ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』第9話 ググるよりくぐる!地下40mのモグラ駅・筒石駅にて…鉄ヲタ(玉城ティナ)が恐怖に駆られて猛ダッシュ!?

出典:鉄ヲタ道子、2万キロ公式ページ

出典:鉄ヲタ道子、2万キロ公式ページ

“百聞は一見に如かず”…鉄旅はその最たるものかもしれません。

第9話には、いつかリアルで見たいと心が欲する駅が登場します。

それは新潟県糸魚川市を走るえちごトキめき鉄道・日本海ひすいラインの筒石駅。

“トンネルの中にある世にも珍しい駅”で、ドキドキ&ゾクゾクがとまらない!

異世界感、冒険感、コケ感、廃墟感にホラー感…いろんな感覚が一挙に味わえます。

いつもとはひと味違うRPGっぽい鉄旅がはじまります。

\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』前回第8話のあらすじと振り返り

甲斐(栗原類)は憧れの鉄道ライターYUIに出会うべく、鹿児島県の西大山駅へ。

辿り着いて初めて知った…

JR最南端の駅として観光地化された駅は人で賑わいすぎている!

甲斐は絶妙に人気のない駅に現れがちなYUIはここへこないかもと肩を落とします。

気を取り直して開聞岳を撮っていると…

災難から逃れるために最南端へ来た大兼久道子(玉城ティナ)と偶然遭遇!

ここであったのも縁と、2人はレンタサイクルで観光にでかけることに。

甲斐のエスコートで“ホクホクのさつまいもを食すための極上ルート”を2人は堪能します。

甲斐のおかげで災難からデトックスできた道子。

旅の締めは砂風呂。自分までホクホクになったのでした。

sat0330

未だ、道子=YUIとは知らない甲斐。
甲斐に正体バレする日はやって来るのか…今後の展開が気になるところ!
行ってみないと分からない“旅の面白さ”が描かれた第8話。
現地での体験が旅の醍醐味!
第9話は、スリル満点の駅中探検が待っています。
\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』第9話あらすじと感想

えちごトキめき鉄道の日本海ひすいライン…地元民に愛される筒石駅の歴史。

「私のいつもとはひと味違う冒険が始まる…」

新潟での出張を終えた大兼久道子(玉城ティナ)。

帰りは、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインに乗ります。

能生駅に降りると、道子は珍しくタクシーに乗り込みます。

降りたのは、頸城トンネルまで800m地点の看板のところ。

日本海沿いのその道は“元線路”で、今はサイクリングロードになっています。

「ここにあった筒石駅はなくなってしまった…」

感慨深い様子で道子はカメラを構えます。

sat0330

えちごトキめき鉄道がまだ北陸本線と呼ばれていた頃、列車は日本海側沿いを走行。
しかし、地滑り事故が続いたことにより一部路線を山へ移しました。
「だが、筒石駅はまだ生きている…山奥に場所を変えて。」

山道を歩く道子の前にプレハブの駅舎が見えてきます。

筒石駅が廃駅になりかけたとき、地元の人々が猛反対。

住民たちの強い思いが叶って山奥に駅が移されました。

sat0330

駅が次々となくなってしまっている昨今。
地元に愛され残る駅…素晴らしいです。

モグラ駅で無人駅…地下40mの筒石駅へ。鉄ヲタ(玉城ティナ)の冒険!

筒石駅の中には、小学生が作成した“おもしろいそべガイドブック”が置いてあります。

それを読んだ道子は、この駅に対する地元の人々の愛情を感じます。

sat0330

トキ鉄のフリーきっぷポスターがチラ見え。
観光急行なるものが走っているらしい!
ここは無人駅。道子は運賃箱に入場料金を入れて入ります。

プレハブ駅舎を進むと暗いトンネルの中へ。

思わず「ここ、どこだよ…」と呟きます。

地下水が滴り落ちる音とカメラのシャッター音、靴音が反響するトンネル内。

道子は時折「あ~」と声を出して遊びながら1人歩を進めます。

sat0330

この冒険感ある駅を上から探検してみたかったという道子。
地下40mに位置するモグラ駅。ホームまでの階段は300段もあるらしい。
トンネルの壁面には蛍光灯に照らされる苔のアーチが!

蛍光灯の光が届く場所だけに息づく苔の存在が、少し異様な空間を作り出しています。

sat0330

ちょっと不気味なコケ感。

すこし怖い!バイオハザード味がすごい待合室から、真っ暗なホームへ。

出典:鉄ヲタ道子、2万キロ公式ページ

出典:鉄ヲタ道子、2万キロ公式ページ

「RPGに出てきそう…」

ようやく辿り着いた待合室、今度は廃墟感が漂います。

sat0330

特急が通過するときの風圧除けに作られたほの暗い待合室。
テーブルの上にはさりげなく「スーツの鉄道青春夜行」という本が…
鉄道系YouTuberスーツさんの本がドラマにでたと話題に!

待合室の扉から、真っ暗なホームへ。

風に迎えられながら、ここまでは平気だった道子も「ちょっと怖い」と思いはじめます。

ほどなく列車がくる時の警笛が鳴り、直江津行きがホームにやってきます。

sat0330

ホラー感煽ってくる映像にちょっとゾクッ!
誰も降りずに行ってしまう列車。

見送って道子が歩き出すと、誰もいないはずの向かいのホームに人影を感じます。

「…えっ」動揺を隠しきれない道子。

1日約16人が使う地元民に愛されている筒石駅で、怖いことなんかあるはずがない!

恐怖心を必死に奮い払い、バイオハザード味のすごい待合室のベンチに座ります。

こんな時に限って非常通報システムボタンが目に留まります。

「こんな地下で押していつ誰が助けに来られるんだ?」

sat0330

つい、ツッコミを入れてしまう道子w
すると、どこからともなく人のボソボソと喋る声と足音が聞こえてきて…

次第にその音が近づいてきます。

闇から謎の男(大野大輔)出現!危機感を感じた道子(玉城ティナ)が駆け足で脱出!

「待合室にもコケ感…水音もいい、寒くもない…セコム。」

携帯電話に向かってボソッと呟きながら歩く謎の男(大野大輔)が現れ、道子は目を合わせないようにします。

sat0330

映画監督の大野大輔さんが、不気味な鉄ヲタ(謎の男)を熱演!
おもしろい配役w
「…セコムありますね?」

怪しい男がおもむろに道子に話しかけてきたではありませんか!

顔を強張られながら、辛うじて返事をした道子。

男がホームへ向かった瞬間に、駆け足で待合室を脱出します!

息を切らしての猛ダッシュ。

「こんなドキドキしたの久々…ダンジョン帰りだからか、行きより壮大に見える!」

道子は無事に外へ生還!

目前に広がる日本海にホッとして“ものすごい終着点感”を感じます。

「でも、海の向こうにはまた別の大陸があって国がある。私の知らない世界が無限に広がっている…なんてね。」

sat0330

ピンチを脱したときの安堵感。
ホッとしたときってスケールの大きなことを考えちゃいます。

“鱈めし”で至福の時間を…町をくぐって出会えたもの!

道子は筒石漁港に辿り着きます。

遠い海を旅してきた味のある物たちに囲まれながら、直江津駅まで行って買ってきた“鱈めし”を頬張ります。

思わず「お酒飲みたい…」と漏らすほど絶品のおかずたち!

日本海を見ながら、おいしい時間を過ごします。

sat0330

2012年の駅弁・味の陣で駅弁大将軍に選ばれた絶品駅弁。
棒だらの甘露煮、焼きたらの子など鱈づくしの駅弁は日本唯一!

漁港周辺の町並みを歩きながら、写真に収めていきます。

道子は撮りながら思います。

「町もトンネルだ。くぐるたび、世界が変わる。」

漁村の町並み。道子は小さな路地を巡っては熱心にファインダーを覗きます。

sat0330

道子が町の風景をきりとるたびに、写真の中に生きる時間に感動します。
この景色は不変ではない…そう言われている気がしました。

ググるだけじゃ見つからない。くぐるからこそ、出会える景色がある!

筒石川の横にある応満寺に寄った後、歩き続けた道子は絶景に出会います。

「何ここ…見つけてしまった!」

落差工から流れる川の水の美しさに感動します。

sat0330

まさにググっても見つけられない。
小さな鳥居の前に置かれたベンチに腰掛けた道子。

川のせせらぎを聞きながら、きょう撮った写真たちを見返します。

大きなカエルの置物やコカコーラのコップ、青々と育ったキャベツなど…

この町の人々の“生きる”を感じさせる物たちの写真ばかり。

「本日の冒険でゲットしたアイテムの数々。町を、トンネルを、くぐったから出会えた私の宝物だ!」

道子はYUIとして「ググるだけじゃ見つからない。くぐるからこそ、出会える景色がある。」と言葉を残します。

sat0330

そこに辿り着いた者のみが見られる尊い景色。

ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』の次回に期待するもの

名もなき景色にハッとさせられるときがあります。

名所とはひと味違う、感動と発見…探してみたくなりました。

第10話は、肥薩おれんじ鉄道・薩摩高城駅へ。

ちょっとだけ第8話に登場した、誤発注頻発女子・荒木ひかり(髙石あかり)との2人旅!

たしか、道子は職場でも鉄ヲタを隠していたはず…

職場の後輩との鉄旅、なにかが起きちゃう予感がします。

\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る