『おおかみこどもの雨と雪』あらすじ・ネタバレ感想!母親の強さが感動的に描かれた細田守監督の代表作

出典:ure.pia.co.jp

映画『おおかみこどもの雨と雪』は、19歳の女子大学生が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長して自立するまでの13年間を描いたファンタジーアニメーションです。

同時に、本作は子どもに育てられた母親の物語で、観た後は思わず母親に感謝したくなるような心温まる作品です。

ポイント

それではさっそく映画『おおかみこどもの雨と雪』をネタバレありでレビューしたいと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『おおかみこどもの雨と雪』作品情報

『おおかみこどもの雨と雪』作品情報

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

作品名 おおかみこどもの雨と雪
公開日 2012年7月21日
上映時間 117分
監督 細田守
脚本 奥寺佐渡子
細田守
原作 細田守
出演者(声優) 宮崎あおい
大沢たかお
黒木華
大野百花
西井幸人
加部亜門
平岡拓真
菅原文太
片岡富枝
小林隆
中村正
染谷将太
麻生久美子
上白石萌音
主題歌 アン・サリー「おかあさんの唄」
音楽 高木正勝

【ネタバレあり】『おおかみこどもの雨と雪』あらすじ・感想


これは私の母の物語

冒頭から雪という女の子が、父と母について語ります。

なぜ雪が語っているのかというと、そこにはある理由が…。

sat0330sat0330

雪しか語ることができないのです。

結末に「答え」が隠されています。

「おとぎ話みたいだって笑われるかもしれません。そんな不思議なことあるわけないって…でもこれは確かに私の母の物語です。」

母が好きになった人は「おおかみおとこ」でした。

父は約100年前に絶滅したとされる、ニホンオオカミの末裔。

オオカミとヒトが混ざり合い、その血を受け継ぐ最後の存在です。

満月の夜に変身したり、人を襲ったりするのはただの伝説ですよ。

世界は知らない事柄で満ちている…そう母は思ったそうです。

父の両親は、まだ幼い父に滅亡した一族の歴史を語り…その事実を他言してはならないと告げて亡くなりました。

両親の死後、何も知らない親戚に引き取られ、苦労して大人になったそうです。

運転免許を取ると、仕事を求めて都会へ…。

誰にも知られず、誰にも顧みられず、こっそりと隠れるように今まで生きてきたのだと父は言ったそうです。

「もぐり」の彼と花

花と彼は、大学で出会います。

襟の伸びたTシャツ、教科書も持たず、ただひたすらノートをとり続ける彼。

花は彼が他の学生とは違って見えました。

実は彼は「もぐり」で、花の大学の生徒ではないのです。

そのことが分かっても、花は彼に教科書を見せるから一緒に授業を受けようと言います。

会話の中で、彼が「家があったらいいだろうな」って言ったとき、「じゃあ、私がおかえりって言ってあげるよ」と花が言うのです。

sat0330sat0330

これは逆プロポーズですよね!「うわっ」と思わず声が出ました、花大胆すぎ。

彼はハッとした顔で花を見つめています…。

さぞ、キュンとしたでしょう。

花には友達もいなく、いつもひとりぼっちでご飯。

授業料は奨学金で賄い、生活費はアルバイトを掛け持ちして工面していました。

そんな花には、「おおかみおとこ」の彼が抱える孤独が見えたのかもしれません。

2人はどんどん惹かれ合います。

でもこの時はまだ、花は彼が「おおかみおとこ」ということを知りませんでした。

花という名前の由来

花が生まれたとき、庭にコスモスが咲いていました。

植えたのではなく自然に咲いたコスモス。

それを見て父が思いつき…花のように笑顔を絶やさない子に育つようにと名付けられたそうです。

つらいとき、苦しいとき、とりあえずでも無理やりにでも笑っていろって。

そしたらたいてい乗り越えられるから…。

花「だから、お父さんのお葬式の時ずっと笑っていた。親戚の人に「不謹慎だ」ってすごく怒られてしまって…でもやっぱり不謹慎だったかな…」

彼「不謹慎じゃない。」

花「よかった…」

花が彼に矢継ぎ早に質問を投げかけます。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

質問の多さに、彼はハハハって笑い…逆に花にひとつだけ質問します。

「どうして花っていうの?」

2人の間に生まれた子どもに名づけたとき、彼はこのとき交わした言葉や花の名前の由来を覚えていたに違いありません。

雪の日に産まれた女の子には「雪」、雨の日に産まれた男の子には「雨」。

花が名付けられたのと同じ「その時」を切りとった名前。

sat0330sat0330

花への深い愛を感じますよね。

自然に「親の想い」を考えさせる…いい作品です。

「怖くない…あなただから」に悶絶

ある日、花は待ち合わせに来ない彼をネオンが消えるまで待ち続け…彼が来たとき笑うんです。

sat0330sat0330

つらい時こそ笑うんですよね…花は。

それを見た彼は、とうとう自分が「おおかみおとこ」であることを花にカミングアウト。

「今まで誰にも言ったことがない。怖いんだ…君が去ってしまうかもしれないから。でももっと早く言うべきだった。…いや、見せるべきだった。少しの間、目を閉じて。」

首回りにふさふさした毛、指が長くなり…少しずつ変化していきます。

最後に目を開けたら金色に光って…目の前におおかみの姿をした彼。

「花、俺が何に見える?怖い?」

「怖くない。あなただから」

sat0330sat0330

花の言葉を聞いた瞬間、クッションを力いっぱい抱きしめ悶絶しました!

彼にとって最高の言葉ですよね。

この言葉でこれまでの人生が救われたはず。

父…突然の死

2人は子どもを授かります!

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

第1子の雪が産まれ、次の年の春には第2子の雨も誕生しました。

しかし、雨が産まれた日、突然父の姿が見えなくなり…再び冒頭の雪の語りが入ります。

「その日、父が何を考えていたのかわかりません。赤ん坊のために狩りをする本能が働いたのかもしれませんし、産後すぐの母に滋養のあるものを食べさせたかったのかも知れません。」

花は必死に探しましたが、おおかみの姿で彼は近所の川で亡くなっていました。

アパートの扉の前には袋一杯の食べ物と財布、中には彼の免許証…。

「子供たちをよろしく頼むよ」

そう言ったように花には聞こえました。

花が動かなくなった「おおかみ」の姿の彼に駆け寄ろうとするところ、清掃員に止められ、彼は連れて行かれてしまうところでした。

sat0330sat0330

ついさっきまで幸せだったのに。

涙をポロポロ流しながら「任せて。ちゃんと育てる」と言った花を忘れられません。

花の紙芝居がかわいい!

人間と生きていくために必要な注意事項を、花は紙芝居で子供たちに伝えます。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

紙芝居の内容
雨と雪がおおかみこどもだっていうのは私達だけの秘密。

もし急におおかみになったら、みんなとってもびっくりする。

だから、他の人の前でおおかみになっちゃダメ。ねっ?約束。

それともう1つ。

もし山で動物に会ったら偉そうにしちゃダメ。

きっとおとうさんが悲しむから。

ねっ、分かった?

かわいい絵で子供たちに分かりやすいように。

sat0330sat0330

花の子育ては独りよがりじゃないところが好きです。

周囲に与える影響をきちんと考え、子供たちに教えます。

普通、これだけ大変ならば、考えが狭くなりがちだと思います。

でも花は視野が広く大らかなのです。

sat0330sat0330

彼女の人間性でしょうか…学ぶところがたくさんあります。

里の温かさと韮崎のおじいちゃん

人間の方が追い出されたような場所、超絶僻地な山里に越してきた花と雪と雨。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

人目を避けて引っ越した場所は、本当に温かい里でした。

里のみんなは花たち家族を助けてくれます。

特に韮崎のおじいちゃん。

不器用で無愛想でちょっと怖いけど…里のみんなに花たちを世話してあげるよう働きかけてくれるんです。

sat0330sat0330

声は菅原文太さん。

低いダンディなイイ声は、韮崎のおじいちゃんそのもの!

無骨さと優しさが声からも伝わってきます。

声の配役も豪華なのが細田守監督映画のスゴイところです。

ちっちゃい雪は、本当に明るく元気いっぱい!

大食感でずっと食べ物を欲しがり、感情豊かで興奮してすぐおおかみに変身してしまいます。

弟のギャン泣きの夜泣きにも動じることなく爆睡。

山里へ引っ越したときも、環境にすぐ順応。

森のケモノ達にも負けず、逆に追い回して「動物たちにはやさしく!」と母にお願いされました。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

狩りだって得意…畑づくりでは母を一生懸命に手伝ういい子です。

好奇心旺盛な雪は、小学校にも果敢にチャレンジ。

「おみやげみっつ、たこみっつ」は、おおかみにならないためのおまじない。

おまじないをいっぱい唱えて入学します。

sat0330sat0330

そこで雪は知ってしまいます…自分はみんなと違うということを。

他のお友達が花冠を作っているそばで、たわむれに腕にアオダイショウを巻き、他のお友達が宝箱にキラキラしたものを集めている中、大きなお煎餅が入っていた缶に小動物の骨や爬虫類の干物を収集。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

恥ずかしさでたまらなくなり…おしとやかに女の子らしく振る舞おうと決意します。

そんな雪のために、母は「青いワンピース」を縫ってくれます。

時には弟が上級生にからかわれると守ってあげる優しい姉。

ワンピースも大人気、雪はどんどん学校に順応していきます。

しかし、転校してきた草平に「ケモノくさい。犬飼ってるのか?」と言われ、ショックを受けます。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

おおかみの匂いは隠せなかった…しつこくつきまとう草平。

雪は草平の前で変身してしまい、ひっかき、耳に大きな傷を負わせてしまいます…。

sat0330sat0330

おまじないは効きませんでした。

学校に行けなくなった雪に、草平は毎日家へやってきます。

プリントを届け…時には給食のみかんとパン。

草平のおかげで、雪はまた学校に行けるようになります。

豪雨の日、学校に残された雪と草平…。

草平は母の再婚で悩み、苦しんでいました。

雪もずっとおおかみだと人には言えず悩んできました。

この日、お互いの悩みを打ち明けあいます。

草平は「わかってたよ、ずっと」と言い、「雪の秘密は誰にも言ってない、言わない。だからもう泣くな」と言ってくれます。

雪に初めて家族以外の理解者ができました。

sat0330sat0330

雪は「人間として生きていくこと」を選びました。

中学からは全寮制のところへ…友達と楽しそうに笑う雪の写真が壁にたくさん貼ってありました!

彼女がその決断をできたのは、草平の存在が大きかったように感じます。

この世に家族以外で自分の存在を肯定してくれている人がいるという事実は、雪にとってどんなに大きい支えとなるか計り知れません。

まだ赤ちゃんの雨は、小食でひ弱でした…よくよく泣きました。

花は雨になんとかお乳を飲ませようと試行錯誤します。

その甲斐あって、雨は健康に育ちました!

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

赤ちゃんだったのに、母が疲れている時には心配するほど気の細かい優しい子です。

山里に移り住んだ時の口癖は「もう帰ろう…」

環境の変化にもなかなか馴染めず…傷だらけになって帰ってきて、聞くと三毛猫に負けてしまったとのこと。

甘えん坊で、この時の口癖は「お母さん、大丈夫して…」と言ってナデナデを要求。

sat0330sat0330

その様子がすっごくかわいいんです!

雨は本が好きで、よくおおかみが登場する絵本を読んでいました。

「母さん…おおかみってどうしていつも悪者なの?みんなには嫌われて最後には殺される…だったら僕…おおかみはイヤだ。」

「でも…お母さんはおおかみが好きよ。みんながおおかみを嫌ってもお母さんだけはおおかみの味方だから。」

このやりとりでも分かるように感受性の強い子です。

「おおかみ」としての自分について、小さなときからよく考えているのです。

雨には小学校も必要ありませんでした。

長老と呼ばれる黄金色の綺麗なキツネの先生がいたからです。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

雨はどんどん山へ惹かれていきます。

長老が足を怪我し、雨の様子が変わりました。

花は不安を感じ、山へ行くことを禁止します。

しかし、雨の自然に対する興味、山で生きていきたいという気持ちは膨らんでいくばかり…。

豪雨の日、雨は山のことが心配になり、家を出て山へ行ってしまい…花は必死に探しますが見つからず、山で足を踏み外してしまいます。

気を失った花を抱えて山を下り、助けてくれたのは雨。

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

花を安全なところへ下ろして、再び山へ向かう後ろ姿は「彼」に似ていました。

「まだ私なにもしてあげれていない。」

雨にそう話しかけます。

彼は何も言わず…断崖絶壁を駆け上がり、頂上へ。

そして「ウォオオオーン」と本当に素敵な遠吠えをします。

そこにいたのは立派な「おおかみ」でした。

sat0330sat0330

雨は「おおかみ」として生きていくという道を選びました。

弱く小さかった雨が、男らしく…いや雄らしくありました。

花がふと耳を澄ませば「ウォオオオーン」と雨の遠吠え。

まるで花に無事を知らせるかのような、綺麗な遠吠えです。

そんな爽やかなエンディングに感動します。

sat0330sat0330

冒頭で雪だけが語りをしていた理由はこれですね。雨は「おおかみ」として山で暮らしているからでした。

『おおかみこどもの雨と雪』まとめ

『おおかみこどもの雨と雪』

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

以上、ここまで『おおかみこどもの雨と雪』についてネタバレありで紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 「おおかみおとこ」と恋におちた花の人生
  • 「おおかみこども」の雨と雪が人生の選択をするとき、きっかけは豪雨の日でした
  • ちょっと変わった家族のかたちと絆の物語

▼動画の無料視聴はこちら▼