『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話あらすじ・ネタバレ感想!マギーも再登の「囁く者」編は衝撃のラスト!

『ウォーキング・デッド シーズン10』

出典:amc

新型コロナウイルスの影響を受けて製作・放送が延期になっていた『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話が日本時間2020年10月5日より、順次放送開始!

第15話よりおよそ半年ぶりの放送となりましたが、「囁く者」との戦いは一体どのような結末を迎えるのでしょうか?

ポイント
  • 絶体絶命!「囁く者」とダリルたちの戦いの行方に注目
  • ユージーンたちは待ち合わせ場所でステファニーに会えるのか?
  • マギーやバージル、気になる行動をとるキャラクターが再登場

マルコヤマモトマルコヤマモト

それでは『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話について、ネタバレありでご紹介します。
『ウォーキング・デッド シーズン10』を無料で見れる配信サービスは?

【ネタバレ】『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話あらすじ


絶体絶命!

アルファの意思を受け継いだベータは、ウォーカーの大群を率いて、ダリルたちが隠れる廃病院を包囲します。

病院に閉じ込められ、絶体絶命のピンチを迎えたダリルたちでしたが、荷馬車に音響機器を取り付けてウォーカーたちを誘導する作戦を考えていました。

しかし、馬車に機材を取り付けるためにはウォーカーの大群の中を通り抜けなければいけません。

外の状況を知って怖がる子供たちに対して、ゲイブリエルは「たくさんの力が集まれば必ず勝てる」と勇気づけます。

ダリル、キャロルを含む数名が作戦実行のためのグループを結成し、音響機材を運ぶことに。

リディアも立候補しますが、オーシャンサイドに反対され病院に残ることになりました。

リディアはキャロルに対してアルファを殺したことを恨んでいないことを伝え、新しい関係を作ろうと歩み寄りますが、キャロルは相変わらず心を閉ざしたままです。

ウォーカーの誘導にあたる4組は内臓を体に塗りたくり、大量のウォーカーの中を機材を持って進んでいきました。

もちろんその中にはマスクをかぶった「囁く者」も紛れているため、発見次第ゲイブリエルたちが病院内から弓矢で排除していきました。

しかし病院内の爆弾が爆発したことで、「囁く者」たちがすぐそこに迫っていることが分かったのです!

状況を察知したリディアとニーガンは「自分たちに何ができるかわからないが…」と互いを鼓舞し合い、「囁く者」のマスクを持って建物の外へ出ました。

ハーメルン作戦

ウォーカーの大群の中を進んでいく中で、キャロルと組んでいたビアトリスが「囁く者」にナイフで足を刺され負傷。

キャロルはそのまま見過ごして前に進んでいきますが、必要な機材を持っていたのはビアトリスでした。

機材を全て運ばないと作戦が成功しないためダリルたちは焦りますが、そんななか、「囁く者」のマスクを付けたリディアが機材の入った鞄を持ち運んだのです。

リディアの活躍で、大音量を聴かせてウォーカーたちを誘導する「ハーメルン作戦」の実行に移ります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

グリム童話の「ハーメルンの笛吹き男」がモデルになっています。ネズミの害に困っているハーメルンの町に笛吹き男が現れ、笛の根に合わせてネズミを誘導し、川で溺死させたという物語です。

スピーカーを乗せた荷馬車から大音量で音楽を流すと、ウォーカーたちが音に引きつけられて病院から離れて行きました。

作戦は成功したように見えましたが、夜になると茂みの中から「囁く者」が現れ、装置が壊されてしまいます。

ダリルたちは森の中で集まって作戦を立て、リディアがウォーカーを崖まで誘導する役割を担い、他は建物に残った仲間たちを助けに行くことにしました。

マギーの再登場とベータの最期

ゲイブリエルたちが立て篭もる廃病院内にもすでに「囁く者」が忍び込んでいたため、ゲイブリエルはジュディスら子供たちを先に逃すことを考えます。

ロジータに伝えて欲しいことをジュディスに伝え、ゲイブリエルはその場で踏ん張ることに。

ドアが破られゲイブリエルは「囁く者」と揉み合いになり苦戦を強いられますが、その時!

両手に鎌を持った仮面の男がゲイブリエルを助け、さらになんと、マギーが現れたのです。

アーロン、アルデンも無事で、マギーと再会したゲイブリエルは嬉しさのあまりハグを交わします。

しかし、鎌男の正体は謎で、アーロンは思わず二度見をしてしまうほどでした。

病院へ向かう最中、ダリルたちは群れに紛れる「囁く者」を次々に撃退していくと、その叫び声を聞いてベータが警戒態勢を取りました。

「おいクソ野郎」

ベータが声の方に振り向くとニーガンがいたため、アルファの敵と言わんばかりに飛びかかっていきます。

ニーガンとベータは揉み合いになりますがそこにダリルが登場し、ニーガンをアシスト。

ダリルに両目をナイフで刺されたベータは、自らそれを引き抜くとウォーカーたちにマスクを剥がされ、食べられてしまいました。

最後の最後にしてマスクが剥がされたベータの正体に気づいたニーガンはぎょっとしますが、ダリルは「誰でもない」と先に進みました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ベータの正体は有名な歌手でしたね。

リディアはウォーカーたちの群れを無事崖まで連れてきていましたが、そこへキャロルが現れ、リディアの代わりを引き受けて崖の淵まで歩いていきます。

ウォーカーに紛れて崖から落ちることを考えていたキャロルをリディアが引き止めます。

リディアはキャロルを抱きしめ、「囁く者」のマスクを崖から捨てました。

『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話の結末

一夜明けて一同は森の中で再会し、作戦の成功を喜びました。

キャロルはダリルとニューメキシコへ旅立つ約束をし、互いを抱きしめました。

オーシャンサイドに到着したバージルは、誰もいない村を彷徨った末、女性が倒れているのを見つけます。

なんと、泥まみれになったコニーでした。

一方、ステファニーとの待ち合わせ場所にたどり着いたユージーン、エゼキエル、ユミコ、プリンセスの4人でしたが、そこにステファニーの姿はありません。

こんなことがあっても新しい仲間を見つけるまで旅をやめないと固い決意をするユージーンに対し、他の3人は勇気づけられ盛り上がります。

しかし、そんな4人はいきなりライトに照らされ、白い防具をつけた軍団に包囲されてしまったのです。

「武器をおろせ!」

マルコヤマモトマルコヤマモト

驚いたユージーンの顔のアップで、物語は終わります。

【ネタバレ】『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話感想

『ウォーキング・デッド シーズン10』「囁く者」編が完結

コロナ禍のなか、本当に放送されるのか不安でしたが、とりあえず、やっと終わった〜と一安心しました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

前作から半年以上空いてしまったので、私を含むファンの人たちもモチベーションを保つのが大変だったのではないでしょうか?

リディアとキャロルの和解やマギーとの再会などもあり、最終話らしくまとめて欲しいところはうまくまとめてくれた印象があり、スッキリしました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ニーガンとダリルのコンビネーションも抜群でした。非常によかったです。もっと増やしてください。

そしてシーズン10の途中から「一体どこに行ったんだ!?」と思われていた、コニーの生存状況についても明かされたので安心しました。

しかし、追加エピソードやシーズン11に繋がるであろう疑問点もたくさん!

  • マギーとともに登場した鎌男は誰?
  • ユージーンたちを囲んだ軍団は何?
  • バージルに発見されたコニーはダリルたちと再会できるのか?

マルコヤマモトマルコヤマモト

ユージーンのドアップで終わった『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話でしたが、さっそく早く続きが見たい!と思わせてくれる終わり方はさすがです。

鎌男についての見解は様々で、当初鎌男がマギーだという予想があったのですが、それは今回の放送でハズレということがわかりました。

見た目的にかなり着込んでいる感じがする&顔がバレたら面白くない人物…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ということでまたまた個人的予想なのですが、鎌男の正体がジーザスだったら激アツ案件です。アーロンの2度見も伏線になるのではないでしょうか?そしてジーザスはヒルトップではマギーの補佐役でしたよね。…ないか!?

果たして、この予想は当たるのでしょうか!?

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみに、シーズン10第15話の記事での自分の予想が全部外れていたことに笑いました。

ラストはまぁまぁ予想は付きましたが、良いところで終わらせるじゃないの…でもシーズン10で「囁く者」は終わらない気がしました。

これは私の予想ですが、グループが再び離れ離れになってしまう可能性があるのでは?と思いました。

アルファが絶対的キャラだったことから、ベータであと6話分引っ張るのは難しかったかな、とも思います。

Twitterの感想・評判は?

「囁く者」編が終わったということで、物語は非常にスッキリとした内容にまとまっていました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

なかでもマギーの再登場や鎌男の謎、ユージーンたちを囲んだ軍勢についての感想が、SNSでは多く見られました。
『ウォーキング・デッド シーズン10』

出典:amc

ユージーンたちを囲んだ『スター・ウォーズ』のストーム・トルーパーのような軍勢は「コモンウェルス」と呼ばれるコミュニティーの軍隊組織で、原作によると何やらウォーカーが登場する前と変わらない暮らしをしているそう。

原作とは異なるメンバーが行動しているものの展開は同じく、シーズン10の追加エピソードやシーズン11での「コモンウェルス」の登場を示唆していると言っても良いでしょう。

『ウォーキング・デッド シーズン11』についての続報と今後の展開

約半年延期された『ウォーキング・デッド シーズン10』に続き、今後のシリーズ展開についても発表されました。

  • シーズン10追加エピソード6話(2021年放送予定)
  • シーズン11全24話(2021年〜2022年放送予定)
  • キャロルとダリルのスピンオフ作品(2023年放送予定)
  • アンソロジードラマ『Tales of the Walking Dead』製作発表

なんと『ウォーキング・デッド』本編自体は次のシーズン11で終わり。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ですが24話の拡大版での制作が決まっているようです。

さらに興味深いのはダリルとキャロルのスピンオフ作品が製作されるということ!

『ウォーキング・デッド シーズン10』

出典:amc

「いつかニューメキシコへ」とずっとずっと言っているキャロルとダリルですが、ついにその願いが叶うのでしょうか…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

と言っても早くしないとキャロルはアラ還、ダリルもアラフィフと、大人すぎる物語になっちゃいそうなので、そこのところ頼むよ…という2人のファンからの希望です。

そして10月にシーズン6の全米放送が始まる『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』と、現在Amazonオリジナル作品として配信されている『ウォーキング・デッド ワールド・ビヨンド』との絡みにも注目したいところです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして映画の情報が一向にないのですが、こちらは気長に待つとしましょう。

『ウォーキング・デッド シーズン10』第16話まとめ

要点まとめ
  • シーズン10はあと6話分の追加エピソードの放送が予定されている
  • マギーの再登場やコニーの生存などでさらに物語の広がりが期待できる
  • 次に注目すべきは原作に登場する新たなコミュニティ「コモンウェルス」

マルコヤマモトマルコヤマモト

ウォーキング・デッド シーズン10』第16話について、ネタバレありでご紹介しました。

ひとまず「囁く者」編が無事に完結したことに、安心したファンの方も多いことでしょう。

ウォーキング・デッド』は上半期、下半期と絶えず放送されていたシリーズなので、放送がないとポッカリと穴が開いた気分になります。

マギーやコニーなどのように再登場したキャラクターや、ここにきて新登場したキャラクターなどもいるので、まだまだ先が楽しみです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

シーズン10追加エピソードについても、放送日が決まり次第ミルトモでも取り上げていきたいと思います!
『ウォーキング・デッド シーズン10』を無料で見れる配信サービスは?

▼あわせて読みたい!▼