『アンサング・シンデレラ』第9話あらすじ・ネタバレ感想!葵がオーバードーズ患者に語り掛けることとは

『アンサング・シンデレラ』第9話あらすじ・ネタバレ感想!葵がオーバードーズ患者に語り掛けることとは

出典:『アンサング・シンデレラ』公式ページ

瀬野(田中圭)が葵(石原さとみ)の前で吐血して倒れてしまいました。

すぐに救急センターに運ばれますが、すぐに意識を取り戻し、次の日には仕事に復帰します。

しかし、精密検査をした瀬野の病状は深刻なものでした。

そんな時、救急センターにオーバードーズ(薬の大量摂取)で若月陽菜(徳永えり)が運ばれてきます。

彼女は育児ノイローゼが原因で抗不安薬を飲まずにはいられなくなっていました。

葵やくるみ(西野七瀬)は治療を受けさせようと話をしますが、陽菜は反抗的な態度をとっています。

そこへ、陽菜の元夫(高橋光臣)が現れ、今は陽菜と離れて住んでいる娘を連れてくることを提案してきたのです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『アンサング・シンデレラ』前回第8話のあらすじと振り返り

葵(石原さとみ)たち薬剤部のメンバーが『調剤の魔術師』と呼ぶ荒神さん(でんでん)が休暇を取ることになりました。

ただでさえ人手不足の中、部長はさらに在宅医療の研修のために薬剤部から1人出すことになったと言います。

在宅医療に興味があった葵は研修に立候補します。

葵が研修に向かうと、そこには小野塚(成田凌)の姿がありました。

研修先で患者の家に行くと、なんと荒神さんが現れました。

荒神さんは末期がんの奥さん(大塚良重)のため、休暇をとっていたのです。

葵と小野塚は荒神さんと共に過ごし、無事銀婚式を迎えた後、荒神さんの奥さんは旅立っていきました。

その時初めて患者の家族に「ありがとう」と言われた小野塚。

彼は、この研修である決心をしたのでした。

【ネタバレ】『アンサング・シンデレラ』第9話あらすじ・感想

瀬野(田中圭)の病状

葵(石原さとみ)の目の前で、突然血を吐いて倒れてしまった瀬野(田中圭)。

瀬野は救急センターに運ばれ処置を受けると、すぐに目を覚ましました。

瀬野はそばにいる葵に自分の仕事に戻るように指示します。

翌朝、瀬野が倒れたことで調剤室はその話で持ちきりでした。

しかし瀬野がいつものように現れメンバーは驚きます。

瀬野は、逆流性食道炎だったと皆を安心させますが、実は最初の検査で肺に腫瘍らしきものがあるとして、精密検査を受けることになっていました。

少し休んだ方がいいと刈谷(桜井ユキ)は忠告しますが、結局救急センターに葵がヘルプでつくことで落ち着きました。

moyokomoyoko

瀬野さんは問診表を書いている時、「家族の既往歴」のところで手が止まりました。きっと心当たりがあるのだと思います。

オーバードーズの患者

救急センターにオーバードーズ(薬の大量摂取)で若月陽菜(徳永えり)が運ばれてきました。

倒れた彼女のそばには、大量の抗不安薬が散乱していたと言います。

葵が調剤薬局に確認してみると、陽菜は複数の医療機関を受診して同じ病気の処方箋を受け取り大量に薬を手に入れていました。

葵とくるみ(西野七瀬)は陽菜を服薬指導しますが、その態度は反抗的で治療に向かう気持ちがないように見えました。

陽菜はプラセボ薬(偽薬)をもらって薬への執着を無くす治療を始めますが、どうしても薬を飲まずにはいられないのでした。

moyokomoyoko

くるみは陽菜の態度に「真剣に病気と闘っている人もいるのに」とカンカンです。なんだか、葵に似て来たようです。

遺伝性のがん

精密検査の結果、瀬野は「非小細胞肺がん」のステージ4でした。

至るところに転移が見られ、手術で治療するのは難しいとの診断です。

実は、瀬野の母も祖母もこのような重複がんで亡くなっており、遺伝性のがんだということです。

瀬野の母は告知されてから3ヶ月で逝ってしまいました。

瀬野も、何もしなければ恐らくそのぐらいだろうと医師は言います。

医師は抗がん剤治療で様子を見ようと提案しますが、転移した場所によっては、まだ効果のある抗がん剤がない部分もあります。

仕事も辞めなければいけないし、だったら医療用麻薬で痛みを抑えて今まで通りの生活がしたいと瀬野は言います。

「最後にどう生きるかは自分で決めたい」

moyokomoyoko

家族が同じ病気になっている上に自らも薬のことを良く知っている瀬野さんだからこそ治療はしたくないという気持ちはわかりますが、周囲としては治療を受けてもらいたいところです。

小野塚(成田凌)の覚悟

瀬野が救急センターに戻ると、小野塚(成田凌)が見学に来ていました。

救急の仕事が見たいと葵に頼んでやってきたのです。

瀬野のとっさの判断で患者が救われたところを見た小野塚が「薬剤師が患者を救うこともあるんですね」と瀬野に言うと、彼は救ったのは医者だと答えました。

小野塚は大学時代の研修でこの病院を訪れた時、全く同じことを瀬野から言われたと言います。

「俺、救急認定薬剤師になろうと思います」

小野塚の覚悟を聞いた瀬野は、やはり誰かの役に立つ仕事がしたいと改めて感じるのでした。

moyokomoyoko

あんなにやる気のなかった小野塚が、ついに目標に向かって進み始めました。頑張って欲しいです!

陽菜(徳永えり)の元夫(高橋光臣)

葵が陽菜の病室に様子を見に行くと、陽菜の元夫である謙介(高橋光臣)が見舞いに来ていました。

謙介は、離婚した後も陽菜のことを気にかけていました。

「彼女を1人にして逃げ出したようなものなので」

陽菜には今6歳になる娘がいると言います。

娘が生まれた時、謙介は出張で留守がちで、子育ては陽菜がほぼ1人でやっていました。

しかしだんだんそれが辛くなってきた陽菜は育児ノイローゼになり、抗不安薬を飲み始めます。

謙介はそれでも陽菜の変化に気がつけませんでした。

ある日彼が出張から戻ると、陽菜は荒れ果てた部屋の中で大量の薬を飲んで倒れていました。

そして一度入院させた時、陽菜にはもう子育てはできないと離婚を申し出たのです。

moyokomoyoko

ワンオペ育児が原因でノイローゼになって薬が手放せなくなるなったあげく、子供と離れなくてはならないなんて、あまりにも気の毒ですね…。

娘に会わせたい

しかし、最近6歳になった娘がママに会いたいと言うようになったというのです。

謙介は陽菜の様子を見て会わせるべきか迷っていました。

もしかしたら二度と会いたくないかもしれないが、少しでも陽菜が良くなるのなら会わせたい気持ちもあるのです。

葵は、陽菜のスマホの待ち受け画面が赤ちゃんの頃の娘であることを謙介に教え、謙介の気遣いが救いになっていると思うと告げます。

すると、そこに陽菜が現れました。

謙介は、思い切って娘を連れてきていいかと尋ねます。

「お好きにどうぞ~」

陽菜はそう言いましたが、病室に戻った後、隠し持っていた抗不安薬をゴミ箱に捨てました。

moyokomoyoko

陽菜だって好きで娘と離れたわけじゃありません。病気だって治したいと思っているはずです。しかし、事はそううまくいかないものです。

ギリギリまで仕事をする

瀬野は販田部長(真矢ミキ)に自分の病気のことについて報告をします。

部長は治療を受けて欲しいと言いますが、瀬野はこの状況になって改めてこの仕事が好きなのだとわかったと話します。

「1人でも多くの患者さんの力になりたい。できるところまでやらせてください」

その会話を、葵は部屋の外で聞いてしまっていました。

その夜葵は瀬野を食事に誘い、瀬野にもし自分が治らない病気だと知ったらどうするかと尋ねます。

「やれるギリギリまで仕事をする」

実は、瀬野の母親も病院薬剤師でした。

でも今の瀬野と同じ病気になり、それでも働いていました。

最期は満足そうにしていたと言いますが、それは結局自己満足だったのかもしれないと瀬野は振り返ります。

瀬野は、葵に陽菜をちゃんと診ろと課題を出します。

moyokomoyoko

瀬野さんはまた葵に指導を始めました。まるで、生きた証を残すかのような行動です。

やっぱり治らない

翌日、薬への欲求に耐え切れなくなった陽菜はトイレで薬を飲もうとしますが、その時謙介からのメールで娘の写真が送られてきたことで思いとどまりました。

そして夕方。

謙介と娘は予定より早く病院に到着しました。

葵と共に病室に行くと、陽菜の姿がありません。

すると、隣の病室から怒鳴り声が聞こえます。

様子を見に行ってみると、陽菜が他の患者の薬を奪って飲もうとしていました。

娘の姿に気がついた陽菜は、近づこうとしますが、娘は謙介の後ろに隠れ帰りたいと言い出しました。

「やっぱり治らないわ!」

娘が帰った後、陽菜は自虐的に笑いました。

moyokomoyoko

せっかくこれまで我慢してきたのに、肝心なところでダメでした。前途多難という感じがします。

楽な方を取らないで

その後陽菜は心療内科に転科し、心のケアを中心に治療していくことになりました。

葵は必死でオーバードーズについて勉強を始めます。

深夜、葵が当直で調剤室にいると、陽菜が忍び込んできて薬を物色し始めました。

それに気がついた葵が陽菜に声をかけると、陽菜はハサミを葵につきつけ、薬をよこせと叫びます。

そこへ瀬野がやってきて、状況を把握した瀬野は陽菜の言われた通りに調剤を始めます。

「瀬野さんが患者さんのためにならない調剤なんてする必要ない!」

葵は冷静に陽菜に呼びかけます。

陽菜の病気は、自分がきちんと向き合えば治る病気だから楽な方を選ばないで欲しいと。

「本当に治らない病気の人だっているんですから!」

moyokomoyoko

葵は瀬野の前で泣きながら心の叫びを口にします。胸が詰まるシーンです。

病気と薬に向き合う

瀬野は号泣する葵の代わりに、自分がその治らない病気の1人だと告白します。

「私は死にます。でも、あなたは治ります」

だから葵に全てを任せて欲しいと瀬野は陽菜に訴えかけます。

「だからもう一度自分の病気や薬ときちんと向き合ってくれませんか」

葵は、陽菜の娘から預かったという手紙を陽菜に渡します。

娘が、ママが良くなるようにと書いた手紙です。

陽菜も、当然このままではいけないとわかっているのです。

でもどうしようもないと泣きじゃくります。

葵はゆっくりやっていきましょうと言って陽菜を抱きしめました。

moyokomoyoko

瀬野さんはまた1人患者を救いましたね。どこまでもカッコイイ人です。

生きることにしがみついて

「私は病院薬剤師です」

陽菜を病室に送った後、葵は瀬野に語りかけます。

だから患者が決めたことは尊重したいし、医者ではないから病状を把握していない。

だけど…

「大切な先輩には治療を受けてもらいたい」

瀬野は治らないと言ったけれど、もしかしたら何かあるかもしれない。

それを自分に探させて欲しいと葵は訴えます。

「カッコよく人生を全うするんじゃなくて、なんとしてでも生きることにしがみついて欲しいんです」

moyokomoyoko

これは瀬野、いえ病気になった大切な人に対して誰もが思うことだと思います。瀬野さんには頑張って欲しいです。

瀬野は最後になるかもしれない課題を出しました。

「俺の治療と薬のことは全て薬剤師・葵みどりに任せる」

瀬野(田中圭)に必要な治験薬

その後陽菜は彼女なりに懸命に治療に取り組み、状態はみるみる良くなっていきます。

そして、無事退院する日を迎え、その日は娘が手作りのメダルを持って来てくれました。

そして販田部長は七尾副部長(池田鉄洋)に瀬野の病状のみを伝え、その珍しい症例に合った治験薬を探して欲しいと伝えます。

七尾は一度似たような症例の患者を診たことがありました。

それは、瀬野の母親でした。

瀬野が発症したことを知り驚く七尾。

販田部長はあなただけが頼りだと言って去っていきました。

そして、七尾は1人ニヤリと笑みを浮かべるのでした。

『アンサング・シンデレラ』第9話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

瀬野さんは「オーバードーズは大変だぞ」と葵に助言しましたが、本当に大変そうでした。

こういった依存症の治療には家族の協力が不可欠だということがよくわかりました。

そして、七尾副部長の最後の不敵な笑みは一体何を意味しているのでしょうか?

瀬野が病気であることを喜んでいるからだとは思いたくないですが…。

何はともあれ、瀬野さんが治療することを決めてくれて良かったです。

しかし、決して簡単な治療ではありません。

本人や関係者にとって試練となっていくでしょう。

葵はどのようにして瀬野に寄り添っていくのでしょうか?

ドラマはいよいよラストスパートに突入です!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第10話も続けて読む▼