『ランウェイで笑って』声優/キャラ・あらすじ・ネタバレ感想!モデルとデザイナーを目指す2人の熱い物語!

『ランウェイで笑って』声優・キャラ・あらすじ・ネタバレ感想!モデルとデザイナーを目指す2人の熱い物語!

出典:『ランウェイで笑って』公式ページ

ランウェイで笑って』は「週刊少年マガジン」で連載中の猪ノ谷言葉の漫画のアニメ化です。

「これは私、藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語」

「そして僕、都村育人がトップデザイナーに至るまので物語」

トップモデルを目指す少女とファッションデザイナーを志す少年の物語です。

ポイント
  • ファッション・モデル業界を描いた作品
  • 根性のあるヒロインがかっこいい
  • 夢に向かって頑張る姿が熱い

それではアニメ『ランウェイで笑って』をネタバレありでレビューします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ランウェイで笑って』声優・キャラクター紹介

花守ゆみり / 役:藤戸 千雪

  • 身長158㎝ながら、パリコレモデルを目指す女子高生
  • 幼いころからモデル活動をしてきたが、10歳の頃から身長が伸びていない
  • 何ごとにも屈せず夢に向かって前向きでひたむき
  • 諦めが悪く、負けず嫌い
  • 父の事務所「ミルネージュ」に所属している

花江夏樹 / 役:都村 育人

  • ファッションデザイナーを目指す男子高生
  • 母子家庭で、3人の妹を持つ長男
  • 経済的に苦しい生活を送っている
  • 小さい頃から服を作るのが好き
  • 優しく、穏やかな性格

茅野愛 / 役:長谷川 心

  • 服飾芸華大学の1年生
  • ファッションデザイナーを目指している
  • 身長は181cmあり、モデルとしての才能を持つ
  • モデルの仕事を好きになれず辞めたいと思っている
  • 気弱でいつもおどおどしている

【ネタバレ】『ランウェイで笑って』あらすじ・感想


決して夢を諦めない千雪の熱さに惚れる!

本作『ランウェイで笑って』のヒロインである千雪は、パリコレに憧れ、幼い頃からモデルとして活躍していました。

小学生ながら身長は158cm。

将来は高身長のトップモデルになるだろうと誰もが期待していました。

しかしそれ以来、千雪の身長が伸びることはありませんでした。

パリコレに出るには最低でも175cmは欲しいと言われています。

ショーモデルは身長が重要視される世界。

158cmしかない千雪はパリコレには出られない、モデルは務まらないと誰もが言いました。

そして千雪の父でもある、ミルネージュの社長にクビにされてしまいます。

諦めない千雪は、クビになったミルネージュのオーディションに何度も挑戦していました。

身長をごまかすために高いヒールを履いたりと、足掻いてみせましたが、審査員を務める事務所の先輩モデル・雫にはっきりと言われてしまいます。

「千雪、無理なの。諦めて」

それでもめげない千雪。

学校で提出する進路希望表には「スーパーモデル」改め「ハイパーモデル」と書き込みます。

merikomeriko

厳しい世界ですね…。千雪はまだ高校生なのに、芯があって強いですね!

自分よりも家族のために。心優しい育人の気持ち。

クラス全員の進路希望表を集めなければならない係の千雪は、育人に提出するよう催促に行きます。

被服室にいた育人はパリコレのDVDを見ながら、見よう見まねで服を作っている最中でした。

興味を持った千雪は育人が作った服のコレクションを見せてもらうことに。

お金がないので色んな布を合わせて作られた服たちが部屋いっぱいに溢れていました。

本当に服作りが好きなのだなと感心した千雪は育人に言います。

「なればいいのに。ファッションデザイナー」

それに対して、僕なんてと消極的な態度を見せる育人。

本当は専門学校に通いたい育人ですが、大事な妹たちのために就職を考えているのです。

ファッションデザイナーにならなくても、妹達や知り合いに服を作って喜んでもらえればそれでいいと、心の底にある夢を押し込めているのでした。

merikomeriko

育人の優しさに胸がキュッとなりました。貧富の差がなければ…なんて考えてしまいました。

無理と決めつけていたのは自分自信…!?

育人に高卒でもファッションデザイナーになれるか問われた千雪は「無理なんじゃない」と即答します。

自分が知っているデザイナーたちはみんな専門学校や大学を出ているから、無理なのだと思った千雪。

しかし自分が発した「無理」という言葉は、今まで千雪がさんざん言われてきた言葉でした。

無理と言われても、そんなの誰が決めたのだと諦めずに食らいついてきた自分が、他人にこうも簡単に「無理」と決めつけてしまった。

そのとき千雪は、育人に言ったはずの言葉が、そのまま自分に跳ね返ってくる感覚に陥ります。

無理なんかじゃないと奮い立たせ、他事務所のオーディションを受けると、その場で合格。

千雪は少し自信を取り戻します。

merikomeriko

千雪は美人だしスタイルもいいし精神的にも強いので、タレント性があることは間違いないですね!

千雪の目指す本当のハイパーモデルとは

進路希望表を受け取った教師が、ハイパーモデルとは何なのかと尋ねます。

そこで初めて、千雪は答えを出します。

「ハイパーモデルは、パパの事務所、ミルネージュからパリに出て活躍するモデルのことです」

他でもないミルネージュでなければ意味がないことに気が付いた千雪は「もう諦めない。やること全部やってやる」と、前向きさを取り戻します。

そして向かったのは育人のところでした。

「私が一番魅力的に見える服作って!」

merikomeriko

「ミルネージュ」を日本語に訳すと「千雪」つまり、父が愛娘の千雪を想って立ち上げた事務所なのです。いくらモデルになれてもそのミルネージュでなきゃ、意味がないんですね。

千雪のモデルとしてのオーラ

雫は、千雪に諦めさせるために才能がないと言い続けるしかないと腹をくくっていました。

それは雫にとっても酷なことですが、千雪が一番辛いことを雫は分かっています。

千雪は再び、ミルネージュのオーディションに向かいます。

衣装を身に纏い、堂々たるウォーキングを見せる千雪に、雫は目を奪われます。

158cmのパリコレモデルはありえないはずなのに、千雪の歩く姿に、「パリ」を見た雫は1%の可能性を感じます。

そして千雪は晴れて合格します。

「私じゃなくなっちゃうんだよ、諦めちゃったら」

merikomeriko

いい台詞ですね…!グッときて涙を浮かべました…!

育人の運命の歯車が回りだす!

千雪はオーディションの直前に、ミルネージュの前で街角スナップの撮影を受けていました。

そのとき千雪は、とっさにミルネージュの服だと嘘をついてしまいます。

その写真が雑誌に掲載され、さらにフォロワーを数300万人持つ人気モデルが「この服カワイイ」とツイートすることによって、瞬く間に広がっていきます。

ミルネージュには問い合わせの嵐。

しかし本当は、千雪が身に着けていた衣装はミルネージュの服ではなく、育人の作ったものでした。

そこで育人は、ミルネージュの社長にある提案を持ちかけられます。

「千雪に作った服のデザインを買い取らせてほしい」

「うちでデザイナーをしてみないか」

これをきっかけに、夢を諦めかけていた育人の人生が大きく動き出します。

merikomeriko

育人にもチャンスが!千雪と出会わなければ早々に諦めていたでしょう。これも巡り合わせです。

モデルの才能を持つ少女の葛藤

服飾芸華大学に通う長谷川心は、ファッションモデルとして類まれなる才能を持っています。

身長181cmという武器を持ち、スタイル抜群、何より「オーラ」があります。

しかし本人はモデルの仕事に対して好意的ではありません。

心の本当の夢はファッションデザイナーになることだったのです。

心のマネージャーは心のモデルとしての才能を認め、彼女をトップモデルに導くために動きます。

当然心がデザイナーを志すのを阻止しようと邪魔をします。

気の弱い心は、モデルを辞めたいと言っても強引に仕事を入れるマネージャーに強く出ることができず、結局中途半端な気持ちのまま仕事に臨みます。

ある日、千雪が必死の思いで掴んだ仕事の現場に、心がメインモデルとして現れます。

いくら心がモデルの仕事を拒否していても、その才能は確かなもの。

その場にいたモデル達はひるんでしまいます。

千雪は結局、身長が低いせいで見栄えが悪くなるからと、外されてしまいます。

心は手先が荒れており、これでは使えないとスタッフが話しているところを見た千雪は、心に対し怒りや悔しさを覚えます。

自分はどんなに努力をしてもモデルとして認めてもらえないのに、才能に恵まれたあなたはなぜ、と。

その思いを心本人にぶつけると、本当はファッションデザイナーになりたいことを明かします。

ボロボロになった手は、毎日服を作り続けているからなのです。

それは心の努力の証。

心の事情や思いを知った千雪は、心と手を組むことを決めます。

大学で行われるコンテストで心と千雪のタッグで結果を出したら、モデルを辞めさせてもらう約束を取り付けたのです。

気の強い千雪と気の弱い心の相性は最悪に思えましたが、目的の達成のためにお互いをさらけ出しながら突き進みます。

千雪は低身長でもモデルができるということを証明するために。

心はマネージャーに認めてもらえるように。

merikomeriko

気が弱いために流されながら生きてきた心が、自分の意思で己と戦う姿に感動しました!それほどに夢と真摯に向き合っているのでしょう。

それぞれが夢に向かって1歩踏み出す

心は見事、芸華大学のコンテストで優勝します。

その結果にマネージャーは心の進みたい道を応援することに決めます。

そんな心のファッションショーのモデルを務めた千雪には、雑誌の専属モデルの話がかかります。

育人もこのコンテストに参加していましたが、10位以内にすら入ることができませんでした。

コンテストを経て、それぞれの未来が動き出します。

いい結果を残すことができなかった育人にも、大学の学園長から募集要項を渡されます。

それはまぎれもなく、育人に才能や可能性を感じてもらえたという証拠です。

千雪の専属モデルの話を聞いた育人は、悔しさを自覚します。

「もう、誰にも負けたくない」

千雪と育人はこれからもライバルなのです。

merikomeriko

千雪と育人の関係、素敵ですね!友達であり時に仲間であり、ライバル。ライバルの存在って大きいですよね。

『ランウェイで笑って』まとめ

要点まとめ
  • 夢を諦めない姿に感動すること間違いなし
  • 千雪の堂々たる生き様がかっこいい!
  • ファッションが好きな人におすすめ
  • 自分も何か頑張りたいと力が湧いてくる
  • 夢がある人もない人も、勇気がもらえる

ランウェイで笑って』をレビューしてきました。

ファッションに興味がある人はもちろん、ない人も夢に立ち向かう主人公たちに勇気をもらって熱くなれる必見のアニメです!

▼動画の無料視聴はこちら▼