映画『さんかく窓の外側は夜』あらすじ・ネタバレ感想!人気漫画を志尊淳×岡田将生×平手友梨奈主演で実写化!

『さんかく窓の外側は夜』あらすじ・ネタバレ感想!人気漫画を志尊淳×岡田将生×平手友梨奈主演で実写化!

出典:『さんかく窓の外側は夜』公式ページ

2021年1月22日公開の『さんかく窓の外側は夜』は、雑誌『MAGAZINE BE×BOY』2013年4月号から2021年1月号まで連載されたミステリー・ホラー漫画の映画化で、原作者はヤマシタトモコ。

霊が見える書店員である三角康介みかどこうすけと、除霊師の冷川理人ひかわりひとがコンビとなり、除霊や殺人事件を追っていくストーリーで、一種のブロマンスものとしても楽しめる作品です。

原作と映画では、キャラクターの設定や、結界の描写の違いもあり、比較してみるのも面白いかもしれません。

ダブル主演を演じたのは冷川役の岡田将生と三角役の志尊淳で、息の合った演技見せてくれています。

そして、物語のカギを握っている謎の女子校生・非浦英莉可ひうらえりかを、元・欅坂46の中心メンバーだった平手友梨奈が魅力的に演じています。

映像が持つ独特な雰囲気と、丁寧に描かれる心理描写に思わず見入ってしまう新感覚のホラー映画です。

ポイント
  • ジャンルとしてはミステリー・ホラーですが、それほど怖い描写はされてないのでホラー映画が苦手な人でも大丈夫
  • ダブル主演である岡田将生と志尊淳のバディものとしても充分に楽しめます
  • 刑事の半澤役を演じた滝藤賢一が光っています

それでは『さんかく窓の外側は夜』をネタバレありでレビューします。

『さんかく窓の外側は夜』作品情報

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

作品名 さんかく窓の外側は夜
公開日 2021年1月22日
上映時間 102分
監督 森ガキ侑大
脚本 相沢友子
原作 ヤマシタトモコ
出演者 岡田将生
志尊淳
平手友梨奈
マキタスポーツ
新納慎也
桜井ユキ
和久井映見
筒井道隆
滝藤賢一
北川景子
音楽 戸波和義

【ネタバレ】『さんかく窓の外側は夜』あらすじ


三角と冷川の出会い

少年時代の三角康介は霊が見えると言ったことから、周囲の少年たちに「幽霊なんているわけない」と、虐められていました。

堤防の上から、用水路で遊ぶ少年たちを見ている三角少年。

時は流れて、三角康介(志尊淳)が横断歩道上で見た幽霊に怯えているのを、冷川理人(岡田将生)が偶然目にします。

働いている書店で、三角はまた霊に遭遇しますが、そこに冷川が現れ、背後から三角の胸に手を回します。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

そして霊に手をかざして、あっさりと除霊完了。

三角の霊が見える能力を理由に、除霊の助手として欲しいと事務所に勧誘します。

冷川は三角のように、はっきりと霊が見える能力がなかったからです。

書店時給の2倍出すと言う言葉に惹かれ、三角は冷川の事務所で働くことを決め、契約を交わします。

そんなある日、複数の女性を殺した容疑で逮捕されていた男が、拘置所で自殺するという事件が起きます。

バラバラに切断されて発見された被害者たちの遺体は、まだそれぞれ一部が見つかっていない状況。

そして未発見の部位をつなぎ合わせると人間の形になるという事実から、刑事の半澤(滝藤賢一)は昔から知っている冷川に遺体の捜索を依頼します。

警察に恩を売ろうと考えた冷川は、三角とともに遺体を捜索します。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

やがて廃墟で見つかる、つなぎ合わされた遺体。

三角はそこで今までにない禍々しい霊を感じますが、その霊は「ヒウラエリカ」という名前を告げます。

霊能力女子高生・非浦英莉可

遺体は「穢れ」を集め、遠隔的に人を呪う装置のようなものだと、三角に教える冷川。

殺人の容疑者だった男は、ヒウラエリカに利用され、動かされていたとの確信を持ちます。

そして謎めいた女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)は、呪いをかけるための装置が発見されてしまったことを感じるのでした。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

数日後、半澤からの依頼で、ある物件を調査に行く冷川と三角。

半澤の「信じない力」を結界として利用し、三角と一緒にうらびれた怪しい雑居ビルに足を踏み入れようとした冷川ですが、雑居ビルには圧倒的な「穢れ」があり、冷川たちの侵入を感知した英莉可の反撃に遭い、三角は気を失ってしまいます。

三角は冷川には内緒で、半澤にヒウラエリカを調べて欲しいと頼みます。

雑居ビルは「穢れ」を吸い取って溜める「貯金箱」のようなものと言う冷川。

冷川は呪いと、呪いを解く両方をするビジネスについての考えを三角に語り、そのためヒウラエリカを放置していたのかと三角は怒り仕事を辞めると言って事務所を出て行きます。

三角は半澤に会い全国のヒウラエリカを調べたが、何もわからなかったと教えられました。

半澤は事務所を辞めたと言う三角に、冷川は昔、ある新興宗教団体で起きた信者同士の凄惨な殺し合いの生き残りで母親もその事件で亡くしていたことを教えます。

一方、女子高生の英莉可は、母が通り魔に殺害された後、新興宗教にのめり込んだ父親のため、宗教団体の指導者「先生」(筒井道隆)のため、呪いの能力を使うことを強制されていました。

「貯金箱」を見に来た英莉可は、非番で妻と買い物に来ていた半澤と遭遇。

事情を訊こうとする半澤から逃げるために呪いをかけようとしますが、「信じない」半澤には効きません。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

そこで半澤の妻・冴子(桜井ユキ)に呪いをかけ、隙をついて逃亡します。

半澤からの連絡、半澤宅に駆けつけた三角ですが、すでにやって来ていた冷川に呪いが強力すぎて打つ手がないと聞かされ、思わず食ってかかりました。

半澤は2人を帰宅させます。

しかし帰る途中で、2人は英莉可にいつも付き従っている逆木(新納慎也)に拉致され、顔から血を流して倒れている英莉可を治すよう脅されます。

英莉可は、呪いの反作用を受けていたのです。

見捨てようとする冷川ですが、半澤の妻を助けることにつながるかもと三角に言われ、仕方なく三角の能力を使って解呪を行ないます。

解呪中に英莉可の過去を見た冷川は、英莉可の属する団体の「先生」が、幼い頃自分のいた宗教団体にいた男と同一人物だと知りました。

英莉可は無事目を覚ましますが、半澤の妻にかけた呪いは「貯金箱」を使ったため制御できないと言います。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

「貯金箱」を管理していたのは英莉可ですが、作ったのは「先生」だったからです。

冷川は手を引こうとしますが、三角は呪いを解くため1人で「貯金箱」を破壊することを決意。

三角は子どもの頃、霊が見えると言ったことで苛められ、そのため友人を救わなかった事実をずっと引きずっていたのです。

英莉可は呪いにわざと自分の名前を残し、誰かにみつけて欲しかったと話し、三角を手伝うと申し出ます。

穢れに立ち向かえ

「貯金箱」に向かおうとする2人ですが、雑居ビルの中は先に進むのが困難なほどの「穢れ」に満ちています。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

英莉可が「穢れ」を引き受けてくれている間に、部屋の奥へ進む三角。

しかし、「穢れ」によって過去のトラウマを引き摺り出されたことで、倒れてしまいます。

「穢れ」がビルの外に漏れ出たことで、街では事件が多発し始め、半澤は事件の中心地である雑居ビルに向かいそこで冷川と遭遇。

異常を察知した「先生」の信者も現れ、冷川は半澤にその場を任せて、三角を助けるためにビルの中へ入っていきます。

冷川は三角を助けて外へ出ようとしますが、「貯金箱」を壊すため先へ進もうとし続ける三角。

そして冷川が「穢れ」の元となっているカレイドスコープを見つけたことで、失っていた幼少期の記憶を取り戻してしまうのでした。

三角は冷川の精神の中に入り、過去の出来事を目撃します。

実は冷川は昔、除霊の能力を持っていたことで新興宗教の教祖として祀り上げられ、母親の愛情すら受けられない部屋で暮らしていた過去があったのです。

後の「先生」に呪いのかけ方を教えられた冷川はたまっていた怒りを爆発させてしまい、宗教団体の人間たちがお互いに殺し合うよう呪いをかけてしまいます。

殺戮中、愛する母親が他の信者に殺されるのを見てしまった冷川は、ショックで記憶を失っていたのです。

そして「先生」は、呪いをかけられた信者たちの殺戮によって集められた「穢れ」の装置として、冷川が持っていたカレイドスコープを混乱の最中に持ち去っていました。

記憶を失い1人生き残った冷川を助けたのが、半澤だったのです。

絶望する冷川に嫌っていた能力と向き合えたのは冷川のおかげだと感謝の気持ちを告げる三角は、精神世界の中で冷川の手を取ります。

そして無事に「穢れ」は消え去り、「穢れ」に飲み込まれかけていた英莉可も解放され、半澤の妻も回復します。

ビルの外では信者たちも半澤や警官に捕らえられ、事件は無事終結したのでした。

三角は、自身の能力をついに母親(和久井映見)に打ち明けますが、驚くほどあっさりと受け入れられ安堵します。

冷川は、三角と交わした契約書を破棄します。

一方、普通の女子高生としての日常を送り始めた英莉可でしたが、教室の自分の席に座った英莉可の腕には不気味な黒い線が走り始め…。

【ネタバレ】『さんかく窓の外側は夜』感想

公開記念舞台挨拶

2021年1月22日(金)に公開された『さんかく窓の外側は夜』。

公開翌日には、公開記念の舞台挨拶の模様が2回、全国300館以上の劇場で生中継されました。

登場したのはダブル主演の岡田将生、志尊淳、主要キャストの1人である平手友梨奈、そして森ガキ侑大監督の4人。

くりすくりす

私が観たのは、2回目の回。岡田くんと平手ちゃんの衣装が素敵で、特に岡田くんのスタイルの良さが、ダークカラーのスーツで際立っていました。

4人のあいさつの後、事前に映画の公式SNSで募集した質問に答えるという質問コーナーになりました。

岡田くんが引いたのは、映画タイトルであいうえお作文を作るというもの。

くりすくりす

岡田くんだけでなく、檀上の4人全員で作文を作成したのですが、映画の内容がまったく含まれない「参拝しよう/家族で行こう/車で行こう/また来週/どこまでも」というもので、すかさず志尊くんがツッコミを入れていました(笑)

志尊くんへの質問は、言葉を伝える時、気を付けていることや、心がけていることは?で、答えは「見ないで判断するのではなく、自分が見たものを信じて、判断するようにしようと思った」というもの。

平手ちゃんは2回目に鑑賞する時の注目ポイントを訊かれ、衣装や美術に注目してもらえたら嬉しいと、個人的な注目ポイントを挙げてくれました。

監督は漫画原作の作品のため、寄せたところと変更点という質問で、原作との違いは三角のキャラクターを少し変えているとのこと。

くりすくりす

鑑賞した感想では、確かに原作と三角くんの性格が違うと思いました。志尊くんの雰囲気には、実写の性格の方が合っている印象です。

いやに急いでいる印象の質問コーナーは各1問ずつで終了しましたが、ここで主演の1人岡田くんから他の3人へのサプライズで花束の贈呈が!

岡田くんの感謝の言葉に、3人とも本当に嬉しそうで微笑ましかったです。

くりすくりす

志尊くんが岡田くんをまーくん呼びしていて、仲が良い雰囲気が伝わってきたのも良かった。バディものは、やはり2人のケミストリーが大事ですからね。

そしてその後、今度は志尊くんからのサプライズで、前日に書いたという3人に向けた手紙の朗読が!

監督には感謝の気持ちを平手ちゃんには心のこもった励ましやアドバイス、気にかけているんだなと伝わるたくさんの優しいメッセージ、そして岡田くんにも心からの言葉が綴られていて思わずしんみり。

岡田くんが感極まって、言葉が詰まってしまうという一幕も。

くりすくりす

最後は監督の熱いメッセージで終わり、間違いなく志尊くんの手紙の朗読が1番尺を取った舞台挨拶でしたが(笑)、撮影現場も絶対に殺伐としていない楽しい現場だったのでは?と思わず想像してしまうような和やかな雰囲気に終始包まれていました。

大正解のキャスティング

ホラーと言っても、人間ドラマとしても観られる本作『さんかく窓の外側は夜』は、ダブル主演の2人、岡田&志尊のバディものとしての面も大きいです。

原作者のヤマシタトモコさんはもともとBL作品も手掛けていて、原作はある意味「匂わせBL」とも呼ばれていますが、実写映画ではかなりこの「匂わせ」部分がないように感じました。

くりすくりす

何せ原作では、除霊シーンがちょっとエロティック(笑)なのです。実写でアレはやれないよね、という。

事件の捜査が進行していく中、だんだんとお互いを知るようになり、やがて信頼するようになっていく絆が102分という時間で描かれています。

本来ならドラマなどで時間をかけてもっと深く掘り下げて欲しかったと思えるくらい、演じた俳優2人の相性も良くそういう意味では少し残念と思うくらいです。

くりすくりす

2人のキャラクターも正反対で、一緒にいるとなお魅力的になるんですよね。やはりバディものはビジュアルも性格も2人揃っての化学反応が大事。

また、主演2人に負けず劣らず重要なキャラクターを演じた平手友梨奈と滝藤賢一が全編通して光っていました。

謎の女子高生・非浦英莉可役の平手さんは、元々の雰囲気が原作のキャラクターにもっとも近いこともあり、キャスティング的には大正解。

ミステリアスで、不安定で、孤独で、複雑な非浦英莉可に本当にピッタリでした。

そして作品をピシッとしめてくれたのが、刑事・半澤日路輝役の滝藤賢一です。

霊の話をまったく信じていないのに、冷川に捜査協力を依頼している刑事の半澤は一番安定した存在で、無精な刑事と思いきや愛妻家であり、冷川のこともずっと見守ってきたという美味しいキャラクター。

そんな半澤を演じたのが、名バイプレイヤーとも言われる滝藤さんです。

原作の半澤とはイメージが少し違いますが、滝藤さんのさすがの演技力で、スクリーンに映る度に思わず惹きつけられます。

くりすくりす

平手さんと滝藤さんの2人は、まさに適役だったと個人的には思います。

本作の魅力を棚上げしたのは、キャスティングの妙でしょう。

しかし、まさかの北川景子の無駄遣いには思わず失笑でした。もったいなさすぎる。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

もう少し出番あるかと…これこそ本当に「友情出演」だったんでしょうね。

本当に怖いのは、霊ではなく「人間」

本作『さんかく窓の外側は夜』の夜は、SNSが発達したことで、悪意ある言葉を簡単に発したり、拡散したりできてしまう世の中であることへの注意が改めて必要と感じさせてくれる作品です。

もちろんメリットも多いSNSですが、簡単に悪意を呟けることで、誰かを傷付けたり、追い込んでいることにならないかと、思わず考えさせられます。

使用する世界での「言葉」が「穢れ」を含む「言霊」になってしまうこと。

『さんかく窓の外側は夜』では、その「穢れ」によって引き起こされる凄惨な事件が描かれ、刑事である半澤は幽霊よりも人間が怖いと口にします。

本編でも霊が人間を殺すわけでなく人が人を殺しているわけで、結局人間こそが「穢れ」なのではないかという結論が導き出されそうです。

くりすくりす

霊はみな白い服で、人間が黒い服という表現がまた象徴的で…。

とは言っても、冷川、三角、英莉可という利用されたり疎外されてきた3人が、他人を信用するようになり、誰かと繋がりを持ち、自分自身も人も助けるという救いのある展開なので後味はそこまで悪くありません。

『さんかく窓の外側は夜』

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

難を言えばもう少し絆を深めていくシーンを入れてくれれば、クライマックスのカタルシスが増したと思うのでそこが少し残念です。

ホラーと言っても、いきなりの大きな効果音、あからさまなカメラワークで驚かすわけでなく映像で見せるタイプの表現なので、人間ドラマとしての面が強調されるのも新感覚です。

その分、純粋なホラーやオカルト映画を期待すると、肩透かしをくらうでしょうね。

さて、主役たちに人間的な成長が見られたと言っても、『さんかく窓の外側は夜』の物語的には謎はまだまだ残っています。

「先生」の正体や、英莉可の腕に現れた黒い線などなど。

バディの絆がより深くなり謎に迫っていく姿が見たいので、シリーズ化、もしくは同キャストでのドラマ化が希望なのですが、果たしてどうなるか。

今後の続報を期待したいと思います。

くりすくりす

ものすごくミーハーな感想としては、「ダブル主演が眼福、平手ちゃん可愛い、北川景子が綺麗だった」です。特に主演クラス3人のファンは、見て損なしですよ!

『さんかく窓の外側は夜』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

以上、ここまで『さんかく窓の外側は夜』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • ホラー描写はマイルドなので見やすいですが、スプラッタやゴア描写が苦手な人は少し注意が必要です
  • バディムービーとしても、トラウマを抱えた人間が成長する姿を見る人間ドラマとしても、充分楽しめます
  • ラストは続編制作に含みあり。シリーズ化を希望したいです