『悪のクロニクル』あらすじ・ネタバレ感想!パク・ソジュンほか豪華キャスト共演のサスペンス!

『悪のクロニクル』

出典:U-NEXT

2015年に公開されたクライムサスペンス映画、『悪のクロニクル』。

日本ではDVDスルーとなりましたが、出演者が豪華なことで再び注目を集めています。

ポイント

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では、ソン・ヒョンジュ主演の『悪のクロニクル』について、ネタバレありでご紹介してします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『悪のクロニクル』作品情報

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

作品名 悪のクロニクル
公開日 日本未公開
上映時間 102分
監督 ペク・ウナク
脚本 ペク・ウナク
出演者 ソン・ヒョンジュン
パク・ソジュン
マ・ドンソク
チェ・ダニエル
音楽 ファン・サンジュン

【ネタバレ】『悪のクロニクル』あらすじ


昇進間近の刑事が事件に巻き込まれる

マルコヤマモトマルコヤマモト

雨降る夜、1人の少年の「僕は殺人鬼の息子だった」という、モノローグから今作は始まります。

現代、名誉ある大統領賞を受賞した刑事課のチェ班長(ソン・ヒョンジュ)は、ついに昇進し本庁への栄転が決定。

自分の仕事に誇りを持ち、部下や妻子にも愛されるチェ班長の人生は、全てが順調でした。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

ある夜、オ刑事(マ・ドンソク)や後輩刑事のドジュン(パク・ソジュン)たちが昇進を祝って宴を開いてくれ、お祝いとしてネクタイピンをプレゼントされます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

わ!いいですね!いかにも順調そうな人生に、マブリーやパク・ソジュンなど部下にも恵まれすぎ!

後輩たちに見送られてタクシーに乗り込んだチェ班長はうたた寝してしまい、気づくと自分の家とは別の方向へ連れて行かれていました。

不審に思ってタクシーを停めると、運転手が襲いかかってきたのです!

運転手はチェ班長たちが金品をもらって犯人を釈放していることを知っていました。

その後、運転手の男と揉み合いになった末、男は自分の持っていたナイフが腹部に刺さり死んでしまったのです!

マルコヤマモトマルコヤマモト

慌てるチェ班長のもとに、タイミング悪く署長から電話が入ります。

署長から本庁の人間と話をつけておくと言われたチェ班長は、昇進が取り消されることを恐れ、指紋を拭き取り事件現場から立ち去ったのです。

しかし翌日、恐るべき事件が起こります。

チェ班長と揉み合いになって死んだタクシー運転手の死体が、警察署の前の工事現場に吊るされていたのです!

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

この死体の吊り下げ方がかなりインパクト大で、この先の展開を期待させてくれます。もちろんチェ班長の仕業ではありません。

チェ班長が選んだ道とは…

こんなことをされた警察署長は、犯人からの宣戦布告であるとして、徹底的に犯人を洗い出すように刑事たちに命令をし、大掛かりな捜査が始まります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

死んだタクシー運転手の身元は、チェンという前科持ちの男でした。

科捜研は男の死体から相手の皮膚が発見されたということで、DNA鑑定が始まります。

自分が殺した男が目の前にいることで、チェ班長はドキドキしながら事件現場で捜査を続けていました。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

この時のソン・ヒョンジュの「心ここにあらず」な顔がたまりません!見ているこちらまで緊張するほど。

現場に乗り捨てられたタクシーをドンジェが調べたところ、車の中から自分たちがチェ班長にプレゼントしたネクタイピンが発見されましたが、ドンジェはそのことをオ刑事に報告せずに持ち帰ったのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ドンジェはチェ班長が事件に関わっていることをこの時に気付きますが、尊敬している上司に限って…という気持ちが優先して証拠を持ち帰った気持ちもわかります。

次に刑事たちはタクシーの経路を追うために、監視カメラの動画を全て追うことにしました。

該当のタクシーがカメラに写っていることがわかり、チェ班長は慌てて自分がタクシーに乗った場所のカメラの番号を確認し、映像が収められたディスクをこっそりと抜き取ったのです。

しかし、その様子をドンジェに見られてしまいます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここではバッチリ目が合ってしまいましたが、ドンジェはすかさず目を逸らして見て見ぬふりをします。

動画の捜査を進めていると、やがてドンジェがタクシーのトランクから遺体を運び出す映像を見つけ、すぐさま男を探させます。

男はすぐに見つかりましたが、追跡劇の末にチェ班長は男を射殺。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

オ刑事はこれを正当防衛であったと嘘の証言をしました。

チェ班長は自分が何者かに嵌められ、事件には黒幕がいることに気付き始めます。

真犯人登場!?

マルコヤマモトマルコヤマモト

チェ班長が射殺したのはイという前科持ちの男でした。

警察はイを真犯人と断定する方向で話を進めていましたが、DNA鑑定の結果一致しないことがわかりました。

署長はこのことに怒り狂い自分の立場も危うくなることから、チェ班長にDNAが一致したことにしろと言って立ち去り、チェ班長は安堵します。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

私はここでチェ班長の犯行がバレたのかと思いました。それにしても警察の隠蔽や腐敗体質は韓国映画のお家芸といってもいいほど、よく題材にされるものです。

監視カメラのディスクが抜き取られていることが気になったドンジェは、1人で事件の捜査を続けていました。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

そこには、例のタクシーにチェ班長が乗車する姿が映っていたのです。

ドンジェは監視カメラの映像と車の中から見つかったネクタイピンを、思い切ってチェ班長に渡します。

チェが事件に関わっていることを悟ったドンジェは、あとはチェ班長自身で始末するように言いました。

犯人に仕立て上げたイという男性がメトポンという薬物を摂取していたことから、後々何かあってはいけないと、チェ班長は独自の調査を開始した結果、俳優のキム・ジンギュ(チェ・ダニエル)が同じメトポンで逮捕された経歴があることがわかります。

早速キム・ジンギュが居るバーに潜入したチェ班長は、彼が記したメモを発見します。

そこには「日時と場所」が記されており、オ刑事に調べさせると3人の刑事が殺害され迷宮入りした事件の日時と一致することがわかったのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

さらにそこには自分が襲われた日時も記載されていたため、チェ班長はキム・ジンギュが事件の黒幕であると睨みます。

調査を進めると、キム・ジンギュは食堂で12人を殺して逮捕されたキム・ボンスの息子であることもわかりました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ボンスは過去に働いている店で客から暴行を受け、その仕返しに客の飲み物に青酸カリを入れて殺した容疑で逮捕され、死刑になった人物です。

チェ班長は事件の末に死刑になった父親への復讐を果たすため、ジンギュが捜査にあたった刑事たちを襲っているのだと断定しました。

しかし驚くことに、キム・ジンギュが警察に自首してきたのです。

チェによる取り調べを望んだジンギュは、自分がチェが運転手を殺した際の動画を持っていることを打ち明けます。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

動画をウェブ上にアップされることに戸惑うチェに、ジンギュはさらに2時間以内に署長を殺せという条件を提示したのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

もちろん署長もボンス逮捕の際に関わった刑事の1人でした。

その頃、署長はオリンピック公演で開かれている会合に出席していました。

取り調べがチェから次長に変わったことで、どういうわけかキムは釈放されてしまったのです。

嫌な予感がしたチェは、ドンジェたちにジンギュの後を追わせ、自分もオリンピック公園へ向かいますが、もう少しのところで署長が乗った車が大爆発を起こしたのです…!

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、チェ班長による殺人現場の動画も公開されてしまいます。

『悪のクロニクル』の結末

マルコヤマモトマルコヤマモト

一方、気になることがあり1人調べていたオ刑事は、重大な事実を見つけて現場へ急行しました。
『悪のクロニクル』

出典:IMDB

チェとジンギュはジンギュのバーで向き合います。

すると、ジンギュは今までのことは全て演技であり、自分はキム・ジンギュではないと告白したのです。

その頃、オ刑事は現場に到着し、ドンジェと向き合っていました。

オ刑事は養子縁組で名前が変わったものの、ドンジェこそがキム・ジンギュ本人であると突き止めました。

事実を突き止めたオ刑事は、弟のように可愛がっていたドンジェに射殺されてしまいます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

今作イチの良心の持ち主だったオ刑事、本当に残念です…。

ジンギュはチェに対し、ドンジェがキム・ボンスの息子であることと、自分とドンジェが幼なじみであると話します。

そして、ジンギュとってドンジェは大切な人であるから、殺さないでほしいと…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

幼馴染以上の何かは作中で詳しく語られませんでしたが、ジンギュとドンジェにはそれ以上の関係があったことも考えられます。

ドンジェからチェに連絡が入り、チェの息子を預かったという連絡が入ります。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

息子の安全を願い現場に急行したチェは、銃を構えてドンジェと向き合います。

改めてドンジェから自分が食堂の12人を殺した真犯人であることが語られました。

少し知的障害がある父親が働く食堂では、客が毎日のように父親に暴行を加えていたのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

その様子に耐えられなくなったドンジェは、客の飲み物に青酸カリを混ぜて殺したのでした…。

あの時、自分が犯人だと訴えたにもかかわらず、父親を犯人に仕立て上げて死刑にした刑事たちが許せないドンジェは、自分が刑事になって復讐を果たすことを誓ったのです。

チェはドンジェに向けていた銃を空に向け、やり切れない気持ちとともに発砲しました。

ドンジェも自分が持っていた銃で頭を撃ち抜き、その後チェは捕らえらえれ、自分の息子の前で逮捕されることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

チェとドンジェの出会いの回想シーンが描かれ、物語は終わります。
『悪のクロニクル』

出典:IMDB

【ネタバレ】『悪のクロニクル』感想

見ごたえのあるサスペンスでパク・ソジュンの表情が最高!

悪のクロニクル』は、まさに年代記という意味に相応しい、時間をかけた復讐劇でした。

上映時間の割には内容もてんこ盛りで、吊るされる死体のインパクトから、シリアスになりすぎない物語、ラストに待ち受けるどんでん返しもイイ感じ!

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

ただ、オープニングの少年のモノローグがあるので、勘のイイ人は犯人を予想できちゃうかも。

パク・ソジュンがただの部下で終わるはずがない、という時点で何らかのフリであることは予想できます。

主演のソン・ヒョンジュはどこかで見たことがあると思ったら、『梨泰院クラス』でパク・ソジュンが演じたパク・セロイのお父さんでした!

ソン・ヒョンジュとの出会いが『梨泰院クラス』だった私にとっては、今作でのあまりの表情の違いにビックリしたほどです。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

最初、チェ班長の罪を隠し疲れ果てた表情に、同一人物と気づくまでに時間がかかりました。

しかし、あの「ヤバいことやっちゃったけど隠している」表情がリアルでたまらなかったです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

見ている自分もバレないかどうかヒヤヒヤしてしまいます。

そう考えるとパク・ソジュンとの共演もあり激アツな作品でした。

そして、パク・ソジュンのラストの表情が素晴らしく、さすが今1番評価されている若手俳優だけあるな、と思いました。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

また、まだムキムキじゃないマ・ドンソクも見れるレア作品でもあります!

今作の中では1番の良心であるオ刑事でしたが、役どころやビジュアル、最後1番信用していた相手に殺されてしまうというキャラ設定は『生き残るための3つの取引』とも被るものがありました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみに犯人にされてしまったボンス役の人は『生きるための3つの取引』でもでっち上げの犯人役になっていた…。あるのか、でっち上げの犯人役専属役者みたいのが…というのが個人的なツッコミどころ。

しかしながら、映画は役者が支えているということを改めて感じます。

登場人物があまり多くないことも見やすさのポイント。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ただ、悪いことをしたらできるだけ早めに告白した方がいいですよね…!

『悪のクロニクル』は、さっくりと見れる割には見ごたえもある良質のサスペンス映画でした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

キャストも今が旬の俳優ばかり出演しているので、韓ドラから映画にハマった人にもおすすめです!

SNSでのみんなの感想・評判

意外と見始めてから『梨泰院クラス』の父子が共演していることに気付いた人が多いようです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

別の作品で以前共演していたことがわかると、なんだか感慨深いですよね〜!わかります。
『悪のクロニクル』

出典:IMDB

特に『悪のクロニクル』ではドンジェとチェ課長の出会いの回想シーンが描かれているので、ラストシーンまで目を離さないでくださいね!

また、「マ・ドンソク殺さないで欲しかった!」「マ・ドンソク」は死ぬような人じゃない!というマブリー殺さないで願望を訴える感想も多かったです。

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

これも非常によくわかります!!普通に考えたらマ・ドンソクがパク・ソジュンに負けるわけないんですよ…。

どんな弾丸だってマブの身体は、筋肉は、撃ち抜けないんだよ…と思いましたが、今作のマ・ドンソクはそんなにムキムキじゃなかったです…。

『悪のクロニクル』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『悪のクロニクル』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

豪華キャストが共演した『悪のクロニクル』について、ご紹介しました。
要点まとめ

イヤなことって隠せば隠すほどに、悪い方向に向かっていっちゃうものですよね…。

事件当時チェ班長がもし正直に話していたら…!?

マルコヤマモトマルコヤマモト

それこそ説明次第では正当防衛になったのでは?と考えてしまいました。

後回しにするとその分罪も重くなりますしね。

マルコヤマモトマルコヤマモト

自分にもそういう経験があるから、よくわかります。

しかしながら、伏線もきっちり回収してくれたという意味ではなかなかスッキリする作品でした!

▼動画の無料視聴はこちら▼