映画『新聞記者』あらすじ・感想!日本社会に鋭く踏み込んだ社会派サスペンス!現実を的確に風刺した凄まじい傑作

出典:『新聞記者』公式ページ

SNSでの誹謗中傷、フェイクニュース、圧力、不正…

ここ数年での現実の日本社会における問題を盛り込んでフィクションに落とし込んだ、非常に攻めた映画です。

本作を参議院選挙も迫る中で公開した行動力や胆力に驚かされました。

ポイント
  • あまりに現実とリンクした内容
  • 松坂桃李、シム・ウンギョンはじめ、キャストたちの素晴らしい演技
  • ポリティカル・サスペンスとして優秀
  • 受け取って最後の物語を作るのは観客側

それでは、さっそくレビューしたいと思います。

映画『新聞記者』作品情報

映画『新聞記者』作品情報

出典:映画.com

作品名 新聞記者
公開日 2019年6月28日
上映時間 113分
監督 藤井道人
脚本 詩森ろば
高石明彦
出演者 シム・ウンギョン
松坂桃李
本田翼
高橋和也
田中哲司
岡山天音
西田尚美
音楽

映画『新聞記者』あらすじ


東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の匿名FAXを受け取り、調査を始める。

日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。

かたや内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で葛藤する。
出典:シネマトゥデイ

映画『新聞記者』みどころ

映画『新聞記者』みどころ

東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にしたサスペンスドラマ。

国家の闇を追う記者と若手エリート官僚が、それぞれの正義を貫こうとする。

『怪しい彼女』『操作された都市』などのシム・ウンギョンと、『娼年』『孤狼の血』などの松坂桃李が共演。

『オー!ファーザー』『デイアンドナイト』などの藤井道人がメガホンを取る。
出典:シネマトゥデイ

映画『新聞記者』を視聴できる動画配信サービス

『新聞記者』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年7月12日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。
  • 各動画配信サービスの違いや機能の詳しい解説は下記をご参照ください!
オススメVODランキング 【徹底比較】動画配信サービス(VOD=ビデオ・オン・デマンド)パーフェクトガイド

ご覧のとおり、2019年7月12日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレ少しあり】映画『新聞記者』感想レビュー

現実を臆さず反映した映画

この映画は、菅官房長官の記者会見で鋭い質問をぶつけることで有名になった、東京新聞の望月衣塑子記者による同名ノンフィクション手記を映画化したものです。

望月記者は強い支持を集める一方、与党支持者や右派の方々からは叩かれてもいる人物で、官邸から東京新聞に抗議が来たことすらあります。

そんな権力と戦ってきた人の手記を、ついに映画化したわけです。

とはいえ、この映画はあくまでもフィクションとして作られています。

監督の藤井道人さんはまだ33歳であまり政治に関心がない世代の人だと自分でも言っています。

しかし、そんな彼も「知らないことは恐ろしい」と本作の監督依頼を2回断った後に引き受け、現実の出来事を想起せざるを得ない映画として作り上げました。

主人公の東都新聞に務める記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、官邸での記者会見でただ一人鋭い質問をぶつけ、忖度だらけの記者クラブで異端視されている若手記者。

これは明らかに望月記者がモデルですが、吉岡記者の父は、かつて誤報問題の責任を追及され自殺した過去があるという設定が加わっています。

この父の存在が、彼女のドラマにも物語全体にも大きな影を残しているのです。

そんな彼女の務める東都新聞に、ある日の夜、謎の羊のイラストが描かれた怪文書が匿名FAXで届きます。

そこには、とある新大学設立に関する書類が。

その大学設立の申請先が、なぜか文科省ではなく内閣府になっていたことから、吉岡をはじめ記者たちは不審に思い調査を始めます。

匿名FAXはどこから届いたのか?

そして物語はもう一人の主人公、外務省から内閣情報調査室に異動したばかりの官僚・杉原(松坂桃李)の視点に移ります。

彼は国民に仕えるという信念をもって官僚になりましたが、彼の日々の業務は何かと言うと、SNSで野党やリベラルな意見を言う有名人に対しての攻撃や誹謗中傷、デマを流すこと。

上司の多田(田中哲司)は、これが日本のためだといいます。

現政権に不利な情報を潰し安定させることが国民生活のためなのだ、と言うのです。

疑問だらけの杉原ですが、彼には妊娠中の妻がおり、彼女のことを思うと抗議もできません。

そんな中、杉原は外務省時代の上司である神崎(高橋和也)に飲みに誘われます。

神崎には5年前、政府の不祥事を一人で引っかぶって左遷された過去がありました。

そんな彼が、またも何かを抱えているようです。

神崎は杉原に「俺のようになるなよ」と言った数日後、飛び降り自殺をしました。

なぜ神崎は死んだのか、この大学新設の裏に何があるのか、違う立場から調査する吉岡と杉原の物語が交錯し、事態は予想もつかないところへと転がっていきます。

ここまで読んで日々ニュースを見ている方なら、完全一致ではありませんがここ数年安倍政権をめぐって取り沙汰されている「森友加計問題」を連想した人は多いと思います。

というより、無関係という方が無理があるでしょう。これは明らかに現実を風刺しています。

官僚が一人自殺したのも同じです。

ちなみに直接的なストーリーとは別に、とある女性が首相と懇意の仲のジャーナリストにレイプされたと告発するも、事件は不起訴になり、その女性が記者会見を開く場面があります。

その女性に対しても、内閣情報調査室は「彼女は反政府側の人間だ」という誹謗中傷を流すよう工作し、彼女に対するひどい悪口やデマを殺到させます。

この一件についても、安倍総理に関する本を書いたジャーナリスト山口敬之氏が、ジャーナリスト志望の伊藤詩織さんを飲みの席の後にレイプしたと告発されるも、山口氏は不起訴になり、被害を訴えた伊藤さんの方が避難にさらされることになった2015年からの事件を彷彿とさせました。

このように現実とリンクする要素をふんだんに入れてきている本作。

まずこの攻めっぷりが今までの日本映画にはなかった部分です。

そんな要素を見せつつ、物語はポリティカル・サスペンス、そして2人の人間の尊厳の物語としてどんどん面白くなっていきます。

素晴らしいキャスト陣

もはや、こんな映画に出てくれただけでも称えたいキャスト達ですが、さすがの名演を見せてくれます。

まず、松坂桃李の誠実そうでたまに死んだ目、人殺しの目を見せる切り替えの演技はすさまじく、葛藤を顔だけで表現しています。

松坂桃李は今後も日本映画界を背負う俳優となっていくでしょう。

そして日本の女優が怖気づいて断ったから起用されたという噂もあるシム・ウンギョンですが、彼女を使う言い訳としてアメリカ育ちで日本語が若干カタコトという設定になっているのはさておき、彼女がこの役で大正解だったと思います。

まず外から日本社会のおかしな部分を見る役としても、日本より政治サスペンスジャンルが進んでいる韓国の女優を使うのは合っていますし、芯の強さ、ブレなさに加えて、確かな知性と年齢に似合わぬ落ち着きと貫録を兼ね備えた彼女は、まさしく気鋭の新聞記者といった雰囲気でハマり役でした。

その他、脇の役者も見事。

特に中年の俳優さんたちが日本的社会に染まりながらも別々の行動を取る男たちとして、実在感たっぷりで素晴らしかったです。

自殺してしまう神崎を演じる高橋和也、吉岡の新聞社の上司の北村有起哉、内閣情報調査室の上司多田を演じた田中哲司。この3人が本作を支えています。

特に田中哲司は、冷徹な官僚を人殺しの目で演じており、とあるシーンで杉原に「お前じゃないよな?」と聞くときの表情は、血の気が凍るほど恐ろしかったです。

高橋和也は「人生がままならない中年」を演じれば絶品の俳優。

彼がすべてを背負わされる官僚を演じると、もはや本物にしか見えません(笑)

最近映画に出まくっている北村有起哉の飄々ひょうひょうとしつつ芯のある大人像も見事で、彼が危険なとくダネを報じることを決めるときの葛藤の表現も、さりげなくも見事でした。

その他、西田尚美本田翼岡山天音などの実力派が揃い、話を盛り上げてくれます。

また、東京の街並みを無機質に見せたり、内閣情報調査室の室内を禍々しく映したりと、映像がセリフ以上に雄弁に語ってくれている映画でもあります。

新聞で特報を出す時の輪転機の動きもドラマチックに捉えれられており、映画的に盛り上げてくれます。

ここから話を作るのは私たち

この映画は、新聞記者が官僚の勇気ある告発で、とある政治スキャンダルのスクープを突き止め、それを報じるまでの物語となっています。

どんなスキャンダルかは実際に見て確認してほしいですが、現実に即しつつ、少し飛躍させてありそうな陰謀でした。

しかし、話としてはそこで終わってしまうので「え?不正した政治家は?」となるのですが、この映画はあくまでも現実を風刺したフィクション。

これから先にどう行動するかは私たち観客に委ねられています。

これから先の物語は、この映画を見て解釈して私たちが作っていくのです。

ラストでは、松坂桃李がスクリーンに向かって無音でなにか口を動かすのですが、彼は何を言っていたのか?その解釈も分かれるでしょう。

なんにせよ、確実に見た人間の現実にフィードバックする凄まじい映画でした。

ついに日本でも政治サスペンスの傑作が作られたのです。

これだけで大きな進歩ですね。

映画『新聞記者』まとめ

以上、ここまで『新聞記者』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 現実を見ているとしか思えない切れ味抜群の風刺物語
  • 信念あるキャストと作り手たち
  • これからの現実を動かしていくのは映画を見た私たちです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です