佐藤健出演おすすめ映画9選!演技も運動神経も抜群のイケメン俳優!『るろ剣』『バクマン。』『ひとよ』ほか

佐藤健出演おすすめ映画9選!演技も運動神経も抜群の若手筆頭イケメン俳優!『るろ剣』『ひとよ』ほか

出典:映画『るろうに剣心』公式Twitter

様々なジャンルの作品、役柄に挑戦し、単なるイケメン俳優の枠にとどまらず演技者としての実力を発揮してきた佐藤健

アクションをやらせても抜群、イケメンオーラを消した演技もできて、日本を代表する監督たちとも仕事をしてきました。

そんな佐藤健のおすすめ出演映画をまとめてご紹介します!

佐藤健出演おすすめ映画9選!

『るろうに剣心』(2012年)


週刊少年ジャンプの人気マンガを映画化した『るろうに剣心』。

アバターシライシ

実写化が決まってキービジュアルが出た段階で「これは間違いない」と思ったのを覚えています。

それくらい佐藤健の見た目が緋村剣心そのままだったのです。

『るろうに剣心』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

おまけにいざ本編を見たら、普段のとぼけた剣心と抜刀斎になった時の演じ分けも上手いですし、何よりもアクションがすさまじい!

佐藤健の動きが速い上に的確なので、殺陣に段取り臭さがなくて、剣心の強さにしっかりと説得力を持たせていました。

『るろうに剣心』

(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

原作のエピソードの使い方も無理にぎゅうぎゅうに詰め込んだりせず、ちょうどいいところで続編を匂わせて終わってくれる快作でした。

アバターシライシ

この映画を境に昔は酷いものばかりだったマンガ実写化の全体のクオリティがだんだん上がっていったような気もします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『るろうに剣心 京都大火編』(2014年)


るろうに剣心』の大ヒットを受けて、原作でも最大の人気エピソード”志々雄真実編”を2部作で作った内の1作目『るろうに剣心 京都大火編』。

アバターシライシ

アクションも話のスケールもセットの作りこみも豪華キャストぶりも、何倍もパワーアップしており驚かされました。

前作で剣心=佐藤健の強さを見せつけられているからこそ、そんな彼を圧倒する敵役たちの演技・アクションもかなり気合が入っています。

『るろうに剣心 京都大火編』

(C)和月伸宏/集英社
(C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

アバターシライシ

大友啓史監督だけあって福山雅治伊勢谷友介などさらに『龍馬伝』キャストが増えているのも嬉しいポイントでした。

剣心以外のキャラも軒並み超絶アクションを見せてくれるのですが、特に操役の土屋太鳳の動きが凄かったです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014年)


”志々雄真実編”の完結となる第2部『るろうに剣心 伝説の最期編』。

福山雅治演じる比古清十郎と修行したり、様々な敵と戦って全編バトルづくしなのですが、その中でもラストのvs志々雄真実(藤原竜也)との決闘は凄かったです。

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社
(C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

アバターシライシ

マンガだから成り立っていると思っていた志々雄vs剣心、斎藤一、左之助、蒼紫の名シーンがしっかり実写で嘘くさくなく成り立っていることに感動しました。

撮影もぶっ通しの過酷なものだったようで、佐藤健の消耗ぶりもリアルで、そこから放つ最後の技の描写も見事に実写化していました。

このシリーズは全編クオリティが高く佐藤健の代表作と言えるでしょう。

『るろうに剣心 伝説の最期編』

(C)和月伸宏/集英社
(C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

もう続編は見られないかと思っていたら『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が2020年公開されるので非常に楽しみです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『バクマン。』(2015年)


こちらも週刊少年ジャンプで連載されていた人気マンガ「バクマン」の映画化。

佐藤健は主人公のマンガ家コンビの作画担当・サイコーこと真城最高を演じています。

相方のストーリー担当・シュージンこと高木秋人を演じたのは神木隆之介で、『るろうに剣心 伝説の最期編』では剣心と宗次郎で対立していたキャストです。

アバターシライシ

実写化発表当初は私もSNSの意見も「サイコーとシュージンの役柄が逆だろ」となっていたのですが、いざ見てみたらどっちも役ピッタリで「プロの目ってすごいな」と思ったものです(笑)
『バクマン。』

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

原作からの改変も見事で、正直原作ではちょっと余計に思っていた恋愛要素を最小限にして、マンガ家の夢に挑むコンビの青春バディ映画としてきっちりまとまっていたのがとても良かったです。

『バクマン。』

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

サカナクションが担当した音楽も、プロジェクションマッピングを利用した「マンガを作ること」の演出も斬新でした。

アバターシライシ

そして『バクマン。』で一番素晴らしいのは実はエンドロールなので、最後までしっかりお楽しみください。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『何者』(2016年)


桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウの小説を『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『娼年』の三浦大輔が映画化した『何者』は、佐藤健が新境地に挑んだ傑作青春映画です。

『何者』

(C)2016 映画「何者」製作委員会

佐藤健が演じたのは就活に落ちまくっている主人公・拓人。

普通だったら「佐藤健みたいなハイスペックイケメンが就活苦戦するわけないだろ」と思ってしまいそうなところを、目線の動かし方とか、人の話を聞いている時の若干見下している雰囲気とか、自意識が過剰過ぎてがんじがらめになっている承認欲求の塊の大学生を超リアルに演じていました。

アバターシライシ

不思議なことにこの映画では佐藤健がかっこよく見えないのです。服装や髪形も絶妙なんでしょう。

上手くいってないくせに他人を批評してSNSに書きまくっている姿を見ているだけでもつらいのですが、さらにこの映画は後半にどんでん返しで主人公を奈落に落としてきます。

『何者』

(C)2016 映画「何者」製作委員会

そんなつらい映画だからこそ、最後の最後に描かれる拓人のちょっとした成長の兆しがとても爽やかに映ります。

アバターシライシ

見たら自分の就活体験なども絡めて誰かと語りたくなること間違いなしの映画です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『いぬやしき』(2018年)


佐藤健はマンガ実写化の実績が多いのですが、この『いぬやしき』は強烈でした。

そもそも公開当時29歳だった佐藤健が高校生の獅子神皓・役をやっていることも衝撃だったのですが、悪役だけあって逆に高校生には見えない雰囲気がハマってました。

アバターシライシ

ほかにあそこまで冷酷な目ができる人もいないと思います。
『いぬやしき』

(C)2018「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社

悪役初挑戦だったとのことですが、『いぬやしき』を見る限り、もっとたくさん悪役をやってほしいくらいです。

今までにないゾクッとするような美しさがありました。

『いぬやしき』

(C)2018「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社

アバターシライシ

また邦画の限界を超えた機械人間vs機械人間のVFXバトル描写の実現も、佐藤健の身のこなしがあったからこそさらに説得力が増したのではないでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』


大人気ゲームの映画化で2019年夏に物議をかもした山崎貴監督作のCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。

佐藤健は主人公のリュカの声を担当しており、応援したくなる王道主人公を説得力を持って演じていました。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

(C)2019「DRAGONQUEST YOUR STORY」製作委員会
(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

アバターシライシ

またこの映画は終盤に物議を呼ぶ原因になったとあるどんでん返しがあるのですが、そこも佐藤健の複雑な演技があったからこそ成り立っていたと思います。

正直、どんでん返しでわかる種明かしとメッセージには怒ってしまう人が一定数いるのはわかります。

アバターシライシ

ただ個人的にはシネコンでやる佐藤健や有村架純が出演している映画でここまで実験的なことをして見せた挑戦にはグッときました。

どんなどんでん返しなのかはぜひ本編をご覧ください。

『ひとよ』


劇団KAKUTAの同名人気舞台を『孤狼の血』や『凪待ち』の白石和彌監督が映画化したヒューマンドラマ。

子どもたちを虐待していた父を殺して捕まった母親が15年ぶりに帰ってきたことで3人兄妹に動揺が走るという物語で、佐藤健は一番母を恨んでいる次男の雄二を演じています。

『ひとよ』

(C)2019「ひとよ」製作委員会

ひとよ』の佐藤健はまたもイケメンオーラを消して、小説家になりたいけど実際の仕事は風俗ルポライターで、過去を引きずっている男を実在感たっぷりに演じています。

アバターシライシ

長男は鈴木亮平、長女は松岡茉優が演じており、名優3人の演技を見ているだけでおつりがくるくらいの満足感がありました。
『ひとよ』

(C)2019「ひとよ」製作委員会

決してきれいごとで済まない物語でありながら、家族がお互いに本音でぶつかり合った挙句、確かな絆と暖かな感動をくれる映画です、

アバターシライシ

佐藤健作品、白石監督作品の中でも屈指のオススメ作です!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『一度死んでみた』


一度死んでみた』は佐藤健は全然メインキャストではないのですが、とても面白いですし現在絶賛公開中なので紹介します。

新薬で2日間だけ死んでしまった父親を娘が蘇らせるために奔走する本筋のストーリーに加えて、この映画には様々な豪華カメオ出演者が多数おり、毎回笑いをとっていたのですが、佐藤健の登場シーンは特に笑いが大きかったです(笑)

アバターシライシ

ワンシーンだけの出演なのですが、「なぜこの役に佐藤健?」という謎感も含めて妙におかしかったです(笑)

佐藤健以外にも、志尊淳妻夫木聡池田エライザ古田新太竹中直人など超豪華メンツがチラッと出演しているのでぜひ劇場でご確認ください。

佐藤健出演おすすめ映画9選・まとめ

いかがだったでしょうか、ここまで佐藤健のおすすめ出演映画をまとめてきました。

今後の出演作ですが、やはり今年は何と言っても『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2部作が楽しみで仕方ありません!


るろうに剣心 最終章 The Final』が7月3日(金)、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日(金)公開予定です!

そしてアクションだけでなく幅広い役柄ができる佐藤健が今後もいろんな役をやってくれることを大いに期待します。

個人的には『いぬやしき』路線の悪役をもっとやってほしいですね。

▼あわせて読みたい!▼