映画『秘密のまほう管理局』あらすじ・ネタバレ感想!新解釈の「ヘンゼルとグレーテル」は、カラフルでポップ!

出典:IMDB

『秘密のまほう管理局』は、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をベースに、斬新な解釈を取り入れたフルCGアニメーション映画。

誰もが知るおとぎ話の魔法の小ネタを現代風なアレンジにしたのが目新しく、勢いのある作品です。仕事一筋の「秘密のまほう管理局」のエージェントの妹グレーテルと、調子のいいペテン師の兄ヘンゼルが、何者にかにさらわれた王さま探す魔法の冒険ファンタジー。

大人になったヘンゼルとグレーテルも美男美女ですが、子供に戻ったふたりも可愛らしく、最後までワクワク感がとまらないアニメならではの魅力を存分に活かした、テンポのよいスタイリッシュな物語です。

ポイント
・王さまがさらわれた!
・「秘密のまほう管理局」のエージェント
・ヘンゼルとグレーテル
・イルヴァイラのたくらみ
・クッキーで魔法をとこう

それでは『秘密のまほう管理局』をレビューします。

\\『秘密のまほう管理局』を見るならここ!!//

Netflixで見る

【ネタバレ】『秘密のまほう管理局』あらすじ・感想


(C)2021 Secret Magic Control Agency Netflix.All Rights Reserved

「秘密のまほう管理局」のエージェント

王さまが、魔術のかかったマカロンやスパゲティーにとらわれ、さらわれた!王の誕生日を3日後に控えた王国では、すぐさま王さま(マーク・トンプソン)を取り戻したいと、首相(マイク・ポロック)は、「秘密のまほう管理局」の局長のエージェント・ステップマザー(ジョーゼット・ライリー)のもとに駆けこみます。

王さまの行方を追う任務を受けたエージェントのグレーテル(シルヴァナ・ジョイス)は、王さまを誘拐した犯人を追いつめたと思ったのも束の間、王さまは見当たらずに途方にくれる始末。

追いつめたサーカス団に捕らわれ密輸される運命にあった人魚や火の鳥の魔法生物を自由したものの、王さまの行方は依然、手がかりのないままでいるのでした。

蔵商店

王さまをさらう、黒魔術のかかったごちそうのスパゲティや空飛ぶ七面鳥がポップで楽しい!魔法のかかったカラフルなマカロンが転がり、あっという間に魔法の世界に誘う冒頭からウキウキがとまりません!

「秘密のまほう管理局」は、王国にいる全魔法使いを把握、魔法の杖はずべて登録されていて、魔薬を調合出来るのもまほう管理局だけと、魔法の悪用を広く取り締まる秘密の組織。

王さまを誘拐した黒魔術を探し出し、取り締まる管理局なずなのに、王さまの行方さえ、わからず八方ふさがりなことに困り果てた局長のエージェント・ステップマザー。

王さまを探すのには、泥棒目線が必要と、手品を使うペテン師のグレーテルの兄のヘンゼル(ニコラス・コルダ)に協力を頼むことにします。

でも、まほう管理局の仕事一筋のエリートのグレーテルは、手品の仕掛けを駆使するマジック・ショーでお守りを売る詐欺師まがいのいい加減な兄のマスター・ヘンゼルと組むのに難色を示すのでした。

蔵商店

好奇心旺盛なヘンゼルが、魔法研究部で、「アラジンのランプ」、「ソーのハンマー」、「パンドラの箱」、「アーサー王の剣」、「指輪物語の指輪」を触って大はしゃぎをするシーンは、誰もが知る魔法の物語に登場するものばかり。現代的なアレンジが面白い『秘密まほう管理局』なのです。

魔法の粉を浴びて子供の姿となったふたり

出典:IMDB

しぶしぶヘンゼルとパートナーとなったグレーテルは、国王の料理人が買い物をする店のリストにあった「シュガー&スパイス」の店に出かけます。

エリートだけど面白味のないグレーテルといかさま師だけどチャーミングなヘンゼルは、兄妹ゲンカをするばかりで、ちっともうまくいかず昔のように仲良くできません。

ぶつぶつ文句を言いながらも、王さまを探すのに協力して店の奥の倉庫に潜入し、お菓子に「命を与える魔法の薬」を見つけたのに、魔法のかかったおバカなカップケーキと巨大なクッキー犬と遭遇してしまい大騒ぎに。

倉庫で魔法の粉を浴びてヘンゼルとグレーテルは子供に、巨大なクッキーの犬も子犬の姿に戻ってしまうのでした。

蔵商店

子どもの姿に戻ってしまったグレーテルの「また学校になんか行きたくなーい!」と嘆くセリフには、思わず笑ってしまいました。

倉庫の巨大な番犬もすっかり、可愛い子犬に変身し、ヘンゼルとグレーテルを盛り立てます!

魔法のバニラ

倉庫にあったバーバ・ヤガー(メアリー・オブレイディ)の作った魔法の粉を浴びて子供に戻ってしまったヘンゼルとグレーテル。魔法をといて元の姿に戻してもらおうと、深い森の奥に住むバーバ・ヤガーを訪ねます。

王さまをさらった犯人が使った「命を与える魔法の薬」が、火山のそばに住む湖の魔女がつくる「魔法のバニラ」だとバーバ・ヤガーからヒントを得たものの、

バーバ・ヤガーが子供を食べるのが好きな恐ろしい魔女だったとわかり、ふたりはお互いの得意なことで機転を利かせ、森から逃げ出すのでした。

蔵商店

童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる、恐ろしい魔女がこんな形で登場!グリム童話が、実はブラックでダークな内容だったことを思い出しました。

バーバ・ヤガーの空飛ぶすり鉢を盗み出し、湖の魔女のいる王国にたどりついたふたり。

そこで王さまを誘拐したのは、黒魔術を扱うイルヴィラ(エリカ・シュレーダー)の仕業だと知ったヘンゼルとグレーテル。

湖の魔女の作る「魔法のバニラ」を盗んでは、イルヴァイラは、自分の作るお菓子に命を与えては手下を増やしていたというのです。

そんな魔女ですらなかったイルヴァイラは、王さまと結婚することで魔女になりたいと、王さまを誘拐したのでした。

蔵商店

フルCGアニメでありながら、イルヴァイラは、妙に艶っぽくて色っぽい(笑)そして「魔法のバニラ」の力で命を吹き込まれたイルヴァイラの作るクッキーやカップケーキの手下たちもおバカなのが、ご愛嬌です。

イルヴァイラのラブ・クッキー

出典:IMDB

湖の魔女のもとに「魔法のバニラ」を盗みにきてつかまっていたカップケーキやクッキーたちを逃がし、イルヴァイラのもとにたどりついたヘンゼルとグレーテル。

黒魔術のかかったラブ・クッキーを食べて、すっかりイルヴァイラのいいなりになっている王さまを救い出そうとしますが、イルヴァイラの応戦にあい、逆にとらわれの身となってしまいます。

ヘンゼルとグレーテルを閉じ込めてしまったイルヴァイラ。その間に王さまを連れて王国に戻り、空からラブ・クッキーをばらまき、王国中を自分の意のままに操ろうとやりたい放題。

なにも知らない王国では、王さまの結婚を知らせる空から降ってくる魔法のクッキーをぽりぽりと食べて、みんながイルヴァイラの魔法にかかってしまってしまうのでした。

蔵商店

王さまも王国のみんなも、クッキーのおかげでイルヴァイラの意のままの人形に・・・・エライことになってしまいます!
王さまの救出に奔走する道中で、いい加減でダメな兄だとばかり思っていたヘンゼルが、本当は優しくグレーテルを陰で支えてきたことを知ったグレーテル。

これまでのわだかまりがとけたヘンゼルとグレーテルの兄妹は、王国を奪おうとするイルヴァイラの悪だくみから、皆を守ろうと閉じ込められたイルヴァイラに飴細工の地下から知恵を絞って脱出します。

ラブ・クッキーの解毒剤を手に、王国に空飛ぶドラゴン・クッキーで急ぐふたりは、果たして王さまとイルヴァイラの結婚を阻止に間に合うのでしょうか?

『秘密のまほう管理局』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

以上、ここまで『秘密のまほう管理局』をレビューしてきました。

色彩豊かで、遊び心に富んだ、ポップな映像を見るだけでも充分に楽しめる『秘密のまほう管理局』。

グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をベースしたというのに、ラストのエージェント・ステップマザーのセリフになるほどねと、合点がいく面白い発想となっております。

エージェントのグレーテルが使うガジェットの光る石も、グリム童話からのエピソードをうまく取り入れているし、イルヴァイラの魔法にかかったお菓子の手下たちも楽しく、どのキャラクターも生き生きと可愛らしく、目が離せません。

要点まとめ
・新解釈の「ヘンゼルとグレーテル」
・おとぎ話と魔法の世界
・空から降るラブ・クッキー
・兄妹は最高のパートナー

小粋でスタイリッシュな『秘密のまほう管理局』は、どんなささいなキャラクターも微に入り細に入り丁寧で愛らしく描かれており、そのカラフルな魔法の世界に、大人も子供の楽しめるファミリー映画で期待を裏切りません!

蔵商店

ぜひご覧ください!
\\『秘密のまほう管理局』を見るならここ!!//

Netflixで見る