韓国ドラマ『輝く星のターミナル』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!涙なしでは観られない

出典:PR TIMES

イ・ジェフン×チェ・スビン×イ・ドンゴン共演!

仁川空港を舞台に旅客サービス部門で働く人々の奮闘とロマンスを温かなタッチで描くヒューマンラブストーリーです。

ポイント
  • 仁川空港が舞台のラブロマンス
  • 障害者であることを隠した男性と明るくピュアな女性とのラブストーリー
  • 涙なしでは見られない作品です

それではさっそく『輝く星のターミナル』をレビューしたいと思います。

『輝く星のターミナル』ってどんなドラマ?


『シグナル』で注目を集めた若手演技派イ・ジェフンの主演最新作!

日本人にもお馴染みの韓国の玄関口、仁川空港を舞台に不器用なヒロインとパイロットになる夢を諦めたツンデレエリート、正反対の2人が次第に距離を縮めていく…

イ・ジェフンはある事件からパイロットになる夢を諦めた、クールなエリート役に。彼が右腕に抱える秘密とは…。

チェ・スビン演じる不器用なヒロインに最初はそっけない態度をとりつつ、次第に距離を縮めていきます。

イ・ドンゴンが過去の因縁を抱える上司役で登場!

『浪漫ドクターキム・サブ』の脚本家&『シークレット・ガーデン』の演出家という最強製作陣が手がけたことでも話題のドラマ。

人気K-POPグループ、SF9のロウンもヒロインに想いを寄せる同僚役で登場!
出典:KNDA.TV

ドラマ『輝く星のターミナル』主要キャスト

『輝く星のターミナル』相関図

出典:KNDA.TV

イ・ジェフン / 役:イ・スヨン

  • 少年時代に事故に遭う
  • ソ・イヌとは一時期、義兄弟だったが事故をきっかけに不仲に
  • 無愛想だけど仕事の能力は抜群

チェ・スビン / 役:ハン・ヨルム

  • やっとの思いで仁川空港に就職するもミスばかりしている
  • 異動先の旅客サービスチームでスヨンが指導係に
  • 困っている人を放っておけない

イ・ドンゴン / 役:ソ・イヌ

  • 旅客サービス運営企画チーム長
  • 頭がキレるが愛想が悪く利己的で煙たがられる存在

キム・ジス / 役:ヤン・ソグン

  • 旅客サービスチームのチーム長
  • 一見冷たそうに見えるが本当は優しい人情味のあるリーダー

ロウン / 役:コ・ウンソプ

  • 係留場運営チームの職員
  • ヨルムとは同期で仲良し
  • 実はヨルムに想いを寄せている

ドラマ『輝く星のターミナル』あらすじ

『輝く星のターミナル』あらすじ

仁川空港に就職したヨルム(チェ・スビン)は情熱はあるものの不器用な性格で失敗ばかり。

激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられる。

初日から遅刻したうえ、指導員となったのは入社わずか4ヶ月のスヨン(イ・ジェフン)だった。

ヨルムは無愛想な新入りに指導されるのが気に入らないが、旅行客のトラブルに巻き込まれたところをスヨンに助けられ、1年前の出来事を思い出す。

入社面接の朝、自動車事故の危機から奇跡的に救ってくれたのがスヨンだったのだ。

ヨルムは次第にスヨンに興味を抱き、人との関わりを避けてきたスヨンもまたヨルムのことが気になり始める。

やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこにはスヨンの過去を知る因縁のイヌ(イ・ドンゴン)がいた。
出典:KNDA.TV

ドラマ『輝く星のターミナル』を視聴できる動画配信サービス

『輝く星のターミナル』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年5月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年5月30日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】ドラマ『輝く星のターミナル』感想レビュー

ヒューマンラブストーリー

新入社員のイ・スヨン(イ・ジェフン)はできるだけ目立たないように、平凡な毎日を過ごしていましたが、ハン・ヨルム(チェ・スビン)が異動してきたことで、徐々にその生活は平凡ではなくなっていきます。

イ・スヨンは障害者です。事故で右手と右足を負傷し、車椅子生活を送っていました。

車椅子で移動すると、周囲の好奇な目線に傷つけられ苦しみました。

そこに現れたチャン博士が“ウェアラブル”をスヨンのために開発してくれたのです。

車椅子から解放され二足歩行し、右手も不自由無く動かせるようになります。

しかし、そのウェアラブルは普通ではありませんでした。

大の大人を片手で持ち上げるほどの力があります。

それを隠してスヨンは目立たないように平凡な生活を送っていたのです。

ハン・ヨルムに恋をして、障害者であることを明かしますが、「こんな僕でも大丈夫ですか?」とヨルムに尋ねるスヨンが切なくてたまりませんでした。

このドラマはそんなスヨンを中心に人々が関わり、助け合い、分かり合っていく。

そんなヒューマンラブストーリーです。

スヨン(イ・ジェフン)とイヌ(イ・ドンゴン)

ストーリーを進行していく上で欠かせないのが、イ・スヨンとソ・イヌ(イ・ドンゴン)の関係です。

お互いの父親と母親が再婚し兄弟となった2人。

スヨンはイヌをとても慕っていました。

イヌもまたスヨンを可愛がっていたのです。

ところが2人の関係を壊す出来事が起こります。それがスヨンの事故です。

チンピラのような人たちに連れていかれたイヌを追っていたスヨンは、その途中で事故に遭いました。

イヌはその場から逃げてしまったのです。

助けてくれなかった、見捨てたイヌをスヨンは憎んでいました。

職場で再会しましたが、険悪な雰囲気でしたね。

ストーリーが進むにつれスヨンのイヌに対する想い、イヌのスヨンに対する想いが明らかになりますが、反抗的なスヨンも冷たい態度のイヌも見ていて切なかったです。

消化不良なハッピーエンド

エンディングはハッピーエンドです。

ウェアラブルを装着していることで炎症を起こし始めたスヨンは死ぬ覚悟でしたが、それを知ったヨルムは生きてほしいとスヨンに願い、ウェアラブルを強制停止させます。

この時のシーンは涙なしでは見れませんでした。

そして映像はスヨンが去って1年後。

ヨルムは1年前と変わらず仁川空港で旅客サービスチームの一員として働いていました。

いつもの様に巡回していると、何やら騒いでいる掃除のスタッフたち。

その手には折れ曲がったポールがありました。

すぐにスヨンだと気づいたヨルムが空港内を探して回ります。

無事にスヨンを見つけて抱き合ってエンディングでしたが…。

なぜかスヨンの表情は映ることはありませんでしたね。

あとイヌはどうなったんだろう…とか、保安チームのカップルはどうなったんだろう…とか疑問を残す最終回でした。

内容が感動的で素敵だっただけに消化不良なエンディングだったと思います。

韓国ドラマ『輝く星のターミナル』まとめ


障害者が題材になっていることに何ら違和感はありませんでしたね。

むしろそれがとても素敵なヒューマンラブストーリーになった理由だと思います。

イ・ジェフンとチェ・スビンのカップルも可愛くて素敵だったと思います。

エンディングが消化不良なのは残念でしたが、内容がとても良かったので私としては高評価です。

ぜひ、おすすめしたい作品ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です