映画『スマホを落としただけなのに』あらすじ・ネタバレなし感想!北川景子主演の傑作サイコホラー

出典:『スマホを落としただけなのに』公式ページ

映画『スマホを落としただけなのに』は、世界的にも有名な『リング』シリーズで脚光を浴びたホラー映画の鬼才・中田秀夫さんが監督を務めた作品です。

また、原作となった小説は、2016年の「このミステリーがすごい!」大賞で高く評価されました。

俳優陣も豪華で北川景子や千葉雄大など今をときめく実力派俳優が勢ぞろいしています。監督・原作・俳優のすべてにおいて盤石の布陣です。

ポイント
  • 個人情報流失の恐ろしさを改めて再認識させられる。
  • 怯える北川景子が超可愛いい。
  • シーンの臨場感や恐怖感を掻き立てる音楽やサウンドエフェクトが見事
  • 終盤の大どんでん返しは鳥肌もの

スマホの使用者なら間違いなく背筋が凍るような体験ができると思います。

映画『スマホを落としただけなのに』作品情報

スマホを落としただけなのに

出典:映画.com

作品名 スマホを落としただけなのに
公開日 2018年11月2日
上映時間 116分
監督 中田秀夫
脚本 大石哲也
原作 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
出演者 北川景子
千葉雄大
バカリズム
要潤
高橋メアリージュン
酒井健太(アルコ&ピース)
筧美和子
原田泰造
成田凌
田中圭
音楽 大間々昴
兼松衆
主題歌 ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」

映画『スマホを落としただけなのに』あらすじ


派遣社員・稲葉麻美(北川景子)の恋人が、スマートフォンを落としてしまう。

そのことを知らずに恋人に電話をかけた彼女は、「あなたが稲葉麻美さんだってことは、分かりますよ」と見知らぬ男から電話越しに言われ、絶句する。

拾い主の男から恋人のスマホを受け取りホッとする麻美だったが、その日から彼女の周囲で不穏な出来事が起こり始める。

同じころ、山中で身元不明の女性の遺体が次々と発見され……。
出典:シネマトゥデイ

映画『スマホを落としただけなのに』みどころ

『スマホを落としただけなのに』みどころ

文学賞「このミステリーがすごい!」大賞で隠し玉作品に選ばれた志駕晃のサイバーミステリーを実写映画化。

恋人がスマートフォンを紛失したことで、事件に巻き込まれる派遣社員の姿を描く。

スマホの拾い主から監視され、追い詰められるヒロインに、『HERO』シリーズや『探偵はBARにいる3』などの北川景子。

『リング』シリーズなどの中田秀夫監督がメガホンを取った。
出典:シネマトゥデイ

映画『スマホを落としただけなのに』を視聴できる動画配信サービス

『スマホを落としただけなのに』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月1日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年4月1日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

映画『スマホを落としただけなのに』感想レビュー【ネタバレなし】

とにかく怖い!明日は我が身と思いながら視聴すると背筋がゾッとする

みなさんは『スマホを落としただけなのに』というタイトルを聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか?

私はスマートフォンを落としたことで厄介な事件に巻き込まれるサスペンス映画をイメージしたのですが、いざ蓋を開けてみると超本格的なサイコホラー映画で度肝を抜かれました。

本作は、ウイルスに感染したゾンビや井戸から出てくる妖怪も登場しない純粋なヒューマンドラマですが、人間の恐ろしさがギュッと詰まっていて、やはり一番怖いものは妖怪でもゾンビでもなく人間だなぁと思わされてしまいました。

数ある怖いシーンでも特に怖かったのが、犯人の正体が明らかになった場面で、犯人役の俳優の表情がとても不気味で印象に残っています。

また、本作の「怖さ」を引き立てている要素の一つとして、実際に自分自身にも起こりうることかもしれないと思わせるリアリティがあります。

昨今ではスマートフォンの普及もかなり進んでいるため、恐怖体験に巻き込まれる主人公に対してどこか他人事ではいられない気持ちになる方は多くいるのではないかと思えます。

軽い気持ちで視聴すると火傷するくらい怖いので注意してください。

作品の恐ろしさもパワーアップ!臨場感と恐怖感を掻き立てるBGMが見事

ホラー映画において恐ろしいシーンに拍車をかける音楽やサウンドエフェクトは非常に重要だと思います。

その点におきまして『スマホを落としただけなのに』では、それらが非常に効果的に使用されていたと自信を持ってお伝えすることができます。

本作で音楽を担当した大間々昂と兼松衆は若手作曲家ながら人気ドラマや話題映画などで仕事を任されるほどの実力を持っています。

本作『スマホを落としただけなのに』でも、その手腕はいかんなく発揮されていたと思います。

映像だけでなく音楽でも質の高い恐怖を感じることができる作品です。

怖いだけじゃない!現代の情報化社会に一石を投じるメッセージ性をもった作品

『スマホを落としただけなのに』は、ただ怖いだけの映画というわけではなく、加速の一途をたどる情報化社会に対する強いメッセージが込められていたと感じました。

まず一つが情報の管理をスマートフォンに依存しすぎている現代社会に対する危険性についてです。

昨今では電話番号やメールアドレスだけではなく、自分の顔写真や銀行口座の番号、クレジットカードの情報までスマートフォンで管理するようになっています。

これだけの個人情報を常に携帯しているリスクについて本作を通じて改めて気づかされました。

便利な一方セキュリティーには細心の注意を払わなければいけないという危機意識を強く植えつけられました。

二つ目はSNSサービスの使用方法についてです。不特定多数から見られているという認識をしっかり持つこと、そして特別な理由がなければ決して自分の現在位置情報が特定されてしまう機能は使用しないこと。

本作はインターネットにすっかり慣れてしまった我々にとって忘れがちなこれらのことを思い出させてくれました。

本作の主人公のような事態にならないためにも日ごろからセキュリティー意識は高く持たなければならないと思いました。

ファン必見!普段見られない北川景子の絶叫や怯え顔が楽しめる

2016年にミュージシャンのDAIGOさんと結婚し、今なお絶大な人気を誇る女優・北川景子さんですが、彼女の本気の絶叫や怯え顔が楽しめるのも『スマホを落としただけなのに』の大きな魅力だと思います。

落ち着いた役を多く演じているイメージが強かったので、本作での北川景子さんの演技は新鮮で楽しめました。

また、怯えている姿までもが美しかったことが非常に印象的で、さすが昨年の「なりたい顔ランキング」で堂々の一位を獲得しただけのことはあるなと感じました。

こんな綺麗なお嫁さんを貰ったDAIGOさんが本気で羨ましいです。

ちょっとミュージシャンを目指してみようかな、なんて思ってしまいます(笑)

映画『スマホを落としただけなのに』まとめ


以上、ここまで『スマホを落としただけなのに』について感想を述べさせていただきました。

要点まとめ
  • 現代的サイコホラー映画の傑作
  • 加速する情報化社会に対する強いメッセージ性を持つ
  • 怯える姿まで美しい北川景子に注目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です