【小越勇輝インタビュー】映画初主演『人狼ゲーム デスゲームの運営人』への想いや見どころを語る

【小越勇輝インタビュー】映画初主演の『人狼ゲーム デスゲームの運営人』への想いや見どころを語る

(C)ミルトモ

人狼ゲーム デスゲームの運営人』は、大ヒットシリーズ「人狼ゲーム」の劇場公開8作目となる最新作。

舞台で磨き上げた抜群の演技力を武器に、ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』やドラマ『コーヒー&バニラ』など続々と話題作へ出演を果たす、注目の若手実力派俳優・小越勇輝を主演に迎え、発行累計150万部を突破した〈人狼ゲーム〉シリーズ原作者・川上亮が自ら監督を務める映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』が2020年11月13日より公開されます。

公開に先駆けて、主演の小越勇輝さんにインタビューをさせていただきました。

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

−−『人狼ゲーム デスゲームの運営人』とても面白かったです。かなりの衝撃展開で驚きましたが、実際にあの内容を読まれた時の感想はいかがでしたか?

小越勇輝(以下、小越)「今までの『人狼ゲーム』シリーズで運営側にスポットが当たることはなく、彼らがどんな感情で人狼ゲームを運営しているのかわからなかったのですが、今作では運営側にどんな人間模様があるか、果たして心があるのかなど、読み進めていくうちに見えた部分が多くてすごく面白かったです。」

−−小越さんは今作が映画初主演、『人狼ゲーム』シリーズとしても初めて運営側にスポットが当たる、さらにシリーズ初の男性主演ということで初モノ尽くしでしたが、座長として現場に入られたプレッシャーや、撮影を振り返ってみての印象深いエピソードはございますか?

小越「『人狼ゲーム』シリーズがこれまで積み上げてきたものを崩しちゃいけないプレッシャーや、より良い物を作りたいという気持ちはすごくありました。ただ、全体でより良いものを作っていくのには僕一人だけの力じゃ叶わないですし、監督を始めスタッフ、キャストの皆さんで作っていく物なので、皆さんに助けていただきながら一緒に良いものを作れたという充実感もあります。限られた時間での撮影だったので、皆それぞれがこだわって作り上げている雰囲気は今でもすごく印象に残っています。」

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

−−『人狼ゲーム』シリーズは若手キャストの登竜門としても知られています。そういった作品に主演として抜擢されたのはどう思いましたか?

小越「僕も『人狼ゲーム』シリーズを観ていましたし、知り合いの方が何人も出ていた作品なので『自分も参加できたら嬉しいな』と思っていたんです。そして今回お話をいただいた時に『運営側にスポットが当たること』『初めて男性が主演になること』を伺い、僕がその主演を務めさせていただけることは本当に驚きでしたし、ありがたい気持ちも強かったです。運営側の緊迫感と緊張感を出しながら、今までとは違うストーリー性を楽しんでいただきたいです。」

−−『人狼ゲーム』シリーズは同世代のキャストが集まり、泊まり込みで撮影を行うこともひとつのカルチャーとして知られています。撮影中すごく濃厚な時間を過ごされたと思いますが、周りから受けた刺激や得られたことはございましたか?

小越「プレイヤー側のキャストとは基本的にシーンが別で入れ替わりが多かったので、がっつり一緒にお芝居をすることはなかったんです。僕たち運営側のメンバーは本編で見られるようなすごく落ち着いた雰囲気でやっていました。プレイヤー側のメンバーは若い人たちが多いので、わちゃわちゃしながらすぐに仲良くなっていて遠目から楽しく見ていましたね。」

−−役柄も考えて、プレイヤー側のキャストとは意識的に距離を取るようにされていたのですか?

小越「そんなこともなく、ただ時間的に合わない感じですね。だからコミュニケーションをたくさん取ることはできませんでしたが、夏目柚月役の桃果さんとは役の間柄としてポイントになるので、時間が合った時は他愛もない会話をするようにしていました。」

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

−−劇中に少しだけ出てくる回想シーンが切ないのが印象的でしたが、過去に何かを秘めている雰囲気を出すうえで何か意識して演じておられましたか?

小越「監督と相談させていただきながら、『夏目柚月を守れる。助けられる』と思われないようにしようと意識していました。『大丈夫かな、きちんと彼女を助けられるかな』という弱さが見える部分は大切にするようにしていましたね。」

−−今作は原作を手掛ける川上亮さんが監督も務められましたが、演出手法にこだわりは感じられましたか?

小越「原作を書かれているからこそ、『映画でどう表現できるか』や『どうすれば役者がやりやすいか』をすごく向き合ってくださっていました。『原作者だからセリフの言いづらいところがあれば、言いやすいように変えても良いから言ってね』と言ってくださったり、とてもやりやすい雰囲気を作っていただいて感謝しています。」

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

−−逆に演じられる中で難しかった部分はありますか?

小越「(小越演じる)正宗には人狼ゲームの運営を前向きにやっていたワケではなく、やらざるを得ない部分があったり、心揺さぶられる心情がすごく出ていて、セリフではなくひとつひとつの目線や表情で表現するのは苦労しましたね。」

−−『人狼ゲーム』シリーズのファンに向けて、今作の見どころを教えてください。

小越「今までのような人狼ゲームの緊迫した様子や心理戦も描かれていますし、それに加えて運営側の心情だったり、運営側ならではの緊迫感も描かれているので新鮮な面白さを感じていただけると思います。初めて人狼の運営側が描かれるので、ファンの皆さんにとっては『運営側の人間はどんな人たちなんだろう?』という想像の世界観が明らかになるのも見どころですね。今作はゲーム性の面白さはもちろん、ドラマ性もより楽しんでいただける作品になっていると思います。」

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

−−最後に、公開を心待ちにしている小越さんのファンに注目してほしい点やメッセージをお願いいたします。

小越「本当に手に汗を握る展開を楽しんでいただきたいです。人狼ゲームの勝敗の行方もそうですし、正宗の行動はどう影響するのかに注目してほしいです。『人狼ゲーム』シリーズを観たことのない人でも入りやすい映画になっていますので、スリリングな展開とドラマ性のあるストーリーを一人でも多くの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。」

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』小越勇輝インタビュー

(C)ミルトモ

インタビュー・構成 / 佐藤 渉
撮影 / 白石太一

▼ヒロイン・桃果さんのインタビューはこちら▼

小越勇輝サイン入りチェキプレゼント(2名様)

小越勇輝サイン入りチェキプレゼント(2名様)

当インタビューをお読みいただいた読者限定で、小越勇輝さんによる直筆サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法は以下のツイートを参考に、Twitterプレゼント応募規約(https://mirtomo.com/twitter-campaign/)を確認のうえ、奮ってご応募ください。

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』作品情報

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

© 2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会

出演:小越勇輝、中島健、ウチクリ内倉、花柳のぞみ、坂ノ上茜、桃果、朝倉ふゆな、森山晃帆、星れいら、山之内すず、三山凌輝、森本直輝、黒沢進乃介、福崎那由他
原作・脚本・監督:川上亮
製作:「人狼ゲーム」製作委員会
配給・宣伝:AMGエンタテインメント

公式HPhttps://jinro-game-episode8.com/
公式Twitter@jinrogame_movie

あらすじ


命がけの人狼ゲーム。

それは、ネットや拉致によって集められた未成年の参加者が、勝敗と賞金を賭け騙し殺しあう〈究極〉のデスゲーム。

「運営人」の正宗は家庭教師時代の教え子・夏目柚月が参加させられていることに気づく。

「彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい。」そう考えた正宗は秘密裏に柚月にヒントを伝えていく。

しかし、ほかの参加者たちの戦術に翻弄される柚月。

そして正宗は運営側の思いもよらぬ陰謀に巻き込まれていく―。

果たして究極の条件の下、彼女を勝利に導くことはできるのか?!

人狼ゲーム デスゲームの運営人』は2020年11月13日(金)劇場公開!

▼あわせて読みたい!▼