『恋慕』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!秘密を抱えた世子の切なく悲しい宮廷ラブロマンス!

恋慕

出典:Netflix公式ページ

Netflixが独占配信している『恋慕』のご紹介です。
脚本は『とにかくアツく掃除しろ!』のハン・ヒジョン、演出は『僕が見つけたシンデレラ』のソン・ヒョンウクです。

ある重大な秘密を抱えながらもカリスマ溢れる世子、そんな世子を取り巻く政治や人間関係が繊細に描かれている作品です。

世子を演じたパク・ウンビンは『ブラームスが好きですか』では大人しい音大生の役、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』では自閉スペクトラム症を抱える役など演技の幅が広い女優さんです。

時代劇なので映像はもちろん衣装や音楽にも注目して観てほしい作品です。

ポイント
・SF9のロウンが世子イ・フィの初恋の相手として出演。
・重大で絶対にバレてはいけない秘密を抱えた世子の運命やいかに・・・。
・注目の若手俳優が多数出演しているのも見どころです!

『恋慕』の主演・注目キャスト

【パク・ウンビン】(役:世子【イ・フィ】)

・重大な秘密を抱えている世子
・色白でツンとしていて気難しい
・本当は亡くなった双子の兄になりすまし世子となった双子の妹(タミ)
・文武共に優秀

【ロウン(SF9)】(役:司書【チョン・ジウン】)

・世子侍講院の書筵官
・優秀で科挙に合格するも鍼灸師となった
・子供のころタミに出会っていて、タミが初恋の相手
・明るく楽天的、強い信念を持っていて誠実

【ナム・ユンス】(役:王家の親族【イ・ヒョン】)

・世子フィと兄弟のように育った皇族
・世子が女だと気が付いているが静観している
・頭が良く周囲の状況をよく見てい、常にフィの味方

【チェ・ビョンチャン】(役:世子の護衛【キム・ガオン】)

・無口で謎が多い人物
・武道に長けていてただ黙って世子の護衛に集中している
・時折、不可思議な行動や視線を見せるも理由は不明

【ペ・ユンギョン】(役:吏曹判書の娘【シン・ソウン】)

・父が吏曹判書
・世子妃の座を狙っていた
・ジウンに出会い恋をしてひたむきに想っている

【ネタバレ】『恋慕』あらすじ・感想


タミが世子になった理由

当時の朝鮮では双子は不吉だとされていました。

そこで生まれた双子の妹タミは生まれてすぐに命が尽き死んだとされ、宮廷の外へと出されてしまいます。

しかしタミは呼び寄せられるように宮廷で働くことになります。

世孫フィは自分にそっくりなタミを宮廷内で見かけて驚き母に報告しますが、その話を二度とするなと一喝されてしまいます。

Tomomo

自分にそっくりなタミを見て驚いただけなのに怒られて不思議な気分だったでしょうね。

そんな時、フィの師匠である先生が捕まってしまいます。

何の嫌疑かわからないフィは納得がいかず調べるために、タミに代役を頼みます。

宮廷の外に出るためには影武者が必要だったのです。

宮女の格好で難なく世孫殿から脱出しましたが、昔死んだはずの双子の妹だと勘違いされ殺されてしまいます。

世孫のフィが死んだ事を隠すためタミが世孫を演じることになります。

Tomomo

育った環境が全然違うタミに果たして世孫が務まるのか・・・。

タミとジウンが出会ったのもこの頃です。

洗濯ものを落としたタミを追いかけて秘密の場所に入り込んだジウン、そのジウンに追いかけられたタミは世孫から借りた本を池に落としてしまいました。

その本を拾おうと池に飛び込もうとしたタミを止めようと揉み合っているうちに2人一緒に池に落ち、溺れて気を失ったジウンは人工呼吸でタミに助けられます。

ジウンはこの時、タミに恋をしましたがフィの死が2人を引き裂いてしまいました。

10年後世孫が世子になりジウンと再会

狩りに出かけた世子フィはその途中で何者かに襲われます。

結っていた髪が解け、胸に巻いていた晒しも解けてしまい身を隠してそれを直している時でした。

薬草を探しに山に入ったジウンに出会います。

ジウンはもちろんフィを女だと認識します。

本来なら殺されても仕方ないシチュエーションでしたが、フィは二度と会うことはないだろうと思いジウンを生かしました。

Tomomo

どこからどう見ても女性なんですけどね・・・。

ジウンはフィの心配を知る由もなく王宮で司書として働くことになります。

山で出会った女性がフィだとは気付かないジウンでしたが、同じ時間を過ごしているうちにフィに対して女性に抱くような感情を持つようになります。

フィもまたタミだったころジウンに出会い、ジウンに対して特別な感情を持った過去があることから、ジウンを意識し始めます。

Tomomo

見た目や態度を変えることができても心を思い通りにするのは難しいですよね。

お互いに意識しつつも世子としてフィは秘密を打ち明けるわけにもいかず、ジウンもまた同じように苦しんでいました。

フィがなんとかジウンを遠ざけようとする中、ジウンは正直にフィへ気持ちを伝えます。

全て自分が背負っていく、ただ世子様を慕っているとストレートに伝えたジウンでしたが、フィは世子妃を迎えることとなります。

フィとジウンに未来はあるのか

フィに気持ちを伝えるも王宮を離れることにしたジウン。

そんなジウンにフィは秘密を打ち明けます。

自分が女であるとジウンに打ち明けたのです。

このまま王宮を離れ女としてジウンの傍で普通の幸せを手に入れたいと思うフィでしたが、父である王様が亡くなり王宮へ戻ることに・・・。

ジウンもまた王宮に戻り王となったフィの傍でフィの精神的な支えとなります。

Tomomo

フィが自分の気持ちを初めて言葉にしたシーンはグッと来るものがありました。

その後フィは王位を巡る戦乱に巻き込まれることになります。
そんな中フィが女であることも公になり、宿敵と共にフィは毒を飲みました。

しかし、一命を取りとめたフィ。

新たな王となったヒョン(ナム・ユンス)の計らいで烹刑に処されることになります。

”烹刑”とは罪人を死んだことにして生存の記録を全て消してしまう刑です。

こうして長年フィとして辛い人生を送っていましたが、タミとしての人生を取り戻すことができました。

王宮から離れジウンと共に幸せそうに海岸を散歩する2人のシーンでエンディングです。

『恋慕』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめ

”今までずっと夢を見ていたようです。
とても長くて、恐ろしくて、美しい夢を・・・”

ラストシーンの海岸を2人で散歩しているシーンでエンドロールが流れる中、タミのこのナレーションが流れます。

現在のこの幸せな時を夢なのではないかと捉えるのではなく、今までのフィとして生きて来た長い人生を夢を見ていたようだと語ったのは印象的でした。

双子で生まれた運命を生まれた瞬間から背負い、苦しみながら生きて来たタミと、尊敬していた父親の醜態に愕然とし生きて来たジウン。

2人が幸せに笑っているシーンがエンディングでよかったと心から思いました。

雰囲気がとてもお似合いの2人でしたね。

全20話と少し長いですが、じっくりゆっくり観てほしい作品です。

\\『恋慕』を見るならここ!!//

Netflixで見る