『エール』第6週27話あらすじ・ネタバレ感想!音か音楽か。選択を迫られた裕一の運命の歯車が狂いだす

『エール』第6週27話

出典:『エール』公式ページ

まさ(菊池桃子)に音(二階堂ふみ)との結婚を反対され、浩二(佐久本宝)から今までのうっ憤をぶつけられた裕一(窪田正孝)は、母校にいる藤堂(森山直太朗)の元を訪れます。

先生ならどうするかと聞くと、藤堂は「どちらかを選ぶ」と言うのです。

その結果、裕一は音に手紙で別れを告げ、作曲に励みます。

悲しみのあまり、震えと涙が止まらない音。

裕一はなんとか音のことを忘れて作曲に専念しようとするのですが…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第6週26話のあらすじと振り返り

留学と結婚が決まり、自身が作曲した「竹取物語」の印税でさらなる富を得た裕一(窪田正孝)は夢見心地で川俣絵と帰って来たのですが、この時実家ではとんでもない事態に!

万事良しと三郎(唐沢寿明)から電報が来たが、本当は誰もが裕一の結婚に反対。

夫婦なのに一緒に暮らさないことに反対するまさ(菊池桃子)。

結婚相手は自分が連れてくると言う茂兵衛(風間杜夫)。

そして、いつも家族の中心となり、愛され、それでいて家族のことを考えずに自分勝手だと思う浩二(佐久本宝)が裕一の結婚を認めません。

音がいないと音楽が書けない。

音は唯一信じられる存在ということで、浩二は怒りを通り越して笑いだし、謝るならば家族を大事にしろ、と兄の裕一に言うのでした。

【ネタバレ】『エール』第6週27話あらすじ・感想

答えが見つからない裕一(窪田正孝)。藤堂(森山直太朗)に相談をするも…

まさ(菊池桃子)や浩二(佐久本宝)から結婚を反対され、どうしたらいいかわからない裕一(窪田正孝)は懐かしの小学校へと足を運び、藤堂(森山直太朗)に相談をします。

結婚を反対されている、弟からは「勝手だ、甘えてる、嫌いだ」と言われたことを話すと、藤堂は身近な人の気持ちは気づきにくいと共感してくれました。

そして、藤堂ならどうすると聞くと「どちらかを選ぶ」と言われるのでした。

本気でやるならどちらかを捨てるべき。

そして、君には世界的な音楽家になってほしいと言うのです。

KAMUIKAMUI

一つの道に集中するためには、あれこれ見てちゃダメだ。これはよくわかりますよ。それが一種の「逃げ」にも繋がりますしね。わかるけど…

教師として多くの生徒を見て来た藤堂。

しかし、彼も教師を辞めるかもしれないと言うのです。

彼の父は陸軍の人で、実は藤堂が教師をやることを許していません。

教師という仕事には誇りを持っているが、そろそろ親に反発する生き方に飽き、親孝行をしたい気持ちになっていると言います。

KAMUIKAMUI

教師の仕事が好きだから全部捨てて来た感ありますね。独身でいるのもそれが関係しているのでしょうかね?

音(二階堂ふみ)、裕一(窪田正孝)から来た手紙に絶句

待てど暮らせど裕一からの手紙が来ず、すっかり気落ちしてしまっている音(二階堂ふみ)。

すると吟(松井玲奈)は気分転換に歌を歌って来いと言って、音を家から追い出します。

なんとなく歌っても手ごたえを感じない音。

すると、背後から男の声が。

「体は楽器だ」と言うのです。

振り返るとその男は、音から背を向け本を読んでいます。

見てもいないのに、彼は「猫背になっているから背中を伸ばして。力を緩めたほうがいい」と言うのです。

音がそれに従って歌うと、確かに良くなり、彼女自身も喜びます。

しかし、振り返るともうそこに男はいません。

あの人は何だったのだろうと思いながら、音は家へと戻ります。

KAMUIKAMUI

突然現れ、突然消える男。キャスト紹介には「謎の男 山崎育三郎」と書いていました。いやいや、突然現れて突然消える子、この作品に1人しかいませんよ!

そうして家に戻ってくると、ついに裕一から手紙が!

待ちに待った愛する人からの手紙に歓喜する音は、その封筒に何度も口づけをし、ワクワクしながら中を開けるのですが、そこにはこんな一文が。

「別れてください。夢を選びます」

「どうして…」と呟きながら手を震わせる音。

涙声で「お姉ちゃん、止まらん」と何度も吟に言います。

KAMUIKAMUI

裕一は音楽を選び、音を諦めた。音からすればショックでしょうに。しかし、裕一もきっと辛いです。

音(二階堂ふみ)を捨てた裕一(窪田正孝)は音楽に捨てられたる

音に手紙で別れを告げた裕一は、実家にこもって課題の曲を書き続けます。

しかし、考えても考えても曲は降ってきません。

「やんなきゃ」

「音さん捨てたんだろ」

「一流になんなきゃいけない」

そんな言葉で自分に言い聞かせますが、それでも曲は浮かんでこないのです。

KAMUIKAMUI

来るわけがない。自分で言ってたじゃないですか。音がいないと曲が書けないって。

川俣から手紙が度々届けられるのですが、裕一は音の手紙の封を開けることはしません。

送られてきた手紙の中には、英語で綴られたものが一通。

中身を開けた裕一は眉をひそめた後、その手紙を家族に見せます。

手紙は、裕一の留学を取り消すという通知だったのです。

苦しみ、絶望し、部屋の中で暴れる裕一。

家族が部屋にやってくると、そこは三郎から養子に行ってくれと言い渡された時よりも荒れていました。

「家族のことを顧みなかった報いかな。期待させてごめんね」

「もう終わり、全部終わり」

絶望する裕一の姿を見た浩二は唖然とし、まさは泣き崩れます。

KAMUIKAMUI

音がいないと音楽も降ってこない。音を捨てたから、音楽にも見捨てられた。だから裕一には音がいないとダメだと、痛いほど思い知らされた気がします。

裕一をこのままにしておけない。

そう思った三郎は、現状を光子(薬師丸ひろ子)に手紙で伝えると、彼女はすぐに東京へ行き、音にその手紙を見せるのでした。

KAMUIKAMUI

三郎の精一杯の行動。一番の誇りを大事にしたいという気持ちが痛いほど伝わります。

『エール』第6週27話まとめ

裕一の選択は音楽と音ではなく、音楽+音と古山家&権藤家だったのではないでしょうか?

裕一にとって、音と音楽はもう切っても切り離せないことが痛いほどわかりますし、音もそうなっています。

しかし、留学を却下されたのは一体なぜ!?そんな疑問が浮かんできます。

裕一のぶち当たる絶望が悲惨すぎる気が…もういっそその悲しみを曲に書いてしまえ!と言いたいですが、彼が書かなければならないのは人に元気を与える曲ですものね。

さて、別れの手紙をもらって落ち込んだ音が光子からの手紙を見たらどう動くのでしょう。

前は音が「さようなら」と書いたら裕一が飛んできました。音が動き出すのではないでしょうか?

もう直接会わないとだめだよ、これは!そう思ってならない今日この頃。

音は、裕一はどうするのか、明日に期待です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第28話も続けて読む▼