『用心棒』あらすじ・ネタバレ感想!黒澤明監督の代表作であり、誰もが認める名作中の名作

出典:映画.com

『用心棒』は、黒澤明監督作の時代劇映画です。

本作を観た誰もが「名作」であると認める、とても重要な一作なのです。

そこで今回は、この映画の特に素晴らしい点について私なりに書いていきます。

ポイント
  • ドラマ、ユーモア、アクションの全てが高水準
  • 圧倒的な映像の美しさとかっこよさ
  • 主人公の桑畑三十郎をはじめとする魅力的な登場人物

それではさっそく『用心棒』のレビューをしたいと思います。

『用心棒』作品情報

作品名 用心棒
公開日 1961年4月25日
上映時間 110分
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
菊島隆三
出演者 三船敏郎
仲代達矢
山田五十鈴
志村喬
司葉子
土屋嘉男
東野英治郎
藤原釜足
加東大介
音楽 佐藤勝

『用心棒』あらすじ


馬目の宿は縄張りの跡目相続をめぐって一つの宿湯に二人の親分が対立、互いに用心棒、兇状持ちをかき集めてにらみ合っていた。

そこへ桑畑三十郎という得体の知れない浪人者がふらりとやって来る。一方の親分馬目の清兵衛のところにやって来た三十郎は用心棒に俺を買わないかと持ちかけて、もう一方の親分丑寅の子分3人をあっという間に斬り捨ててしまった。

清兵衛は五十両で三十郎を傭った。しかし女房のおりんは強つくばりで、半金だけ渡して後で三十郎を殺せと清兵衛をけしかけた。これを知った三十郎はあっさり清兵衛の用心棒を断わり、居酒屋の権爺の店に居据った。

両方から、高い値で傭いにくるのを待つつもりだ。名主の多左衛門は清兵衛に肩入れ、造酒屋の徳右衛門は丑寅について次の名主を狙っていた。

そんなところへ、丑寅の弟卯之助が帰って来た。短銃を持っており腕も相当だった。三十郎は丑寅方につくことになった。丑寅の金の供給源である徳右衛門は、百姓小平の女房ぬいを妾にしていた。小平から博奕の借金のかたにして取りあげてしまったのだ。

小平と息子の金助の情ない様子を知って、三十郎は亥之吉をだまして親子三人を逃がしてやるのだった。権爺はそんな三十郎をだんだん好きになっていった。

しかしぬいが感謝のために三十郎に出した手紙を卯之助にみつけられたため、三十郎は捕えられて土蔵に放りこまれた。ぬいの逃げ場所をはかせようと地獄の責苦がつづいた。ぬいの居所を知っているので殺されずにすんでいるのだ。

三十郎はかんぬきをだまして墓地に逃れた。丑寅は卯之助の知恵で清兵衛の家に火をかけた。清兵衛一味は全部殺された。喧嘩は丑寅の勝利に終った。そこへ三十郎がふらりとやって来た。卯之助が銃を構えるより速く三十郎の手から出刃が飛んだ。

そして丑寅達の間を三十郎が駆け抜けると、丑寅達は倒れていた。「おい親爺、これでこの宿場も静かになるぜ」と言って三十郎は去って行った。
出典:Movie Walker

『用心棒』を視聴できる動画配信サービス

『用心棒』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年3月23日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『用心棒』感想レビュー

黒澤明の映像美と効果

今作に限らず、黒澤明監督は非常に芸術的な映像を撮っています。

具体的には風、雨、水、火などの自然ものの撮り方が非常に美しいのです。

そもそも『七人の侍』以前は、映画に雨や火を使うということ自体ほとんどありませんでした。

悲しいシーンで雨が降っているなどの、心情と風景のリンクも珍しかったのです。

今作でも、やけ酒のシーンで雨が降っていたり、三十郎が怒っているシーンで火が写ったりといった、美しく効果的な使い方がされています。

特に興味深いのは、卯之助の登場シーンです。強風が吹き、砂埃が舞っています。

この風の使い方は、漫画でいう効果線のような役割を果たしています。

この視覚性だけで卯之助の大物感が見事に出ているのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『用心棒』を視聴する

黒澤明とジョン・フォード

これらの視覚的な美しさは、ジョン・フォード監督の映画から影響を受けていると考えられます。

黒澤明監督は、度々ジョン・フォード監督を敬愛していることを語っています。

ジョン・フォード監督の代表作『荒野の決闘』は、非常に美しい映画として評価されています。

白黒映画ですが、空や雲が美しく写っています。どのコマも絵画のような印象を受けます。

今作も正に同じ印象を受けました。前述の卯之助の登場シーンも1枚の絵画として成り立つように撮られています。

どこで一時停止しても美しい画というのが、今作及び黒澤作品の魅力となっています。

>>【31日間無料】U-NEXTで『用心棒』を視聴する

用心棒の圧倒的な存在感

今作の主人公である桑畑三十郎。タイトルの用心棒のことです。

演じたのは三船敏郎さんです。黒澤明監督とは最強の2人組として有名です。

「三船敏郎を超える役者はいない」と言っても過言ではありません。

まず、溢れ出るオーラがすさまじいのです。

今作のオープニングは歩いている三十郎の背中から始まります。オープニングの曲の間中ずっと背中を写しています。

そして、そのオープニングが終わってやっと顔が見えます。

その時に一種の衝撃がありました。画面越しにも関わらず、思わず圧倒されてしまいます。画面の中からでも伝わる覇気があるのです。

今作は美しい映画であると書きましたが、それは雨や風に限らず美術も素晴らしいのです。

特に、登場人物たちの衣装がとてもよくできています。いわゆるモブキャラと呼ばれる人々も綺麗な模様や柄の服を着ています。

一方の三十郎は侍であることもあり無地の地味な衣装です。

しかし、大人数でいるシーンで一番地味な衣装であるにも関わらず、三十郎がもっとも目につきます。

そこにいるだけで存在感があるとは正に彼のことです。画面越しでも伝わるすさまじい覇気。

もし実際に会えたらどうなってしまうのか…など、そんなことも考えました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『用心棒』を視聴する

映画のリアリティを追求するディティールの細かさ

今作は非常に細かいところまで作りこまれた映画になっています。

まず、部屋で何人かで会話しているシーンで、会話の様子を色んな角度から撮影しています。それぞれの人物を撮れるという点以外にも理由があります。

よく見ると部屋の壁がどこも飾られています。それも奥の方までよくできています。ただの壁ではなく掛け軸などが必ず置かれています。部屋のセットを細かく作りこんでいるのです。

本来の部屋はそういうものですが、映画のセットでは特定の面だけ作って、作っていない部分は写さないように撮るのがポピュラーです。

しかし黒澤明監督は、ちゃんと全ての壁を飾り付け、部屋を部屋として作っているのです。そしてそれが伝わるように撮っています。

この細かな作りこみで、映画の中に確かにそこに村が存在しているように感じられます。

この、映画の中に「本当に村がある」というのが狙いだったようにも思えます。

今作は映画全編に渡って、非常に空間的で奥行き感のある構図で撮影されています。

手前に三十郎が座っていて、奥の方で会話が繰り広げられていたりします。画面の中で人やものが何層にも重なる撮り方です。

特に印象的なのは、柵や窓から向こう側を見る構図です。

その現場に実際にいるような目線で映画を観ることができるようになっています。(ちなみに今作の撮影監督である斉藤孝雄さんは以降も黒澤作品に度々参加しています。次回作にあたる『椿三十郎』などでも似た撮り方をしています。)

屋外のシーンでも同様で、手前から画面の限りなく奥の方にまで人がいたりします。

他に、とても広い空間に人がぽつんと一人だけいるような撮り方もしています。

村というものの広さを前後左右に体感できます。

今作をご覧になる際には、ぜひこの画を映画館の大画面で観ることを想定しながら見ていただきたいです。

大画面で観ると、自分がその村にいるような感覚を味わうことができるはずです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『用心棒』を視聴する

『用心棒』まとめ

前述の芸術的な美しい映像に、どこかリアルな撮り方が合わさることで、非常に洗練された映画として完成されています。

計算し尽くされた「リアルだけれど美しい」作品となっています。他にも効果音のリアリティや小道具などにも強いこだわりが見て取れます。

ぜひ自身の目や耳だけでなく、体全体で体感するような気持ちで鑑賞してみてください。

要点まとめ
  • 誰が見ても楽しむことができる、映画としての面白さが詰まっている
  • 時代劇映画として、そして映画として素晴らしい作品
  • 今作を見れば他の黒澤明監督作も見てみたくなる

最近の方は昔の映画にあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、そんな方にこそ見てほしい一作となっています。

白黒映画や時代劇映画、黒澤映画の初心者でも必ず楽しめる名作です。

『用心棒』を視聴できるVODは?

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
dTV

出典:dTV

dTVの特徴
  1. 月額500円で12万本以上の動画が楽しめる
  2. 安くて作品数が多いコスパ最強のサービス
  3. 31日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
auビデオパスの特徴
  1. ビデオパス会員なら映画館がお得にある「auマンデイ」対象
  2. TOHOシネマズで毎週月曜日1,100円ユナイテッドシネマでいつでも1,400円と安く利用可能
  3. 月額562円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能