ドラマ『逃亡医F』第10話(最終話)あらすじ/ネタバレ感想!八神妙子(桜庭ななみ)が屋上から転落した原因が明らかに!本当の黒幕は‥

出典:逃亡医F公式ページ

出典:逃亡医F公式ページ

藤木圭介(成田凌)たちは、八神妙子(桜庭ななみ)を連れて筋川(和田聰宏)のアパートにやって来ました。

長谷川(桐山照史)が持っていたデータと、妙子の話しから、佐々木(安田顕)の悪事の証拠を掴んだ圭介たち。

警察から追われる身となった佐々木は、海沿いにある建造物の上から飛び降り‥。

妙子が屋上から転落した原因は何だったのでしょう。

妙子の事件に関わっていた黒幕は?

最終回では、ある人物の裏の顔と、圭介たちのその後を知ることが出来ます!

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『逃亡医F』前回第9話のあらすじと振り返り

妙子(桜庭ななみ)を助けるために、藤木圭介(成田凌)たちはバイオネオの佐々木(安田顕)に会いに行きます。

脳を損傷した妙子を救うには、圭介たちが手に入れたDDSηと、佐々木が開発した新薬・ガイストが必要でした。

さらに、ガイストを無毒化するために必要なものが、自分の血液だと分かった圭介は‥。

一方、警察に自首した長谷川(桐山照史)は、幹(堺小春)に注射を打たれてしまいます。

自分の血液を輸血した妙子に、ガイストとDDSηを投与した圭介は、烏丸(前田敦子)と八神拓郎(松岡昌宏)たちのおかげで、妙子をバイオネオから助け出すことに成功するのでした。

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『逃亡医F』第10話(最終話)あらすじと感想

長谷川(桐山照史)が圭介(成田凌)に残したデータ

藤木圭介(成田凌)たちは、八神妙子(桜庭ななみ)を連れて筋川(和田聰宏)のアパートにやって来ました。

圭介と八神拓郎(松岡昌宏)は、妙子が目を覚ますのを待ち、筋川と沢井美香子(森七菜)は、長谷川(桐山照史)の妻・浩子に会いに行きました。

長谷川は、自分の身に何かあった時のために、妻と子供に手紙を書いていたのです。

その手紙には、妻と子供への想いと、佐々木(安田顕)の悪事を暴くための証拠の在処が書かれていました。

筋川は、長谷川が指示したぬいぐるみの中から、USBを取り出します。

亡くなった長谷川が残した証拠は、ガイストの違法な臨床試験を受けた被験者たちのデータでした。

ミルトモ 編集部

無事に子供が生まれ、妻・浩子も回復し、これから3人の生活が始まろうとしていた矢先に、長谷川は亡くなってしまいます。長谷川にはもう少し長生きして、子供との思い出を作って欲しかったです。一方、幹(堺小春)は、佐々木のために長谷川を手に掛けたようですが、逆にそれが、佐々木の首を絞める結果になってしまったようです。

八神妙子(桜庭ななみ)が屋上から転落した理由

圭介たちは、妙子が目を覚ましたことを喜んでいました。

妙子は、兄・拓郎の手料理を食べた後、自分の身に起こったことを話し始めます。

妙子が屋上から転落したのは、自分をつけ回す男に自白剤を注射され、もうろう状態になったせいでした。

ミルトモ 編集部

妙子に自白剤を注射したのは、烏丸と懇意にしているホストでした。まさか、ホストに命令したのは烏丸?思っていた展開とはかなり違いました。

警察から追われる佐々木(安田顕)と、それぞれの決断

佐々木から、ガイストとDDSηと圭介の血液サンプルを託された幹。

しかし、幹は警察に捕まり、佐々木は殺人犯として指名手配されます。

佐々木は、人目を避け、盗みを働きながら逃げ回っていました。

一方、ガイスト、DDSη、圭介の血液サンプルを手にした烏丸は、ある人物に電話をかけ‥。

圭介は警察に出頭することを決め、美香子は元の生活に戻ることにしました。

そんな時、圭介の携帯に非通知の電話が掛かって来るのでした。

ミルトモ 編集部

幹のアクションシーンが凄かったです。一人になった佐々木が、人目を忍んで逃げることは出来ないと思っていました。しかし、佐々木は意外に世渡り上手でした。幹は任務を全うすることができず、後を引き継いだのが烏丸です。烏丸は一体何をしようとしているのでしょう。

佐々木(安田顕)に呼び出される圭介(成田凌)

佐々木に呼び出され、拓郎と一緒に佐々木に会いに行く圭介。

佐々木は、海沿いにある建造物の上でインスタントラーメンを食べています。

拓郎は佐々木に自首を勧めますが、佐々木はそれには従わず、圭介に協力を求めました。

佐々木は、ガイストとDDSηの組み合わせで、多くの人を助けることが出来ると力説します。

しかし、圭介は佐々木の話に乗る気はありませんでした。

「私も君も、救いたがりの卑しい人間なのかもしれないな」

圭介の協力を得られなかった佐々木は、その場から飛び降りて大怪我を負うのでした。

ミルトモ 編集部

他人の人生を左右することに深く関わりたいという思いを、卑しい考えと表現した圭介。圭介の考え方が印象に残りました。

烏丸(前田敦子)の裏の顔

帝都医科大学のオペ室で、佐々木の手術をする圭介。

オペ室の前には、にらみ合っている拓郎と警察官たちがいます。

そこに、亡くなったはずの妙子が現れました。

佐々木の手術を終えた圭介は、自分の容疑を晴らすために警察に出頭します。

その頃、烏丸は、妙子を襲ったホストに荷物を運ばせ、そのホストに注射を打ちました。

その後、烏丸は大きな荷物を運び‥。

ミルトモ 編集部

烏丸が運んでいる荷物には何が入っているのでしょう。まさか、注射を打たれたホスト?もしかすると、烏丸は、ガイストやDDSηに関わっている全ての人達を騙していたのかもしれません。

半年後‥

半年後、警察を辞めた筋川は、拓郎と一緒に海外での災害ボランティアに行くことになりました。

拓郎は自分が海外に旅立つ前に、自分の元気な姿を写真に撮ってもらいます。

そんな拓郎の手首には、圭介の猫の腕時計(拓郎が妙子にプレゼントした腕時計)が、圭介の手首には、拓郎の腕時計(圭介が妙子にプレゼントした腕時計)がありました。

一方、烏丸は、ガイストとDDSηのデータと、圭介の血液サンプルを、海外の会社に高額な値段で売りさばいたようです。

圭介と妙子は、ガイストの副作用で記憶障害が起こっていました。

その記憶障害は、楽しい記憶だけが思い出せないというものです。

そんな圭介と妙子を見守る美香子には、2人目の後輩が出来るのでした。

ミルトモ 編集部

はじめの頃、筋川は自分の家に押しかけて来た拓郎を嫌がっていました。しかし、今はそうでもないようです。筋川が海外に行くことにしたのも、拓郎の影響が大きいのかもしれませんね。一方、圭介と妙子は、ガイストの副作用があっても、幸せそうに見えました。

ドラマ『逃亡医F』第10話(最終話)まとめ

全員が幸せになれる展開ではありませんでしたが、圭介と妙子の幸せそうな顔を見られたことが良かったです。

烏丸は要領よく立ち回ることで、利益を得ることが出来ました。

しかし、烏丸のために働いていたホストはどうなってしまったのでしょう。

妙子が屋上から転落したのも、本を正せば烏丸のせいです。

最後まで、烏丸の本意が分かりませんでした。

一方、圭介の血液を使っても、ガイストの副作用を完全に打ち消すことは出来なかったようです。

楽しい記憶だけが思い出せなくなった圭介と妙子が、これからの生活に支障が出ないのかが気になりました!

\\『逃亡医F』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る