『ヒトラーに盗られたうさぎ』本編冒頭映像解禁!「ナチスが来た」ここから少女の新しい人生が始まる!

『ヒトラーに盗られたうさぎ』本編冒頭映像解禁!「ナチスが来た」ここから少女の新しい人生が始まる!

(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH/NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

「おちゃのじかんにきたとら」など、シンプルで味わいのあるイラストで世界中の⼦供や⼤⼈も夢中にしてきた世界的絵本作家、ジュディス・カー。

惜しくも2019年5⽉に95歳で亡くなった彼⼥が⾃⾝の少⼥時代の体験をもとに書いた⾃伝的⼩説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」を原作に映画化した『ヒトラーに盗られたうさぎ』の公開日が11月27日(金)に公開が決定しました!

そして公開に向けて新たな映画の本編冒頭映像が解禁されました。

『ヒトラーに盗られたうさぎ』本編冒頭映像解禁!


冒頭映像は、“謝肉祭(カーニバル)”を祝って各国の⺠族衣装や好きなキャラクターなど子供達が思い思いの衣装で楽しむ仮装パーティを捉えたシーンから始まります。

そんな中、うさぎのぬいぐるみを抱えて1人で机の下に潜り込むアンナ(リーヴァ・クリマロフスキ)。

『ヒトラーに盗られたうさぎ』

(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH/NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

彼女を見つけたアンナの兄マックス(マリヌス・ホーマン)は不思議に思い「なんで隠れてるんだ?」と問うと「ナチスが来た」といい、その直後、ナチスに憧れる子供たちがその扮装を纏って本当に会場に乗り込んできます。

まだ戦争は始まってはいなくとも、子供心にナチスは“追うもの”と理解、現在漂っている社会の空気を敏感に感じ取っていたアンナ。

将来は世界的な絵本作家になるほどの豊かな感性を持っていた彼女の才能の片鱗を垣間見見ることのでき、そして同時にこれからナチスによって翻弄されていくであろう彼女の人生を予兆させるようなシーンとなっております。

『ヒトラーに盗られたうさぎ』作品情報

『ヒトラーに盗られたうさぎ

(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH/NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

監督:カロリーヌ・リンク(『名もなきアフリカの地で』)
脚本:カロリーヌ・リンク、アナ・ブリュッゲマン
出演:リーヴァ・クリマロフスキ、オリヴァー・マスッチ、カーラ・ジュリ、ユストゥス・フォン・ドホナーニ、マリヌス・ホーマン
2019年/ドイツ/ドイツ語/カラー/スコープサイズ/5.1chステレオ/119分/映倫G
原題:When Hitler Stole Pink Rabbit
後援:ゲーテ・インスティトゥート東京
配給:彩プロ

主役である9歳のアンナ役は1,000⼈ものスカウトから⾒出された新⼈のリーヴァ・クリマロフスキが、どんなに過酷な状況に出会ってもまっすぐに前を向く少⼥を瑞々しい感性で演じきりました。

アンナの⽗はオリヴァー・マスッチ(『帰ってきたヒトラー』(15)でヒトラー役)が、⺟はカーラ・ジュリ(『ブレードランナー 2049』(17))が。

アンナとその家族を常に気に掛ける⼼優しいユリウスおじさんはユストゥス・フォン・ドホナーニ(『お名前はアドルフ?』(18))、そして、アンナの兄マックスはマリヌス・ホーマン(『はじめてのおもてなし』(16))が演じています。

あらすじ


1933年、ヒトラーの台頭によってナチスが政権を握る直前にその迫害から逃れるために家族とともに故郷ドイツを出国、スイス、フランスを経て1936年にイギリスへと渡ったジュディス・カー自身の少女時代の過酷な逃亡生活の体験をもとに“9歳の少女アンナ”が貧困や差別などの困難を乗り越えながら家族との絆を深めていく。

Galleryギャラリー

『ヒトラーに盗られたうさぎ』は2020年11月27日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開!

▼あわせて読みたい▼