アニメ映画『スカイ・クロラ』あらすじ・ネタバレ感想!本作は“終わりなき日常”を送る若者へのメッセージか?

出典:JapaneseClass.jp

「明日死ぬかもしれないのに、大人になる必要があるの?」

大人になれないキルドレは、終わらない戦闘を繰り返す。

平和を維持するために、犠牲は不可欠なのでしょうか。

ポイント
  • 森博嗣原作の小説を押井守がアニメ化
  • のっぺりとしていて、どこか憂鬱な空気の立ち込めるキルドレたちの日常
  • 地上での倦怠とは対照的なCGを使った迫力のある空中戦

それではさっそく『スカイ・クロラ』をレビューしたいと思います。

アニメ映画『スカイ・クロラ』作品情報

アニメ映画『スカイ・クロラ』

出典:映画.com

作品名 スカイ・クロラ
公開日 2008年8月2日
上映時間 122分
監督 押井守
脚本 伊藤ちひろ
原作 森博嗣
出演者(声優) 菊池凛子
加瀬亮
谷原章介
山口愛
平川大輔
竹若拓磨
麦人
大塚芳忠
安藤麻吹
兵藤まこ
ひし美ゆり子
竹中直人
榊原良子
栗山千明
音楽 川井憲次

アニメ映画『スカイ・クロラ』あらすじ


永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。

戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)と基地に赴任してきたエースパイロット・函南優一(加瀬亮)が出会う。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『スカイ・クロラ』みどころ

『スカイ・クロラ』みどころ

“キルドレ”と呼ばれる永遠に歳を取らない子どもたちの戦いと、切ない愛のドラマを描くアニメーション大作。

世界中に影響を与え続ける押井守がアニメーション映画としては4年ぶりに監督を務め、森博嗣による全5巻完結の大人気シリーズの第1巻を映画化した。

主人公のパイロットたちを菊地凛子と加瀬亮が担当するほか、栗山千明、谷原章介が声優として参加。

“真実の希望”をテーマにした押井哲学が、圧倒的な説得力で観る者に迫る。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『スカイ・クロラ』を視聴できる動画配信サービス

スカイ・クロラ』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年5月24日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】アニメ映画『スカイ・クロラ』感想レビュー

大人にならないキルドレ

スカイ・クロラ』は、森博嗣原作の小説を押井守監督がアニメ化した作品です。

原作では、主人公カンナミ優一の一人称で語られます。

アニメでも、カンナミの視線から物語は進み、彼がロストック社の草薙水素が部長を務める部署に配属され、飛行機でやってくるシーンから始まります。

原作では、カンナミには、その部署に来る前の記憶があるような描写がありましたが、アニメ版ではカンナミには記憶のない設定になっています。

そして、そこには、ルームメイトの土岐野をはじめ、カンナミの他にも3人のパイロット達がいます。

彼らと、部長である草薙水素には、ある共通点がありました。

それは、みんな大人にならない、永遠に子供のままのキルドレという人工体であるということです。

>>【14日間無料】Huluで『スカイ・クロラ』を視聴する

終わらない戦い

彼らは、戦争するために人間に作られた人工体でした。

そのため、毎日飛行機での空中戦を繰り広げています。

その様子は、普通の人間たちにはテレビニュースとして報道され、キルドレたちが殺し合う様子が、彼らにとってはまるでショーのようであるかのようにも見受けられ、それによって人間たちの平和が保たれているようでした。

水素とカンナミの関係も興味深く、カンナミが実はクリタジンヨウというキルドレの生まれ変わりだったという設定には驚きました。

そして、そのクリタジンロウは、水素と恋人関係でしたが、クリタジンロウは精神を病ませてしまい、水素に殺すように頼み、水素は愛するジンロウを拳銃で射殺していたのです。

そして、水素はその過去を優一に打ち明けると、今度はジンロウの生まれ変わりである優一に自分を殺すようにと頼みます。

それを拒み、優一が言った「君は生きろ、何かを変えられるまで」というセリフには、同じことを繰り返す毎日を続けざるを得ないキルドレの運命を変えようという、優一の生きる意志を感じました。

しかし、優一はその後、絶対に叶わない敵と言われているティーチャーに決戦を挑むのです。

ティーチャーと呼ばれる存在は、戦闘の中で唯一出てくる大人の人間として語られます。

ティーチャーは、この戦争という名のゲームが終わらないようにするための存在なのです。

戦闘シーンではCGが使われ、地上での平坦な暮らしぶりとは打って変わって迫力がありました。

最後の優一とティーチャーの接戦も、その映像の迫力によって緊張感が高まります。

しかし、これは所詮終わりのない戦闘ゲームです。

最後は優一も他のキルドレたちと同じく、ティーチャーに無残にも殺されてしまうのです。

>>【14日間無料】Huluで『スカイ・クロラ』を視聴する

平和のための犠牲

だからと言って、優一の決戦は意味のないものだったのでしょうか。

優一がこの繰り返される日々を変えようとティーチャーと戦ったことが、残されたキルドレたちの心に何かを残すことはできたのではないかと思います。

人間の平和を保つために、もはや生贄のように戦い続けるキルドレたちが、自分たちの運命に悩み奮闘する姿は、終わりなき日常を生きる今の若者たちの葛藤と重なる部分があると思いました。

>>【14日間無料】Huluで『スカイ・クロラ』を視聴する

アニメ映画『スカイ・クロラ』まとめ


以上、ここまで『スカイ・クロラ』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 繰り返しの日常を送る恐怖をキルドレに戦わせることで描写する人間たち
  • 自分たちのつくられた運命に悩み、葛藤するキルドレたち

アニメ映画『スカイ・クロラ』を視聴できるVODは?

u-next

Hulu

Hulu

出典:Hulu

Huluの特徴
  1. 「海外ドラマ」好きにはもっともオススメなサービス
  2. 月額933円で、Huluオリジナル作品も楽しめる
  3. 14日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

Netflix

Netflix

出典:Netflix

Netflixの特徴
  1. Netflixオリジナルドラマ、独自のコンテンツが楽しめる
  2. 月額800円で、充実の映画・ドラマ・アニメが見放題
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です