『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話あらすじ・ネタバレ感想!カズを殺した「M」の正体は?

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

第4話はウェントワースのトップドッグのカズの死という衝撃展開!

YUKIYUKI

私はカズが好きだったということを死んでしまってから痛感しています。

後半戦開始となる第5話は、カズ殺しの犯人探しに、ボスの跡目争いに大忙しでしたよ~!

あと、あの清廉潔白そうなアノ人の裏も少し見えた気がします。

そして『ウェントワース女子刑務所』シーズン7の後半戦の第5話からは1話ずつリアルタイムでネタバレ感想を書いていきたいと思います。

第5話のポイント
  • カズ殺害犯「M」とは誰のこと!?
  • 早くもウェントワース新たなボスの選挙!新ボスは誰!?
  • リズの病気の悪化は新薬が原因?実は重大なことを忘れていたリズ

それでは衝撃のカズの死後の第5話、さっそくレビューしていきます。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』動画フル無料視聴!最高に面白いシーズンと呼び声高い傑作ドラマを見る

【ネタバレ】『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話あらすじ・感想

※『ウェントワース女子刑務所』シーズン7の第1話~第4話を振り返りたい方はこちら!

『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第1話~4話あらすじ・ネタバレ感想!リタ&マリー&カズのデッドヒート!

カズを殺したMは誰!?容疑者を検証!

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

カズの悲報が伝えられ悲しみに暮れるH1棟。

カズが書き残した「M」の文字なんですが、やはりすぐにヴェラが「マリー」の名を挙げました。

YUKIYUKI

そしてやっぱりその可能性を意地でも考えようとしないウィルにイライラします。

それはさておき、第4話の流れで怪しかった人物たちの第5話鑑賞後の検証をしてみました。

容疑者その①:ルビー

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

ナレルに密かに接触し、警察から2度も事情聴取されたルビーの関与も疑わしきところだったんですが、とりあえずルビーじゃなくてほんと、良かったです。

「もう人は殺せない」と言ったリタを助けるために、ナレルの罪を被って刑期を伸ばしただけでした。

しかも刑期は6ヶ月ということでそんなに重くはなさそうです。

YUKIYUKI

リタとルビーの姉妹が仲直りできたこともすごく嬉しいです。

容疑者その②:ナレル

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

レッドライトハンドに兄を車いすにされたナレル。

リタにカズを殺すように脅したりして心からカズの死を願っていたナレルですが、カズが殺害された時間帯にはすでに独房にいた、ということでしっかりアリバイがありました。

YUKIYUKI

どうやらそのまま釈放される雰囲気のナレルはもう出番なしなんでしょうか。もう少しいるかと思いましたがちょいキャラだったのかな?リタ以外の人間にカズ殺害を頼む可能性もありますが、リタのように他の誰かの弱みを握っているような素振りはありませんでしたからね。

容疑者その③:リズ

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

そんな中、「私が殺しました!」っと手を挙げたのはリズ。

リズはカズに襲い掛かった自分と、病室から出てカズの死体を見てしまったことをリンクさせてしまったみたいですね。

YUKIYUKI

そんなワケあるかー!あんなにリズは俊敏ではないでしょうし。不意打ちとはいえ、カズを瞬殺できる人物って結構手練れだと思うのです。それに人を殺したことある人じゃないかな?カッターの刃で躊躇いもなくたった一刺しで殺せるって、殺人初心者には無理だと思うんです。

しかしカズの死体を見たのは間違いなさそうなので、本当はリズが第一発見者のようです。

ということは、犯人に関する有力な情報を見聞きしている可能性はありますね。思い出せるかどうかが問題ですが。

容疑者その③:マリー

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

YUKIYUKI

私はカズが自分を殺した誰かを庇うため、そしてアリーをマリーから遠ざけるために犯人はマリーだと思わせたかったのかと予想していたんですが。いやいや、ホントにマリーがあり得るかも知れない!と思える場面がチラホラしていました。マリーと一緒にいたっていうアリーの証言も嘘だったわけで。アリバイもなければ、上着もない!

しかし、第5話のラストでマリーが腕のケガを隠していました。

これはどう考えたって血の付いた上着を作るため自分でやったと考えるのが普通で、ということはカズ殺害はやっぱりマリーじゃない。

本当に殺していれば、そんなことしなくても血の着いた上着持っているはずです。

YUKIYUKI

まだマリーはカズが「M」と書いたこと知らない。ウィル言うなよっ!

容疑者その④:コスタ

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

一応コスタも挙げてみました。今のところのストーリー上の第一容疑者ですね。

ヤクの隠し場所に一緒にカズの返り血の付いた上着が入っていたことが看守にバレて独房に入れられましたが、コスタが捕まる前にアリーがヤクの隠し場所に気づきマリーに報告していたので、マリーにハメられたんですね。

YUKIYUKI

突っかかる相手を間違えたな。

ウェントワースの次なるトップドッグは…。

とにかくリーダー不在!っていうのがダメなようなウェントワース。

リズやブーマーはコスタがリーダーになるのを阻止するために必死にリタに立候補するように説得しますが、肝心のリタに全然その気はないようで。

リーダーを決める昼食の時…コスタはカズ殺害の容疑者として独房行き!

YUKIYUKI

この時のアリーのスピーチには心底腹が立ちました。「マリーとカズは強くて優しいところが似てる~」ってどれだけ見る目ないの?全然似てないし!

コスタ不在の中行われたボス選挙戦は、アリーのスピーチの甲斐あってマリーで決定。

代々ボスが使う伝統の巨大アイロンはマリーのものに。

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

しかし、シーズン7のポスターには今後の展開を予測させるものがあります!

コレです。

ボスになったマリーとリタの一騎打ちを意味しているのではないでしょうか。

YUKIYUKI

マリーがボスになったと嘆くのはまだ早い!今後の展開に期待大です。

リズの治療はミラーの実験だった!?

いよいよ自分を信じられなくなってしまったリズ。

心から大切に想う人まで傷つけてしまうのではないかという恐怖で、ブーマーに「いざとなったら自分を殺して」と暗に頼みます。

「もうすぐ仮出所するから無理だ」と断ってその場を逃げたブーマー。

YUKIYUKI

あの時のリズにはもっと違うこと言って欲しかったけど、口下手だから仕方がないですよね。

しかし、「ブーマーの仮出所」と聞いたことがリズの病気にどんな反応をもたらすんでしょうか。

そして、ミラー先生の新薬。ホトケのミラーからもなんか臭ってきましたね~!

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

YUKIYUKI

「実験が台無しだ」とリズを心配するより先に実験の心配をしていたし、そもそも実験って何!?治療じゃなくて!?ミラー先生が来てからリズの症状は悪化の一途を辿っている気がするのです。リズの病気が実験に利用されている可能性はあります!

『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話まとめ

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第5話

出典:IMDb

第6話からは新生ボス・マリーがどんな陰険統治を始めるのか見ものですね。

YUKIYUKI

そして誰がアイロンで焼かれるのか…。早く焼きたくてウズウズしている顔でした!

リタは早く自分のリーダシップを自覚して、みんなを救って欲しいです。

しかしこれまでのウェントワースのボスになった人物は、フランキー以外全員死んでいるので、マリーをボスを引きずり下ろすにはどちらかの死が付きまとってくる気もしますね。

『ウェントワース女子刑務所 シーズン7』動画フル無料視聴!最高に面白いシーズンと呼び声高い傑作ドラマを見る

※『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第6話も続けて読みたい方はこちら

『ウェントワース女子刑務所』シーズン7第6話あらすじ・ネタバレ感想!最悪のタイミングで甦る過去。暴かれる真相!