『スペシャルアクターズ』あらすじ・ネタバレ感想!一世を風靡した『カメ止め』上田監督の最新作

映画『スペシャルアクターズ』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『スペシャルアクターズ』公式ページ

映画『スペシャルアクターズ』は、極度の緊張で気絶してしまうと言う特異体質を持った役者志望の青年が、不思議なパフォーマンス集団の騒動に巻き込まれていく姿を描いたコメディです。

ポイント
  • カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が練り上げた緻密なシナリオ設定に賞賛の声をあげたくなる
  • 演技未経験の役者たちの大活躍が見どころで、魅力のひとつ
  • オーディションに参加することが人生を変える一歩

それでは、『スペシャルアクターズ』をネタバレありでレビューしていきたいと思います。

『スペシャルアクターズ』作品情報

映画『スペシャルアクターズ』作品情報

出典:映画.com

作品名 スペシャルアクターズ
公開日 2019年10月18日
上映時間 109分
監督 上田慎一郎
脚本 上田慎一郎
出演者 大澤数人
河野宏紀
富士たくや
北浦愛
上田耀介
清瀬やえこ
仁後亜由美
淡梨三月
達也
櫻井麻七
川口貴弘
南久松真奈
津上理奈
小川未祐
原野拓巳

『スペシャルアクターズ』あらすじ


売れない役者の和人は、超能力ヒーローが活躍する映画が大好きだった。

ある日、和人は久しぶりに会った弟から「スペシャル・アクターズ」という俳優事務所を紹介される。

演じることならどんなことも引き受ける事務所に、カルト集団から旅館を守るという仕事が舞い込む。

ところが和人は、極限まで緊張すると気を失うという体質で、それを秘密にしていたため、この依頼の中心メンバーに選ばれてしまう。
出典:シネマトゥデイ

【ネタバレ】『スペシャルアクターズ』感想レビュー

『カメラを止めるな!』の社会現象で一躍時の人となった上田慎一郎監督の最新作

『スペシャルアクターズ』の脚本は緻密に練り上げられています。

カメラを止めるな!』と同じように複雑に絡み合った物語の伏線が本作を観る上での重要なポイントになってきます。

『スペシャルアクターズ』の物語は役者志望の冴えない青年と彼の弟が数年ぶりの再会を経て、予想外のハプニングに引き込まれていく姿を描いています。

シナリオの中にある幾つもの仕掛けが終盤に近づくにつれ回収されていく様子は観終わった後にスカッとした気持ちにさせてくれます。

ストーリーに盛り込まれた暗示こそが、本作のハイライトでもあります。

上田監督が書き上げた巧みな脚本により、完成度の高い作品に仕上げています。

『スペシャルアクターズ』は、爽快な笑いに彩られた誰でも観れる喜劇映画としての顔もある一方で、物語のラストには心を揺さぶる温かい結末を用意してくれています。

鈴木友哉

本作を観終わった後に、あなたは近くて遠い存在でもある家族の愛の深さに感謝したくなるでしょう。

映画『スペシャルアクターズ』はコメディの色を全面的に出しながらも、実際には幸福感を感じさせてくれる結末を用意してくれている作品になっています。

顔も名前も知られてなくても関係ない。良い作品を届けたいとする役者たちの熱意が素晴らしい

映画『スペシャルアクターズ』

出典:映画.com

上田監督の最新作『スペシャルアクターズ』の見どころは、意図的に無名な役者を起用している点です。

『スペシャルアクターズ』のような商業映画となれば、出演者は有名な役者が多いです。

しかし、従来のイメージを覆すかのように『スペシャルアクターズ』の役者たちは演技未経験の俳優ばかりです。

素人が集まった映画と聞けば、一体どのような映画に仕上がっているのだろうかと期待と不安でいっぱいになりませんか?

鈴木友哉

私もまた、どんな作品になっているのだろうかと上映日まで高鳴る胸が押さえられませんでした。

『スペシャルアクターズ』を観終わった後に、私が真っ先に感じたことは想像していたよりもとても楽しめたことです。

役者たちはみんな演技未経験でありながら、最大限の力を発揮して演じています。

彼らの俳優としての熱量が鑑賞中にひしひしと伝わってきます。

良い作品を届けようとする俳優たちの一生懸命さが『スペシャルアクターズ』を笑いと感動の作品に仕上げてくれています。

経験が浅い役者たちがひた向きに演じる姿に注目して『スペシャルアクターズ』を鑑賞してみませんか?

人生を変える奇跡のオーディション

映画『スペシャルアクターズ』

出典:映画.com

先に述べたように、『スペシャルアクターズ』を観るポイントは演技経験の少ない役者が出演されている点です。

中にはまったくの未経験という方もおられて、演技面で楽しめるのだろうかと疑いたくなる気持ちも出てくるほど。

やはり、パフォーマンスが上手な役者を観ることが映画を楽しむ醍醐味だと思うのです。

しかし『スペシャルアクターズ』を観る上で、もっとも大切なのは演技未経験の俳優たちの頑張りです。

鈴木友哉

この部分が作品の心臓部でもあり、ポイントであるということを押さえておきたい。

その上で、もう一点知ってほしいことは本作に出演している俳優たちがどのような流れで映画に出演するに至ったのでしょうか?

鈴木友哉

みなさんは“松竹ブロードキャスティング オリジナル映画プロジェクト”という企画をご存知ですか?

2013年から始まった本プロジェクトは、回数を増やすごとに良質な作品を生み出しています。

過去には『滝を見に行く』『恋人たち』『東京ウィンド・オーケストラ』『鈴木家の嘘』など、比較的単館系の作品を輩出していました。

松竹が打ち出したこの企画には大きな特性があります。

その特徴とは、一般から公募した素人の役者を起用して作品を手掛けている点です。

顔も名前も知られていない人たちが多くのオーディションを勝ち抜いて、映画出演という栄光を勝ち取ることができます。

これは他人事でも何でもなく、本作『スペシャルアクターズ』を観ている方もこの文章を読んでいる方も、映画への出演のチャンスが大いにあります。

明日のスター、次の主演はあなた自身です。

『スペシャルアクターズ』まとめ

以上、ここまで映画『スペシャルアクターズ』についてネタバレありでご紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 上田慎一郎監督が『カメラを止めるな!』同様に巧みな伏線を用意している脚本に注目
  • 演技未経験の役者、無名俳優のみで構成された映画
  • 技術よりも熱量が大切だと理解させられる作品