映画『ヤクザと家族 The Family』あらすじ・ネタバレ感想!藤井道人がヤクザを家族という視点で描いた骨太ドラマ

映画『ヤクザと家族 The Family』あらすじ・ネタバレ感想!藤井道人がヤクザを家族という視点で描いた骨太ドラマ

出典:『ヤクザと家族 The Family』公式ページ

2019年に公開され、日本アカデミー賞を総なめにした『新聞記者』の藤井道人監督オリジナル脚本による『ヤクザと家族 The Family』。

綾野剛舘ひろし市原隼人尾野真千子らが出演し、移りゆく時代の中で排除されていくヤクザたちの姿を3つの時代の価値観で描いた一代クロニクルです。

これまで『MOTHER マザー』『新聞記者』などを生み出し、鋭い視点で社会を表現する映画会社「スターサンズ」と藤井道人監督が再びタッグを組み、「ヤクザ」というテーマに挑みます。

『ヤクザと家族 The Family』は単なるヤクザ映画ではなく、ヤクザとその周りの人々、「家族」という視点で描いたヒューマンドラマ要素が多く含まれており共感できてしまう部分も多いです。

マルコヤマモト

この記事では、映画『ヤクザと家族 The Family』について、ネタバレありでご紹介します。
\\『ヤクザと家族 The Family』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る

映画『ヤクザと家族 The Family』作品情報

『ヤクザと家族 The Family』

©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

作品名 ヤクザと家族 The Family
公開日 2021年1月29日
上映時間 136分
監督 藤井道人
脚本 藤井道人
出演者 綾野剛
舘ひろし
北村有起哉
尾野真千子
市原隼人
磯村勇斗
寺島しのぶ
岩松了
豊原功補
音楽 岩代太郎

【ネタバレ】映画『ヤクザと家族 The Family』あらすじ・感想


1999年:賢治と柴咲の出会い

1999年、父親を覚醒剤で亡くした山本賢治(綾野剛)は、派手な金髪に真っ白な上下服を身に纏って父親の葬式に訪れます。

母親はすでに亡くなっており身寄りがなくなった賢治は、悪友の細野(市原隼人)と大原(二宮隆太郎)を連れ立ってその日暮らしの生活を送っていました。

『ヤクザと家族 The Family』

©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

ある夜、賢治は行きつけの「オモニ食堂」で、居合わせた柴咲組の組長・柴咲博(舘ひろし)と出会い、チンピラたちからの襲撃を受けた柴咲のピンチを救います。

食堂の店主である愛子(寺島しのぶ)の亡き夫は柴咲の弟分で、柴崎は未亡人となった愛子と息子の翼、そして店のことを気にかけ、今でも贔屓にしているのでした。

数日後、柴咲組と敵対する侠葉会の若頭・加藤(豊原功補)と補佐の川山(駿河太郎)によって港に拉致された賢治たちは、父親の死に遺恨を抱いた賢治が侠葉会の息がかかった売人から覚醒剤を奪ったことへの報復を受けますが、偶然持っていた柴咲の名刺が賢治たちの命を救いました。

父親に覚醒剤を売りつけたヤクザを憎んでいた賢治ですが、再会した柴咲は「ケン坊」と言って賢治を受け入れます。

『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

柴咲の「えらく頑張ったらしいな。行くところあんのか?」という言葉をきっかけに、今まで隠していた感情が溢れてボロボロと涙が溢れる賢治。

マルコヤマモト

柴咲の「えらく頑張ったらしいな。」というセリフはアドリブだったらしいです。あああ〜舘ひろし、やっぱりめちゃくちゃかっこいい!こんなしわくちゃの笑顔でそんな優しいこと言われたもうギャンギャンですよ…。

自暴自棄な生活を送っていた賢治は柴咲から心の救いを得て、2人は父子の契りを結びます。

こうして、賢治はヤクザの世界へ足を踏み入れることになりました。

マルコヤマモト

ヤクザと家族 The Family』で描かれるヤクザのあれこれは、かなりリアルじゃないかな?と思います。スタッフロールを見るとわかるのですが、 今作に関わる描写はきちんと取材や監修もされており信頼感が湧いてきたので、最後まで興味深く鑑賞できました。特に「実話ナックルズ」の方がいたことが妙にリアルでよかったです。

2005年:ヤクザの誇りをかけた戦い

2005年、賢治は細野と大原とともに柴咲組の若手としてヤクザの世界で男を上げていました。

持ち前の一本気を武器にした賢治、背中に施された阿修羅の刺青も板についています。

また、変わらず愛子の店に顔を出していた賢治は、すくすくと成長した翼から慕われるようになっていました。

『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

日本社会も経済が回復し、戦後最高潮の景気拡大の更新を続けている一方で、柴咲組と加藤が組長となった侠葉会の争いは激化。

賢治はキャバクラで鉢合わせした川山とやり合いになりますが、その際怪我の手当てをしてくれたホステスの由香(尾野真千子)と次第に惹かれ合うようになります。

自分と同じく両親がいない由香と過ごす時間だけ、心の安らぎを得ることができた賢治。

『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

しかし、腹の虫が治らない加藤の差し金によって柴咲が襲われる事件が発生。

襲撃により、悪友時代からの付き合いであった大原が犠牲になり賢治も重傷を負う羽目に。

さらに静岡県警の刑事・大迫から、この件に関して首を突っ込むなと釘を刺されてしまいます。

大迫は「これからはヤクザを裁くのは警察や法律だけじゃなくなる。世の中全体に排除されるようになる。時代は変わっていくんですよ。」と言ったのです。

それでも引き下がる気がない賢治は、大切な家族である柴咲組を守るため加藤の元へ出向き、川山の背後から拳銃で狙いましたが、その時包丁を持った柴咲組の若頭・中村(北村有起哉)が追い抜いていったのです。

「ケン坊、親父を頼んだぞ」そう言って川山を刺した中村。

血まみれになって倒れた川山の姿を見た賢治は、今後の柴咲組のことを考え、中村の罪を被って自分が刑務所に入る決意をするのでした。

「兄貴が親父を支えないと。」

と言って中村を逃した賢治は、中村の持っていたナイフを取り上げて川山を何度も何度も刺しました。

『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

マルコヤマモト

柴咲が賢治を可愛がっていることを知っていた昔気質で真面目な性格の中村。普段から言葉数が少ない中村の想いに気づいたからこそ、賢治は柴咲組という家族を守るために心から信頼できる兄貴分である中村の罪を被ったのだ…と思いました。

2019年:変わり果てた世界

14年後、中村の罪を被って服役した賢治が出所。

そんな賢治を待ち受けていたのは、「暴対法」の影響を受けて存続の危機に瀕した柴咲組の変わり果てた姿でした。

賢治の服役中に14人もの組員たちが辞め、残っているのは中村を含めた古参の6人だけ。

『ヤクザと家族 The Family』

(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

久々に柴咲と顔を合わせた賢治は、柴咲の弱々しい姿を目の当たりにして驚きます。

柴咲は3年前に癌が見つかり、1年前に転移が発見されていたのです。

かつての盟友であった細野は賢治の服役中に組を抜けて、結婚して子供をもうけていました。

オモニ食堂で賢治と久々に再会した細野は、出所したばかりの賢治に対して厳しい現実を語り始めます。

ヤクザを辞めても人間として認めてもらえるには5年かかるんです。口座も、家も、保険も。

さらに食事代を支払おうとする賢治に対して「ご馳走をして貰えば反社会勢力からのお金を受け取ることになる」と言って断ります。

マルコヤマモト

5年ルール」の厳しさを知った賢治。ヤクザは携帯すら簡単に作ることができないということ。賢治が服役している14年の間で、大迫の言った通り社会は様変わりしていたのです。

その時、金髪の少年が食堂に入ってきました。

成長した愛子の息子・翼(磯村勇斗)と再会した賢治、そして小さい頃から賢治に対してどこか尊敬の念を抱いていた翼は再会を喜びます。

『ヤクザと家族 The Family』

(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

22歳になった翼はかつての賢治のように柴咲組のシノギを手伝いながら、夜の街を仕切っていたのです。

マルコヤマモト

今作の磯村勇斗君、とても良いです!あの可愛らしい翼君がこんなになっちゃって…と、悲しい感じもしますが、新世代のヤクザを感じさせる危なっかしい感じ、特に目の演技が素晴らしい。絶対に相手にしたくないタイプの若者です。

そして賢治はヤクザを取り巻く社会の状況に戸惑いながらも由香と再会し、由香の14歳の娘・彩が自分と由香の子供であることを知ります。

彩には正体を隠したまま由香の新たな恋人として再度付き合い始めた賢治は、市役所勤めの由香の社宅でともに暮らし始めます。

細野の手助けもあり仕事を得ることができた賢治は、由香と彩とともに新たな家庭を築こうとしていました。

しかし職場の同僚がとある1枚の写真をSNSにアップしてしまったことで賢治と細野が元ヤクザであるということが周りに知れ渡ってしまったのです。

マルコヤマモト

SNSの登場で時代が大きく変化したことは間違いありません。たとえプライベートな情報であっても、投稿する人に悪意がなかったとしても、世間の関心が集まればどんな情報でもすぐさま拡散されてしまうという恐ろしさがSNSにはありますよね…。

「こんなに拡散されると思わなかった」と同僚は泣きながら弁解しますが、賢治と細野の人生は元に戻りません。

その一件で由香は市役所を解雇され社宅を追い出され、親がヤクザであることがバレてしまった彩は転校することに。

『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

賢治は由香に謝罪しますが、「なんで私に会いにきたの?あなたが来るまでは全て順調だったのに!あんたが来なければよかったのに!」と責められ、「お願いします。出ていってください。」と頭を下げられてしまいました。

マルコヤマモト

尾野真千子の「出ていってください。」土下座は、映画を観た後しばらくしても頭にずっと残っているくらい衝撃的でした。幸せはそう長くは続かないと分かっていても、やはり辛いものです。

途方に暮れた賢治は愛子と翼の元へ向かいます。

そんな賢治に対して、翼は「父親を殺した奴を見つけたんです。」と打ち明けました。

抗争に巻き込まれて死んだ父親の復讐を考えている翼に対し、賢治は「愛子さんを大事にしろ。」と優しく声を掛けました。

マルコヤマモト

この賢治にはもう柴咲のような父親感を感じますよね…。そして翼にはかつての賢治を感じてしまったり…もうすごいクロニクル映画だ、こりゃ。
『ヤクザと家族 The Family』

出典:IMDB

その頃、賢治と同じくSNSでの余波を受けた細野も、妻と子供に出ていかれて途方に暮れていました。

『ヤクザと家族 The Family』の結末

病状が悪化し、危篤状態となった柴咲を見舞った賢治は「俺の父親は親父しかいませんから。」と声を掛けます。

柴咲は「家族、大事にな」と最後まで賢治のことを気にかけながら、独身のまま亡くなりました。

雨降る夜、抗争で父親が加藤に殺されたことを知った翼は、賢治に止められていたにもかかわらず仲間たちを引き連れて復讐へ向かいます。

『ヤクザと家族 The Family』

(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

しかし翼たちが加藤と刑事の大迫が宴会を繰り広げているはずの中華料理屋に到着すると、そこにはすでに殺害された2人の姿があったのです。

それは翼の手を汚すまいと考え、すでに先回りしていた賢治の仕業でした。

後日、港でタバコを吹かしていた賢治は、突然背後から刺されます。

振り返った賢治が見たのは、かつての仲間であった細野の姿でした。

賢治に仕事を紹介したことがきっかけで職場を追われ、妻子にも去られた細野は、「あんたさえ戻ってこなければ、ちくしょう!」と言って賢治の腹を包丁で刺します。

賢治はそんな細野を抱きしめ、「ごめんな」と言って自ら海に飛び込んだのです。

海の中に沈んでいく賢治は薄く差し込む月の光に向かって手を伸ばすと、その後ゆっくりと沈んでいきました。

数日後、賢治が亡くなった場所に翼が花を供えにやって来ます。

そこに同じく花束を持ってやってきた彩は、翼に「あんたヤクザ?」と話しかけてきました。

賢治がどんな人物だったかを知りたいと尋ねて来た彩に対して、しばし絶句する翼でしたが「少し話そっか。」と言って2人は座って話を始めました。

『ヤクザと家族 The Family』

(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

ここで物語は終わります。

マルコヤマモト

一歩道を踏み外すと元に戻るのがなかなか難しいように、「ヤクザ」という肩書きだけでこんなに肩身の狭い思いをしなきゃならないのか…と少し考え込んでしまいました。ヤクザを肯定するわけではないですが、あまりにリアルな描写に考えざるを得なかったという感じです。

SNSでのみんなの感想・評判

マルコヤマモト

個人的に邦画が苦手であまり数を鑑賞する方ではないのですが、『ヤクザと家族 The Family』は想像以上に胸に刺さる物語で驚きました。

『ヤクザと家族 The Family』でグッときてしまうポイントに、キャスト陣の演技力の高さは大いに含まれると思います。

主演を務めた綾野剛の3つの時代、異なる年齢の演技、市原隼人の1歩後ろを歩くデキる舎弟感。

ギラギラした危なげな瞳の磯村勇斗に昔気質の生真面目ヤクザを演じた北村有起哉、そして尾野真千子の涙ながらの「出ていってください」など、どのキャストのどのシーンの演技をとっても完璧すぎるほど。

病床に伏した舘ひろしは最後ほぼ何を言っているかわからない状態にありつつも、しっかりと舘ひろしっぽい佇まいのヤクザの親分、そして皆の「父親」としての人生を全う。

マルコヤマモト

まるで1人の人間の栄枯盛衰を垣間見たようで、悲しくなりつつも感動してしまいました。

キャスト、監督、スタッフ全員の息がぴったり合っていて、作品全体に漂うピリッと張り詰めた緊張感すらも心地よく感じてしまうほど。

マルコヤマモト

きっと良い現場だったんだろうなぁと、製作の背景まで想像できるくらい良い作品でした。

映画『ヤクザと家族 The Family』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

マルコヤマモト

藤井道人監督・脚本による『ヤクザと家族 The Family』について、ネタバレありでご紹介しました。

2時間越えの長編作品ですが、1995年、2005年、2019年と3つの時代の物語がテンポ良く進んでいくことと、高い演技力を持つキャストたちが集まったことで、すぐにストーリーにのめり込むことができる作品です。

また今作と完全にリンクしているmillennium paradeによる主題歌「FAMILIA」の演出も相まって、余韻も長く楽しめます。

『新聞記者』に続いて、日本社会が抱える闇・影の部分を上手く描き出した藤井監督。

『ヤクザと家族 The Family』では、影に生きる、影で生きざるを得なくなった人間に対しての思いやりや寄り添う気持ちも強く感じました

単なるヤクザ映画と勘違いしている人がいれば大間違いで、今作はとても見応えのある骨太なヒューマンドラマ

マルコヤマモト

個人的に近年稀に見る邦画の名作で、藤井道人監督作品に関しては今後も注目していきたいと思いました。
\\『ヤクザと家族 The Family』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る

▼あわせて読みたい!▼