ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第1話あらすじ/ネタバレ感想!小比類巻(ディーン・フジオカ)が揃えた3つの要素と、全脳エミュレーションで生まれた介護用ロボット・LEO

パンドラの果実

出典:パンドラの果実公式ページ

科学犯罪対策室の室長・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)は、一緒に働くメンバーとして、長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)と最上友紀子(岸井ゆきの)を選びました。

そんな3人が最初にした仕事は、神楽テクノロジーのCEO・安井の殺人事件です。

事件の容疑者は、第一発見者の介護用ロボット・LEO(レオ)。

小比類巻に「安井さんを殺したのはあなたですか?」と聞かれたLEOは、「私が殺しました」と答えるのでした。

ミルトモ 編集部

ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』は、中村啓さんの小説『SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦』が原作になっています。「科学は人類にとって光」と考えている小比類巻と、科学は闇と考えている最上、小比類巻の足として働くことになった長谷部。3人はどのように事件にアプローチするのでしょう。小比類巻が、科学の発展を願う理由にも注目です!
\\『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第1話あらすじと感想


小比類巻(ディーン・フジオカ)が必要とした3つの要素

神楽テクノロジーのCEO・安井が、会社のシミュレーションルームで亡くなりました。

第一発見者は介護用ロボット・LEO(レオ)。

科学犯罪対策室の室長・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)は、安井の症状を低酸素血症と見立てて捜査を始めました。

事件現場には、刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)の姿もあります。

小比類巻は、科学犯罪対策室に必要な3つの要素(知力・体力・ひらめき)の“体力”として、長谷部を選んだのでした。

ミルトモ 編集部

長谷部はトップクラスの検挙率を誇るベテラン刑事です。一方、小比類巻は最新科学に造詣が深くても、現場経験がありません。小比類巻は、“知力”となる自分の足となる人物として長谷部を選んだのです。これから、2人がどんな活躍を見せてくれるか楽しみです!

事件の容疑者は介護用ロボット・LEO

小比類巻と長谷部は、ロボット開発チームのチーフ・郷原(内田理央)に話を聞くことにしました。

介護用ロボット・LEOは超高齢化社会に向けて作られたロボットで、来年の春、実用化される予定です。

LEOは何でもできるロボットで、部屋の酸素濃度を下げることも可能でした。

小比類巻に「安井さんを殺したのはあなたですか?」と聞かれたLEOは、「私が殺しました」と答えるのですが‥。

小比類巻は、LEOのデータが一部消されていることが気になっています。

一方、警察は、安井が怨恨で殺されたと考え、捜査を始めるのでした。

ミルトモ 編集部

介護用ロボットは、これからの日本に必要になってくる気がします。LEOにはどんな介護が出来るのでしょう。言葉を理解して動くことが出来るロボットは凄いですが、少し怖い気もします。

科学犯罪対策室の“ひらめき”

科学犯罪対策室に必要な“ひらめき”として小比類巻が選んだのは、最上友紀子(岸井ゆきの)でした。

最上は、3年前に科学界から姿を消し、今は鰻の稚魚の養産化実験をしています。

「現代科学はもう、踏み入れてはいけない領域まで来ている。その先は闇なの。科学者は探究心を抑えられない。だから私は‥」

そう話す最上に、小比類巻は「科学は人類にとって、私にとって光なんです」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

最上は、様々な分野で画期的な研究をしてきた天才科学者です。そんな最上が科学界から離れ、人里離れた場所で暮しているのは何故でしょう。何かきっかけがあったのでしょうか?

LEOを取り調べる最上(岸井ゆきの)

小比類巻は、LEOの取り調べを最上に頼みます。

最上は、科学を光と言う小比類巻の考えが間違っていると教えるため、アドバイザーとして小比類巻に協力する事にしたのです。

取調室でLEOと2人きりになった最上は、LEOが殺意を抱くか確認しようとして‥。

一方、警察は、郷原が犯人ではないかと考えていました。

小比類巻の後輩・三枝益生(佐藤隆太)(厚生労働省のキャリア官僚)から、神楽(病死した前CEO。郷原は神楽の一番弟子)が研究していた内部資料を手に入れた小比類巻は、ある事に気づくのでした。

ミルトモ 編集部

LEOが銃に手を伸ばした時、LEOの頭部付近が少し熱くなっていました。少なくとも、LEOは、最上が何をしようとしているか理解していたようです。

全脳エミュレーションで生まれた介護用ロボット・LEO

小比類巻は、LEOと神楽の口癖が同じであることに気づき、LEOが神楽の脳をコピー(全脳エミュレーション)して生まれたロボットだと考えます。

実は、安井をシミュレーションルームに閉じ込め、空調システムを作動させたのは郷原でした。

安井は神楽の研究を無駄な研究と言い、LEOを初期化しようとしていたのです。

郷原は、神楽であるLEOを守るために安井に手を掛けました。

そして、LEOは、郷原を守るために郷原の罪を隠蔽したのです。

郷原は、真相に気づいた小比類巻と最上を、安井と同じように部屋に閉じ込め‥。

ミルトモ 編集部

人の脳をロボットにコピーするなんて可能なのでしょうか?LEOの口癖や仕草は、神楽と同じでした。LEOは、郷原がこれ以上罪を重ねないよう、自分を犠牲にして小比類巻と最上を助けます。LEOの行動は、大事な人を救おうとする人間そのものでした。

小比類巻(ディーン・フジオカ)が娘・星来(鈴木凜子)に秘密にしている事

命令に逆らい、動かなくなったLEOを復元することは出来ませんでした。

最上は、小比類巻の娘・星来(鈴木凜子)と仲良くなり、小比類巻の家に泊まることになります。

小比類巻の妻・亜美(本仮屋ユイカ)は亡くなっていますが、小比類巻はそのことを娘には話さず、病気という事にしていました。

実は、亜美は、科学が発展して蘇生技術が完成するまで、-196℃で冷凍保管されていたのです。

ミルトモ 編集部

科学が発展しても、亡くなった人間を蘇らせることは出来ないと思います。そもそも、亜美は、自分が蘇ることを望んでいるのでしょうか?小比類巻の心の闇を見た気がしました。

ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』第1話まとめ

介護の仕事は重労働なので、介護用ロボットが人間の代わりになるなら便利だと感じました。

しかし、人間がロボットを制御できるから便利だと感じるのであって、制御できなくなったら人間にとって脅威の対象でしかないです。

LEOは、自分を犠牲にして大事な人を守ろうとしました。

壊れたLEOを復元することは出来ませんでしたが、どんなに心がやさしいロボットでも、感情をもったロボットは怖い気がします。

一方、小比類巻が、亡くなった妻・亜美を冷凍保管していたことに驚きました。

小比類巻は「科学は人類の光」と言っていましたが、亡くなった人を蘇らせる事は、光ではなく闇だと感じます。

これから、小比類巻が扱う事件だけでなく、亡くなった亜美の行く末にも注目していきたいです!

\\『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る