ドラマ『恋です! 〜ヤンキーくんと白杖ガール〜』 第4話 はじめてのポテト!ユキコの本気!

出典:『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』公式ページ

出典:『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』公式ページ

ユキコ(杉咲花)がいる前で、突然ハチ子「生見愛瑠)からキスされた森生(杉野遥亮)。

ユキコが見えていたのか確認することも出来ず、ハチ子のことも気になる森生は頭を悩ませます。

一方、働き始めた森生に触発され、自分もアルバイトを探すユキコは、大好きなハンバーガーショップに雇ってもらえることに。

しかし、見えづらい中での仕事は想像以上に難しく、ユキコは心が折れそうになりますが、ある思いによって自分を奮い立たせるのでした。

\\『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『恋です! 〜ヤンキーくんと白杖ガール〜』前回振り返り

ユキコ(杉咲花)の姉・イズミ(奈緒)は妹を心配するあまり、無職のヤンキー・森生(杉野遥亮)がユキコに近づくことに大反対。

森生と出会って何かが変わり始めたユキコは、そんな姉に反発し、姉妹の間には険悪なムードが漂います。

そんな中、ライバルの獅子雄(鈴木伸之)が就職すると知った森生は、その姿に刺激され自分もきちんと働くことを決意。

しかし、ヤンキーの森生は就職に四苦八苦。獅子雄が店長を務めているレンタルビデオ店に雇ってもらえることに。

森生の話を聞いたユキコは、自分も働きたいと思い始めるのでした。

その時、ハチ子(生見愛瑠)が突然森生にキスしてきたのです!

\\『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』第4話あらすじ・感想


ハチ子のキス

喫茶店でユキコ(杉咲花)と一緒にいる時、突然ハチ子(生見愛瑠)からキスされた森生(杉野遥亮)。

moyoko

どうやら、ユキコはそれに気がつかなかったようです。

ユキコに見られていたのか、ハチ子はどういうつもりでキスしてきたのか、頭を悩ませる森生。

一方、ユキコは働き始めた森生に触発され、自分も働こうとイズミ(奈緒)と父(岸谷五朗)と面接の特訓をしていました。

moyoko

ユキコは、森生と釣り合うようになりたいと、アルバイトをすることにしたのです。
健気ですね~。

そしてイズミは、獅子雄(鈴木伸之)に借りたハンカチを返しに行ったのをきっかけに、レンタルビデオ店に通うようになっていました。

moyoko

イズミの目的は、ビデオではなく、獅子雄の方にあります。

ユキコの好きな物

いざアルバイトの面接を受けたユキコですが、視覚障がい者であるユキコを雇うメリットは何かと聞かれの自分を雇うメリットをアピールすることが出来ず、失敗してしまいます。

moyoko

でも、面接してくれたスーパーの店長は、決して嫌な対応ではありませんでした。

そんな中、盲学校の教師から障害があるからこそ、自分に何が出来るかではなく、自分の好きなことややりたいことをやりたいと思うパワーが必要だとアドバイスを受けたユキコは、いつも通っているハンバーガーショップのことを思い出します。

moyoko

ユキコは、そこのポテトが大好きで通っているのです。

バーガーショップの面接で、障害のあるユキコに戸惑う副店長の紅林(吉住)をよそに、店長の茶尾(古川雄大)はユキコを即採用!

moyoko

ユキコと店長は元々仲良しではありますが、さすがに驚きです。

ユキコは、森生に甘えないためにもしばらく会わずにアルバイトに専念すると森生に伝えます。
森生は、ユキコにしばらく会えないことに落ち込みながらも、我慢して応援することを決めました。

実は、ユキコは仕事が認められたら、森生に告白するつもりでいました。

moyoko

遂にユキコが恋に前向きに!頑張ってほしいです!

好きの種類

そんな矢先、鈍感な森生にしびれを切らしたハチ子は、遂に森生に告白をします。

突然のことに森生は大混乱。
ハチ子を妹のように大事に思っているものの自分の好きな人は“ユキコさん”。
でも、ハチ子のことが頭から離れない森生は、「これは浮気なのではないか」とさらにパニックに。

moyoko

森生、これが浮気だなんて、ピュアすぎます!

その時、偶然会ったユキコの同級生・青野(細田佳央太)に相談すると、青野は好きという感情には色々種類がある。
ハチ子を大切に思う気持ちとユキコへの思いは別のものだと教えられます。

moyoko

さらに全盲の青野が、よりよく暮らすために努力していることを知り、「師匠」と呼びたくなった森生でした。

森生は、ハチ子に正直に自分の気持ちを話し、「ハチ子の気持ちには応えられない」と伝えました。

前途多難

そして、ユキコのアルバイト初日がやって来ました。

忙しい店内で、動線がわからず他の従業員の足を引っ張り失敗を連発したユキコ。

moyoko

周囲は、少し迷惑そうにしています。

「お店は障がい者を雇うと、国からお金貰えるから」

そんな陰口を聞いてしまったユキコは、「これが私のメリットか」と落ち込みます。

しかし店長がユキコに期待しているところはそこではありませんでした。

ユキコが職場にとって新しい風になるのではないかと思ったのと、単純にやる気満々の人と仕事がしたい。
というのが店長がユキコを雇った理由でした。

moyoko

店長は、ずっと良い人ですが、やっぱり良い人です。

ユキコは、店長の期待に応えるべく、店に早く着いて動線を覚えたり、マニュアルを持って帰って拡大読書器を使って読み込みました。

フレー!フレー!ユキコさん!

そんな頑張るユキコの姿を見て、紅林は放っておけなくなり、遂には応援したい気持ちに変わって来ました。

moyoko

他の店員も、徐々にユキコを見守るようになって来ました。

ある時、ユキコがお店に着くと、ポテト担当の人が突然休むことになり、店長らは困り果てていました。

店長は、ユキコがマニュアルを暗記し、動線を記憶していることを確認し、ユキコをポテト係に任命しました。

moyoko

突然の大役です!ユキコはうまく出来るでしょうか?

しかし、ユキコはまたしてもそこで失敗をしてしまいます。

いても立ってもいられず、様子を見に来た森生は、偵察に行かせた花男(戸塚純貴)からユキコがピンチになっていることを聞き、店の前に立ちました。

「負けんじゃねーぞ!フレー!フレー!ユキコさん!」

moyoko

お客さんは何事かとザワザワしています。

初めてのポテト

森生に勇気づけられたユキコは、気を取り直してポテトを揚げる作業に取りかかります。

同僚の助けもあり、ユキコは無事ポテトを完成させることが出来ました。

moyoko

思わず拍手してしまいたくなる、ユキコに甘々の筆者。

ユキコ初めてのポテトは、ポテト好きの常連のおじさんが食べてくれているということです。

moyoko

そのおじさんは、なんとスーパーの店長さんでした。おじさんは、ユキコを見つけてホッとしています。

茶尾店長は、ユキコが入ったことにより皆が笑顔になり、モチベーションが上がったと、やはりユキコには『メリット』があったと確信しました。

そして、頑張っているユキコを見て、自分も頑張らないと“釣り合わない”と、レンタルビデオ店で張り切る森生。

そこへユキコから「話がある」と電話がかかって来ました。

仕事終わりが待ちきれない森生と、自分が揚げたポテトを持って森生に会いに行くユキコ。

そのユキコの後ろにはハチ子が密かについて来ていました。

ドラマ『恋です! 〜ヤンキーくんと白杖ガール〜』 第4話ネタバレ・感想まとめ

今回は、ユキコが大好きなバーガーショップでアルバイトを始めて、イズミならずともハラハラドキドキの展開でした。

突然アルバイトを始めた理由が、森生と釣り合って告白するためというのが、可愛いったらありゃしません。
頑張るユキコを見て、また森生もユキコに釣り合うため張り切り出しました。

そんな相思相愛の2人の間に、まだ諦めきれないハチ子が割って入ってくるようです。
一体どうなるのでしょうか?ユキコの告白にも注目です!

\\『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール~』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る