映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』あらすじ・ネタバレ感想!社会現象になったBLコメディ完結編!

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』公式ページ

社会現象を巻き起こしたあの深夜ドラマ『おっさんずラブ』が、映画になって帰って来ました!

まさかの五角関係勃発?ラブ・バトルロワイヤルがついに開幕!

ポイント
  • これぞまさにファンのための「感謝祭」。OL民がリピートするのは必然の出来映え。
  • OL民はますます沼にハマる、と言うか底まで引きずり込まれますが、鑑賞後に待っているのは圧倒的な多幸感!
  • 男同士の恋愛だけでなく、家族愛や友情、仲間との絆など『おっさんずラブ』は「人間愛」にあふれたドラマ映画。

それではさっそく映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』をレビューしたいと思います。

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』作品情報

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』作品情報

出典:東宝

作品名 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜
公開日 2019年8月23日
上映時間 114分
監督 瑠東東一郎
脚本 徳尾浩司
出演者 田中圭
林遣都
内田理央
金子大地
伊藤修子
児嶋一哉
沢村一樹
志尊淳
眞島秀和
大塚寧々
吉田鋼太郎
音楽 河野伸
主題歌 スキマスイッチ「Revival」

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』あらすじ


春田創一(田中圭)が上海と香港の転勤から帰国し、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ天空不動産第二営業所のメンバーが彼を出迎える。

そこに本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」が現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は春田たちにすぐに営業所から立ち去るよう言い放つ。

狸穴の側には、本社に異動した牧凌太(林遣都)がいた。

突然のことに心を乱す春田を、新入社員の山田正義(志尊淳)が元気づける。
出典:シネマトゥデイ

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』みどころ

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』みどころ

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンにランクインするなど社会現象になったドラマ『おっさんずラブ』を映画化。

ドラマ最終話のアフターストーリーが描かれる。

春田創一役の田中圭、黒澤武蔵役の吉田鋼太郎、牧凌太役の林遣都をはじめ、内田理央、眞島秀和、大塚寧々らレギュラー陣が続投し、ドラマの演出を手掛けた瑠東東一郎が監督を務める。
出典:シネマトゥデイ

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』を視聴できる動画配信サービス

『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月31日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年8月31日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』感想レビュー

ドラマ『おっさんずラブ』の簡単な振り返り

単発ドラマ放送の後、2018年4月21日から6月2日まで、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠で、連続ドラマとして放送された『おっさんずラブ』。

SNSを中心に人気急上昇、話題沸騰。Twitterの世界トレンド1位も記録、「新語・流行語大賞2018」にもノミネートされ、まさに社会現象を巻き起こしました。

物語の主人公は、実家暮らしで、家事は一切母親任せのポンコツサラリーマン、春田創一(田中圭)。

結婚願望はあるものの、非モテの三十男。

そんな春田に、突然のモテ期到来!

しかしその相手とは、直属の上司・黒澤武蔵(吉田綱太朗)と、イケメン後輩・牧凌太(林遣都)という、二人の男たち。

かくして春田の、波乱の日々が始まります。

流されやすい春田は、幼馴染のちず(内田理央)のことが気になっているというのに、母親が家を出て行ってしまったことで、ずるずる牧と同居を開始。

黒澤部長も、春田にアタックするケジメでと、妻の蝶子(大塚寧々)に離婚話を切り出します。

乙女な黒澤の猛烈アピールに振り回されながらも、春田はだんだんと牧との距離を縮めていきます。

牧の元彼が同部署主任の武川政宗(眞島秀和)だと判明したりしますが、春田は牧への気持ちを認めて、牧の家族にも会いに行きます。

しかし牧は、ちずの春田への気持ちを知ったことや、春田の将来を考え、春田のことをもう好きじゃないと嘘をつき、春田家を出て行ってしまいます。

落ち込んだ春田は、一年後なんと黒澤と同居しており、あれよあれよと言う間にプロポーズされ、結婚式を挙げることに。

武川やちずは、それぞれ春田や牧にこれでいいのかと問いかけます。

そうして迎えた結婚式当日。黒澤は春田がまだ牧を想っていることを認め、春田に牧のところへ行けと促します。

チャペルから飛び出した春田は、しばらく旅に出るという牧を探して駆け回り、何とか彼を見つけてプロポーズを!

牧も受け入れて、二人はハッピーエンディングを迎え、彼らの周囲の人たちにも何やら新しい恋が始まったところでドラマは終了。

視聴後は、幸せな気分に浸ったものです。きっとそんな方たちは大勢いたはず。

なぜ『おっさんずラブ』に熱狂するのか

その後「おっさんずロス」で寂しい思いをしたあなたは、きっと私と一緒で立派なOL民(笑)

同性愛をテーマにしたドラマというより、いわゆるBL(ボーイズ・ラブ)ドラマで、放送が始まった時はこのノリのドラマをキー局でやるようになるなんて時代もずいぶん変わったなあ、といい意味で驚いたものです。

コメディとして描かれていますが、黒澤部長のはるたんへの愛は真面目に考えると一歩間違えなくてもストーカー的、セクハラ・パワハラでもあるんですよねぇ。

それを多数の人が、黒澤部長がんばれと応援したくなるようなキャラに作り上げたのは間違いなく演じた吉田鋼太朗さんと、脚本家・徳尾浩司さんの力。

愛され部長、黒澤武蔵が最高だったからこそ、多くの人に物語が受け入れられたと思っています。

もちろん主役である春田と、相手役でもある牧くんのキャラも花丸をいくつもつけたくなるほど最高です。

余談ですが、私にこのドラマを初回から勧めてくれた友人は田中圭くんファン、私は映画『バッテリー』の頃からこの子はすごいぞと言っていた林遣都推しです(笑)

ドラマを観ながら、ずっと牧くんに幸せになって欲しいと思っていましたが、春田にも何度エールを送ったことか。

最終回のプロポーズシーンには拍手喝采、よかったよーとリアルに泣きましたからね。ラストシーンも格好いい春田が見られて大満足でした。

脇をがっちり固めるキャラクターも、みんな個性的で、なおかつとっても魅力的。

全員幸せになって欲しいと本気で思えるドラマは滅多にないんですけどね。『おっさんずラブ』は真剣に、全員が幸せになれるよう祈っていました。

ちなみに私のお気に入りは、伊藤修子さん演じる、まいまいこと瀬川舞香です。

何とも癖があるのに、さり気ない名言アドバイスを口にしたりと、好きにならずにいられないキャラクターでした。

それから。このドラマを盛り上げる上で、とても大きな役割を果たしたのがスキマスイッチの主題歌「Revival」。

ドラマにあまりにもぴったりでもう最高でした。もともと昔からのスキマさんファンだったので、鬼のように聴きこんだものです。

ドラマの大事なシーンで必ず使われていた「Revival」。

もちろん映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』でも主題歌として使用されています。と言うか、もう他の曲は考えられません。

そんな風に、私もドがつくほどハマっていた『おっさんずラブ』の映画化決定のお知らせが流れて来たのは2018年12月7日のことでした。

ドラマ版のその後を描いた完結編、主要キャストは全員続投、脚本も変わらず徳尾さん。

これだけで制作陣の方に「ありがとうございます」と頭を下げる思いでした。

ムビチケも特典のポストカードを入手するため、我が地元の田舎でも朝早くから列が出来るほどの熱狂ぶり。

そうやって、大勢のOL民が首を長くして、でもこれ観ると本当に最後になっちゃうと一抹の寂寥感せきりょうかんなども感じつつ、公開を待っていた『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』。

鑑賞後の感想は「最高過ぎる!今すぐお代わり!」でした。

ドラマ版『おっさんずラブ』をまだ見ていないという方は、ぜひドラマをイッキ見してから映画を見るようにしてくださいね!

舞台はドラマから一年後。幸せな結末を迎えた春田と牧の身にいったい何が起こったのか

映画は、一年間の海外赴任(上海から香港へ)を終えようとしていた春田が、香港であるものを購入しますが、ちょっとやらかした後に天空不動産東京第二営業所へ戻ってきたところから始まります。

黒澤部長や武川主任など、かつての仲間に加えて、新入社員のジャスティスこと山田正義(志尊淳)も温かく春田を出迎えてくれますが、恋人・牧の姿がありません。牧から何も聞いていなかった春田は、不信感を覚えます。

そこにやって来たのは狸穴迅(沢村一樹)率いる本社の新規プロジェクト開発チーム「Genius7」。なんとそこには、牧の姿が!

狸穴は中国系企業と組んでリゾート開発計画を進めていて、合同チームの指揮も取っていました。

牧は狸穴の右腕として働いていたのです。営業所を明け渡すよう、詰め寄る狸穴。

本社と第二営業所は度々衝突するようになり、このことが春田と牧の距離すら広げていってしまいます。

その代わりのように、春田とジャスティス、牧と狸穴の距離は近づいていきます。

その上、なんと黒澤部長が階段から落ちたことが原因で「春田のことだけ忘れる記憶喪失」に。

二度諦めた春田への恋心に、またもや火がついてしまいます。

プロポーズまでしたのに、すれ違いやら嫉妬やらで、ギスギスしてしまう春田と牧。

部長の猛烈なアピールもとどまるところを知らず、ますますエスカレート。

そんな時、リゾート計画が何やらきな臭いことを知ってしまう春田とジャスティス。

そして物語は、思いもよらない方向へ。

春田と牧の関係はどうなるのか。部長の記憶は戻るのか。それぞれの恋の行方は。

春田と牧が別れるはずはないと信じていても、最後までハラハラドキドキする展開が待っています。

まあ絶対ありえないことでしたが、もし春田と牧が別れたりしたら映画館で暴動が起きるなと思っていたので(笑)、そんな大事件が起きなくて本当に良かった。

春田と牧が「好き」だけで終わりではなく、普通に一緒にいればありがちな不満を抱えたり、苛々したり、そんなシーンがあったのは私は良いことだと思います。

おとぎ話なら「そうして二人は幸せに暮らしました、めでたしめでたし」で終わりですが、現実はそうではなく。

連絡がない、片付けをしてない。余裕があれば許せることも、苛々の募る原因になってしまう。

春田の不満も、牧の不満もわかるのが、なんとも(苦笑)

春田も年上・先輩としてのプライドもあるでしょうしね。器が小さいと言われても、それは仕方ない。

牧も何でわかってくれないの!という言葉にしなくても相手に理解を求めるところは良くない。

精神的に追い詰められてるんだなぁと言うのは、わかりますけどね。

そんな二人のありがちで、男同士だからこその厄介ないさかいや、マロと蝶子さんの年齢差カップルならではの悩みも恋愛面も、ドラマ版ほどではなくてもちゃんと描かれていると思います。と言うか、あれ以上ドロドロするなら、子供には不向きになってしまう(笑)

「大事なことは、ちゃんと言葉にして伝える」

言葉を惜しんではダメ、話し合って、できればちゃんと理解して、お互いの考えや夢を尊重し前に進んで行く。

そんなメッセージが、映画の全編に込められているように思います。

春田と牧のラストシーンは、二人が人間的にも恋人としての関係性も成長した姿の現れだと感じました。

振り返らないところもまたいいんです。不安もなく、互いを信頼している現れ。

何しろ二人の薬指には指輪もしっかり光ってましたしね。喧嘩やすれ違いはまたあっても、きっと大丈夫と信じられます。

しかし、指輪を渡すシーンとか、春田は今どこに住んでいるのかとか、牧父や春田母は二人を認めたのかなど、すべて脳内補完するのはちょっと辛いのですよ。

そこは台詞でもいい、明らかにして欲しかった…。まさかこんなところで想像力というか妄想力を試されることになろうとは。

続編を作ってほしい気持ちも、区切りも付いたので綺麗に終わって欲しい気持ちも、どちらもあります。

しかし、ちずちゃんにも恋愛でも仕事でもいいので大きな幸せを掴んで欲しいので、スピンオフの短編ドラマとかでいいので、この後を観たいというのが素直な気持ち。

結局最後まで、揉めもせず安定カップルだったのは、まいまいと鉄平兄だけだったとは、映画を観る前は考えもしなかった(笑)

新キャラのマミ様、ジャスティスも最高に良かったです。キャスティングも絶妙です。

まさかのファミリームービーだった『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の超個人的な見どころ!

てっきり映画館は9割女性、しかも20〜50代女性で占められると思っていました。

しかし意外と言うのは失礼ですが、かなり年配の男性お一人、小学生の男の子を連れたママさん、中学生の女の子二人、60代くらいのご夫婦など、客層はとても幅広かったです。

『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』は、完全にファミリームービーでした。

確かに女性の方が多いですが、男性一人でもそんなに浮きません。観に行きたいけど…と躊躇っている方は、どうかご安心を。

そんなファミリームービー『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』ですが、個人的見どころをいくつか。

まず、サウナでの五人勢ぞろい乱闘シーン(笑)

繰り返しこのシーンだけ何度も観たいと思うほど、とにかく笑えます。

部長の動きや発言が、とにかくイチイチ面白いんです。手を叩いて笑ってツッコミ入れたくなるほど、とにかく面白い。

タオルの巻き方ひとつで、ここまで面白い部長はなんて罪な存在でしょう。

部長と春田、ジャスティスのうどん屋シーンも同じように最高です。志尊くんのリアクション、特に注目です(笑)

それから、春田と牧のきんぴらのシーン。ネクタイをぐいっとされた時はちょっとどころか、かなりドキドキでした。あれはアカン。

花火大会は最初から最後まで、見どころばかり。

マロと蝶子さん。春田と牧。武川さんと部長。みんな目が離せないです。

特に春田と牧のラブラブデートシーンからの、あるだろうとは思っていたケンカシーン、そしてジャスティスと春田の会話。

まあ、感情がぶんぶんと振り回されて大変。二人が手をつなぐところまでは顔がにやけていたのに、最終的には涙ぐんじゃいますからね。

そして春田の危機だというのに、またまた揉める部長と牧!

部長の「一回だけ」にはリアルに吹きました。そんなことより早く助けろよ、と(笑)

ゆいPさんも、とっても美味しい役でしたね。面白すぎて大変なはずなのに緊迫感がなくなっちゃうという。

このインパクトは、情報がない状態でぜひ観て欲しい。

それから、春田と牧のクライマックスの工場でのシーンは、感動するやら、牧役の遣都くんの横顔にやられるやらで、もうもう。

映画のラストに至っては「ありがとうございます!」と、手を合わせて拝みたくなる尊さです。

ラストシーン、座席で昇天する勢いでした。

もちろん、気になる点はありましたよ。

なぜそこにいたんだジャス、とか。買収計画あまりに無理すぎ、とか。素材が何でできているかマジで気になる○○の入ったケースとか。

構造が謎の爆弾とか、あれとか、これとか(笑)

ドラマ版ほどの尺がないので、細かな心理描写はどうしても消化不良ですし。

しかし「老若男女問わず、みんながとにかく楽しめる」ことに特化すると、今回のような物語になるのも当然かなと思います。

幅広い層向けのエンターテイメント性を考えると、派手な画やコメディシーンが多いのも正解でしょう。

ドラマ版で敬遠した人にもBL要素が減ったことで、見やすくなっている面もありますし。

ただ、アクションシーンの尺を減らしてでも、台詞でもいいから説明すべき状況はいくつかあったので、そこは残念。

小さなことに目を瞑れば、大笑いして泣いて、ハラハラして、また笑って、また泣いて、キュンキュン(笑)してと、とっても楽しめる二時間です。

何よりファンが観たいだろう映画を作ってくれたのかな、と思います。

あざといと思う方もいるでしょうが、ドラマの映画化ですからアプローチの方法としてはありかと。

ファンに支えられ、深夜ドラマがここまで大きなコンテンツになったんですからね。

観終わった後に感想を言い合いたくなる映画なので、ぜひ誰かを誘って一緒にご鑑賞を。

もちろん一人でも、充分楽しめますけどね。

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』まとめ

以上、ここまで映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』を紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 『ローマの休日』パロディなど、小ネタを拾うだけでも忙しい上に、田中圭くんの顔芸が名人レベルで凄まじい。
  • ラブコメディとしてだけでなく、人間ドラマとしても楽しめます。ぜひご家族でどうぞ!
  • 黒澤武蔵、どうか幸せになってね!(ちずちゃんも)