映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ・ネタバレ感想!MCUフェーズ3のラストを飾る!

出典:マーベル公式ページ

「マーベル・シネマティック・ユニバース」フェーズ3のラストを飾る作品『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、なんと日本が世界最速上映国という異例の事態になりました!

『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』後の世界が描かれることでも話題を呼び、さらにはコミックではヴィランである「ミステリオ」が味方として登場したり、急接近するピーターとMJの恋など、目が離せない場面がたくさん!

そして、さらなるお楽しみはやはりエンドロール後の映像にありました!

劇場では絶対に最後まで席を立たないでくださいね。

ポイント
  • 高校生のピーターが抱える、自分が「ヒーロー」であることに対する葛藤。
  • 美しいヨーロッパの景色と様々なところで発展する恋物語に胸キュン♡
  • ラストまで席を立つな!衝撃の展開が待ち受けている!MCUは終わらない。

それでは、前半はネタバレに触れないような感想、後半はネタバレを含みつつレビューしていきます。

※『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』のネタバレも含みますのでご注意ください!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』作品情報

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』作品情報

出典:映画.com

作品名 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
公開日 2019年6月28日
上映時間 129分
監督 ジョン・ワッツ
脚本 クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
出演者 トム・ホランド
サミュエル・L・ジャクソン
ゼンデイヤ
コビー・スマルダーズ
ジョン・ファヴロー
J・B・スムーヴ
ジェイコブ・バタロン
マーティン・スター
マリサ・トメイ
ジェイク・ジレンホール
音楽 マイケル・ジアッキノ

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』主要キャスト

トム・ホランド / 役:ピーター・パーカー(スパイダーマン)

  • 特殊な蜘蛛に噛まれ超人的な身体能力を得た高校生。
  • ニューヨークのクイーンズを守るご当地ヒーロースパイダーマンとして活躍!
  • アイアンマン亡き後、その後継人として期待を寄せられることにプレッシャーを感じている。
  • 学校が企画した夏休みの研修旅行でヨーロッパへ行くが、そこで事件に巻き込まれていく。

マリサ・トメイ / 役:メイおばさん

  • 若くてセクシーなピーターの叔母
  • 前作の最後でスパイダーマンの正体がピーターだと知ってしまうが、その愛情は変わらない。

ジョン・ファヴロー / 役:ハッピー・ホーガン

  • 亡きトニー・スタークの友人であり元運転手。今作ではピーターのサポート役。
  • いつの間にかメイおばさんといい雰囲気になっていて!?

ゼンデイヤ / 役:MJ

  • ピーターが密かに想いを寄せている、クールだが少し変わり者の女の子。
  • 前作で学力コンテストに参加し、自分の周りの人間に少しずつ心を開いていく。
  • MJもピーターに興味がありいつも観察している。スパイダーマンの正体に気づいている!?

ジェイコブ・バタロン / 役:ネッド

  • ピーターの親友のぽっちゃりさんで、唯一スパイダーマンの正体を知っている人物。
  • 前作ではピーターのサポート役として活躍して自信をつけた様子。
  • 研修旅行中になんと可愛い彼女「ベティ」をゲット!?

サミュエル・L・ジャクソン / 役:ニック・フューリー

  • S.H.I.E.L.D.の元長官。黒のロングコートにアイパッチ姿がトレードマークの男。
  • ピーターのヒーローとしての資質を見出し、今回の任務のチームに加えようとする。
  • そのためには研修旅行の日程を裏で動かすなど手段を選ばない。

ジェイク・ギレンホール / 役:クエンティン・ベック(ミステリオ)

  • 別次元「アース833」からやってきた謎のヒーロー。
  • 今回の敵エレメンタルズに自分の星を滅ぼされ、その時に生き残った唯一の人物。
  • ピーターと協力してエレメンタルズを退治しに励み、時にピーターの相談役となるが…!?

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ


高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は夏休みを迎え、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちとヨーロッパへ旅行に行く。

ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、彼にある任務を与える。
出典:シネマトゥデイ

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』みどころ

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』みどころ

『スパイダーマン:ホームカミング』に続き、トム・ホランドが主人公ピーター・パーカーを演じたアクション。

ヨーロッパで友人たちと旅行を楽しむピーターがミッションを与えられ、新たな戦いに向かう。

共演は、前作にも出演したジェイコブ・バタロン、ゼンデイヤ、マーベル作品のニック・フューリー役でおなじみのサミュエル・L・ジャクソンら。

監督はジョン・ワッツが続投する。
出典:シネマトゥデイ

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を視聴できる動画配信サービス

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年7月7日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。
  • 各動画配信サービスの違いや機能の詳しい解説は下記をご参照ください!
オススメVODランキング 【徹底比較】動画配信サービス(VOD=ビデオ・オン・デマンド)パーフェクトガイド

ご覧のとおり、2019年7月7日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の率直な感想

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は一言で言うと、非常によくできており、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ3の最後にふさわしい作品でした。

『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』で命を落としたアイアンマンことトニー・スターク。

今回はトニー・スタークが亡くなった後の世界が描かれているのですが、アベンジャーズがいない世界で人々が新たな「ヒーロー」を求める気持ちもわかります。

自分がアイアンマンの後継者と期待され、プレッシャーを感じてしまうピーター。

また、高校生のピーターが恋愛や青春、ヒーロー活動との間で揺れ動く様子は、等身大のティーンの気持ちを表していて胸がキュンとしました…。

そして今作では、そんなピーターの恋愛模様も描かれたと思ったら、あちこちでハッピーなカップルが誕生しているので幸せな気分に♡

しかし、ピーターの恋敵ブラッドが現れて大変です!

あとはなんと言っても敵か味方かミステリオ!

これは演じたジェイク・ギレンホールの勝ち!

観客たちはジェイク・ギレンホールの演技にまんまと騙されるのです。

そして家に帰ったら『アイアンマン』を観たくなるような作りになっています。

MCUは作品の関連づけが本当に上手い。

まんまとMCUループにハマっています。

ギャグパートが前作『スパイダーマン:ホームカミング』よりも秀逸!

ホイットニー・ヒューストンの名曲「オールウェイズ・ラブ・ユー」から始まった今作は、いきなりアベンジャーズの追悼映像から始まります。

キャプテンが死んではいないのに追悼されてたり、妙に画質が荒いヴィジョンの画像が登場など、笑ってはいけないのに笑ってしまったり…。

ミッドタウン高校の生徒のセンスが伺えますね(笑)

前作『スパイダーマン:ホームカミング』に引き続き登場するハリトン先生と今回から登場するデル先生。

このでこぼこコンビの掛け合いが最高!

相方がいることで調子が出てくるハリトン先生は必見です(笑)

ピーターの宿敵である金持ちのフラッシュも前作に引き続き登場!

前作はお金持ちを鼻にかけた嫌なヤツでしたが、今作はSNSの中で生きているお馬鹿なキャラクターに変貌を遂げていました。

【ネタバレあり】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』感想レビュー

ここからはネタバレありで、主にみなさんが気になっているであろう点について解説していきたいと思います!

ミステリオは敵?or味方?

別次元からやってきたイケオジヒーロー「ミステリオ」ことクエンティン・ベック。

コミックではヴィランとして描かれていますが、今作では味方として登場するため困惑した人もいたのではないでしょうか?

しかし、安心してください(?)

やはり、ミステリオは悪役でした!

しかも、トニー・スタークが大嫌いな男としての登場だったのです…。

今作では『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でトニーが開発を援助した「BARF」が登場。

さらにそれを開発したのはベックだったという事実が描かれています。

「BARF」は人間の海馬とつながり、その人の思い出を超リアルな立体映像として再現するシステムです。

トニーは「BARF」をセラピーに使っていましたが、ベックはトニーが用途を変えてシステムを利用したこと、また「BARF」=「ゲロ」という意味の略称を付けたことから怨みを抱えていたのです。

さらには『アイアンマン』まで遡ってトニーに恨みを持つ仲間を集め、「BARF」のイリュージョンと、トニーがピーターに残したドローン防衛システム「イーディス」を使って世界を混乱に陥れようとしていました。

異次元から来た怪物「エレメンタルズ」も「ミステリオ」も全部ベックが作り出した幻影。

自分の不注意でトニーの遺品であるイーディスを奪われたピーターは、イーディスを取り戻すために奮闘します。

まさか今作で『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』からのネタが入ってくると思わなかったし、ジェイク・ギレンホールの演技の巧さにはビックリです。

メガネ型のイーディスを装着したミステリオがトニーにそっくりなところも、ピーターの心を動かすにはじゅうぶんな演出でした。

敵は今回もスターク大嫌い人間だったわけで、物語的には『アイアンマン4』を観ている気分にもなりました。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のMVPはハッピー

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『スパイダーマン:ホームカミング』では、ピーターのことを子供だとウザがっていたハッピーですが、徐々に彼の行動を見直し、スターク亡き後は彼のサポート役を引き受けます。

ミスばかりしてしっちゃかめっちゃかなピーターをジェットで拾い上げるところや、スーツを作っているピーターにトニーの姿を重ね合わせて「AC/DC」の曲をかけるシーンでは涙が止まりませんでした。

この曲『アイアンマン』の一番最初にかかる曲なんですよ…(涙)

また、メイおばさんといい感じになっているのも応援したくなりましたね(笑)

メイおばさんは「ひと夏の情事」と言っていましたが、ハッピーは純粋な気持ちでお付き合いしていたと思っているので、なんとか成就するように祈っています!

ピーターとMJの恋の行方は?

今作で急にMJのことが好きになっていたピーターにはびっくりしましたが(笑)

MJも前作以降、人との関わりが増えてコミュニケーションが取れる明るい女の子に変身していました。

MJとピーターの恋を邪魔しようとするのが、バスケットボールの人気選手ブラッド。

いきなりの新キャラ登場でしたが、恋のライバルがいるという設定も学園モノとしてはGOOD!

カンがいいMJは、ピーターがスパイダーマンだと気づき、ピーターは自分がスパイダーマンだと打ち明けるという展開もまどろっこしくなくてGOOD。

それに私が胸を打たれたのが2人のキスシーン…。

『スパイダーマン』シリーズで、ピーターとMJのキスシーンは数あれど「今作ほどに可愛らしいキスシーンあった…!?」と、悶え死にそうになりました。

他人とのコミュニケーションを取るのがあまり上手でなかった2人だからこその可愛らしいキス…。

この2人、今後もめっちゃ応援したいという気持ちになるのです♡

チュッチュというのが逆にリアルで可愛いんだ本当に…。

とにかく、トム・ホランドのスパイダーマンを観ていると若干自分が年を取った感覚に陥ります。

ピーターとMJの他にもネッドとベティという迷カップルが登場(笑)

しかし、この2人は旅行中だけのお付き合いで、別れ方も意外と大人でドライでしたね…。

ヨーロッパ旅行がしたくなる!

今作では、ピーターたちが学校の研修旅行でヨーロッパの各都市を巡ります。

私はイタリアのベネツィアに1度だけ行ったことがあるのですが、今作を観て再度行きたくなりました。

水没が問題視されているベネツィアですが、沈んでしまう前にその姿を拝んでおきたいものです。

プラハはご飯が美味しかった印象があります!

MJとピーターが歩いた橋は、オールドタウン・ブリッジ・タワー。

プラハの旧市街はとにかく美しいです。

オペラの劇場はプラハにあり、遊園地のセットが組まれた場所はリベレツという場所にあります。

他にもベルリン、ロンドンなどの都市が登場。

世界に飛び出したピーターと一緒にヨーロッパの美しい景色も堪能できる、2度オイシイ作品です!

ちなみにフラッシュが「ロンドン・ブリッジ」と「タワー・ブリッジ」を間違えるのですが、これはロンドン観光客あるあるです。

次回作とフェーズ4へ向けての展開は?

ミステリオの虚構を見破り、無事イーディスを取り戻しすべてを終わらせたピーター。

MJとのスウィングデートを楽しんだのも束の間、死んだはずのミステリオが残した映像で、スパイダーマンの正体を全世界にバラされてしまいます。

アイアンマン亡き後、ニューヒーローとして登場したミステリオが、スパイダーマンによって殺されたという作り上げられた情報も流れてしまいました。

ピーターが驚き、頭を抱えたところで物語は終わります。

ということで、『スパイダーマン』シリーズの次回作があることは確定!

3作目に関して色々な噂が飛び交っていますが、2022年までのマーベル作品ラインナップに『スパイダーマン』は入っていないようです。

2023年以降になると結構な間が空く気がします…。

間が空きすぎて、人々に罵声を浴びせられてメンタルがぼろぼろになったピーターは見たくないです…。

噂されているヴェノムやデッド・プールの参戦はあるのでしょうか?

また、エンドロール後の映像では、実はニック・フューリーがタロスで、本物のニック・フューリーは『キャプテン・マーベル』で登場したスクラルたちと一緒に宇宙にいる様子が描かれていました。

これは一体どういうことなのでしょうか?

私はフューリーは宇宙のアベンジャーズを探しに行ったのでは?と考えています!

MCUとしての次回作はブラック・ウィドウの単独作品が決定していますが『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』で命を落とした彼女のどのようなストーリーが描かれるのでしょうか?

またMCUとの絡み方も気になり、非常に楽しみです!

期待作品が続々と決定しているMCUに今後もついていきます!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』まとめ

以上、ここまで『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • MCUフェーズ3有終の美を飾った名作。
  • 青春映画としても、ヒーロー映画としても楽しんで観ることができる作品。
  • まだまだ成長過程のピーターをこれからも見守っていきたい!次回作も楽しみ!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)他作品ネタバレ解説記事一覧

映画『アイアンマン』シリーズあらすじ・キャラクター・ネタバレ感想!初心者でもわかるアイアンマン。 インクレディブル・ハルク 映画『インクレディブル・ハルク』あらすじ・ネタバレ感想!悲しき緑の最強怪物ヒーローが誕生するまで。 映画『マイティ・ソー』シリーズあらすじ・ネタバレ感想!最強の雷神「ソー」をわかりやすく解説 映画『アントマン』シリーズあらすじ・ネタバレ感想!MCU史上もっとも小さな愛されヒーローを詳しく徹底解説 映画『キャプテン・アメリカ』シリーズあらすじ・ネタバレ感想!ヒーロー誕生秘話、時代を越えた事件を徹底解説 映画『スパイダーマン:ホームカミング』あらすじ・ネタバレ感想!MCUに本格参戦して話題となった記念すべき傑作 映画『ブラックパンサー』あらすじ・ネタバレ感想!黒人監督による黒人を主人公にしたヒーロー映画として大ヒット 映画『ドクター・ストレンジ』あらすじ・ネタバレ感想!MCU随一の映像美、魔術を操るニューヒーローが降臨。 映画『アベンジャーズ』あらすじ・ネタバレ感想!ファン待望のマーベルヒーロー大集合の人気作品を徹底解説 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズあらすじ・ネタバレ感想!笑って泣ける…まさに最高傑作 映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』あらすじ・ネタバレ感想!アベンジャーズに新キャラクターが参戦 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』あらすじ・ネタバレ感想!MCU10年分の感動が凝縮された超大作 映画『キャプテン・マーベル』あらすじ・感想レビュー!最強の女性ヒーロー 爆誕、MCUファンなら開始5秒で涙する 映画『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』あらすじ・ネタバレなし感想!10年分のありがとう!MCUの集大成がここに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です