『私たちはどうかしている』第1話あらすじ・ネタバレ感想!浜辺美波×横浜流星主演の和菓子ラブミステリー

『私たちはどうかしている』第1話あらすじ・ネタバレ感想!浜辺美波×横浜流星主演の和菓子ラブミステリー

出典:『私たちはどうかしている』公式ページ

花岡七桜なお浜辺美波)は、和菓子作りに生きる才能あふれる和菓子職人。

ある日、ひいきの客から結婚式の引き出物を決めるための菓子対決を受けて欲しいと頼まれます。

しかし、相手を聞いて七桜は一度は断ります。

その相手とは、15年前に七桜の母親がかつて職人として働き、その後事件に巻き込まれた因縁の老舗和菓子店『光月庵』だったからです。

しかし勤めている店をクビになったことで対決を受けることに。

しかし、決戦の日、因縁の相手・椿(横浜流星)は七桜のことを覚えていないようでした。

それどころか「俺と結婚しないか?」とプロポーズをしてきたのです。

七桜は事件の真相を暴くために再び光月庵に入ることを決めました。

2人に待ち受けている運命とはいかに?

▼動画の無料視聴はこちら▼

『私たちはどうかしている』概要

15年前、私は彼の一言ですべてを奪われたー。

15年前、老舗和菓子屋の若旦那が何者かに殺害されてしまいます。

現場にいた彼の息子・椿(横浜流星)の証言から、女性職人が逮捕されます。

一緒に住み込んでいた職人の娘の七桜(浜辺美波)は、店を追い出されますが、母親の無実を信じて同じ和菓子職人の道を選びます。

そして15年の時を経て容疑者の息子と被害者の娘は再び出会い、ひょんなことから偽装結婚をすることに。

七桜は真実を暴くために、憎い相手の家に入りますが、そこでは壮絶な嫌がらせやドロドロのお家事情が待ち受けているのでした。

過酷な運命に翻弄されながら惹かれあう2人。

そして15年前の事件の真相とはー?

【ネタバレ】『私たちはどうかしている』第1話あらすじ・感想


若き和菓子職人

石川県小松市。

花岡七桜(浜辺美波)は若いながらも才能溢れる和菓子職人。

すでに、ひいきの客もついています。

ある日、七桜はある茶道宗家の娘・真由(小島藤子)から結婚式の引き出物の菓子対決を受けて欲しいと頼まれます。

しかし、相手は金沢で400年続く老舗和菓子屋『光月庵』と聞いて七桜は一度断ります。

その光月庵は、かつて七桜の母親・百合子(中村ゆり)が働いていた店で、とある事件に巻き込まれ、一緒に住み込んでいた七桜と共に因縁の相手であったからです。

moyokomoyoko

前情報なしで見始めましたが、オープニングからかなりドロドロしたものを感じる演出になっていて、恋愛よりもミステリー要素が多めの予感がします。

15年前の事件

「15年前、私は彼の一言ですべてを奪われた」

15年前。

七桜は和菓子職人の母親と共に光月庵に住み込んでいました。

息子の椿とは同い年で、いつも一緒に遊んでいて、初恋の相手でした。

椿は七桜のことを「さくら」と呼んでいました。

しかし、ある日店の若旦那(鈴木伸之)が何者かに殺害されてしまいます。

第一発見者は椿でした。

椿の母親が誰が殺したのかと尋ねると、椿は血まみれの指で七桜の母親を指しこう言います。

「さくらのお母さん」

七桜の母親は問答無用で逮捕され、取り調べの最中に倒れて亡くなってしまいました。

母親を失った七桜も店を追い出され、その後施設で育ちます。

母親の無実を信じながら、光月庵で和菓子の魅力を知った七桜は、母と同じ和菓子職人の道を選びます。

しかし、あの夜に血を見た七桜は、赤い食紅を使えないという和菓子職人には致命的なハンデを負うことになってしまったのです。

moyokomoyoko

七桜の母親は明らかに何もやっていないような感じです。しかし、椿はまっすぐに七桜の母を指さしました。一体何故そんなことを言ったのでしょうか?

母からの手紙

ハンデを抱えながらも七桜は立派な職人へと成長しますが、ある日突然店をクビになってしまいます。

訳を聞くと、店に「花岡七桜の母親は人殺し」という謎の脅迫文がネットに書きこまれるようになったのです。

イメージダウンを恐れた店は七桜を追い出したのです。

住み込みで働いていた七桜は、住むところもなくなり、絶望に打ちひしがれていました。

すると、見知らぬ男性(山崎育三郎)から、七桜をずっと探していたと言って一通の手紙を渡されます。

その手紙は七桜の母親からのものでした。

彼はお母さんのお菓子のファンだと言っただけでそのまま消えてしまいます。

手紙を見てみると、そこには驚くべきことが書かれてありました。

その手紙を見てから、七桜は一度断った菓子対決を受けることに決めます。

moyokomoyoko

手紙の内容はまだここでは明かされません。しかし、事件のことについて書かれてあるものと思われます。

和菓子対決

七桜は和菓子対決に勝つことができれば、まだ職人を続けられるかもしれないと、全力で菓子対決に臨みます。

しかし、そこには因縁の相手・椿(横浜流星)がいました。

椿は七桜の顔を見ても覚えていないようでしたが、七桜は憎き椿の顔を見て動揺してしまいます。

moyokomoyoko

開始から18分。やっとここで次期若旦那の椿こと横浜流星さんの登場です!焦らされました!

しかし、七桜はご贔屓のお祝いのため、心をこめて菓子を作ります。

菓子のテーマは「桜」。

赤い色を使えない七桜には大きな痛手でしたが、菓名「葉桜」という綺麗な緑色の見事な菓子を作り、両家を唸らせました。

moyokomoyoko

私たちはどうかしている』では、菓子の名前とその由来が仰々しく語られるシーンがあります。少しだけトンチキな匂いがしてきました。

突然のプロポーズ

しかし、この対決はもともと宗家との付き合いがある光月庵が勝つと決まっていました。

再起をかけていた七桜にとっては納得がいきませんでしたが、目を掛けてくれたごひいきのために引き下がることにしました。

帰り際、七桜は椿に呼び止められます。

「俺と、結婚しない?」

突然のことに顔をこわばらせる七桜。

しかし、ここで母からの手紙のことを思い出します。

手紙には、たった一言だけ書かれていました。

「私は何もやってない」

そこで七桜はそのプロポーズを受けることにします。

椿は本気なら3日後の正午に光月庵に来るようにと申しつけます。

moyokomoyoko

椿はなんとなく七桜の才能を認めているような雰囲気があります。そのことと、この突然のプロポーズとは関係があるのでしょうか?

いざ光月庵へ

翌日、七桜は月光庵の菓子の味を確かめると、15年前に母親が働いていた頃と比べて味が激変しているのにショックを受けます。

光月庵で何が起こっているのか?七桜は15年前の事件の真相を含めて確かめるために手土産を持って光月庵に乗り込みます。

すると、なんと椿は結婚式の真っ最中でした。

なんでも、老舗旅館の娘・長谷栞(岸井ゆきの)と結婚をするとのことです。

椿の不可解な行動に戸惑いながらも、覚悟を決めた七桜はそのまま結婚式に乱入し、手土産を渡します。

それは、「新月」という栗などが何も入っていない真黒な羊羹でした。

結婚祝いに黒い菓子を出すなんてと周りはざわつきます。

しかし椿は結婚式を中止にして、七桜と結婚すると宣言したのです。

moyokomoyoko

宣言したのち2人は突然のキス!何故!?さらにこの作品のトンチキ感が増してきました。

椿の家族

光月庵の女将で、椿の母親である今日子(観月ありさ)は、その場をとりあえずは収め、椿と七桜を別室に連れて行きます。

資金援助のため、なんとか政略結婚を成立させたい今日子は2人をいさめますが、七桜は15年前の事件を引き合いに出し、殺人だということを伏せている事実をつきつけます。

moyokomoyoko

七桜が店に住んでいた頃は、母親の姿はほとんど見かけなかったそうです。しかし今となっては女将として前面に出ています。もしかすると、このことも事件に関わりがあるのかもしれません。

すると、そこに病気で療養中だという椿の祖父で大旦那の宗十郎(佐野史郎)が現れます。

宗十郎は、広間に出向いて土下座で結婚式の中止を懇願します。

続いて椿も雨の降る庭に出て土下座をし、この結婚が経営の苦しい光月庵の資金援助のためであったと告白し、結局この結婚は破談になったのでした。

moyokomoyoko

旅館の娘・栞役には岸井ゆきのさんが起用されていますので後々も登場するのかもしれませんね。

宗十郎の無理難題

来客の前で店の窮状を告白し、自らの手で店の再興を宣言した椿に、宗十郎は突如激高します。

「生意気を言うようになった。半人前のくせに!」

宗十郎は、椿に3か月で成果を出してみろと無理難題を押し付けます。

「できなければその女と共にこの店を去れ!」

moyokomoyoko

え~!一見穏やかそうに見えていた大旦那ですが、突然態度が豹変しました。どうも、椿はあまり家の中に居場所がないように見えます。

自らの手で再び光月庵を輝かせるため、七桜を利用して政略結婚を破談にした椿。

そして、椿との結婚を利用して事件の真相を突き止めようとしている七桜。

2人の利害は一致し、偽装結婚の契約は成立しました。

「私たちはどうかしている」

moyokomoyoko

このどうかしている2人には、想像以上に過酷な日々が待ち受けていたのです。

『私たちはどうかしている』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

1話目から怒涛の展開と過剰な演出でかなり濃い味のドラマが始まりました。

安藤なつめ先生の漫画が原作となっていますが、どこか韓国ドラマのような大げさ感があり、クセになりそうな作品です。

次回からは、光月庵に入った七桜に壮絶な嫌がらせが始まるようです。

こう言ってはなんですが、浜辺美波さんはこうした薄幸な役柄がお似合いですし、姑役の観月ありささんはど迫力があるので面白いシーンが続々出てくるのではないかと期待します!

次回も目が離せません!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第2話も続けて読む▼