『サバイバー:60日間の大統領』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!チ・ジニ主演!息もつかせぬ政治ドラマ!

『サバイバー:60日間の大統領』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!チ・ジニ主演!息もつかせぬ政治ドラマ!

出典:IMDB

研究・計算・分析一筋、いや、命だった元大学教授のパク・ムジン。

元教授でいい人で現実主義者からのいきなり大統領代行にされた男を演じたのは、『宮廷女官 チャングムの誓い』『トンイ』など数々のドラマで日本でも大人気の演技派俳優チ・ジニ

ムジンは60日間無事に大統領代行を務めあげられるのか!?また、爆破テロの犯人は!?

ハラハラドキドキが止まらない『サバイバー:60日間の大統領』をレビューします。

『サバイバー:60日間の大統領』キャスト

チ・ジニ / 役:パク・ムジン大統領代行

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

  • 韓国科学技術院科学科の元教授で環境省長官に抜擢される
  • とある事件で長官を解任になったが、国会議事堂の爆破で突然大統領代行に
  • 人のいい男で本当は政治の世界には全く興味がない

ソン・ソック / 役:チャ・ヨンジン秘書官

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

  • 政治学博士出身の大統領秘書室長
  • クールで常に冷静だが、かなり情は厚い
  • ムジンのいい人っぷりに戸惑いながらも実は信頼して支えている

ホ・ジュノ / 役:ハン・ジュスン秘書室長

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

  • ヤン大統領時代の秘書室長で、ムジンの政策室長
  • 常に冷静な判断をするが、心の中は何を考えているか読めない
  • ムジンの解任命令後に一旦、青瓦台(大統領官邸)を去る

イ・ジュニョク / 役:オ・ヨンソク国会議員

『サバイバー::60日間の大統領』

出典:IMDB

  • 無所属国会議員の国防長官
  • 国会議事堂爆破テロの唯一の生存者
  • 国を変えたい一心のクールな野心家

カン・ハンナ / 役:ハン・ナギョン

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

  • 国家情報院の対テロチームの分析官
  • 国会議事堂のテロで最愛の婚約者が行方不明
  • 最愛の婚約者の生存が諦められず、真相を自ら追究することに

【ネタバレ】『サバイバー:60日間の大統領』あらすじ・感想


アメリカ版を韓国の情勢にあわせてリアルにリメイク!チ・ジニの熱演が光る!

かとリーニョかとリーニョ

アメリカのドラマを他国がリメイクするのはよくあることですが、韓国版になると、なぜこんなに面白くなるのでしょうか?

最初から「これはドラマ!?映画!?」と思うくらいのスケール感のある内容であり、そして現代の世界の政治情勢を思わせる緊迫感のある内容でもあるので、「これがリアルだったら」と考えさせられる場面もいくつもあります。

そんな中で普通の教授から閣僚の長官になり、さらに大統領代行という、怒涛の展開に巻き込まれた主人公を見事に演じたのが日本でも有名な実力派俳優チ・ジニ

サバイバー:60日間の大統領』が、韓国でも右肩上がり、さらに日本でも注目を集めたのは、やはりチ・ジニの迫真の演技だったに違いありません。

温厚な役柄の多いチ・ジニですが、その彼が16話ある中で、ほぼほぼ眉間にシワを寄せていたのです。

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

つかの間の微笑みの後、すぐに問題が発生したりと、息つく暇もありません。

かとリーニョかとリーニョ

この非常に難しい役を最後まで演じ切ったチ・ジニに拍手喝采を送りたいです。

チ・ジニだけではない豪華な俳優陣

かとリーニョかとリーニョ

韓国ドラマをよくご存知の方でしたら、『サバイバー:60日間の大統領』のキャストがどれだけ豪華なのかがすぐにわかると思います。

大げさかもしれませんが「韓国中の俳優を集結させた!?」くらいのカメオも含め、豪華なベテラン陣と個性的な若手俳優が大集結!

大統領代行パク・ムジンを最後まで信頼して支え続けたのが、個性的な若手俳優たち。

かとリーニョかとリーニョ

ヨンジン秘書官を演じたソン・ソックや報道官役イ・ムセンなど、と彼らのクスッとさせる癒しの演技がなければ、ハラハラしすぎて疲れていたでしょう。
『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

ベテラン勢では、テロに巻き込まれた大統領役にキム・ガプス

そして、大統領秘書室長役にホ・ジュノなど、本当に豪華です。

かとリーニョかとリーニョ

そして豪華すぎるおかげで誰もが爆破事件の黒幕に見えてきます。

16話中の「それぞれの難題」がリアルすぎる!

冒頭にも少し話題にしましたが、『サバイバー:60日間の大統領』は各話で出てくる「難題が非常にリアルです。

韓国・北朝鮮・アメリカ・そして日本。

いずれもこのドラマでのキーワードになる国です。

一難去ってまた一難な展開の数々は、現代の世界情勢を物語っているようです。

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:Netflix

ましてや今回の事の発端は「国会議事堂の爆破テロ」。

かとリーニョかとリーニョ

いったい誰が!?政治に対する不満なのか!?それとも、北が絡むのか?あるいはもっと違う視点で「黒幕」がいるのか!?16話全てが目を離せません。

サバイバー:60日間の大統領』は登場するほぼ全ての人が犯人の可能性がある状態で話が進みます。

大統領補佐官たちや、閣僚メンバー、軍部、国家情報院など、ありとあらゆるパク・ムジン大統領代行をとりまく人たち全てが容疑者なのです。

かとリーニョかとリーニョ

心理戦と腹の探りあいに見ているこちらもドキドキです。
『サバイバー:60日間の大統領』

出典:Netflix

そして、後半あたりから見え隠れする犯人かと思われる人物とそれを陰で操る「VIP」と呼ばれる人物が登場してきます。

かとリーニョかとリーニョ

いったい誰なのでしょうか?

結末は?犯人は現れるのか!?

登場人物みんなを疑っていると、「VIP」なる人物まで出てきて本当に怒涛の展開です。

とにかく、この何百人もの犠牲者を出した大事件を早く解決し犯人を捕まえて欲しいと思っていると…。

かとリーニョかとリーニョ

最終回の最後の最後に、実行犯の男が誰かに「日本語」で電話を話しているシーンがあるのですがそこでドラマは終わってしまうのです!

『サバイバー:60日間の大統領』まとめ

『サバイバー:60日間の大統領』

出典:IMDB

とにかく、毎回ラストになると次のエピソードが気になりついついイッキ見してしまう『サバイバー:60日間の大統領』。

怒涛の展開で息つく暇もありません。

かとリーニョかとリーニョ

私が一番印象に残っているシーンは、無事に60日間の代行任期を終えて、今まで支えてくれた補佐官たちに、ムジンがゆっくり1人ずつ挨拶していく場面ですね。

ここで「ムジンが代行ではなく真の大統領になっても面白かったかなあ!?」とも思いました。

最後の「真犯人」もぼかされたまま終わってしまっているのも気になります。

全てがリアルなドラマなので、近隣諸国との関係や、テロ、さらに大統領選挙など、本当に自分たちも他人事にせず、しっかり世の中の情勢に目を向けて行かなければならないと思いました。

複雑な政治の世界やチ・ジニの魅力にもどっぷりはまってしまう韓国ドラマ『サバイバー:60日間の大統領』、ぜひご覧ください。