『外科医ポン・ダルヒ』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめ!イ・ヨウォン×イ・ボムスの医療ドラマ!

『外科医ポン・ダルヒ』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめ!イ・ヨウォン×イ・ボムスの医療ドラマ!

出典:U-NEXT

2007年に放送され大人気だったドラマ『外科医ポン・ダルヒ』。

韓国有数の大病院「韓国病院」に、田舎の島から1人の女性が研修医としてやってきます。

そんな彼女の名はポン・ダルヒ。

彼女は幼い頃から心臓が弱く、幾度も手術を重ね辛い日々を過ごしてきたからこそなりたい胸部外科医の夢を実現させるため、この韓国病院へ挑むのですが…。

それではさっそく、感動の医療ドラマ『外科医ポン・ダルヒ』をレビューしていきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『外科医ポン・ダルヒ』キャスト

イ・ヨウォン / 役:ポン・ダルヒ

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:U-NEXT

  • 韓国病院の胸部外科研修医1年目
  • 自らも心臓の病を抱えているが、血のにじむような努力をしている
  • 単純で素直で情熱的な、バカがつくほどの正直者

イ・ボムス / 役:アン・ジュングン

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:U-NEXT

  • 韓国病院胸部外科のエース外科医
  • ライバルは同じ外科医のイ・ゴヌク
  • ゴヌクと仲のいいダルヒが気に入らない

キム・ミンジュン / 役:イ・ゴヌク

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:U-NEXT

  • 韓国病院外科の両利きの天才外科医
  • 患者にも、女性にも優しいカリスマ的存在
  • チェ・ムンギョンとの子が自分の子でないことを知り離婚した過去がある

オ・ユナ / 役:チェ・ムンギョン

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:U-NEXT

  • 韓国病院小児科の専門医で、イ・ゴヌクの元妻
  • 一人息子がゴヌクの子ではないのを隠してきたが、バレて離婚
  • だが依然としてゴヌクを愛している

【ネタバレ】『外科医ポン・ダルヒ』あらすじ・感想

自らの病を”胸”に夢を目指すポン・ダルヒに注目!

自ら心臓の病を負い、小さな頃から走ったりできなかったり、さらに結婚しようとしていた人に直前で振られたりと、いろんな損をしてきたポン・ダルヒ。

そんな彼女が大病院の胸部外科の研修医として挑むわけですが、内容はとにかく「波乱万丈!」です。

ダルヒは研修開始時からミスの連発で、挙句の果てに処置ミスで助かるであろうだった患者を死に追いやってしまいます。

それに激怒したのが、ダルヒが島で初めて会った無表情で傲慢な外科医アン・ジュングン。

アン・ジュングンにぼろくそに言われたダルヒはもはや医師としての自信を失いかけるのですが、そんなダルヒを密かに励ましてくれたのが優秀な外科医イ・ゴヌク。

彼の励ましと的確な指摘のおかげで、自信と医師を続ける覚悟を取り戻したダルヒは、気持ち新たに頑張っていきます。

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:BS11

かとリーニョかとリーニョ

研修医としてまだ右も左もわからないダルヒが、いきなりスーパー外科医イ・ゴヌクといい感じになったりして『おい!ダルヒ!?大丈夫か!?」と思うのですが、これも彼女の人柄なのかなとドラマを見ていると思えてきます。

ガッツリ医療系ドラマではなく、ちゃんと恋愛も入れてくれていて癒しになっています。

そんな研修にも恋にも真直ぐ立ち向かうダルヒは、中盤からしっかり実力をつけていきます。

しかし、やはり、無理ががたたったのでしょうか?

ダルヒはまた心臓の手術を受けることになります。

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:BS11

ダルヒが手術を受けるころにはいろいろあってすでにアン・ジュングン先生は、ダルヒと恋仲になっています。

そのため手術もアン先生に任せるのですが…。

ダルヒはこのまま無事に復活し「胸部外科医」として一人前になっていくのか!?

そして、アン先生との恋仲はどうなるのか!?

かとリーニョかとリーニョ

ぜひご覧頂きたいと思います。

ドラマ初主演!?映画歴の長い実力派俳優イ・ボムス

胸部外科医の天才的医師アン・ジュングンを演じる映画界ではベテランの域に達している実力派俳優イ・ボムス

2007年の『外科医ポン・ダルヒ』でデビュー17年目にしてなんとドラマ初主演という意外な経歴を持つ彼。

韓国映画をよくご覧になられる方なら、『カンナさん大成功です!』や『ビューティ・インサイド』など一度は見たことあるくらい主役級でも脇役でも出演作品は多いです。

幼い頃に経験したある事件が深い傷になり、冷酷に振舞っているが、実はとても不器用で心優しく男らしいアン・ジュングンを熱演しています。

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:BS11

かとリーニョかとリーニョ

手術や救急処置などのシーンでは、冷静沈着に顔色一つ変えず演じており、実力派だなぁと思いました。

また、恋仲になったダルヒがいきなり倒れてしまうのですが、彼女を手術する前日の病院のロビーでのダルヒにキスをするシーンでは絶妙な演技でひと時の「キュン」となる雰囲気をかもし出してくれるのです。

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:BS11

この『外科医ポン・ダルヒ』以降、立て続けにドラマ出演を果たし、どれも大ヒットしていきます。

ドラマに映画に今後も見逃せない俳優ですね。

ジュングンとゴヌク、外科医同士の対立

医療系・病院系ドラマには必ずと言っていいほど、「医科内派閥対決」があります。

外科医ポン・ダルヒ』も同じ外科ではありますがどちらが院長になるかと、そしてダルヒを巡ってアン・ジュングンとイ・ゴヌクが争います。

『外科医ポン・ダルヒ』

出典:BS11

昔からよく知った仲なのですが、どうもダルヒ以前から敵対していたようです。

ゴヌクは韓国病院外科長の甥にあたり、そしてなんとアン・ジュングンは外科長が父親、つまり2人は従兄弟同士なのです。

彼らはとある事件で絶縁状態になりましたが、韓国病院への勤務が決まり仕方なく顔を合わせることになるのです。

かとリーニョかとリーニョ

このような「医科内争い」も注目してみていただければと思います。

『外科医ポン・ダルヒ』まとめ

外科医ポン・ダルヒ』はただの医療系ドラマではなく、キャラそれぞれに過去の深い傷があって人間味のあるドラマになってます。

また、恋愛要素もしっかり含まれ、かなりボリュームがあり、見ごたえのあるドラマ構成になっています。

「どんな状況であっても、決して夢は諦めない」

「一生懸命やれば、周りはみんな見ていてくれる、そして助けてくれる」

そんな今の現代に大切にしていかなければならないメッセージ性のあるこのドラマ。

「ポン・ダルヒの一生懸命さと、明るさに元気をもらえる!」、「面白かったのでぜひ再放送を!」と再放送のリクエストがかなりあったようです。

ポン・ダルヒの一生懸命さと、後半の恋の駆け引きにどっぷりはまってしまう韓国ドラマ『外科医ポン・ダルヒ』、ぜひぜひご覧頂きたい作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼