『おろかもの』第2弾イラスト&コメント到着!映画祭を席巻した新感覚シスターフッド・ムービーに称賛の声が集まる!

『おろかもの』第2弾イラスト&コメント到着!映画祭を席巻した 新感覚シスターフッド・ムービーに称賛の声が集まる!

©2019「おろかもの」制作チーム

2020年11月20日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次公開、史上初となる田辺・弁慶映画祭最多5冠受賞し、インディーズ映画祭を席巻した映画『おろかもの』。

9月の公開日情報・予告編解禁時には沖田修一監督・犬童一心監督・城定秀夫監督・井口昇監督によるコメントが解禁されましたが、この度第2弾イラスト&コメントが到着いたしました。

▼監督&主演のインタビューはこちら▼

『おろかもの』第2弾イラスト&コメント到着!

『おろかもの』第2弾イラスト&コメント到着!

©2019「おろかもの」制作チーム

本作は、『横道世之介』沖田修一監督や『愛がなんだ』今泉力哉監督等、日本映画界を牽引する監督を輩出してきた若手映画監督の登竜門田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む史上初の最多5冠を受賞ほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019観客賞、ドイツ・ニッポンコネクション2020にも正式招待、他映画祭で多数受賞し、映画祭シーズンを席巻した“新感覚シスターフッド・ムービー”です。

Instagramで若い女性を中心に人気を集めるイラストレーター・Kotoka Izumiさんからは「女性の強さを感じる作品」、#KuToo発信者であり、女優でフェミニストの石川優実さんからは「最近の風潮とまるで真逆なのが最高」と称賛の声。

他にもライターの西森路代さん、「百合映画 完全ガイド」著者の1人である児玉美月さん、鶴田法男監督(『リング0 バースデイ』)、中川駿監督(『カランコエの花』)等、新しいシスターフッドの在り方を描いた本作に魅了された著名人から、イラスト&コメントが到着しました。

公開初日11月20日には、第13回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門受賞作品の監督たちによる舞台挨拶が開催。

また、テアトル新宿での12月4日〜上映期間中には、城定秀夫監督、石川優実さん、西森路代さん、鶴田法男監督らによるトークショーが連日開催されます。

『おろかもの』応援コメント第2弾!

Kotoka Izumi(イラストレーター)

登場人物の全てがいびつな関係性なのに、どこか美しい人間模様。

そこには確かに愛があって、女性の強さを感じる作品でした

石川優実(#KuToo発信者・アクティビスト)

しばしば女性の恋愛はくだらないものと扱われ、「そんな男に引っかかったお前がバカだ」と言われます。

だけど、本当の「おろかもの」は果たしてどっちなのだろうか…そんなことを考えさせてくれます。

そしてとてもいろんな関係性のシスターフッドが見られる作品でした。

なんでもかんでも「女同士の戦い」にしたがる最近の風潮とはまるで真逆なのが最高です。

児玉美月(映画執筆家)

1人の少女が、1人の女性を通して世界のことを知っていきます。

おろかものとは、いったい誰のことでしょうか?

彼女たちが結んだ甘美な共犯関係に魅せられて、1番大好きな人と手を繋いで走り出せるなら、ほかでもないこのわたしがおろかものでいいとさえ思いました。

西森路代(ライター)

兄と妹、兄の婚約者と兄の愛人という4人のありそうでなかった選択を描いた本作。

こう書くと兄が中心にいるようですが、兄はむしろ彼女たちの外側にいます。

ラスト、誰もが知る映画をオマージュし、そして少しだけズラしているシーンがあります。

そのズラしが新鮮に映るし、なぜか見ているものにも開放感を与えます。

「ズラし」とは書いたが、我々があるべき姿にこだわって真ん中を勝手に決めていただけではないのかとも思えてきました。

江口由美(映画ライター)

とかく白黒つけたがる世の中にあっけらかんと決別した作品。感情に溺れず、相手の人間性を見抜いている女性たちの存在感が、ありきたりな流れに陥らず、物語の妙味になっています。

新しい世界の扉を開いた2人のシスターフッドな関係はこれからの女性たちのニュースタンダードになる気がしました。

川瀬陽太(俳優)

人物関係の斬新さでおかしみを描くのではなく登場する人物各々をしっかりとした「人間」として掘り下げたからこそたどり着いた、おろかものたちの饗宴。

だから当然、怒り迷い間違い嘘をつき、愛します。

生きとし生ける我々全員、おろかものなのです。

折田侑駿(文筆家)

どこにでもありそうな設定から、思わぬ物語展開の方向に観客を引っ張っていく力に、田辺で五冠も納得。

外国人の友人キャラクターを介することで、「言葉」が濾過され、関係性を示す言葉に縛られることに何の意味があるのかと改めて考えさせられました。

本作はそんなことよりも大切なものは何かを訴えています。

切通理作

人間のステレオタイプ、キャラ化に抗う「揺れ」がまぶしい映画。

現実社会では、本来「出会ってはいけない存在」同士を、映画の世界では出会わせることによって、人間の本質的な立ち位置を問い直してみせました。

それを絶妙な手つきで差し出して見せることが出来ている映画です。

鶴田法男(映画監督)

ハードカバーの優れた文学を読んだような充足感と、古今東西の名監督たちの初期作品同様の大きな期待感をいだかせる映画的感動がありました。

ともすれば開き直って怖ろしい事を引き起こしそうなダメ人間たちを描く脚本が緊張感に溢れ、登場人物の気持ちを常に捉えようとしているカメラの秀逸さに魅入られます。

明らかに狙った演出がことごとく上手くはまった、片時も目が離せない見事な傑作です。

凄いものを観てしまったと心が舞い上がるばかりでした。

中川駿(映画監督)

脚本、演出、撮影、何を取ってもとにかく素晴らしい。面白い。しかも、作中ではある名作映画への素敵なオマージュが取り入れられていて、作り手の映画に対する愛情までもがひしひしと伝わってきます。

こんな完璧な作品を自主制作で作られてしまっては心中穏やかでいられないです。

両監督の才能への嫉妬と、自分も負けてられないという気持ちの昂りで心が忙しいです。

2020年の映画は『おろかもの』を観ないことには語れないですね。

内藤誠(映画監督・脚本家)

人間はみんな「おろかもの」ですが、それをいつくしみながら撮っている演出がいいです。

ユーモラスで、サスペンスさえあるのは、たいしたものです。

今後が楽しみです。

『おろかもの』概要


愛がなんだ』の今泉力哉監督や『横道世之介』の沖田修一監督等、今の日本映画界を牽引する監督を輩出してきた若手映画監督の登⻯門田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む史上初の最多5冠を受賞。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019にて観客賞を受賞し、ドイツ・ニッポンコネクション2020にも正式招待される等、他の映画祭でも多数受賞し映画祭シーズンを席巻しました。

監督は、田辺・弁慶映画祭でグランプリを受賞した映画『空(カラ)の味」で撮影を務めた芳賀俊、監督作品『ボーダー』が映文連アワードで準グランプリを受賞した鈴木祥が共同で⻑編初監督を務めます。

W主演を務めるのは、野本梢監督『次は何に生まれましょうか』『アルム』や『空(カラ)の味』の笠松七海と、今泉力哉監督『退屈な日々にさようならを』等への出演だけでなく『密かな吐息』『デゾレ』等で自ら出演も兼ねて映画監督としても活躍する村田唯

2人は本作の演技で田辺・弁慶映画祭や各映画祭で俳優賞を受賞し、その熱演と魅力、コンビネーションを高く評価されています。

その他にもイワゴウサトシ(『カメラを止めるな!』『カランコエの花』)、猫目はち(『退屈な日々にさようならを』)、南久松真奈(『スペシャルアクターズ』)等、インディーズ映画界で活躍してきた俳優陣が集結し、各々に当て書きされた役柄で魅力溢れる最高のアンサンブルを織り成しました。

『おろかもの』作品情報

『おろかもの』

©2019「おろかもの」制作チーム

出演:笠松七海、村田唯、イワゴウサトシ、猫目はち、葉媚、広木健太、林田沙希絵、南久松真奈
監督:芳賀俊、鈴木祥
脚本:沼田真隆
主題歌:「kaleidoscope」円庭鈴子
配給・宣伝:MAP+Cinemago 2019年/日本映画/96分/16:9/カラー
©2019「おろかもの」制作チーム
公式Twitterhttps://twitter.com/orokamono_movie

『おろかもの』あらすじ

結婚を目前に控えた兄の健治が、美沙という女性と浮気をしている現場を目撃してしまう高校生の洋子。

衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の物腰の柔らかさと強かさ、そして彼女の中にある心の脆さを目の当たりにして、自分でも予期せぬ事を口走ってしまいます。

「結婚式、止めてみます?」

2人の女性達の奇妙な共犯関係が始まるのでした…。

Galleryギャラリー

【公開中イベント(予定・敬称略)】すべて20:50回上映後

11月20日(金):田辺弁慶映画祭2019受賞監督
12月4日(金):監督・キャスト
12月5日(土):城定秀夫(映画監督)・芳賀俊監督
12月6日(日):石川優実(#KuToo 発信者・アクティビスト)・芳賀俊監督・林田沙希絵(出演)
12月7日(月):笠松七海・村田唯等キャスト陣トークイベント
12月8日(火):鶴田法男(映画監督)・芳賀俊監督
12月9日(水):⻄森路代(ライター)・芳賀俊監督
12月10日(木):監督・キャスト

おろかもの』は、11月20日(金)・12月4日(金)〜12月10日(木)テアトル新宿にて、2020年12月18日(金)〜21日(月)シネ・リーブル梅田にて、その後全国順次公開予定です。