ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』第1話あらすじ/ネタバレ感想!鉄ヲタ美女(玉城ティナ)が、全ての鉄ヲタ憧れの宿・比羅夫駅へ!

出典:鉄ヲタ道子、2万キロ公式Twitter

「ここ、どこだよ…」って楽しそうに呟くのが、彼女(玉城ティナ)の旅のはじまり。

第1話は、鉄ヲタの道子が日本で1駅しかない宿泊可能駅へ。

北海道虻田郡倶知安町にある“比羅夫駅”が舞台。

老舗の駅弁“かにめし”やキュートでド迫力な熊“ごん太”など、グルメに名所に珍百景ありw

知ればきっと訪れたくなること間違いなし!

未知の場所には、素敵な出会いや発見が…秘境のローカル駅には、心の秘宝があるかも。

最強の“ここどこ感”を味わえる旅情ドラマ、スタートです!

\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』の見どころ

有名家具メーカーで企画営業としてバリバリ働く28歳・大兼久道子(玉城ティナ)。

実は道子には、周囲にひた隠しにしてきた愛してやまない趣味があります…

それは、鉄道ファン歴10年の“ベテラン鉄道ヲタク”ってこと!

彼女は、“YUI”という名で雑誌「旅と鉄道」へ写真を載せれちゃうほどに生粋の鉄ヲタなのです。

sat0330

「YUIの気ままなひとり旅」というのが彼女の記事。
休日は仕事も忘れ、カメラをお供に1人旅。

今日も車窓を眺め、しみじみと感慨にふけりながら新たな駅へ!

道子は行く先々で、出会って、食べて、撮って…精気を養う。

観れば、テストステロン(元気の源)が溢れてオキシトシン(愛情ホルモン)にまみれる…志玉の旅ドラマです!

sat0330

meiyoの「チャイニーズブルー」の歌詞がピッタリ!
毎話、道子チョイスの渋くておしゃれなローカル駅が登場。
人生で一度は訪れてみたい駅が、きっと見つかるはず!
\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』第1話あらすじと感想


鉄ヲタ道子(玉城ティナ)は生まれたばかりのDECMOに乗って…

「エンジンの鼓動を聞いていると…列車だって私たちと同じ“生き物”であることがわかる」

DECMOからの心地いい振動を全身に感じながら、道子(玉城ティナ)は思います。

いま、道子は北海道で函館本線の倶知安行きに乗車中。

「列車は、何年も何十年もこうして多くの人を運んできたのだろう…」

開業1880年で北海道初の鉄道である函館本線。

道子は古に思いを馳せながら、車窓から見える白銀の景色をカメラに収めます。

sat0330

函館本線は函館から札幌を経由して旭川まで続く、全長423.1㎞の長距離路線。
道子が列車に乗ると必ずすること…それは“列車の生まれ年”確認!

この列車は生まれたての新型車両、2019年製のH100形でした。

北海道の草原をイメージしたという濃いグリーンの座席は、癒しの配色。

sat0330

H100形の愛称はDECMO。
新しさ・北海道らしさを表現したデザインがなされている車両。
北海道っぽさを列車から感じられます。
温故知新の心意気を感じるこの列車に乗って、道子は日本で唯一無二の駅に向かおうとしています。

sat0330

列車旅の良さを存分に味わえる冒頭2分は、見ごたえ抜群!

“北海道の富士山”が見えてきたら…ここどこ感半端ない、比羅夫駅へ到着!

「次は比羅夫」というアナウンスが車両に響くと、羊蹄山が見えてきます。

日本百名山にも名を連ね、“北海道の富士山”や“蝦夷富士”ともいわれる羊蹄山。

sat0330

威厳ある姿にうっとり!
比羅夫駅に降り立ち、背伸びをして深く息を吸い込んだ道子は「ここ、どこだよ…」と嬉しげに呟きます。

道子が大事にしている“ここどこ感”。

この比羅夫駅は、道子がこれまで訪れた駅のなかでもぶっちぎりの“ここどこ感”漂う駅。

sat0330

道子の呟き。なんだかわくわくさせられます!
飛鳥時代にこの地を軍領とした阿部比羅夫に由来した駅名。

「先輩、年季入ってますね!」

駅名看板に語りかけながら、道子がシャッターを切ります。

sat0330

そろそろ、お腹が空いてきた頃…おいしい駅弁が登場します!

なんたる香ばしさ…道子唸る!本日の極上駅弁“かなやのかにめし”!

きしむ扉を力いっぱい開けて駅舎の中へ。

「あったかい…北国の場合、ホームと駅舎の寒暖差がたまらない!」

すぐに、駅に展示販売している丸太の椅子に歩み寄る道子。

3つ以上で10%オフ…職業柄、家具に目がないのですが運搬方法が見いだせず断念。

sat0330

道子の家具メーカー勤務のプロ意識をここで見た!

ベンチに座り、昼食タイム。

長万部駅で買ってきた駅弁、かなやのかにめし1180円(税込)。

昭和25年発売で創業以来受け継がれてきた伝統の製法で作られ、長年愛されている駅弁。

「なんたる香ばしさ!」

1口ずつ丁寧に口に運びながら、道子はかに飯のうまさに感動します。

そして道子のイチオシが、添えてあるつくだ煮。唐辛子&蜂蜜のピリ辛ハーモニーが絶品!

暖かな駅舎で極上の時が過ぎていきます。

sat0330

穏やかな時の流れ…ゆっくり堪能メシ、癒されます。

鉄ヲタ道子(玉城ティナ)と鉄ヲタ甲斐(栗原類)の初遭遇!

お腹が満たされた道子は、森のくまさんを歌いながらご機嫌で散歩へ。

駅舎が見渡せる場所で、三脚を立てて撮影する青年・甲斐(栗原類)を見かけます。

道子は甲斐のカメラポジションの良さに感心します。

彼は夢中でレンズを覗いては、走るDECMOを連写。

ふと、声に出したくなった道子はDECMOの正式名称を英語でスラスラと唱えます。

それに気づいた甲斐が不思議そうに見ていますが、道子はそれに気づかずにその場を後にします。

sat0330

お互いの存在をはじめて意識したシーン。
ちょっと人見知り気味の甲斐は、道子と同じ宿に泊まる客でした。

2人は宿で再会します。

仕事を辞めたという甲斐は現在フリーター。

鉄道好きの彼は撮った写真を「旅と鉄道」という雑誌に送って小銭を稼いでいるとのこと。

「たまにしか載らなくて…」

sat0330

道子は甲斐の発言にハッとしますが、自らも「旅と鉄道」に関わりがあることは語らず。
道子と甲斐の関係がこの先どうなるのか…楽しみ!

ホーム丸見えの絶景宿!日本で唯一、宿泊できる駅の宿・民宿ひらふ

「宿からホーム丸見えっていい!」興奮気味で宿帳記入をする道子。

最高の褒め言葉に、民宿のご主人(明逸人)は嬉しそうにします。

【民宿ご主人ストーリー】
彼は大学時代の貧乏旅行中、この比羅夫駅に来て先代の管理人さんと仲良くなったらしい。
何年もサラリーマン生活をして会社を辞め、この宿を思い出したのだそうです。
「ぜひ、継がせてほしい!」と飛び込んだというからすごい話。

「全鉄ヲタ憧れの宿を、こうして守ってくださってありがとうございます…」

道子は心の中で感謝します。

sat0330

このセリフには、このドラマを作る人の“鉄道愛”が込められている気がします。
道子の相部屋は、鹿児島から1人旅で来たという関口由美子(青坂章子)という女性。

眩い星空と凍るような寒さ、関口さんにとっていままで味わったことのない初体験づくしの旅。

「楽しい!夫がみてたら、悔しくなって戻ってきたいと思うかも…」

去年旦那さんを亡くしたという彼女は、亡き夫を偲びながら微笑みます。

sat0330

旦那さんを思いながら旅する気持ちに胸が熱くなりました。
旅にはそれぞれの“目的と思い”がある…

道子(玉城ティナ)、熊に出会う!自分でも思いがけない自分に出会える旅!

「探検したら、大きな口の怖い熊さんに遭っちゃった!」と笑う関口さん。

なぜか怖い熊と遭遇したはずなのに…言葉とは裏腹に楽しそうなんです。

道子が興味深々で問うも、「詳細は秘密!」とはぐらかされます。

sat0330

この後熊に遭遇!道子ピンチか…!?
探検に出た道子、とうとう関口さんの言っていた大口を開けた怖い熊に出会います。

名前は“ごん太”。正体は…開拓記念碑、60cmもある熊のモニュメント!

ごん太の口から勢いよく水が吹き出しています。

関口さんの言っていた熊さんの正体を知って、「ハハッ」と道子は思わず笑顔になります。

sat0330

珍百景認定w
旅の終わり、黒羽編集長(六角精児)へ道子が“YUI”として旅の写真を送信します。

「いいねが欲しくて旅をする人もいれば、愛する人と駆け落ちするための人もいる。

旅先で安住の地を見つけてしまう人だっている。

理由は違うけれど、どんな旅でも共通していること。

それは…自分でも思いがけない自分に出会えることだ!」

鉄ヲタ道子の希望に満ちた心の声が聞こえました。

ドラマ『鉄ヲタ道子、2万キロ』の次回に期待するもの

玉城ティナさんの透明感に終始魅了されました…旅ファッションコーデにも注目!

旅したいなって思わせてくれて、ひと旅した気分にもさせてくれる。

この先、どんな“思いがけないこと”に出会っていくのかワクワクします。

第2話は、男鹿高原駅へ…“彼氏にしたい鉄道”って一体!?

\\『鉄ヲタ道子、2万キロ』を見るならここ!!//

Paraviで見る