『スケートリーディング☆スターズ』第5話あらすじ・ネタバレ感想!合宿で変わった、絢晴の決意!

『スケートリーディング☆スターズ』第5話

出典:『スケートリーディング☆スターズ』公式ページ

絢晴たちは戌尾ノ台高校を去った姫川を追うも、姫川の出した決断は転校先の高校で新たにスケートリーディングを続けるといったものでした。

寺内も「全国で会おう」と言い、新たなライバルとなるという展開に驚いた方もいるかもしれません。

田中泉田中泉

公式サイトでも姫川は戌尾ノ台高校所属ではなくなっている他、オープニングでも姿が消えています。隠れた才能があるキャラだっただけに強力なライバルになりそうですね。

いよいよレギュラーが決定する第5話をネタバレありでレビューしたいと思います。

\\『スケートリーディング☆スターズ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

『スケートリーディング☆スターズ』前回第4話のあらすじと振り返り

突如として戌尾ノ台高校を去った姫川を追いかけ、絢晴と隼人、寺内、雪光の4人は転校先の新潟に赴きます。

転校先のスケートリーディング部の監督の計らいによりなんとか対話できたものの、部内対抗戦で絢晴とともに滑った際に内なる実力を引き出されたのを屈辱に思ったと言われます。

新潟から帰ってきた絢晴は、スケートリーディングに挑むにあたってバッジテストを受験します。

手続きのために待っていると、同じくバッジテストを受けに来たライバル校の久遠寺夢空と遭遇。

「第二王子」と呼ばれる夢空は、絢晴がスケートから離れた後に怜鳳のライバルでした。

絢晴は夢空とバッジテストをペアで滑ることになり、翻弄されるもなんとかバッジテストには合格します。

【ネタバレ】『スケートリーディング☆スターズ』第5話あらすじ・感想

ついにレギュラー決定!絢晴は選ばれるのか

戌尾ノ台高校は、グランプリシリーズを前に長野へと強化合宿にやってきます。

監督による構成や振り付けだけでなく、ついにレギュラーも決定。

誰もが憧れるポイントゲッター、リードにはなんと絢晴が選ばれます。

絢晴が喜ぶ一方、窪田はどこか浮かない表情を見せていました。

田中泉田中泉

スケートリーディングのレギュラーは最大で5人。誰かが補欠になってしまうことは避けられませんが、後から入った絢晴が選ばれるのは複雑でしょう。

レギュラーに選ばれた後も、変わらず絢晴と桐山は演技について衝突が絶えません。

というのも、絢晴は滑る内容が決まっているショートプログラムを「自由に滑ることができない」と嫌っており、周りとの協調性を重視するべきだという桐山と揉める原因になっていたのです。

レギュラーの座を狙う窪田の覚悟

もともとリード志望だったものの、ガードとしてレギュラーに選ばれた城之内は、まだ絢晴のポジションを諦められない様子です。

部内対抗戦のように3人リードという編成にすると構成を組み直す必要があり、時間が足りません。

しかし、本決定ではなく、必要に応じてレギュラーやポジションは変わる予定もあると言われるのでした。

練習中に相変わらず桐山との対立が続く絢晴を見ていた窪田は、絢晴に対し勝負を挑みます。

同じ構成と振り付けで点数を競い、勝った方がレギュラーになる…今までにはない窪田の決意に絢晴は気圧されるも、受けて立ちます。

田中泉田中泉

それまで控えめで喧嘩もしないような窪田だからこそ、絢晴はかなり驚いた様子でした。窪田も夜な夜な練習していましたし、実力はありそうです。

いざ勝負が始まると、基礎を押さえて決められた振り付けをしっかり守る窪田と、自己流にアレンジする絢晴では、滑るルートが大きく異なり、みるみる点数が開いていきます。

焦る絢晴が観客席を見ると、「学べ」と書かれたタブレットを見せる隼人がいました。

学ぶのは、真似ることと同じ。

絢晴は誰かの演技を見て学ぶタイプであるため、目の前の窪田の演技を真似て点差を埋めていくことに切り替えます。

結果は、絢晴の逆転によりレギュラーの座は守られました。

それまで周りと連携せず、自分本位で滑っていた絢晴は自分が間違っていたことに気が付きます。

田中泉田中泉

「楽しさ」を求めてたびたび暴走する絢晴ですが、少しずつ自分が間違っていたことを認めて成長しているのを感じますね。

控え室で、窪田は戌尾ノ台高校のスケートリーディング部が現在の3年生が1年生のときに創立されたばかりであること、そこから努力して結果を出し、同好会扱いから部活として認めさせたことを話します。

3年生にとっては、次のグランプリシリーズが最後。

絢晴は改めて周りと連携するスケートリーディングという競技に挑む覚悟をします。

控え室を出ると、絢晴と話そうとやってきた桐山に遭遇する絢晴。

それまでとは違い、自分の態度を詫びるのでした。

『スケートリーディング☆スターズ』第5話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

レギュラーも決まり、ラストで衣装も完成していたことから、いよいよ来週からはグランプリシリーズが始まる模様。

戌尾ノ台高校の最初の相手は、息ぴったりの双子である石川兄弟が率いる中帝大付属上前津高校です。

戌尾ノ台高校が目指すのはもちろん全国制覇であり、絢晴にとっては永遠のライバルである怜鳳も倒すべき相手です。

果たして、ライバルたちとはどんな勝負が待っているのか。

来週まで待ちきれませんね。

\\『スケートリーディング☆スターズ』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

▼次回第6話も続けて読む▼