『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』第26話あらすじ・ネタバレ感想!いきなり心の痛む展開に…

『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』第26話あらすじ・ネタバレ感想!いきなり心の痛む展開に

出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』公式ページ

Re:ゼロから始まる異世界生活』は、2016年4月から9月の間、第1期が放送されました。

Re:ゼロから始まる異世界生活』は、「死に戻り」という奇妙な能力を持ったナツキ・スバルが、大切な人を守るために何度も死んでループし戦うダークファンタジーです。

2020年7月から『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』の前半がスタートします!

▼動画の無料視聴はこちら▼

『Re:ゼロから始める異世界生活 第1期』のあらすじと振り返り


転生した先で、自身が死ぬことによって、記憶を持ったまま時間を巻き戻す「死に戻り」の力を身に着けたスバルはエミリアと出会います。

探し物をしているという彼女の手伝いをするため共に行動しますが、はらわた狩りに惨殺されてしまいました。

エミリアを死なせてしまったスバルは、今度こそ彼女を救うと誓います。

死に戻りによって過去を繰り返し、なんとかエミリアを守ったスバルは、エミリアの住むロズワール邸に住まわせてもらうことになります。

そこでレム、ラム、ベティたちに出会い、スバルの大切な人が増えていきました。

最初はスバルを嫌っていたレムも次第に心を開き、レムにとってスバルは「英雄」となります。

ひょんなことから、スバルとエミリアはすれ違ってしまうのですが、そんな中、魔女卿がエミリアの命を狙います。

スバルはエミリアを救うため、何度も死んで過去に戻り、魔女卿と戦います。

魔女卿を倒したスバルは、エミリアと向き合い、お互いの気持ちを素直に伝えることができたのでした。

【ネタバレ】『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』第26話あらすじ・感想


レムの存在が消えた!?

大罪司教の「怠惰」を倒したスバルは、エミリアと共に王都に戻ります。

その道すがら、スバルはレムの話を持ち出しますが、エミリアが放った言葉は残酷なものでした。

「レムって、誰のこと?」

白鯨はたしかに倒し、レムは先に帰っていたはずなのに、レムが忘れ去られてしまっていたのです。

merikomeriko

やっとここまできたのに、まだ地獄が待っているのかと思うと、胸が苦しくてたまりません。

新たに現る魔女卿

白鯨を倒し先に王都へ戻るレムとクルシュ一行。

そこに、敵襲を受けます。

敵は大罪司教の「強欲」レグルス・コルニアスと「暴食」ライ・バデンカイトス。

圧倒的な強さにクルシュは腕を切り落とされ、重症を負います。

魔女卿を許さないレムは応戦しますが、ライに押し負けてしまいます。

そしてライはこう言います。

「ごちそうさまでした」

merikomeriko

新たな魔女卿…!狂っていて、恐怖を感じます。

レムはなぜ目を覚まさない?

王都に着き治療を受けている人々の中で、スバルは必死になってレムを探します。

ようやく見つけたレムは、昏睡状態に陥っており、どんな魔法を使っても回復することはないと言われます。

スバルはレムを救うために自殺を図りますが、戻ったのはエミリアと共に王都へ戻る龍車の中。

もうすでにエミリアがレムの記憶を失った後でした。

暴食の能力は、人の名前と記憶を食べる力です。

その両方を食べられた者は、ぬけがらの状態になってしまうというのです。

つまりレムは名前と記憶の両方を暴食に食べられてしまったのす。

周囲の記憶からも消し去られ、目を覚ますことのない体になってしまいました。

重傷を負っていたクルシュは、治癒魔法によって腕は回復していましたが、記憶のみを食べられ記憶喪失の状態になってしまいました。

merikomeriko

レムの肉体があってよかった!この状態ではもうそれしか希望を見出すことができません…

クルシュの芯の強さと、フェリスとの絆

スバル、エミリア、フェリス、クルシュ、ヴィルヘルムの5人で話し合うことになりました。

そこでフェリスは、同盟を解消したいと申し出ます。

魔女卿に狙われているエミリアに協力し続けることによって、クルシュを危険な目に遭わせたくないというフェリスの思いからでした。

しかしクルシュは、フェリスの思いを汲み取った上で、何も知らないまま流されるのは嫌だと、はっきりと断言します。

「何かを選ぶなら、誰かの言いなりではなく、自分の意思で選びたい」

クルシュの言葉によって、同盟は継続されることになりました。

merikomeriko

記憶を失っているのに、自分の意思をしっかり持っているクルシュの根っこの部分は変わっていませんね!

なんとかしてあげたい

眠り続けるレムの側から離れないスバルのところに、心配したエミリアがやってきます。

エミリアはレムのことを覚えていませんが、助けてあげたい、どうにかしてあげたいと思っていることをスバルに伝えます。

「スバルが助けてくれたみたいに、今度は私もスバルを助けたい。スバルが傷ついているなら、なんとかしてあげたい」

そんなエミリアに、スバルは「エミリアでよかった」と心から思います。

そして一つ、エミリアにお願いをします。

「後ろ向いててくれ。ちょっと泣く」

そしてレムを必ず取り戻すことを決意します。

merikomeriko

声を押し殺して泣くスバルと一緒に私も泣きました。

『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』第26話あらすじ・ネタバレ感想:まとめ

第2期一発目から、かなり苦しい展開でした。

初めて死に戻りによってやり直せないという試練が立ちはだかりました。

これからスバルは、どう魔女卿と戦っていくのでしょう。

気持ちを通わせ合ったエミリアの活躍も期待したいです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第27話も続けて読む▼