達に諭されてやっと空港に向かいましたが、イノには会えませんでした。

イノが発って1か月後、偶然ウニとイノは再会します。

感動の再会というよりはまた始まった…という微笑ましいじゃれ合いの再会でした。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

発つ日にウニが空港に行ったことを知ったイノがいたずらっぽく何で?と聞きましたが、最後までウニからの告白は聞けず、代わりに持っていたバックで叩かれるような状況です。

エンディングは夕日をバックに幸せそうな2人のキスシーンです。

そしてエンドロールではその後の2人が少しだけ描かれています。

TomomoTomomo

それがまた面白いのでぜひ最後まで観ることをおすすめします!

全体を通して微笑ましいじゃれ合いが多い涙なしの、本格的なラブコメディです。

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

TomomoTomomo

ウニにとってイノがペット以上の存在になっていく様を楽しんで観てほしいですね。

『きみはペット』まとめ

『きみはペット』

(C)小川彌生/講談社 (C)Production LUDENS/KJ-net

以上、ここまで『きみはペット』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • メイキングを観てから観ると面白さ倍増します
  • チャン・グンソクのカメラ目線での甘える眼差しは必見です
  • 素敵なハッピーエンドにほっこりすること間違いなし!
  • きみはペット』を観たらあなたもチャン・グンソクのファンになるはずです!