ドラマ『オールドルーキー』第2話あらすじ/ネタバレ感想!サッカーに未練を残す新町亮太郎(綾野剛)と、スケートボード選手・牧村ひかりの本当の気持ち

オールドルーキー

出典:オールドルーキー公式ページ

将来有望なスケートボード選手・牧村ひかり(9歳)を獲得するため、ひかりの父・悠一に会いに行く深沢塔子(芳根京子)と新町亮太郎(綾野剛)。

そこには、ライバル会社の姿もあり‥。

深沢は、悠一の希望通りのマネージメントをしようと考えますが、新町はひかりの本当の気持ちが気になっています。

ひかりの本音を聞いた新町は‥。

新町たちがひかりのために考えたマネージメントは、どんなマネージメントだったのでしょう。

ギクシャクしていた新町と娘たちとの関係は?

第2話では、新町の心の変化と、新町を取り巻く家族や社員たちの関係に注目です!

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『オールドルーキー』前回第1話のあらすじと振り返り

所属していたジェンマ八王子の解散が決まり、フリーになった新町亮太郎(綾野剛)は、直ぐに誰かが声を掛けてくれると思っていました。

しかし、スポーツマネージメント会社ビクトリーに移籍交渉を頼んでも、移籍先は決まりません。

現役引退を勧告された新町は、家族のために慣れない仕事をすることに‥。

そんな時、ビクトリー 社長・高柳雅史(反町隆史)に声を掛けられた新町は、ビクトリーで契約社員として働くことになりました。

新町は、ドイツで活躍するサッカー選手・矢崎と契約できるよう、深沢塔子(芳根京子)のサポートをする事になり‥。

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『オールドルーキー』第2話あらすじと感想

ビクトリーの社員たちの仕事

ビクトリーの社員たちの仕事は、有望なアスリートたちを獲得するだけでなく、所属するアスリートをサポートするのも仕事です。

プロゴルファー・高槻を担当している梅屋敷聡太(増田貴久)は、スランプ続きの高槻が気がかりでした。

新町亮太郎(綾野剛)から、スポーツイップス専門のクリニックがあると聞いた梅屋敷は‥。

一方、深沢塔子(芳根京子)は、新町と一緒に9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(全国ジュニア大会優勝)を獲得するため、ひかりの父・悠一に会いに行くのでした。

ミルトモ 編集部

スポーツの経験がない深沢と元アスリートの新町。高柳雅史(反町隆史)は、深沢の成長のために新町が必要と考えたようです。しかし、深沢と新町は、お互い良い影響を与え合う関係に見えました。お互いをライバル視する深沢と梅屋敷のやり取りも面白かったです。

契約を断るひかりの父・悠一

ひかりにマネージメント契約を持ち掛けているのは、ビクトリーだけではありません。

悠一の傍には、世界最大手のスポーツマネージメント会社WPMの社員たちの姿がありました。

悠一は、ひかりが3歳の時からスケートボードの練習を指導し、これからも自分が育てようと考えています。

それ故、悠一は、どこの会社とも契約する気はありませんでした。

一方、梅屋敷は、スランプ続きの高槻との契約を切ろうとしますが、社長・高柳に怒られてしまいました。

ミルトモ 編集部

梅屋敷の仕事は、スランプ続きの高槻をフォローすることでは‥。高柳がまっとうな事を言っているのを聞いて、少しホッとしました。

ところで、クリニックで行われた催眠術のような治療は、効果があるのでしょうか?ひかりが自分の意志でスケートボードをしているのかも気になります。

新町亮太郎(綾野剛)の家族たちの変化

人気アナウンサーだった妻・果奈子(榮倉奈々)は、事務所に入って働き始めようとしていました。

そんな果奈子の悩みは、ママ友たちの付き合いだけでなく、現役に未練を残して仕事になじめない夫の事です。

果奈子の愚痴を聞いている果奈子の妹・糸山留美(生田絵梨花)は、「私は一人がいいや」と言います。

一方、長女・泉実(稲垣来泉)は父親を無視し、次女・明紗(泉谷星奈)も姉の指示に従っています。

娘たちがお金の心配をしている事を知った新町は、自分の本当の気持ちを娘たちに話すのでした。

ミルトモ 編集部

ギクシャクしていた娘たちの関係が少し良くなったことにホッとしました。泉実は、父親が楽しそうでない事が気になっていたんですね。

一方、新町の引退で、果奈子の生活も一変したようです。果奈子の家計を心配するママ友は、ありがたいような迷惑なような‥。

「まだできると思っているのに戦力外通告を受けた選手は、セカンドキャリアも上手くいかない」というのも分かる気がします。

一番大事なのは、本人が納得して新しい仕事に取り組めることだと思うので‥。

ひかりがスケートボードをする理由

実は、悠一はスケートボードが出来ませんでした。

ひかりは、ネットに上がっている動画を見てトリックを勉強していたのです。

ひかりは、「スケボーの楽しさは友達が出来ることだから」と言います。

ひかりから話を聞いた新町は、ひかりにコーチを付けた方が良いと考えますが、深沢は悠一の意見しか聞く気はないようで‥。

ミルトモ 編集部

ひかりは試合に勝つことより、トリックを教え合ってみんなと友達になる事を楽しんでいるようです。試合に勝つのも大事ですが、今しか出来ないことをやらせてあげるのも必要な気がしました。

共同マネージメント契約

「金は出すが、口は出さない」

深沢はそう言って契約書に悠一のサインをもらいますが、捺印しようとする悠一を新町が止めます。

新町に促されたひかりは、自分の気持ちを話し始めました。

契約が取れなかった深沢は、高柳にどう報告するか考えています。

最終的にひかりとの契約は、WPMとの共同マネージメント契約で落ち着きました。

深沢から報告を受けた高柳は、共同マネージメント契約が深沢の考えなのか疑問に思っています。

一方、高槻が不調になった原因がペットだと分かった梅屋敷は、高槻にペットをプレゼントする事に‥。

ミルトモ 編集部

ひかりは父親のためにスケートボードをやっていると思っていたので、早く世界に出たいと考えていたのは意外でした。「社長は怖い人なの」と言う深沢の言葉も気になります。そんな中、新町がマネージメントの仕事にやりがいを感じ始めたのが良かったです。

ドラマ『オールドルーキー』第2話まとめ

スポーツマネージメントの仕事は、アスリートの気持ちを尊重する事が大事です。

しかし、深沢は、ひかりの意見を聞かずにマネージメント契約を決めようとしました。

新町のおかげで、ひかりの本当の気持ちを聞くことが出来ましたが、実際、契約者が子供の場合のマネージメント契約は難しい気がします。

何故なら、親の決定が、必ずしも子供が希望している事とは限らないからです。

新町のように、アスリートの気持ちを最優先で考えてくれる人が担当になったことは、ひかりにとって幸運だった気がします。

一方、高柳は、今回の共同マネージメント契約をどう考えているのでしょう。

アスリートのために仕事をする新町が報われる会社であれば良いのですが‥。

第3話は、深沢が入社当時から担当しているマラソン選手・秀島修平が登場します。

秀島はどんな選手なのでしょう。新町が秀島にどうアプローチしていくかにも注目したいです!

\\『オールドルーキー』を見るならここ!!//

Paraviで見る