【主演:小栗旬】ドラマ『リッチマン、プアウーマン』キャスト・あらすじ・ネタバレ・見逃し動画情報まとめ!

出典:ビックカメラ.com

『リッチマン、プアウーマン』は、2012年7月〜9月期のフジテレビ月9枠で放送され、当時は『リチプア』などの略称で注目されていたラブストーリーです。

主演は小栗旬さん、ヒロインは石原さとみさんです。

お互いが精神的に成長して、惹かれ合うといった「男性のカッコよさ」などをテーマにして制作されました。

スペシャルドラマも放送され、今でも再放送などで視聴することができますが、本当にキュンキュンするドラマです。

それでは、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』を紹介していきたいと思います。

『リッチマン、プアウーマン』ってどんなドラマ?

『リッチマン、プアウーマン』ってどんなドラマ?

世界的な不景気&経済難が続く中、facebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグのように、アパートの一室や、自宅のガレージで始めた会社が10年足らずで年間100億円以上の利益を生む会社に成長してとんでもない富を手にする、夢のような人生を歩む人々も一部に存在します。

それは、海外だけでなく日本でも、ネットゲームやアプリケーションソフト、ネット通販など、いわゆるIT関連企業を立ち上げてわすか数年で富と名声を手にした成功者は1人や2人ではありません。

その一方で、日本では2011年の大学卒業後就職率が史上最低を記録し、2012年に多少上向きに転じたものの、働きたくても働けない、意中の企業に就職したくても適わない人々がいるのも現状。

このドラマは、そんなリアルな現実の中でのシンデレラストーリーに挑戦します。

人間的に欠落した部分が多分はあるけれど、偶然と運でフォーブスにも掲載されるビリオネアになったIT企業社長・日向徹(小栗旬)。

将来困らないようにと、勉強や資格取得を励んできたにも関わらず、就職先がいまだ見つからない東大生・澤木千尋(石原さとみ)…。

生活スタイルも異なれば、価値観もまるで異なる2人の恋は、果たして成立するのでしょうか?
出典:フジテレビ

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』主要キャスト

日向徹(小栗旬)

  • 29歳という若さで「NEXT INNOVATION」の代表取締役社長を務め、個人サイトの運営から始め、2004年に現在の副社長である朝比奈恒介と共に設立した会社が成功。
  • プログラマーは3ヶ月ごとに契約更新していき、利益を上げられない者は更新日に日向からの一通の解雇メールだけで解雇されてしまう。
  • 殻に閉じこもる性格は、過去に母親に捨てられてしまったことが原因なのだが、夏井真琴との出会いで少しずつ性格も変わっていき、真琴に一緒にいてほしいという想いが強くなっていく。

夏井真琴/澤木千尋(石原さとみ)

  • 23歳で東京大学理学部の4年生。
  • 要領が悪くて緊張してあがってしまったりするが、記憶能力には非常に長けているのですが、東京大学には浪人してから入学。
  • 就職活動もうまくいかずに、日向徹に出会い最初は偽名を使って会社に入るのだが、徹の才能や性格に惹かれていき、彼のことを支えたいと思い始める。
  • エステル製薬での研究所でバイトを始め、ブラジルに行くことになってしまうのだが、果たして徹への想いを伝えることはできるのでしょうか。

朝比奈恒介(井浦新)

  • 36歳。「NEXT INNOVATION」で取締役執行役員・副社長であり燿子の兄でもある。
  • 大手通信会社に在職中に徹との出会いにより、彼の才能に可能性を感じて、会社を二人で作り上げたのだが、日向に憎しみを募らせてしまう出来事で、彼のことを陥れようと裏でで工作をしていく。
  • 真琴に惹かれていくが、自分のモノにならないので、ここでもまた徹に嫉妬してしまい、クーデターを起こした。

朝比奈燿子(相武紗季)

  • 恒介の妹で、25歳。
  • 「NEXT INNOVATION」が入っているビルで、レストランのチーフシェフを務めていたのだが、以前から徹に想いを寄せている。
  • 真琴とはライバル関係になり、兄・恒介のことも心配してはいるのだが、徹が自分に振り向いてくれないことで少し苛立ちを見せている。
  • 徹が真琴に惹かれていると知り、身を引き、二人が結ばれることを望んでいる。

山上芳行(佐野史郎)

  • 「NEXT INNOVATION」の取締役執行役員兼投資育成事業本部長。
  • 経理も担当しているが、朝比奈からヘッドハンティングされて、現在徹と朝比奈と一緒に会社を立ち上げた。
  • 徹から無理難題を言われたりはしていたが、二人の夢をひそかに応援していたので、内心は楽しんでいた。

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』あらすじ

『リッチマン、プアウーマン』あらすじ

日向徹(小栗旬)は、29歳にして時価総額3000億円とも言われるIT企業「NEXT INNOVATION」を率いる注目の若手社長。

日向に可能性を感じた朝比奈恒介(井浦新)が会社設立を持ちかけて、8年前に大学が開放した古い学生会館の一室から会社をスタート。瞬く間に成功を収めた。

一方、澤木千尋(石原さとみ)は、東京大学理学部という学歴ながら就職が決まらず面接に奔走する日々を送っていた。

そんなある日、面接に向かう途中で、「NEXT INNOVATION」が入る高層ビルが目に止まった。

ハイセンスな職場と、そこで働くオシャレな人々。

就活用のスーツに履き古しのローヒール姿の自分とは何かが違う、とため息をもらす。

そのころ、日向は朝比奈と取締役の山上芳行(佐野史郎)を前に、戸籍をインターネット上で管理するシステムを作る計画を明かした。

日向は、国が着手する前に自分たちがやるんだと意気込むが、山上は、初期投資だけで会社の金が吹き飛んでしまうと難色を示す。

数日後、千尋は「NEXT INNOVATION」の会社説明会にやってくる。

学生で埋め尽くされた会場の最前列に千尋が座ると、ステージに日向が現れた。

そんな日向を舞台袖から朝比奈が見守っていると、朝比奈の妹の燿子(相武紗季)も様子を見に来る。

日向は、自分の話を終えると、学生に質問を始めた。

最前列の端から指名する中、ついに千尋の番になった。

いきなり内定数を聞かれた千尋は、正直にゼロだと明かした。

すると日向は、東大卒でも内定がもらえない時代なのか、それとも千尋によっぽどの欠陥があるのかと、千尋を値踏みするように見て…。
出典:FODプレミアム

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』を視聴できる動画配信サービス

『リッチマン、プアウーマン』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月7日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』はFODプレミアムによる独占配信となっています。

FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『リッチマン、プアウーマン』感想レビュー

日向徹の葛藤(小栗旬)

徹(小栗旬)は、不器用なところもあって、人に頼ったりするのが苦手なのですが、恒介(井浦新)だけには頼ることも任せることもできていました。

自分が信用できる相手は、恒介だけだったのですが、本当は母親の姿を追い求めていました。

自分は母親に捨てられてしまって、本当に辛かったのかもしれないのですが、その分パソコンに集中したり、誰かのためになるように目の前の仕事に一生懸命になってしまっていました。

一生懸命にやってくれる人や新しい風を吹き込んでくれる人や、向上心がある人のことを採用している所があって、彼が人を見る目はあるはずだったのですが、人の名前をろくに覚えることができないという特徴があります。

ですが、恒介に裏切られてしまって、「NEXT INNOVATION」から立ち去った後についてきてくれた真琴(石原さとみ)に感謝しているのですが、その後一緒に事業を再開してくれた3人の男性にも感謝していたのです。

もっと一緒に頑張りたいと思ってくれている真琴の気持ちに応えようとして、人の名前を覚えることに必死になったり、自分で営業をしたりするなど、性格もどんどん変わっていきました。

その中で、感謝だけではなく真琴の性格に少しずつ惹かれていき、一度は燿子(相武紗季)に気持ちが向いた瞬間があったのかもしれませんが、急に離れていってしまった真琴に一度は気持ちを伝えようとして玉砕してしまいます。

でも「NEXT INNOVATION」にどうしても戻るきっかけがあり、もっと自分の気持ちに正直ならないといけないと思い行動を起こしていきます。

恒介(井浦新)の想いと葛藤

恒介は、徹の存在感や気が抜けている所が今までにない存在で、注目しました。

徹の存在を気に入り、二人で一緒に会社を設立しようと会社を辞めて、徹と一緒に会社を立ち上げて「NEXT INNOVATION」という大きい会社まで作り上げます。

ですが、真琴が現れたことや、徹の傍若無人の発言や尻ぬぐいなどをしていると、自分が上に立ちたいという思いが出てきてしまいました。

そして、真琴へ惹かれていたのもあり、想いが叶わないと知った瞬間に、徹のある発言でクーデターを起こそうと決断します。

最後まで徹のことを考えているふりをしていましたが、クーデターは無事に成功し、その悲しい裏切りにより、会社の社長にはなることができました。

だけど、クーデターを起こしたことにより、仕事はしやすくなったと従業員は思っているのかと考えていましたが、実は徹の時にあった活気が一気になくなってしまっていました。

徹に勝ちたいと思うばかりで、何も手につかず、罪を犯してしまい、どん底まで落ちてしまいます。

「NEXT INNOVATION」は倒産の危機に陥った時に助けてくれたのは徹で、面会に来てくれた燿子や徹のことも最初は避けていましたが、徹の熱意に負けて最後には二人の友情は少しずつ戻り始めます。

徹の存在に心を苦しめながらも、自分のことをもっと知りたいと思っていたり、自分の可能性を試したいと思っていたんじゃないかと考えていました。

真琴(石原さとみ)の想い

真琴は最初、澤木千尋という偽名で徹に近づきますが、彼が仕事に熱心になっている姿を見ていると、少しずつ心が惹かれていきました。

偽名であることを謝りましたが一度は徹を怒らせてしまい、会社を解雇されてしまいますが、徹が危機に陥っていることを知り、徹のことを助けたいと思い始めます。

会社から解雇されてしまったことで、徹は失意に陥って会社から静かに去ろうとしますが、真琴は徹を一人にしておけないと付いていきます。

徹と新しい場所に道に進むために、写真を撮り、新しい会社を立ち上げます。

資金も最初はなく、仕事もありませんでしたが、徹の頑張りで少しずつ会社も軌道に乗ってきました。

真琴は自分のことを諦めてまですべてを注いで、徹の元で頑張っていましたが、燿子の想いに気づき、徹も少しずつ変わってきたので、傍から離れようとしました。

エステル製薬で働きながら、徹のことを陰ながら見ていたのですが、会社の決定でブラジルに行かないといけないことになり、徹に何も告げずに行こうとしますが、徹が会社まで訪ねてきたことで、徹への感情を確信します。

最後まで徹には想いは告げませんでしたが、徹が最後にブラジルにいく前に、空港に来てくれたことで、気持ちを伝えてくれたことがうれしかったみたいです。

ブラジルには行かないといけないけど、徹とは想いが通じあったので、やっと笑顔になることができた真琴は無事にブラジルに飛び立つことになりました。

ここまで、真琴もいろいろ葛藤していたけど、本当に二人の気持ちが通じてよかったと思いました。

徹は真琴のことをいつから好きと確信したのかは定かではなかったけど、特別な存在であったことは確かだったのではないのでしょうか。

とにかくハッピーエンドで終わったことが本当にうれしくて、最後に徹と抱き合っていたところが一番感動しました。

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』まとめ

最後には、ブラジルに行っても離れていないように、二人がいつでもそばにいられるように自分がしてあげると、徹の男らしい意見が二人の想いを繋げました。

今まで、怖い顔しか見せていなかった徹も笑顔になっていましたし、真琴と出会ったことで全てが変わって行ったのではないかと思いました。

恒介も燿子も本当に幸せになってほしいですし、友情関係も戻ると嬉しいです。

スペシャルドラマもぜひ皆さんにご覧になってほしいですし、続編希望の一押しドラマです。

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』を視聴できるVODは?

u-next

FODプレミアム

FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です