『エール』第10週47話あらすじ・ネタバレ感想!2枚目のレコード作成に取り掛かる裕一だが…

『エール』第10週47話

出典:『エール』公式ページ

木枯(野田洋次郎)に紹介され、高梨一太郎(ノゾエ征爾)は彼の詞に曲をつけることに。

とても良い詞だったので、裕一(窪田正孝)の筆はスラスラと進みます。

高梨一太郎作詞ということで、廿日市(古田新太)はすんなり採用。

しかし、これが売れなかったら本当にクビ。

契約金も一括で返せと言われ、絶体絶命のピンチに!

一方、音(二階堂ふみ)は稽古で演出に止められっぱなしの日々。

それでも頑張って練習をしていると、環(柴咲コウ)からとあるものを渡されるのでした。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第10週46話のあらすじと振り返り

ヴィオレッタ役に決まった音(二階堂ふみ)は役を全うするため、日夜練習に励みます。

というのも、音が選ばれたのは実力というより、夏目(小南満佑子)がベストを尽くせなかったことが原因。

だからこそ、ヴィオレッタに選んでよかった思えるような姿を見せたいと頑張ります。

そして裕一(窪田正孝)に一緒に夢を追いかけようと言われ、会社に嫌気がさした鉄男(中村蒼)は、福岡を出て東京へ。

コロンブスレコードで自分の詩を見てもらおうと足を運びますが、『福島行進曲』の詞を散々貶されて廿日市(古田新太)と大喧嘩を繰り広げます。

そして、木枯(野田洋次郎)は帝国レコードへから誘いがかかっていることを話し、裕一にある人を紹介したいと言い出すのです。

待ち合わせしてたカフェーで木枯から紹介されたのは、丸めがねの飄々とした男・高梨一太郎(ノゾエ征爾)でした。

【ネタバレ】『エール』第10週47話あらすじ・感想

船頭可愛や

裕一(窪田正孝)と出会うとすぐ、高梨(ノゾエ征爾)は「自分の詞に曲をつけてほしい」と依頼。

最初こそ木枯(野田洋次郎)に曲をつけてもらおうとしていたのですが、「福島行進曲」や「紺碧の空」の作曲をした裕一と面識があるのなら是非ということになったのです。

裕一は木枯に遠慮しようとしましたが、彼自身も高梨の詞と裕一の曲が合わさった者が聞きたいと思い、紹介したと話します。

渡された詞のタイトルは「船頭可愛や」。

これを気に入った裕一は、せっかく繋いでくれた縁だから頑張ろうと思い、家に帰ってサラサラと曲を書き始めます。

正確さと表現、両立の難しさに苦悩する音(二階堂ふみ)

裕一が曲を作っている間、音(二階堂ふみ)は正確に歌うことと表現することの両立が上手くできずに悩んでいました。

稽古でもソファーに座り、アルフレード役の久志(山崎育三郎)にもたれ掛かりながら歌おうとしても声が出ずに怒られ、周囲からは夏目(小南満佑子)の方がよかったのでは?という声も上がります。

技術はやっていくうちに意識しなくてもできるようになるよと裕一に言われた音でしたが、なかなかうまくいかず、1人で練習を続けます。

そんな音を見た環(柴咲コウ)は「息を吸うタイミングが違う」と言って楽譜に息をするタイミングの指示をしたり、高音はつむじを意識し、天井に引っ張られるイメージで喉を開いてとアドバイスをしてくれるのです。

KAMUIKAMUI

舞台を良いものにするため、めげずに頑張る音に必要なことを教えたいその気持ち、なんか理解できます。

本当は本物の舞台を見て勉強するのが一番ですが、音にはそんな時間も機会も今はありません。

なので環は、自身がパリで椿姫をやった時のレコードを貸してくれました。

本場のオペラ…海外で観たいなぁと呟くと、裕一の話題に。

本当は留学が決まっていたのにそれがなくなった裕一。今はコロンブスレコードにいると話します。

流行歌なんて聞かないですよね?と音が聞くと、環はそんなことはないと言います。昔は長唄を歌っていたそうです。

そして環は、音に「きっかけは大事。あなたがそれを掴んだんだから無駄にしないように」と言って、背中を押すのでした。

裕一(窪田正孝)、2枚目のレコード制作が決定!

できた曲を廿日市(古田新太)に持っていく裕一。

曲の良し悪しはどうでも良く、高梨一太郎が書いた詞だということに価値を見出した廿日市はさっそくレコードにすることを決定。

芸者に歌わせようという話になると、これを聞いた鉄男と久志はレコーディングスタジオに潜入してくるという事態に。

収録のためにやって来た裕一はこれに驚きますが、さらに驚いたのは廿日市が連れて来た芸者です。

沼田松子(井上希美)と呼ばれる女性がやって来たわけですが、芸者っぽくありません。

彼女は芸者ではなく、下駄屋の娘。

本当の芸者はお金が高いし、歌うだけで顔が見えないのだから下駄屋でもいいだろということに。

芸者が見れるというからわざわざ見に来たと怒る久志と、下駄屋をバカにする廿日市に怒る鉄男。

そんな大騒ぎの中、歌を聞いてから決めればいいということになりました。

そして収録が開始。

その歌声に廿日市はもちろん、3人も満足を通り越してメロメロの表情になるのでした。

KAMUIKAMUI

確かに良い声。下駄屋の娘にしておくのはもったいないレベルです。

そして完成した2枚目のレコード。

しかし、これも結局売れることはありませんでした。

レコーディングが決まる前、これがラストチャンスだと廿日市に圧をかけられていた裕一。

そして結果がこうなると、廿日市は言います。

「あいつとの契約は終わり。借金は全部返してもらう」

古山家は、上京以来の最大の危機を迎えるのでした。

『エール』第10週47話まとめ

良い曲が書けた!いいレコードができ、褒めてくれる人もいるけれど、それはほんの一部。

どうしても世間的には受け入れられないんですねぇ~。

結果、ついに古山家の家計に多大なる問題が!

何とかなるでしょと思っていた事態が、ついに何ともならなくなってしまった様子。

果たして裕一と音の運命は!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第48話も続けて読む▼