ドラマ『おいハンサム!!』第4話 1番イヤラシイのは“ワンチャン浮気心”…娘(佐久間由衣)の言葉が父(吉田鋼太郎)に刺さる!

出典:おいハンサム!!公式ページ

出典:おいハンサム!!公式ページ

ふと、昔付き合っていた“あの人”の動向が気になってしまうことってないですか?

ただ気になるだけなら問題ないかも…

ですが、1歩先に待ち受けるのは“浮気心”なのでご用心!

第4話では、伊藤家全員が揃いもそろって“元カレ”や“元カノ”の存在に心乱されちゃいます。

過去の恋愛を思い出すなんてあるあるすぎて怖い。

さあ伊藤家、どうなることやら…

\\『おいハンサム!!』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

ドラマ『おいハンサム!!』前回第3話のあらすじと振り返り

冷蔵庫の中身をいかにぴったり使い切るか…

大阪に嫁いだ伊藤家の次女・里香(佐久間由衣)は、脳内の“冷蔵庫地図”と戦うピリついた日々を過ごしています。

頑張っているのに、夫・大輔(桐山漣)は無関心。

あろうことか、努力の成果が並ぶ食卓で妻の名前を呼び間違えるというミスを犯します。

「食材を使い切ることを目的に生きるって疲れるのよ…」

離れて暮らす娘の苦悩を知ってか知らずか、母の千鶴(MEGUMI)は若かりし頃に自分も冷蔵庫地図に囚われて苦労したことを源太郎(吉田鋼太郎)に話して聞かせます。

娘の幸せを案じた源太郎は、冷蔵庫に残る7cmのネギを見て家族会議を招集!

「娘たちよ…やり残しを恐れず、前向きに生きろ!前向きに倒れろ!」

大阪では、父の言葉に涙する里香がいました。

sat0330

他にも、長女は年下男子に劇的告白をされ、
三女はハイスペ男子との恋がスタートと、“その後”が気になることだらけだった第3話。
特に心配なのは“次女・夫の浮気疑惑”…第4話で掘り下げられます!
\\『おいハンサム!!』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

【ネタバレあり】ドラマ『おいハンサム!!』第4話あらすじと感想


源太郎(吉田鋼太郎)、昔の恋人(江田友莉亜)の話に心乱れて…

「あれから、古澤木の実とは会ってない?」

久しぶりに会う友達の石田(金田誠一郎)から聞かれた源太郎(吉田鋼太郎)。

古澤木の実とは、婚約者との結婚をやめてまで源太郎を選んでくれた元カノ。

1年一緒に暮らして「私疲れた…」といわせてしまい別れた元カノ。

石田いわく、彼女が実家に戻って来ているのでは?と。

タイミングよく、バーのママ(松本圭未)が源太郎が大好きな歌を流します。

sat0330

その歌は、高橋真梨子さんの「5番街のマリーへ」
昔悲しい思いをさせたマリーがどんな暮らしをしているのか見てきて欲しいって歌詞の歌。

もうずっと会っていない元カノを意識したその瞬間から、源太郎の日常に古澤木の実(江田友莉亜)の幻影が出現し始めます。

翌朝、源太郎はあの大恋愛を思い出してあの曲を鼻歌しながらトーストを頬張ります。

「何でマリーがまだ自分のこと覚えてると思うの?」

異変を察知した妻の千鶴(MEGUMI)が核心に迫り、歯切れの悪い答えをする源太郎。

sat0330

鋭い、妻の勘!
「あれは男性の思い込みが前面に押し出された歌。マリーの今が知りたいというのは“昭和の男の願望”です。」

源太郎に相談された大森利夫(浜野謙太)は持論を展開!

「マリー、私が見てきましょうか?」

大森の申し出を、渋い顔をした源太郎が断ります。

別れ話にコーヒーゼリー?浮気夫(桐山漣)に憤慨する里香(佐久間由衣)

伊藤家の次女・里香(佐久間由衣)は、冷蔵庫のネギを手に取り父の言葉を思い出します。

「やり残しのある人生こそ、素晴らしい!」

微笑みながらネギをスルー。里香はもう囚われ人ではなくなりました。

そんな彼女にはいま、冷蔵庫よりも“向き合わなくてはならない問題”が…

それは、呼び間違え事件で浮上した夫の大輔(桐山漣)の浮気疑惑!

「ヒロミ…」ついに、寝言で浮気相手名をうっかりする大輔。

ついに、里香は大輔の携帯電話を見ます。

sat0330

浮気相手と食事の約束をするウキウキなやりとりを発見!
大輔イメージとは違う、ノリノリなメッセージ内容w
浮気確定…そして、夫婦は話し合います。

あくる日、大輔は浮気相手と別れ話をしに出かけていきました。

帰宅した大輔が持っていたのは“コーヒーゼリー2個”の喫茶店レシート!

それを見てほどなく、里香は今月2回目の実家へ…

お土産にチキンライス弁当を家族分購入します。

里香は、こんどこそ離婚を決意していました。

ハイスぺ彼氏(高杉真宙)のスパルタ教育。恋に遭難気味の美香(武田玲奈)が意地悪女に変身!

「学さんがスパルタで…」

伊藤家の三女・美香(武田玲奈)は、大倉学(高杉真宙)との付き合いをまるで“山登り”のようだと感じはじめます。

頂上目指してただ疲れ、次はどの石を踏もうかしか考えていないという境地。

「私、軽装で登り始めちゃったかな…私、やっぱり遭難してますか?」

先輩・シイナ(野波麻帆)の胸で泣き崩れる美香。

聞けば、美香に対しての“僕の彼女ならこうあるべき”という彼の圧がエグいらしい。

楽しいはずのデートも携帯画面を見せられ、2択で選ばされます。

回答を間違えようものなら「男に恥をかかす気?」と穏やかなトーンで詰められます。

sat0330

厳しくされても必死に彼に付いていく美香が健気。

ある日、シイナと社長の楠山(山中聡)のお忍びデートを目撃した美香!

翌日、シイナを問い詰めようとしますが…

「大人だからほっとこ!」と小浦(中村靖日)に止められます。

他人の恋愛に面白半分に首を突っ込もうとした自分を恥じた美香。

学からの教育により、自分が他人にも厳しく意地悪になりはじめたのを実感します。

「学さんについて行けばきっと幸せが!」

美香は固く信じるしかありませんでした。

お気楽なおひとりさまorドキドキのガチ恋愛。2択で揺れる由香(木南晴夏)に3つ目の選択肢が現る!?

年下男子との恋をどうすべきか悩みながら“おひとりさま飲み”をする伊藤家の長女・由香(木南晴夏)。

そこへ大森がやって来ます。

「大阪出張楽しみだ!」と由香にも聞こえる声で、大阪グルメについてアツく語る大森。

由香は「偉そうに!」と毒づきます。

腹話術を駆使して「お一人さまが進化してるぞ!」大森が反撃!

由香は大森を一瞥して帰ります。

sat0330

これ以降、由香が大森を避けて2人は疎遠に。

そんな中、大森は伊藤家のあの人と偶然遭遇することに!

「芽生えたばかりの恋は、男の部屋にピアスが落ちてて目が覚めた率が高い。」

里香の恋愛漫画情報を信じ、美香はピアスを探しに青山(奥野壮)の家へ!

でも、見つけたのは“ピアスっぽい節分の豆1粒”。

しかもそれ…「美香との恋が成就するよう願掛けた豆だ」というのです。

ピュア青山に戸惑う美香の元へ、10年ぶりに元カレの知野くん(田中康寛)から連絡が!

「会いたいな…」元カレの言葉が由香を揺さぶります。

sat0330

実は知野くん、酔って無差別にかけただけと後に発覚!
知野くんの件で勘違いした由香は、すっかり恋モードオフ!

「青山くんは私なんかには出来過ぎで…ごめん!」

こうして青山との恋は、はじまらずして終わりを迎えました。

浮気相手判明!そして、里香(佐久間由衣)が遭遇した“チキンライス弁当くん”の正体とは?

「アイツ、浮気した…少なくとも“浮気心”に間違いない!」

弁当を家族で食べながら、里香が大輔の浮気を家族に打ち明けます。

「浮気と浮気心は違う…だいぶ距離があるぞ!」衝撃発言に驚き、立ち上がる源太郎。

「まだ未遂…でも、浮気心とは“浮気の一歩手前の一番厭らしい気持ち”のこと!本当にイヤラシくて吐きそうなくらい嫌!」

sat0330

大輔の浮気相手は、高校の時に付き合っていた人!

「何で男の人っていつまでも昔の恋人に思いを馳せてんの?」

里香は、理解できない男心に苦しみます。

「別れ話のとき、コーヒーじゃなくてコーヒーゼリー…別れる気ないなって、頭にきた。」

思い出して怒りが再燃した里香。矛先は父の大好きなあの歌の歌詞へ。

「もし元カノが独身ならワンチャン狙ってる?歌の主人公が既婚者なら、思いを馳せてる時点で少なくとも浮気心でしょ?」

娘の指摘は、父の抱いていたグレーな思いをグサグサと貫いてきます。

「お父さんにもマリーが?」

里香に問われた源太郎は、何も言えず押し黙ってしまいます。

sat0330

夜行バスの隣の席の男が美味しそうに食べていたからと、お土産にした里香。
楽しそうな“チキンライス弁当くん話”を聞いた由香は思い出します…
“大森”が大阪出張に出掛けていたことを!

千鶴(MEGUMI)の元カレは有名人だった…源太郎(吉田鋼太郎)、決意の夜!

妻の千鶴には、心の声を口に出して聞こえるように言ってしまうときがあります。

「それ、あたしが考えたレシピ!自分が思いついたかのように偉そうに!」

男子の夜料理という番組を観ていた千鶴が、心の声を放出!

作家の山田タカシが作るピータンスープに苦言を呈する千鶴。

最後に山田が「学生時代の彼女が作ってくれたレシピで…」とひと言添えて。

途端に千鶴は画面から目を反らし、源太郎はなんとも言えない表情を浮かべます。

sat0330

気まずすぎ…千鶴の元カレは人気作家w
「人はみんな、それぞれ自分のペースで生きてる。昔の恋人も、家族も、夫婦だって…同じスピードで生きている人はいない。人は巡り合った人と同じ船に乗って、いつまでもみんな同じ船の上で生きているって思ってしまう…それは、人間の願望じゃないかしら。」

こう千鶴が語ると、源太郎の目に決意がたぎります。

「マリーより娘!大輔の奴…5番街のマリーがお前を幸せにするとは限らんぞ!」

その夜、大阪に行くと言って勇んで5番アイアンを磨く源太郎の姿がありました。

ドラマ『おいハンサム!!』の次回に期待するもの

それぞれが自分のペースで生きてることって、わかっているようで忘れがち。

大事な“気づき”を与えてくれた回でした。

第5話は、年間通して安定の不安続きな長女&取り急ぎ不安を抱える次女…

この2人に新しい出会いがある模様!

そして、三女はプロポーズされて…ついに、ゴールインか!?

波乱の予感しかない次週、待ち遠しい!

\\『おいハンサム!!』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る