ドラマ『逃亡医F』第2話あらすじ/ネタバレ感想! 雪山を歩く藤木圭介(成田凌)と、難病を抱える少年・健太(白髭善)

出典:逃亡医F公式ページ

出典:逃亡医F公式ページ

長野県志賀高原の雪山で倒れていた藤木圭介(成田凌)は、ある少年に助けられます。

その少年・健太(白髭善)は難病を抱え、自分が両親に心配かけている事を気にしていました。

一方、圭介は沢井美香子(森七菜)と再会し、香川(升毅)が切り盛りする店・すずらん珈琲の2階に居候することになります。

その頃、東京都練馬区にいる八神拓郎(松岡昌宏)は、圭介の居場所を探すため・・。

圭介が志賀高原にやって来た目的は何でしょう。圭介の後を追って来た美香子と、健太の治療をする圭介の動向に注目です!

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『逃亡医F』前回第1話のあらすじと振り返り

警察に指名手配されている藤木圭介(成田凌)は、恋人・八神妙子(桜庭ななみ)を殺した真犯人を見つけるため逃亡していました。

圭介は、鳴海健介と名乗って海洋観測船に乗り込み、海洋観測士・沢井美香子(森七菜)と出会います。

しかし、圭介は美香子に自分の正体がバレてしまいました。

一方、八神拓郎(松岡昌宏)は、妹・妙子を殺した被疑者・圭介を追い・・。

圭介は大怪我を負った美香子を助けた後、小型船に乗って再び逃亡を続けるのでした。

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『逃亡医F』第2話あらすじと感想


美香子(森七菜)と再会する圭介(成田凌)

すずらん珈琲の店主・香川(升毅)は、少年・健太(白髭善)と藤木圭介(成田凌)を乗せて車を走らせていました。

健太は雪山で倒れていた圭介を見つけ、香川に助けを求めたのです。

香川は健太を家まで送った後、発熱している圭介を病院に送り届けます。

圭介はそこで沢井美香子(森七菜)と再会しました。

圭介と美香子が駆け落ちしたと勘違いした香川は、2人に自分の店の2階を貸すことにしたのでした。

ミルトモ 編集部

病院に行くのを拒む圭介の前に現れたのが美香子でした。美香子のおかげで、圭介は香川に怪しまれずに済みました。静岡県沼津市にいた美香子が、長野県志賀高原にいる圭介を追って来たのは何故でしょう。

圭介(成田凌)が志賀高原にやって来た理由

圭介の冤罪を信じている美香子は、圭介の手助けをしたいと思っていました。

しかし、圭介はそんな美香子と距離を置こうとしています。

八神妙子(桜庭ななみ)は自分が殺される直前、圭介に電話をかけていました。

「もしも私に何かあったら、誰も信用しないで。警察もダメ。困ったときは都波(酒向芳)さんと会わせて・・」

圭介が志賀高原に来たのは、妙子の共同研究者である都波に会うためだったのです。

ミルトモ 編集部

妙子の死は、妙子が研究していた“脳への薬物送達技術”の開発が関係しているのでしょうか?都波が何を知っているのかが気になります!

圭介(成田凌)の行方を探す拓郎(松岡昌宏)

八神拓郎(松岡昌宏)は筋川(和田聰宏)を脅し、圭介を見つけるための手伝いをさせています。

拓郎たちが向かったのは、千代田区にある圭介のマンションでした。

圭介の部屋はきれいに整理整頓され、食器棚には2人分の食器が並んでいます。

次に、拓郎は烏丸京子(前田敦子)に話を聞きに行きました。

拓郎は、烏丸が本当に妙子の友達なのか疑っていたのです。

しかし、烏丸は、拓郎が妙子を空港まで送った時の状況を詳しく話し、妙子と一緒に写る写真を見せるのでした。

一方、都波のアパートの部屋は研究道具と資料で溢れ返り、壁には大きな地図が貼ってあります。

拓郎はその地図を見て、都波がいる場所を考えるのでした。

ミルトモ 編集部

圭介の部屋がとても綺麗なことに驚きました。それに対し、都波の部屋は色々なもので溢れ返っていました。烏丸は自分が妙子の友達である証拠を突き付けましたが、何となく怪しく感じるのは気のせいでしょうか?

両親に気をつかう健太(白髭善)と、都波(酒向芳)を探す圭介(成田凌)

健太は一人で学校から帰って来ました。

そんな健太に父・松田は、「無理して倒れたら大変だよ。パパとママも健太のために頑張っているんだ」と言います。

「僕のためにありがとう。図書館に行ってくるね」

健太はそう言って出掛けていきます。

実は、健太は難病(先天性肺静脈狭窄症)を患っており、そんな自分を心配する両親に気をつかっていたのでした。

一方、ローカルテレビ局で働く健太の父・松田とアナウンサー・島崎に怪しまれた圭介は、香川の店から出て行くことにしました。

香川の店で都波の荷物を見つけた圭介は、雪山を歩いて都波を探し始めます。

そんな圭介と行動を共にするのは美香子です。

ミルトモ 編集部

両親に気をつかう健太の姿が痛々しかったです。ところで、美香子はいつまで圭介と一緒にいるつもりなのでしょう。

医手一律

雪山を歩いていた圭介と美香子は、倒れている健太を見つけました。

圭介たちは山小屋を見つけ、健太の手当てを始めます。

健太は肋骨が肺に刺さる怪我を負っており、直ぐにでも手術が必要な状態でした。

圭介が健太の手術を始めようとした時、健太の父・松田と島崎が山小屋に入って来ます。

「病気は子供を大人にすることがあります。あなたがしっかりして、健太君をもう少し子供のままでいさせてあげて下さい」

健太の想いを知った松田は、警察を呼ぶのを止め、健太の手術の手伝いを始めました。

その後、手術を終えた圭介は、山小屋を飛び出し、一人で逃げて行くのでした。

ミルトモ 編集部

医師として真摯に向き合う圭介の姿を見たら、通報するのをためらうのも分かる気がしました。

ドラマ『逃亡医F』第2話ネタバレ・感想まとめ

圭介に助けてもらった美香子は、警察に追われている圭介を手助けするために駆け付けました。

美香子は圭介の冤罪を信じていましたが、実際のところは分かりません。

分かっているのは、天才外科医である事と、医師としての務めを優先させる人だという事です。

もし、妙子の死が妙子の研究に関係あるなら、バイオベンチャー バイオネオに所属する烏丸たちも妙子の死に関わっているかもしれません。

都波に話を聞けば、誰が妙子の死に関係しているか、もう少しはっきりすると思うのですが・・。

第2話では都波に話を聞くことが出来なかったので、第3話に期待したいです!

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る