『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ・ネタバレ感想!シリーズ史上最高に泣けるラスト!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ・ネタバレ感想!シリーズ史上最高に泣けるラスト!

出典:U-NEXT

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開から1年後の2016年に公開されたスピンオフ作品です。

ポイント

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』について、ネタバレありでご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』作品情報

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

作品名 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
公開日 2016年12月16日
上映時間 133分
監督 ギャレス・エドワーズ
脚本 クリス・ワイツ
トニー・ギルロイ
出演者 フェリシティ・ジョーンズ
ディエゴ・ルナ
リズ・アーメッド
ベン・メンデルソーン
ドニー・イェン
チアン・ウェン
フォレスト・ウィテカー
マッツ・ミケルセン
アラン・テュディック
音楽 マイケル・ジアッキーノ
ジョン・ウィリアムズ

【ネタバレ】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ・解説


『ローグ・ワン』はエピソード4の答え

2016年に公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を繋ぐ物語です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

たった1発の攻撃で惑星1つを破壊することができる銀河帝国軍の武器・デス・スター。
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

出典:IMDB

『スター・ウォーズ エピソード4』では、デス・スターを破壊する展開が描かれるわけですが、今作では

  • デス・スターに弱点があること
  • デス・スターの設計図が反乱軍に渡った過程

が描かれることになります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

そこで焦点が当てられるのがデス・スターの設計者となったゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)とその一家。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

帝国軍にてデス・スターの設計に関わっていたゲイレンはデス・スターの危険性を知り途中で設計を放棄、帝国軍から逃れ妻と娘とともに暮らしていたのですが、デス・スター完成のために帝国軍のクレニック長官(ベン・メンデルソーン)に再び連れ戻されてしまいます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

その時に命からがら逃げ出したゲイレンの娘が、今作の主人公であるジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)です。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

マルコヤマモトマルコヤマモト

ジンは父親が不在になってからは革命家のソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)に育てられることに。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

さらに、ゲイレン・アーソはデス・スターを完成させたものの、デス・スター内に「とある弱点」を隠し、その情報を帝国軍のパイロット、ボーディー・ルック(リズ・アーメッド)に託して脱走させます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

なんと、ゲイレンはデス・スターの中心部に起爆装置を秘密裏に設置。リアクター部分を攻撃すればデス・スター全体を破壊できるように仕組んでいたのです…!

ゲイレンからのメッセージをソウ・ゲレラに届けるボーディーでしたが、信用されずに捕らえられてしまいます。

ジンと反乱軍の出会い

マルコヤマモトマルコヤマモト

成長したジンはソウ・ゲレラのもとを離れ、偽名を使って幾度も犯罪に手を染めながら暮らしていたところを、反乱軍が仕向けたドロイドのK-2SO(アラン・テュディック)に救出されます。

そして、反乱軍から過激な行動が目に余るソウ・ゲレラとの仲介役を買って出たジンは反乱軍のスパイ、キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)と手を組み、ソウ・ゲレラのアジトがある惑星ジェダへ向かいました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ジンとキャシアンはジェダでかつての寺院の守護者であるベイズ(チアン・ウェン)とチアルート(ドニー・イェン)と出会いますが、その後ソウ・ゲレラの手下に捕らえられてしまいます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

数年ぶりに再会したジンとソウ・ゲレラは、ボーディーが持参したゲイレンからのホログラムメッセージを再生し、帝国軍の兵器デス・スターに隠された弱点の真実を知ることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかしその頃、帝国軍のクレニック長官指揮のもと、デス・スターのスーパーレーザーの試験が行われようとしており、ジェダはその標的になっていました。

通常よりも威力の小さい砲撃であったにもかかわらず、ジェダの聖なる都付近は完全に破壊されてしまいます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

ジン、キャシアン、チアルート、ベイズと解放されたボーディーは、間一髪宇宙船でジェダを後にしました。

悲しき父娘の再会

その後一行は、ゲイレンを保護するために惑星イードゥの研究施設へ向かいます。

しかし、キャシアンは反乱軍リーダー格からゲイレンの暗殺を命じられていました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

同じ頃、帝国軍のクレニックも情報漏えいの犯人を探すために研究所を訪れ、ゲイレン立ち研究者を呼びつけ「名乗り出ない場合は全員射殺する」と脅迫したのです。

ゲイレンが名乗り出るものの、クレニックはゲイレン以外の研究者たちをトルーパーたちに全員射殺させ、ゲイレンの顔を殴りました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

岩場からその一部始終を見ていたキャシアンは、クレニックとゲイレンのやり取りを見てゲイレンの暗殺を躊躇します。

しかし、タイミング悪くキャシアンからの情報を得ていた反乱軍の部隊が研究所を襲撃し始め、爆撃に巻き込まれたゲイレンが負傷。

マルコヤマモトマルコヤマモト

たどり着いたジンの胸の中でゲイレンは息絶えたのでした。

『ローグ・ワン』の意味とは?

反乱軍のもとに戻ったジンたちは、帝国軍が開発しているデス・スターの危険性を報告し、帝国の軍事基地がある惑星スカリフへの攻撃を進言します。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、反乱軍のなかには降伏を主張する者や、ジン、ボーディーの出自から情報を信用できないものが現れ、攻撃の申請が却下されてしまったのです…。

どうしても帝国軍に対し一矢報いたいジン、ゲイレンに恩があるボーディー、惑星ジェダを帝国軍に破壊されたベイズとチアルートに対し、キャシアン率いる反乱軍特殊部隊の面々が協力を申し出ます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

反乱軍が押収した帝国軍の貨物船に無断で乗り込んだジン一行に対し、管制塔がコールサインを求め、ボーディーがとっさに「ローグ・ワン」と答えました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみにタイトルにもなった「ローグ・ワン」ですが、「Rogue」にはもともと、悪漢・悪役・ごろつきなどという意味があります。

スカリフの攻撃は反乱軍によって承認されませんでしたが、「それでもやってやる!」と集まったのは未認可のメンバーばかりでした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

コールサインを求められ、自分たちを見回したボーディーの口からこぼれ落ちた言葉が「ローグ・ワン」だったというわけです。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の結末は…

マルコヤマモトマルコヤマモト

惑星スカリフに到着したローグ・ワン一行は2手に分かれ、ジン、キャシアン、K-2SOはタワー内のデータ保管庫へ向かい、他の部隊は侵入を援護するための陽動作戦を開始します。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

スカリフでの動向を知ったラダス提督率いる反乱軍艦隊は、評議の決定を待たずスカリフへ独断へ出撃、さらに大規模な戦争が避けられないと悟ったベイル・オーガナ議員(ジミー・スミッツ)は、旧友のオビ・ワン・ケノービに助けを求めるために特使を派遣することに。

デス・スターの設計図の容量が大きすぎるため、反乱軍に送信することが不可能だと知ったキャシアンは、ボーディーに帝国軍の通信システムを乗っ取り反乱軍に事実を報告するように命じます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

そんなキャシアンとジンのもとにもクレニックが迫っていました。

圧倒的に数で劣るローグ・ワン一団が次第に帝国軍に追い詰められるなか、K-2SO、キャシアンが敵の攻撃に遭い戦線を離脱してしまいます。

通信システムを乗っ取る一連の戦いでも、ボーディー、スイッチを押したチアルート、ベイズが次々に命を落としました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「フォースは我と共にあり、我はフォースとともにあり…」のチアルートの台詞と奇跡的なラストには誰もが涙するはず…。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

彼らの犠牲によってもたらされた情報により、反乱軍艦隊がシールドゲートへの攻撃を開始し、破壊に成功します。

その頃タワーの屋上の送信機付近にてデータを送信しようとしていたジンでは手負いのクレニックに追い詰められますが、怪我を負いながらもかろうじて追いついたキャシアンの銃撃でクレニックは倒れ、2人はデータを送信したあとタワーから退避しました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、その頃デス・スターが惑星スカリフの軌道上に現れます。

帝国軍のターキン総督(ピーター・カッシング)はスーパーレーザーのパワー出力を最大にし、スカリフへ向けて撃ち込みました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

スーパーレーザーのパワーでタワーはクレニックを巻き込んで壊滅、また、デス・スターの設計図を送信し「希望」を残したことを確信したジンとキャシアンも、爆風に飲み込まれたのでした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ですが、まだまだ絶望は終わらず、設計図のデータを受信した反乱軍の艦隊の前にダース・ベイダー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)率いるスター・デストロイヤーが現れたのです。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ダース・ベイダーは設計図のデータが入ったディスクを奪うために自ら出撃しますが、反乱軍の兵士たちの手から手へと渡されたディスクは、最終的にベイル・オーガナ議員の娘、レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)の手元に渡ります。

多くの犠牲を払って手に入れたこの設計図こそが「希望」と語るレイアを乗せ、宇宙船はハイパースペースへジャンプしていきました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここで、物語は終わります。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想

『スター・ウォーズ エピソード4』がすぐに見たくなる!

まさに、「死して屍拾う者なし」という言葉がぴったりな、ローグ・ワンのメンバーにとってはなんとも言えない悲しすぎる結末でした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

作戦に関わった登場人物が全員命を落としているわけですよね…。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

ラストのバトルシーンで惑星スカリフの空に現れた巨大な「デス・スター」にゾッとし、宇宙船に現れたダース・ベイダーの強さには絶望しか感じられません。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から観ていると、デス・スターもダース・ベイダーもすでに存在するものとして捉えているので、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でのこの描写にはドキッとしました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

2つともこれほどの威力を持っているものだったんだ…という恐怖を新たに感じたわけです。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、ラストに登場するのはキャリー・フィッシャーが長年演じたレイア姫。

キャリー・フィッシャーは2016年に亡くなっていますが、今作ではCGや生前のストック・フッテージを使って見事に蘇りました。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

レイア姫のセリフ「希望です」がこんなに力強く感じることはなく、感動を呼びます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ』シリーズを何度も観ている人にも、新たな感動と発見を与える作品です。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

フォースもライトセーバーも登場しない『スター・ウォーズ』ではあるのですが、本シリーズをも凌駕してしまうほどの重厚な物語が『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』には濃縮されていると思いました。

チームを構成するキャラクターが魅力的!

マルコヤマモトマルコヤマモト

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、登場人物たちが非常に魅力的!

まず、ならずものたちを率いる主人公ジン・アーソが女性ということが新しく、新たな女性ファンの獲得にも一役買っています。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

ジンはルークやレイアとは違い自分の出自がわかっていることが行動の原動力となり、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、ジン自身が「自分の存在意義は何か」「自分には何ができるのか」を問う物語になっています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

演じているのは『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズで、今作では今までの「カワイイ」イメージから一転、身体を張ったアクションを披露!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「女子に観てほしい」というフェリシティ・ジョーンズの願いも投影されたジン・アーソのキャラクターはより魅力的に仕上がりました。

そして、最も注目を集めたのが香港のアクションスター、ドニー・イェンが演じるチアルート・イムウェとチアン・ウェンが演じるベイズ・マルバス。


マルコヤマモトマルコヤマモト

「パパはヒーロー!」と2人ともお子様からの絶大なる後押しを受けての出演となったわけで、そのエピソードだけでも感動してしまいます。

ジンとキャシアンが訪れた惑星ジェダの宗教組織の守護者であるチアルートとベイズ。

マルコヤマモトマルコヤマモト

2人のコンビネーションが抜群なほか、特筆すべきは盲目のチアルートの驚くべき身体能力!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

厳しい心身鍛錬によって磨き上げた技術と相棒ベイズの助けにより、大勢のストームトルーパーを相手にしても引けを取らない戦いぶりを見せてくれました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

もちろんアクションデザインはドニー・イェン自身によるもので、監督のギャレス・エドワーズは「この人、人間じゃない…!」と思ったということです。ドニーさんみたいなすごい人が居るってことを世界はもっと知って…!

比較的温厚なチアルートに対して情熱的かつ冷静なベイズが戦闘の際は互いに助け合う様子や、頑固なチアルートにベイズが呆れながらついていくという毎度の展開があるからこそ、2人のラストが余計悲しく感じます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、『スター・ウォーズ』シリーズには欠かせない存在であるドロイド。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にはキャシアン・アンドーの相棒としてK-2SOというドロイドが登場します。

もともとは帝国軍のセキュリティー・ドロイドでしたが、キャシアンに再プログラムされ、反乱軍の仲間になりました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

自分を再プログラムしてくれたキャシアンのことを父親のように慕っており、キャシアンもまたK-2SOをたった一人の親友として共に行動をしています。

帝国軍ドロイドの見た目をしているため、ローグ・ワンの作戦遂行にも役立つ存在でしたが、人懐っこさもあったためキャシアンとジンを守るために自分の命を捧げた瞬間は、なんとも悲しいものでした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

敵も味方も登場人物ほぼ全員亡くなっちゃうので、観ているうちに愛着が湧いてくる分、正直めちゃくちゃしんどいです…。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のキャスティングは、女性とメキシコ系男性が主人公、チームを構成する主要メンバーにアジア人俳優2人を起用するなど興味深い一面もあります。

SNSでのみんなの感想・評判

マルコヤマモトマルコヤマモト

スピンオフなのにあまり期待せずに鑑賞したら、涙が出るほど感動したという感想多数!

ここまで本編にギリギリ絡んでいくスピンオフも珍しいのではないでしょうか?

さらにラスト、満を持して登場するダース・ベイダーの強さにはもはや絶望感しか無いという見せ方が上手すぎる。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

敵を強力に強大に見せる演出は、2014年版『GODZILLA ゴジラ』を手掛けたギャレス・エドワーズ監督ならではの手法です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみに↑のラストシーンで監督自身も出演しています。良い役どころ! 

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

シリーズ初のスピンオフ作品となった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』についてご紹介しました!
要点まとめ
  • 初のスピンオフ作品にして観客から「泣ける!」と好評価を得た驚くべき作品
  • 香港のアクションスター、ドニー・イェンの存在を世界中に知らしめた!
  • スター・ウォーズ』シリーズ本編の感動も高める非常に重要な位置づけになった

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』開始直前までの戦いを描いた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、とても悲しい結末を迎えます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかしながらジンたちの活躍で、希望は無事にレイア姫へ受け継がれました。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

単なるスピンオフ作品としてでなく、本編に関わるまでのギリギリ加減を楽しめる展開がとてもエキサイティング!

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、この後すぐに『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を観たくなることは間違いないでしょう。

死と隣り合わせのミッションをなんとかクリアしたローグ・ワンのメンバーにも、この続きを観てほしかったな…と思うとやはり胸が痛みます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

気になった方はぜひ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をご覧ください!きっとあなたの新しい『スター・ウォーズ』への扉が開かれるかもしれません…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい▼