アニメ『えいがのおそ松さん』あらすじ・感想レビュー!過去の黒歴史は将来きっといい思い出に変わる

出典:『えいがのおそ松さん』公式ページ

赤塚不二夫の国民的作品『おそ松くん』をベースに作られたアニメ『おそ松さん』シリーズ。

2015年のアニメ放送以来、爆発的な人気を博して2017年には第2期が放送されました。

さらには舞台化もされ、そして今作の劇場版リリースと勢いが止まらない作品です。

大きなスクリーンで何をやらかすのだろうかと恐る恐る見てみましたが、想像以上の感動作品になっていました。

ポイント
  • 過去のおそ松さん達は「黒歴史」だらけ。かわいそうなくらい面白い!
  • 6つ子も仲が悪い時があった。その理由に心が痛む
  • クズでニートで彼女ナシの童貞、しかし清々しい
『おそ松くん』は知っているけど、『おそ松さん』はよく知らないという方でも、非常に楽しめると思います。

アニメ映画『えいがのおそ松さん』作品情報

出典:映画.com

作品名 えいがのおそ松さん
公開日 2019年3月15日
上映時間 108分
監督 藤田陽一
脚本 松原秀
原作 赤塚不二夫
出演者(声優) 櫻井孝宏(おそ松)
中村悠一(カラ松)
神谷浩史(チョロ松)
福山潤(一松)
小野大輔(十四松)
入野自由(トド松)
遠藤綾(トト子)
鈴村健一(イヤミ)
國立幸(チビ太)
上田燿司(デカパン)
飛田展男(ダヨーン)
斎藤桃子(ハタ坊)
井上和彦(松造)
くじら(松代)
音楽 橋本由香利

アニメ映画『えいがのおそ松さん』あらすじ


松野家の6つ子のおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は、成人後も女性経験がなくニートから脱することもできなかった。

ある日、高校の同窓会に出席した彼らは、クラスメートが社会の一員として活躍しているのを知る。

さえない自分たちの現状がバレてしまった彼らは、家に帰るとやけ酒をあおってふて寝する。

次の日の朝、目を覚ましたおそ松たちの前に信じられない光景が広がっていた。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『えいがのおそ松さん』みどころ

『えいがのおそ松さん』みどころ

赤塚不二夫の代表作の一つ『おそ松くん』を原作にしたアニメの劇場版。

全員がニートという松野家の6つ子が、高校の同窓会に出席したことから物語が展開する。

監督の藤田陽一、脚本の松原秀、キャラクターデザインの浅野直之をはじめ、ボイスキャストの櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由らが結集した。
出典:シネマトゥデイ

アニメ映画『えいがのおそ松さん』を視聴できる動画配信サービス

『えいがのおそ松さん』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年3月28日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年3月28日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

アニメ映画『えいがのおそ松さん』感想レビュー【ネタバレなし】

人の黒歴史ってこんなにも笑える

同窓会でニートであることを隠すも、長男・おそ松があっさりとバラし、同級生たちから「ニート村」という謎の名称で呼ばれる6つ子。

大人になり切れていない6つ子たちは、自宅に帰ってお酒をあおり、ふて腐れて眠ると、過去の世界に行ってしまいます。

それは誰かの思い出の中で、大きな後悔を残している人物がいると、デカパン博士に言われた6つ子たちは、この世界が誰の思い出なのかを探り始めます。

そうして発見されていく、高校の卒業式前日の6つ子たちですが、これが面白いのです。

三男チョロ松は優等生を演じ、先生や周囲にこれをアピールします。

しかし、カバンの中身は低い点数のテストやエロ本の山です。薄っぺらさに現在の兄弟は大爆笑します。

末っ子トド松は甘えん坊で、兄弟の誰かが一緒にいないと不安で仕方がないです。

常に目を潤ませて、誰かの袖を掴んで歩いていました。未来のトド松は、みんなに笑われ、もうイライラ全開です。

現在は他人とコミュニケーションを取ることを極端に嫌う四男の一松は、同級生と仲良しアピールをしたり、陽気にハイタッチをしているではありませんか!

そんな姿は一松には相当の黒歴史だったのでしょう。首を吊ろうとしたり、過去の自分を殺そうとします。もちろん止められます。

ただみんなが盛り上がっていると、なんとなく疎外感を感じるところは、今と同じです。

つまりは……無理をしていたということなんでしょうね。

無理をしていた人が、実はもう一人いました。当時の十四松は尖っていて、道行く人にメンチを切ります。

タバコを吸ったりバイクをふかしたりと、不良らしい行動をして見せますが、すべてエアーです。

未来の十四松も恥ずかしさのあまり頭を抱えます。

しかし、誰も見ていないところではポカーンと口を開けて、何も考えていないような表情です。やっぱり無理をしていたのでしょう。

次男・カラ松に至っては大人しく、そばかすが頬にありました。

過去から未来に繋がる物語を描いているはずなんですが、カラ松に至っては、どこで自己主張が激しくなり、ナルシストになってしまったのかが謎です。

チビ太には髪の毛があったり、トト子ちゃんは可愛いといわれると謙遜していました。

現在のトト子ちゃんは謙遜なんて全くしません。

「可愛いねー」と言われれば「知ってるー」と返し、女子から中傷されれば、ストレートにブスと言い返します。

総じて、昔のカラ松たちやトト子ちゃんは、本当の自分を隠して生活していたといえます。

あれ?長男のおそ松は?と思った方もいるかもしれません。

おそ松に関して言えば、何も変わっていません。

とっても素直に空気を読まず、今も昔も変わらないうえに、自分を見て笑っていました。

ここまで表裏なく生きられるとか……羨ましいくらいです。

一通の手紙と黒猫

今回のカギを握るのは、1匹の黒猫と、高校生時代のカラ松が持っている手紙なんですね。

その手紙の差出人は「高橋」という人でした。

高橋という人は、本編には出てきません。いったい何者なのか、きっと気になるところだと思います。

実は、同窓会でトト子ちゃんが言っているんです。

「高橋さん、会えると思ったんだけどなあー」

高橋『さん』ということは、女性であることがわかりますね。

しかし、誰に充てた手紙なのかということがわかりません。

『松野くんへ』と書かれていたのですから。

卒業式の前日に手紙をもらったということで、6つ子の思考はこうなります。

「この中の誰かが、高橋さんから告白をされる」

それに気づいた6つ子は服を脱ぎすて大はしゃぎします。

なぜ脱ぐ必要があるのか?と言いたくもあるのですが、人生で彼女ができたことがない6人なので仕方がないのでしょうか。

高橋さんは誰に、どんなことを伝えたいと思っていたのか。

そして6つ子について歩く黒猫はいったい何者なのか。

これは最後まで見ないと分かりませんでした。

しかしいざ分かると、それだけでもちょっとウルっとしてしまいました。

6つ子ならではの悩みと発想

高校生のころのおそ松さんたちは、それはそれは仲が悪かったみたいです。

しかし、最初から悪かったわけではありません。

周囲が6つ子独特のノリに付いて行きにくかったり、6つ子同士を比べたりすることがあったのです。

これがきっかけで、互いに距離を取るようになっていたみたいです。

そのせいでカラ松は、高橋さんからの手紙を手にしても、どうしていいかわかりませんでした。

卒業式が終わった後、兄弟たちを屋上に呼び出して話し合おうとすれば大喧嘩し、結局手紙の中身は誰にもわかりませんでした。

これであきらめるニートたちではありません。

彼女ができるかもしれないというわずかな可能性を胸に、6人は全力で過去の自分たちの喧嘩を止めようと参上します!

その登場の仕方がおそ松さんらしく、ヒドイです。

その名も「思春期バスターズ」。

ここはもう、アニメのスタンスが継続されていて笑えました。

『おそ松さん』といえばギャグのオンパレード

おそ松さんたちを代表する言葉といえば、「クズでニートで彼女なしで童貞」です。

TVアニメの『おそ松さん』シリーズでは、ニートなのに競馬やパチンコに行き、チビ太のおでん屋のツケは払いません。

常に女子に飢えるモテない6人でした。

今回の劇場版ではどうだったのかって……?

もちろん健在ですよ。

アニメ映画『えいがのおそ松さん』まとめ

以上、ここまで『えいがのおそ松さん』について感想を述べさせていただきました。

要点まとめ
  • おそ松たち6つ子は……やっぱり6つ子でした
  • 黒歴史は思い出に変えることができる
  • 「過去の世界」とは、結局誰の後悔だったのか……自分の目で確かめて!!