【主演:菅野美穂】ドラマ『大奥 2003』キャスト・あらすじ・ネタバレ・見逃し動画情報まとめ!

出典:FODプレミアム

フジテレビでとても人気になり、シリーズ化された『大奥』。

女の世界の中でどのように生きてきたのか、それぞれの世界や想いは違ったとしても、あるひとつのお城の中で起きている傑作時代劇です。

今回は、波乱の中で生きてきた女性を中心に描いている菅野美穂が主演した『大奥 2003』を紹介していきたいと思います。

ドラマ『大奥 2003』主演・注目キャスト

  • 篤子(敬子)……菅野美穂
  • 瀧山……浅野ゆう子
  • 徳川 家定……北村一輝
  • まる……池脇千鶴
  • 東郷克顕……原田龍二

ドラマ『大奥 2003』あらすじ

黒船来航から三年後の安政三年(1856年)。

薩摩藩士の娘敬子(菅野美穂)は、藩主の命で将軍・家定(北村一輝)のために大奥に差し出された。

相思相愛の若い藩士・東郷克顕(原田龍二)との仲を引き裂かれた敬子は、江戸に向かう日、自害を図ろうとするが克顕が止める。

克顕は、「時代は変わる。救い出す日が来るまで生き延びて」と言った。

敬子は名前も御台所・篤子と改め、大奥の人となった。

そこは将軍の夫人、側室、世話する女中ら、将軍以外は女ばかり約千人もが暮らす江戸城内の別世界だ。

万事を総取締の瀧山(浅野ゆう子)が仕切るが、起床ひとつ自由に出来ず、手洗いの中にまでお付きが入る。

薩摩でのびのびと育った篤子には耐えられない日々だった。
出典:FODプレミアム

ドラマ『大奥 2003』を視聴できる動画配信サービス

『大奥 2003』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年5月15日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『大奥 2003』感想レビュー

上様との出会いと、瀧山(浅野ゆう子)との闘い

大奥は女性の牢獄とも言われておりましたが、薩摩ではスミコという女性が意中の男性と会っていました。

この男性は、幕府がダメだからと話をしていますが、家定(北村一輝)という男性は一度見たら忘れられないほどの顔だそうです。

そんな家定様の元へ行くことになりましたが、敬子さん(菅野美穂)は拒否し、克顕(原田龍二)という男性と一緒にいたいとお願いするのです。

しかし、お父さんが自害する可能性や薩摩藩のことを考えて、どうしても行かなければ思い、自分の心は捨てて旅立ちました。

克顕は、自分が将来迎えにいくまで生き延びてほしいと言い、その想いにこたえるように江戸に行きました。

敬子は無事に江戸に行き、正室として輿入れを果たしましたが、大奥総取締である瀧山(浅野ゆう子)という女性と出会います。

大奥では、多くのしきたりや掟があり、自分のしたいようにすることができません。

敬子はここまで何もできない、誰かに何かをしてもらうなどは受け入れることができませんでした。

瀧山様は実権を握り、家定様ともお話ができるという特別な関係でしたが、敬子は克顕が迎えに来てくれる日を毎日の様に待っていました。

ただその想いだけでしたが、瀧山様は家定様の命が危ういと思うと手段は選ばずに行動を起こす人です。

敬子は自由がないこの生活から早く抜け出したいと思っていましたが、やっと家定様と会う時になり、そこで敬子は驚きました。

家定様と会ってから、敬子さんは変わってしまい瀧山様にも歯向かうようになってしまいました。

ここからが、敬子と瀧山の本格的な争いになっていきます。

瀧山様は家定様のことが好きで、愛している人のことを守るために一生懸命に行っている方でした。

その想いは、敬子さんにも次第に感じていき、瀧山様との争いも次第に沈静化してきたと思った矢先に、家定様が倒れてしまいそのまま亡くなってしまうのです。

子供はできませんでしたが、最初は拒絶していた上様という人や、瀧山様のことを受け入れられるようになりました。

家定様は今までの御台所として輿入れしてきた女性と敬子は何か違うと感じ、心を許し好きになっていたのではないかと思います。

しかし、瀧山様は家定様の愛情を独り占めにしたくて、敬子に嫉妬していました。

>>【1ヶ月間無料】FODプレミアムで『大奥』を視聴する

まる(池脇千鶴)と敬子(菅野美穂)

家定様が亡くなってしまい落飾らくしょくしたため、新しく天璋院と名前を改められました。

ですが、まる(池脇千鶴)と敬子は敬子が江戸に来るときから運命とも思えるほど、時を同じくしてまるも大奥に奉公に上がってきていました。

敬子は、仮面をつけたような人達よりも、まるは自分の気持ちをすぐに顔に表すことができるため、信頼できると思い自分の一番傍においておきました。

何をするにもまると一緒におり、克顕とのことも話し、いつかは一緒にここを出たいと思っていることも話をしていたものの、最終的に大奥に敬子が残るという決断までを、まるはずっと見てきました。

家定様と一緒にいた時間で敬子の心が変わっていっていることもまるが一番分かっていました。

家定様が亡くなる時も敬子が傍におり、その姿を見て一生この女性を大奥で支えていきたい、傍にいたいとまるは思っていたようです。

まるにも、意中の人がおり、その人と一緒に結婚できればと思っていましたが、親の縁談で違う人と結婚してしまうかもしれないと思い、すぐに大奥に上がることを決意しました。

敬子とまるは好きな人がいながらも大奥に上がり、その人と一緒にいられない時間を二人で支え合いながら過ごしていたということになります。

その分、二人の絆は深いもので、大奥が薩摩藩に占拠されてしまう直前まで二人は大奥で過ごし、まるは意中の人の元へ帰っていきました。

敬子は落飾した後も、大奥にいる女中たちのことを気にかけ、お中老にまでなった敬子は最後の最後まで大奥を見ていました。

>>【1ヶ月間無料】FODプレミアムで『大奥』を視聴する

家茂様(葛山信吾)と和宮様(安達祐実)

家定様と敬子は子供がいなかったために、家茂様(葛山信吾)が新しい将軍になられましたが、この人のお母さんが凄く怖い人でした。

母の名前は、実成院様(野際陽子)といい、大奥に君臨すると同時に和宮様(安達祐実)とは少し犬猿の仲になってしまいます。

そして、瀧山様とも対立することになるのですが、二人の対立に何も動じず自分の道を行くのが、家茂様でした。

和宮様は、大奥という場所が怖く、最初はなじむことができませんでしたが、家茂様とまるだけが自分のことを分かってくれていると思っていました。

家茂様の母ということを理解はしていたとしても、実成院様に対しても最初はあまりいい態度ではなかったです。

全て、自分の都の言葉や御所風というのを守ってくれと話をしておりましたが、江戸ではそれを全て受け入れられませんでした。

家茂様も最初は和宮様のことを信頼していた訳でもありませんでしたが、純粋な心を持っている和宮様に次第に惹かれていきました。

家茂様と一度会っただけで、二人は本当に惹かれ合っていました。

和宮様はその一度だけで、家茂様の母である実成院様のことを慕っていこうと心に決めていましたが、最初に和宮様が出した5ヶ条も守れないと実成院様が怒りだしてしまい、意思疎通ができない状態になってしまいました。

ですが、家茂様は和宮様の気持ちも実成院様の気持ちも分かっているので、取り持とうとしますが、家茂様が亡くなってしまうまで、二人の想いは同じになることはありませんでした。

けれど、無常にも出陣していってしまった家茂様は無事には帰ってこずに病死してしまいます。

やっとここで家茂様のことを考えられるのは実成院様と和宮様だけであることを実成院様も気づき、二人は支え合うようになりました。

>>【1ヶ月間無料】FODプレミアムで『大奥』を視聴する

薩摩藩

大奥は静かになったと思いましたが、この時を今か今かと待っていた薩摩藩が幕府の息の根を止めるために戦を仕掛けてきました。

多くの人が亡くなってしまい、交渉しない限り、この戦いは終わらないと感じたのは敬子でした。

薩摩藩にいるのは、かつての恋人であった克顕です。

薩摩藩が攻め入ってくるという話を聞いて、女中たちは気が気ではなく、許しを得てから帰らないといけないけど、それを無視して帰っていってしまって、お城の中には数える人数しかいなくなってしまいました。

瀧山様は、最後の時まで出ていくことを許さないと思っていましたが、敬子はお城から去りたい者は去ればいいと話しました。

大奥に最後まで務めたことで、何を悪く言われることもないし、自分が言わせたりしないということで帰る者もいましたが、敬子は薩摩側に交渉し、お城を明け渡すこともきちんと話してくれました。

大奥に来ることを嫌がっていた敬子とは違い、家定様と出会い、大奥がなくなってしまう時までここで過ごしました。

そしてそれは瀧山様も同じことで、まるは意中の人が戦により重症を負ってしまったので、敬子に京都に行くように促され、最後の時にはいませんでした。

敬子は、克顕からこれからは薩摩でと言われますが、自分の新しい道をと言い、自分の意志ですべてを置いて大奥を出ていきました。

>>【1ヶ月間無料】FODプレミアムで『大奥』を視聴する

ドラマ『大奥 2003』まとめ

壮絶な世の中で生きて、お城を明け渡す時まで見てきた敬子さんは本当にすごいと思いました。

最後には自分の故郷に戻ることができたのかもしれないのに、戻ることをせずに新しい時代を生きて、人に強要することはしない。

自分の道を突き進んだ強い女性であったと思いました。

大奥は色々な時代があり、時代ごとに視聴したりするとより分かりやすいと思いましたが、どの時代にも強い女性がいたということを伝えたかったのかもしれません。

以上、今回はドラマ『大奥 2003』を紹介させていただきました。

ドラマ『大奥 2003』を視聴できるVODは?

u-next
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能