ドラマ『オールドルーキー』第8話あらすじ/ネタバレ感想!アスリートに寄り添い過ぎるマネージメント。バレーボール選手・古川舞(田辺桃子)が移籍を断る理由は‥

オールドルーキー

出典:オールドルーキー公式ページ

ビクトリーがマネージメントしているバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)に、イタリアの強豪チームへの移籍の話しが舞い込んできました。

社長・高柳雅史(反町隆史)は、ビクトリーの為にもその話をまとめようとします。

しかし、古川はその移籍に乗り気ではないようで‥。

古川が、イタリアの強豪チームへの移籍を断りたい理由は何だったのでしょう。

アスリートに寄り添ったマネージメントをしようとする深沢塔子(芳根京子)と、そんな深沢に協力する新町亮太郎(綾野剛)。

高柳は、そんな2人をどう見ているのでしょうか?

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『オールドルーキー』前回第7話のあらすじと振り返り

車いすテニス選手・吉木修二(福山翔大)が、ビクトリーにマネージメントをお願いしてきました。

吉木は所属している富島印刷からも援助を受けていましたが、世界を転戦するためには資金が足りなかったのです。

パラアスリートを扱ったことが無いビクトリーでは、吉木と契約するかどうかで意見が分かれていました。

最終的に、新町亮太郎(綾野剛)、深沢塔子(芳根京子)、梅屋敷聡太(増田貴久)の3人が、吉木のスポンサーを探すことになります。

その中でも梅屋敷は、吉木と契約することに意欲的で‥。

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『オールドルーキー』第8話あらすじと感想

アスリートの判断と、マネージメントする側の判断

ビクトリーがマネージメントしているバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)に、イタリアの強豪チームへの移籍の話しが舞い込んできました。

古川は、現在のチームの中で唯一のプロ選手で、トルコリーグでもプレーしたことがあるレシーブ専門のリベロです。

しかし、古川は、現在在籍しているチームを優勝させたいと言い、その移籍を断りました。

社長・高柳雅史(反町隆史)と担当の深沢塔子(芳根京子)は、なぜ古川が移籍を断るのか不思議に思います。

イタリアの強豪チームへの移籍は、選手にとってもビクトリーにとってもビッグチャンスのはず。

高柳は、古川を説得するよう深沢に指示しましたが、深沢は古川の気持ちを優先させたいと考えていて‥。

ミルトモ 編集部

今までの失敗で、深沢は選手の気持ちを優先させることが大事だと感じています。

一方、高柳は、「アスリートの判断が間違っている事だってある」と言います。

どちらも正しい気がしますが、古川が何を一番大事にしたいのかが、判断のポイントになる気がしました。

アスリートに寄り添い過ぎるのは良くない事か?

深沢は、社長秘書・真崎かほり(岡崎紗絵)と新町亮太郎(綾野剛)を連れて古川の練習を見に行きます。

しかし、古川を説得する事は出来ませんでした。

レシピ本が好評な果奈子(榮倉奈々)は、第2弾レシピ本と講演の依頼が来ていました。

講演の依頼を受けることにした果奈子は、1週間、家を留守にして仕事に出かけ、家事は夫である新町が担い、それを娘たちが手助けしています。

高柳は果奈子のレシピ本を見て、自分のお弁当を作っています。

そんな中、新町は、水泳選手・麻生健次郎(渡辺翔太)を担当することになりました。

麻生は現在の環境を変えて、プロになろうとしていて‥。

ミルトモ 編集部

高柳は、アスリートに寄り添い過ぎる深沢と新町を問題視しているようです。

高柳の言う通り、会社である以上、利益を生み出さないといけません。

しかし、高柳の「所属するアスリートを引き抜いて、独立するような人間がこの業界にはいる」という言葉が気になります。

高柳は、過去に人から裏切られた経験があるのでしょうか? ところで、高柳が作った可愛いお弁当にホッコリしました。

そして、憎まれ口を叩き合う深沢と梅屋敷聡太(増田貴久)も、仲が良いような悪いような‥。

バレーボール選手・古川舞(田辺桃子)が移籍を断った理由

高柳は、イタリアの強豪チームのスカウト担当を日本に呼んで、古川の移籍を強引に進めることにします。

しかし、深沢は、あくまでも古川の気持ちを尊重しようと考えていました。

古川は、イタリアの強豪チームが自分を評価してくれたことを喜んでいましたが、結果が出せないことを恐れていたのです。

アシスタントコーチ・宮野(大谷亮平)にも移籍の事がバレてしまい‥。

宮野は、古川にとって特別なコーチでした。

何故なら、古川がトルコリーグから帰って自信を無くしていた時に、現役の選手だった宮野は、現役を辞めて古川のコーチに専念し、古川を支えてくれた人だったからです。

宮野にイタリアの強豪チームへの移籍を勧められた古川は、「私、失恋しちゃいました」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

古川が移籍を断った理由は、結果を出せないことを恐れていただけでなく、宮野と離れなければならない事に悩んでいたようです。

コーチに恵まれ、快適な環境でプレーが出来ているなら、わざわざ移籍をしなくても良い気がするのですが‥。

選手としてレベルアップするには、環境を変えることも必要なのでしょうか?少し気になるのは、高柳が深沢に何も言わず、話しを進めてしまった事です。

高柳は、社員たちを信じられなくなっているのでしょうか?

新しい世界に飛び込む勇気

新町と深沢のおかげで、古川の想いに対する宮野の返事をもらうことが出来ました。

「俺もイタリアに行く。ずっとお前を支えていたい」

宮野にそう言われた古川は、イタリアの強豪チームと契約することに‥。

新町はサッカーエージェントの資格を取得し、セカンドキャリアについて講演する果奈子の動画を見ています。

新町が泉実(稲垣来泉)の算数の宿題を見ていた時、麻生から電話が掛かって来るのでした。

ミルトモ 編集部

果奈子はレシピ本だけでなく、講演会にも引っ張りだこのようです。

そんな果奈子を眩しそうに見つめる新町も、マネージメントの仕事が板についてきた気がします。

新町が深沢の仕事の相談に乗るなんて、少し前には考えられませんでした。そんな中、麻生から掛かってきた電話の内容が心配です。

ドラマ『オールドルーキー』第8話まとめ

「なぜ移籍を断るのか?」と聞かれても、「コーチに特別な想いがあるから」とはなかなか言えない気がします。

現在の宮野と古川は、コーチと選手の関係ですが、自分の想いを告白してしまった後はどうなのでしょう。

イタリアに行った後、2人がどうなったのかが少し気になりました。

そして、ドーピング検査に引っかかった麻生がどうなってしまうのかも心配です。

麻生との契約を切ろうとする高柳と、そんな高柳に反発する新町。

第9話は、対立する高柳と新町の姿が見られそうです!

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る