アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』あらすじ・ネタバレ感想!変化を受け入れ、自分と向き合う大切さ

出典:ディズニー

シュガー・ラッシュ:オンライン』はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作した57作目の長編映画。

シュガー・ラッシュ』(2012年)の続編にあたる作品です。

ポイント
  • 多彩なアイディアと高い技術で実現する“ネットあるある”の視覚化
  • 過剰なほど盛り込まれた他作品とのクロスオーバーは圧巻
  • フタを開けると待ち構えている真のテーマとは…

それではさっそく『シュガー・ラッシュ:オンライン』をレビューしたいと思います。

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』作品情報

『シュガー・ラッシュ:オンライン』

出典:映画.com

作品名 シュガー・ラッシュ:オンライン
公開日 2018年12月21日
上映時間 112分
監督 リッチ・ムーア
フィル・ジョンストン
脚本 フィル・ジョンストン
パメラ・リボン
出演者(声優) ジョン・C・ライリー
サラ・シルバーマン
ジャック・マクブレイヤー
ジェーン・リンチ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
主題歌 イマジン・ドラゴンズ「Zero」
ジュリア・マイケルズ「In This Place」

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』あらすじ


アーケードゲームの世界に住む優しい悪役のラルフと親友の天才レーサー・ヴァネロペは、レースゲーム「シュガー・ラッシュ」が故障し廃棄処分の危機にあることを知り、部品を調達するためインターネットの世界に飛び込む。

見るもの全てが新鮮で刺激的な世界に夢中になるヴァネロペと、早くもとの世界に帰りたいラルフは少しずつすれ違っていく。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』みどころ

『シュガー・ラッシュ:オンライン』みどころ

ヒーローに憧れるゲームの悪役キャラクターと、レースゲームで仲間外れにされていた少女の友情を描くアニメーション。

初めてアーケードゲームの世界を飛び出したラルフとヴァネロペが、インターネットの世界に入り込み冒険する。

『スター・ウォーズ』『トイ・ストーリー』シリーズをはじめ、白雪姫などのプリンセスら人気キャラクターが多数登場。

前作の監督のリッチ・ムーアと脚本のフィル・ジョンストンが共同で監督を務める。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴できる動画配信サービス

シュガー・ラッシュ:オンライン』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。
  • 各動画配信サービスの違いや機能の詳しい解説は下記をご参照ください!

オススメVODランキング 【徹底比較】動画配信サービス(VOD=ビデオ・オン・デマンド)パーフェクトガイド

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』感想レビュー

視覚化されたインターネット空間がおもしろい!

本作のヒロイン、ヴァネロペが登場するレースゲーム「シュガー・ラッシュ」筐体のハンドルが破損してしまうところから物語が始まります。

アーケードゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役で、本作の主人公・ラルフは破損した部品がインターネットオークションに出品されていることを知り、ヴァネロペとともにゲームセンターのWi-Fiを通じてインターネットの世界に飛び込みます。

シュガー・ラッシュ:オンライン』ではゲームのキャラクター自身がインターネットの世界を自由に歩き回るのですが、実際に“インターネットの中”に人が入ったらどう見えるか、が上手く映像化されていて面白いです。

オフィスビルのように林立する“ウェブサイト”、居酒屋のキャッチのように付きまとう“ポップアップ広告”、ビルの受付のように用件を聞くと目的地へ案内してくれる“検索窓”など、普段インターネットを利用していると「この感じわかるわ〜!」と思わせる多彩なアイディアが詰まっていて、見ているだけでワクワクします!

楽しい表現だけではなく、“動画サイトのアンチコメント”などインターネットの暗い側面も上手く描写されています。

個人的には、エンドクレジット中の小ネタが衝撃的でした。

見落とした方もいるかもしれないので詳細には触れませんが、“無心になれる無料ゲーム”が飽和した現代への痛烈な皮肉に背筋が凍りました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴する

ディズニーキャラ集結!セルフパロディがおもしろい!

物語中盤、ヴァネロペが実在するディズニーのウェブサイト“Oh My Disney”を訪れることになるのですが、ディズニーキャラクター大集結のお祭り状態で圧巻でした。

アイアンマンが空を飛び、バズ・ライトイヤーに遭遇したかと思えば、ストームトルーパーに追跡される(笑)

今やルーカスフィルム、マーベルまでも傘下に加えた巨大コンテンツの「ディズニー」だからこそ可能なシーンですよね。

そして、予告編でも大々的に取り上げられているプリンセス部屋で最大の盛り上がりを迎えます!部屋着プリンセスのインパクト(笑)

心配になるくらいキャラ崩壊したり、自分の持ち歌をネタにしたり、ディズニー本家にしか許されないすれすれのギャグが満載で、ずっと笑ってました。

ディズニー自ら“ディズニーらしさ”を小馬鹿にするような歌まで披露されて(しかもアラン・メンケン作曲という衝撃!)物語に強烈なスパイスを与えます。

A Place Called Slaughter Race (From “Ralph Breaks the Internet”)


>>【31日間無料】U-NEXTで『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴する

突きつけられる厳しいテーマに心が苦しくなる…

さて、これまで触れてきた本作『シュガー・ラッシュ:オンライン』の面白さ、“インターネット世界の視覚化”や“ディズニーのセルフパロディ”などは、すべて映画の“要素”的な部分です。

物語の本筋は“人生の選択”であったり、“依存からの脱却”など極めて現実的な“人間関係の移ろい”を描いています。

前作『シュガー・ラッシュ』で、ラルフは“悪役”という与えられた立場に幸せを見出し、ヴァネロペは“プリンセス”という本来の立場を取り戻し、2人は強い絆で結ばれました。しかし、月日が流れ2人の価値観にズレが生じます。

「シュガー・ラッシュ」のハンドルを手に入れるために奔走するヴァネロペは、「スローター・レース」というオンラインレースゲームを発見します。

「スローター・レース」での刺激的な体験は、退屈な現状から抜け出したいヴァネロペにとって、とても魅力的でした。

ヴァネロペは「スローター・レース」で生きる道を望みます。

一方、ラルフは前作『シュガー・ラッシュ』で手に入れた幸せな現状(それはヴァネロペにとっては退屈)を守りたい、与えられた立場を維持したいと望みます。

“新しい道に進むこと”も“現状の幸せを守ること”もどちらも尊重されるべきことです。

しかし、相反する価値観が2人の絆を壊してしまいます。

ポイントは、ラルフの幸せはヴァネロペの存在に依存した幸せであることです。

物語終盤、ラルフは自身の依存性に気づかず、自分の幸せを守るために新しい道へ進もうとするヴァネロペの妨害を始めます。

その姿はとても醜く描かれますが、他者との関わりを避けられない私たち全員に、ラルフと同じ状態に陥る可能性があることを示しています。

最終的に互いを理解し合えた2人は、希望を持って別れることになります。それぞれの道へ。

相手の価値観を尊重することを学んだラルフは、悲しみを滲ませながらも、笑顔でヴァネロペを送り出します。

ラルフを狂わせたもの、私は“変化に対する不安”だと思いました。

今ある幸せな日常に終止符を打つことはたしかに辛いです。

しかし、いつまでも「ヴァネロペが側にいてくれるから俺は幸せだ」と言っていられるわけではありません。ヴァネロペを束縛することになるからです。

それに、別々の道に進んだとしても友達同士でいることはできます。でも進んだ先でどうなるかは誰にも分からない。

私たちも人生の様々な局面でその不安と対峙することになります。

この物語は、他者の価値観を尊重すること、自分の人生と向き合うことの厳しさを教えてくれます。

現実を突きつけられるようで、心が苦しくなる作品でした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴する

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』まとめ


以上、ここまで『シュガー・ラッシュ:オンライン』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 普段からネットを利用していると共感できる多彩なアイディアにワクワクする
  • すれすれのパロネタから自虐ネタまで!(笑)巨大コンテンツ、ディズニーの本気を感じた
  • 変化を受け入れ、人生と向き合うことの厳しさを教えられる物語

アニメ映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴できるVODは?

u-next

U-NEXT

U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス

dTV

dTV

出典:dTV

dTVの特徴
  1. 月額500円で12万本以上の動画が楽しめる
  2. 安くて作品数が多いコスパ最強のサービス
  3. 31日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

auビデオパス

auビデオパスの特徴
  1. ビデオパス会員なら映画館がお得にある「auマンデイ」対象
  2. TOHOシネマズで毎週月曜日1,100円ユナイテッドシネマでいつでも1,400円と安く利用可能
  3. 月額562円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です