『イヴの時間 劇場版』あらすじ・ネタバレ感想!人間とアンドロイドの交流を描くSFアニメ映画の名作を考察!

『イヴの時間 劇場版』あらすじ・ネタバレ感想!人間とアンドロイドの交流を描くSFアニメ映画の名作を考察!

出典:dアニメストア

人型ロボット、いわゆるアンドロイドと人間の交流を描いたSFアニメ映画『イヴの時間 劇場版』。

インターネット上で公開されていたアニメシリーズ『イヴの時間 ファースト・シーズン』を再編集、さらに新しいシーンを加えて映画化した作品です。

2010年の公開から今なお愛されているSFアニメの名作です。

ポイント
  • ハートフルなSFアニメ作品
  • 長年愛されているストーリー
  • 考えさせられる設定と展開

今回はそんなアニメ映画『イヴの時間 劇場版』をネタバレありでご紹介します。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『イヴの時間 劇場版』作品情報

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

作品名 イヴの時間 劇場版
公開日 2010年3月6日
上映時間 106分
監督 吉浦康裕
脚本 吉浦康裕
出演者 福山潤
野島健児
田中理恵
佐藤利奈
ゆかな
中尾みち雄
伊藤美紀
沢城みゆき
清川元夢
杉田智和
山口由里子
水谷優子
音楽 岡田徹

【ネタバレ】『イヴの時間 劇場版』あらすじ・感想


アンドロイドのいる生活

未来、たぶん日本。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

ロボットが実用化されて久しく、アンドロイドが実用化されて間もない時代。

高校生のリクオ(福山潤)の家には、家事用のアンドロイド・サミィ(田中理恵)がいます。

人間との見分けがつかないほど精巧に作られているアンドロイドは、頭上にリングと呼ばれるホログラムを投影することで人間との区別をつけていました。

ある日、リクオはサミィのログの中に命令した覚えのない行動があることに気づきます。

そこには、「Are you enjoying the time of EVE ?」という文言が残されており、不審に思ったリクオは友人のマサキ(野島健児)と共に、サミィが寄り道した場所へ行ってみることにしました。

人通りの少ない路地裏の雑居ビルの片隅に、その場所はありました。

扉のそばには“イヴの時間”という店名が書かれています。

店内に入ると、大きな看板にルールが掲げられていました。

“当店内では、人間とロボットの区別をしません”

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

不思議に思いながらも店員のナギ(佐藤利奈)に促されて席につくと、ここが喫茶店のようだとやっと気づきます。

しかし、店内にいるアンドロイドは店に入るなり頭上のリングを消していました。

アンドロイドは意図的にリングをつけたり消したりすることができますが、法的に消してはいけないことになっています。

つまり、明らかに法律を違反していて、ロボット法に詳しいマサキによると、店のルール自体グレーゾーンだそうです。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

2人は困惑しながらも、イヴレンドという店の看板商品を飲みながら様子を見ることにしました。

店の常連だという少女・アキコ(ゆかな)は、アンドロイドが何を考えているか知りたいから、この店に通っているといいます。

後日、リクオは学校で雨の日に傘を持って主を迎えに来るアンドロイドたちを眺めていました。

無表情なアンドロイドたちは家電であり、物体です。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

物体であるが故に感情があるなんて考えたこともないし、実際にぶっきらぼうに扱う人もいます。

しかし、物を大切にするという気持ちは理解できる…。

リクオとマサキがそんな話をしていると、少女型のアンドロイドが通り過ぎます。

2人はその姿を見て驚きました。

その少女型アンドロイドは、イヴの時間で出会ったアキコだったのです。

リクオは迎えに来たサミィと共に家に帰りました。

サミィが淹れたコーヒーを一口飲むと、リクオは驚愕します。

イヴの時間で飲んだイヴレンドと全く同じ味だったからです。

思わずサミィを怒鳴りつけたリクオは気づいてしまいます。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

アンドロイドにも感情があって、主や家族が何を考えているか知りたいと思っていることを。

それはまるで、人間の感情と同じだということを。

“ロボット三原則”

“ロボット三原則”には、ロボットが嘘をついてはいけない、という項目はないとマサキは指摘します。

リクオとマサキは再びイヴの時間へ行ってみることにしました。

何人かの常連と思われる客たちは表情豊かで感情表現も様々、それぞれの過ごし方を楽しんでいます。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

誰が人間で誰がアンドロイドなのか、見分けることは到底できません。

さらに、店の扉は誰かが帰るとしばらく開かなくなるように作られていて、他の客のあとを追うことができない仕組みになっていました。

リクオは客の1人である小さな少女・チエ(沢城みゆき)にメガネを隠され、やっとの思いで返してもらうと、目の前にいる客を見て驚きます。

そこにいたのはサミィでした。

リクオに見つかったサミィは逃げ帰ってしまいます。

追いかけようにも扉は開かず、ナギに怒られてしまう始末。

リクオはナギからサミィが悩んでいると聞かされます。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

家へ帰ったリクオはサミィにコーヒーを淹れてもらい、最近のコーヒーは美味しいと伝えます。

しかし、サミィは特に反応を示さず、いつもと変わらない様子でした。

リクオとマサキはまた、イヴの時間に向かいます。

常連のカップルと話をすることになった2人ですが、このカップルがアンドロイド同士だと気づきます。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

お互いにアンドロイドだと知らないまま、人間と同じように恋愛をしていたのです。

リクオはアンドロイドたちにもそれぞれ悩みがあることを知ります。

人の夢とアンドロイド

イヴの時間の常連客となりつつあるリクオたちは、ナギが席を外している間に珍しい出来事に巻き込まれることになります。

店に旧式アンドロイドがやって来たのです。

旧式は人間と区別できないような精巧なものではなく、絵に描いたようなロボットの姿をしています。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

故障しているようで、カタカタと音を立てながら揺れていました。

旧式アンドロイドから何とか情報を聞き出すと、どうやら不法投棄されたようでした。

新型を買うことで旧型のロボットが不法投棄されることは、社会問題にもなっている深刻な出来事です。

このことがきっかけとなり、アンドロイドに対して否定的なマサキと肯定的なナギは口論になります。

一方リクオは人間とアンドロイドの関係について悩むようになりました。

少し前までピアニストを目指していましたが、コンクールでロボットのピアニストに負けたことからピアノを辞め、それが心のどこかで引っかかっていたのです。

1人でイヴの時間に行き、うたた寝をしていたリクオは、ピアノの音で目を覚まします。

ピアノを弾いていたのはサミィ。

リクオのピアノを真似て弾いたというサミィの演奏は不格好でしたが、リクオの心を晴らすには十分でした。

久しぶりにリクオがピアノを弾くと、店内からサミィの姿は消えていました。

心を通わせるということ

マサキの家には旧型の家事用ロボットがいます。

テックス(斎賀みつき)という名前のそのロボットはいつしか感情が芽生え、マサキとは親友のような関係でした。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

ロボットの排斥を推進する倫理委員会に所属しているマサキの父親(野島昭生)は、感情があるロボットを危惧し、テックスに話すなと命令します。

マサキはそれ以来テックスと話しておらず、どこかで裏切られたと感じていました。

そのため、アンドロイドと人間が交流することに疑問を抱いたマサキは、イヴの時間に行かなくなってしまいます。

ナギは来てくれるお客さんの心のおかげでイヴの時間が成り立っているといいます。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

つまり、マサキが倫理委員会に通報して営業ができなくなったら、それもまた仕方のないことだというのです。

リクオが学校でマサキに声をかけると、ロボットに裏切られてつらい思いをするくらいなら、あんな店はないほうがいいと怒ります。

苛立ちながら帰宅したマサキは、父親からテックスがいなくなったと聞かされました。

さらに、処分も考えているという旨を伝えられます。

その時、リクオから電話がかかってきて助けてほしいといわれたマサキは、テックスがそこにいると気づき、イヴの時間へ向かいました。

店には思った通りテックスがいて、今すぐ店を閉鎖しろと警報を鳴らしています。

マサキはテックスとの関係を暴露し、激しく当たりました。

すると、店に新たな客が訪れ、テックスは慌てて動きながら言葉を放ちます。

その客は倫理委員会のアンドロイドで、店を閉鎖に追い込もうとやって来たのです。

マサキを守るために話すなという命令を破ったテックスは、アンドロイドを追い返すことに成功します。

しかし、マサキはアンドロイドを捕まえ、言葉を放つようになったテックスに何故裏切ったのかを問いました。

テックスは命令を破ると処分されてしまうことがわかっていたので、話さずともマサキの元にいるために父親に従っていたと語ります。

アンドロイドが帰っていくと、テックスは再び口を閉ざしました。

そんなテックスをマサキは泣きながら抱えて帰るのでした。

人工知能が発達したことで、アンドロイドはそれぞれ感情を持ち、それぞれ思考を巡らせるようになっています。

イヴの時間は、そんなアンドロイドと人間が交流できる場所であり、いつもは無表情なアンドロイドたちが安心して笑って過ごせる、温かい店なのだとリクオたちは知ったのでした。

【ネタバレ】『イヴの時間 劇場版』感想・考察

アンドロイドと人間の境界線とは?

頭上のリングがなければ、人間と見分けがつかない存在。

感情や思考を持ち、アンドロイド同士でも見抜けないほど人間らしくなっているアンドロイドたち。

uraraurara

それはもうアンドロイドではないんじゃないか?と思わされ、少し恐ろしくなったりもします。

そこまで同じように感情を持っていて心を通わせることまでできるのに、アンドロイドたちには当たり前に人権がなく、いつしか不法投棄をされてしまうかもしれません。

でも、不法投棄されたアンドロイドがリングを消して、1人歩きし始めたら?

人間のフリをして生活し始めたら?

uraraurara

共存どころか、世界を乗っ取られてしまうかもしれないですよね。

イヴの時間 劇場版』では、人間とアンドロイドの交流がハートフルに描かれています。

『イヴの時間 劇場版』

(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

こんな風にみんなが“心”を持って接することができるなら、それはとても幸せなことだと思います。

しかし、その頃にはきっと、アンドロイドと人間の境界線はあってないようなものになっているでしょう。

人工知能の進化に注目が集まる時代。

uraraurara

未来の世界が、イヴの時間の店内のように温かい場所であることを祈るばかりです。

『イヴの時間 劇場版』まとめ

いかがだったでしょうか。

アンドロイドと人間の交流を描いたアニメ映画『イヴの時間 劇場版』。

人工知能が何かと話題に上がる今、観ていただきたい作品の一つです。

“Are you enjoying the time of EVE ?”

要点まとめ
  • 心温まる交流を描いた作品
  • 現実にあり得る未来、そして問題点
  • 続編を待ち続けたい…!

▼動画の無料視聴はこちら▼